Neale’s インスピレーション!

メルマガ購読・解除
 

 

音声セミナープレゼント!

 

ニールと一緒に読む「神との対話」①

(日本語同時収録/音声ファイル)

3分   

 

「変われば、変わる」

ニールの最新のセミナーから

重要なポイントを凝縮!

(日本語字幕/音声ファイル)

15分

2012年

4月

21日

ライフワーク

 

あなたの人生の今日、この日。神は、あなたに知ってほしいことがある。

 

    「仕事」は、終わりだ。 永遠に。

 

 

 

あなたがこれまで「仕事」と呼んでいたものは、

たった今から、「喜びの創造」となる。

 

そう、あなたがずっと追い求めてきた

「ライフワーク」だ。

 

今、あなたが何をしていようと

そこは、あなたのライフワークへの入り口なのだよ。

 

ほら、見てごらん

あなたがこれまでやってきた仕事のすべてが

ここに繋がっていたではないか。

 

人生が、与えてくれたこの道に

こんなにも豊かな贈り物に、感謝しよう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      I am grateful for all that I have 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    悠々 (土曜日, 21 4月 2012 07:09)

    きのう、わたしの辞書から、「仕事」という言葉を削除して、「真剣な遊び」に置き換えたばかりでした。

    きょうのニールのメセージを読んで、ほんとうにびっくりしました。
    このおおきなシンクロに励まされ、仕事のなかの遊びを追及します。

    このところ、ずっと、

    >遊びなさい、遊びなさい。

    という声が聞こえ続けていました。遊べ、遊べと言われても、仕事、仕事の毎日で、ちょっと、イラついていました。きのう、

    >存在のすべてとふれ合うこと。

    というメッセージが入ってきました。仕事も存在のひとつなのですが、それと「ふれ合う」という感覚を持ったことがなかったので、???・・・・。となっていたところ、
    「遊びなさい」という声と繋がったのです。
    あああ・・・!
    「仕事」に対する固定観念が、溶けていきました。

    なんでも、私たちのすることは、喜びへと繋がっているはず。厄介とおもっていることですら、喜びと繋がっているはず。そのことを、思い出せて、よかった!よかった!

  • #2

    f (土曜日, 21 4月 2012 17:54)

    毎日記事を書いて仕事をしている者です。いつも詰まったらこのサイトに来るのですが、今日はどうしてもやる気が出なくて、だから覗いてみたらこの内容。ほんとビックリですね。

    それと、#1でコメントされている方の内容をみて、とても、一瞬にして気持ちが切り替えることが出来ました(笑)最後の、「よかった!よかった!」ってコメントも元気が出ましたwありがとうw

  • #3

    悠々 (日曜日, 22 4月 2012 14:17)

    fさんのお役に立てて、よかった。(^。^)

    なによりの喜びです。

  • #4

    Vitamine (火曜日, 24 4月 2012 14:00)

    「こうして仕事で磨り減って、終わっていくのは辛いな」
    と思っていたら、今日会社で回ってきた回覧物に、テレビで見る性別?のお坊さんのインタビューが載っていました。
    「嫌なことをやってお金を戴くのよ。修行させてもらってお金をもらえるんだから有難く思いなさい。給与が少ないなんて不平は言ったらいけない」
    そんなようなことが書いてありました。
    ・・・・全面的に不同意でした^^;

    「でもなんで今このメッセージを読まされたのかな?」

    例えば大好きなことがあったとして、それを生業にしては食べていけない場合。
    別のことで生活費を稼ぎながら、好きなことをライフワークと考える。
    ただし賭けられる時間は、非常に少なく限られている。

    確かにどんなことにも喜びを少しぐらいは見出すことは出来る。
    でも「このために生まれてきたんじゃない」
    そう魂が叫んでいるのが聴こえている時、「じゃあ、どうしたら両方を満たせるの?」と問いかけてみても一向に魂から回答に繋がるヒントがない。

    この状態が長々と続いていることが、辛くそして情けない・・・。

  • #5

    R (火曜日, 24 4月 2012 17:45)

    私もちょうどのタイミングでのメッセージに、愛と感謝と驚きえお感じています!

    Vitamineさん、お気持ちお察しします。
    一日のうち数回でも、「呼吸に意識を向ける、呼吸を観察する」ことをおすすめします!
    魂からのこたえは、思考を超越したところからやってきます。

    必ず「朝はき」ます。
    神はいつもVitamineさんとともに在ります♪
    絶対にうまくいくようになっていますので、安心して、人生を歩んで下さいませ。

  • #6

    Vitamine (木曜日, 26 4月 2012 14:53)

    Rさま
    コメントありがとうございます。

    時間に追われる生活ですが、毎日湯船に浸かる時には必ず、「自分の魂にalineします」と言って魂の声を聴こうとする時間を作ります。
    思い出せる時は通勤の電車の中でも。

    でも~~~、答えが来ないのです。
    もう何年経ったでしょうか。この状態になってから。

    夜明け前の闇は何十年も続くのでしょうか。

  • #7

    F (日曜日, 29 4月 2012 03:50)

    Vitamine様

    私はあなたのコメントを見てとても魅力を感じました。
    すっごく生きていると感じられるコメントだからです。

    あなたのコメントは、あなたがそう思う限り正解なのだと思います。
    あなたが楽しいと思うのも正解。辛いと思うのも正解。

    集中していることが未来にもやってくるようです。
    >この状態が長々と続いていることが、辛くそして情けない・・・。

    こう考えることで、未来にも同じ感情が引き寄せられるようなので、
    集中するところを変えてみてはいかがでしょうか?

    何度も伝えますが、Vitamine様のコメントはとても音を感じるコメントでした。

  • #8

    Aya (金曜日, 04 5月 2012 19:28)

    Vitamineさま Ayaです。

    いま、ライフワークと本気で向き合うトキであると感じられたなら、次の方法をおすすめいたします。

    ☆、ニールさんとnana&joeさんの著書である、ライフワークの創造を読んでライフワークとは何かを知る。また、ニールさんの音声セミナーを聴いてライフワークとは何かを知る

    こちらのホームページの上→セミナー を開いていただくとライフワークの創造というところがあります。
    そこをクリックしていただくと詳細が観られますよ。

    *****

    これは、わたしの個人的な体験ですが、わたしが仕事とライフワークが一致していなかったとき
    次のような思いが交錯していました。

    1、ライフワーク=仕事  ←このようになりたい
    2、その一方で ライフワーク=仕事 ←できるわけないじゃない。わたしには無理だわ。好きなことだけして、暮らしていくなんてできないわ

    つまり。2の思い込み、否定の方が圧倒的に強かったため
    深い部分で<できない>と決めてしまっていたためでした。
    わたしは、なりたいけれどできないということを自ら決めていたのですね。。。

    在り方というところを基本として観ていかれるといいかもしれませんよ。。。☆

    ありがとう♪

  • #9

    西 周平 (日曜日, 02 12月 2012 22:47)

     私は1993年8月11日にこの世界に生まれたとき、まだ何も決まっていない、無限の可能性でした。                                                                            そして私はすぐに、私が愛される存在であることを知りました。私をこの世界に産んでくれた両親や、歳が8つ離れた兄、6つ離れた姉、そして私と双子の弟が、私を愛してくれることによって、私が愛される存在であることを私の魂に教えてくれたからでした。                                          12歳の4月まで、私は自分が愛される存在であることを、無意識にはですが、知っていました。しかし、精神と肉体が成長するにつれて、教師や友達が私の精神や肉体に与えるのは、愛よりも不安のほうがはるかにおおかったのです。                 

  • #10

    Koala (金曜日, 08 11月 2013 06:09)

     悠々さんの#1のコメントに感謝いたします。
    私もここのところ、耳元で >遊びなさい、遊びなさい、遊びが足りない...  
    とずっと聞こえておりましたが、仕事が忙しく、苛々していました。

    直截的な取り方をしていて、繋がりがみえなかったですが、ここに来てようやく溶けていくようにわかりました。ありがとうございました。