Neale’s インスピレーション!

メルマガ購読・解除
 

 

音声セミナープレゼント!

 

ニールと一緒に読む「神との対話」①

(日本語同時収録/音声ファイル)

3分   

 

「変われば、変わる」

ニールの最新のセミナーから

重要なポイントを凝縮!

(日本語字幕/音声ファイル)

15分

2011年

12月

17日

人間関係の目的

 

あなたの人生の今日、この日。神は、あなたに知ってほしいことがある。

 

    人間関係の目的を、知っているだろうか?

 

 

 

あなたがもし、その新しい関係に

「与える」ことより、「得られる」ことを期待して

ワクワクしているとしたら…

 

きっと、がっかりすることになるだろうな。

 

すべての人間関係の目的は、

あなたが本当のあなたを表現するための

聖なる領域を創り出すことだ。

 

そして、そこで表されるのは、

あなたが「何者」であるか、なのだから

 

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          My relationships are for giving

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    仙台RH+ (金曜日, 23 12月 2011 22:25)

    「与える」ことにより「得られる」ことを期待するとは、
    不幸が存在することを前提にしているということになるんですよね
    不幸にならないために、何かをする
    宇宙はすべてが愛である
    『ちいさな魂と太陽』の話が、夢物語でなく本当なんだということなんですね
    今、それを頭でわかったところです
    それがこころから素直に湧き出るようになれればと思います

  • #2

    Aya(旧スピカ) (月曜日, 26 12月 2011 08:00)


    目的と結果。
    どちらが先に来ているだろうか。
    お金や豊かさを得るために(目的)何かをするのか(結果)
    内側から溢れる在り方から溢れる行動をすることで(目的)豊かさが訪れたのか(結果)
    現象として同じようにみえたとしても、これらは全く異なる。
    あたかも、後者であるように内側で偽ったりごまかしたりしても
    真実はすぐに明らかになる。
    目の前に現れる現象にすべて現れるから。
    前者を続けていれば、目的は達成されないことも起こって失望するだろう。
    後者を続けていれば、365日一年中、したいことだけして
    豊かに暮らしていることに気付き、すべてへの感謝と共に生きる。

  • #3

    DR (火曜日, 24 4月 2012 14:05)

    なるほど。そうでしたね。
    My relationships are for giving.
    全てが非常にクリアになりました。
    どうもありがとうございます。

    私自身のあらゆる事柄について、愚痴でも、雑談でも、相談でも、
    できる人も場所もないことについて、苦しんできました。
    でもこの一言を軸に入れることで、これについての答えも出てくるような気がしてきました。
    明日からは与えるために、人と関わってみようと決めました。

    ありがとうございます。