Neale’s インスピレーション!

メルマガ購読・解除
 

 

音声セミナープレゼント!

 

ニールと一緒に読む「神との対話」①

(日本語同時収録/音声ファイル)

3分   

 

「変われば、変わる」

ニールの最新のセミナーから

重要なポイントを凝縮!

(日本語字幕/音声ファイル)

15分

2011年

9月

01日

リレーションシップ

 

愛するということ   

ニールのセミナー「リレーションシップス」に

最新のメッセージをめいっぱい盛り込んだ一冊!

 

 

 

 

 

 

 

音声セミナー

 

 オーディオ   「スピリチュアルな愛を生きる」

                 日本語字幕画像ファイル/wmv

                 (2,980円)

 

    音声セミナー プレゼント!

   ニールと一緒に読む「神との対話」②

   (日本語字幕付 / 無料 / 2分)

 

 

 

愛は、あなたから始まる 

 

人生のすべてのことの中心、核は、「」だ。

 そしてあなた自身こそ、その「」が始まるところだ。

 

人をいっぱいに愛する人は、自分自身をいっぱいに愛している。

人を深く受け入れる人は、自分自身を深く受け入れている。

 

自分の中に認められない部分は、人に与えることはできない。

だからすべての成長、すべての進化、すべての愛は
鏡に映るその人・・・「あなた」から始めなければ。

 

今日、あなた自身を、いっぱいに愛してごらん。
あなたが・・・この世界のために。

 

 

 

| Comment(100)
この記事へのコメント
********************************************************************
 
nana&Joeさん、おはようございます。

『ニールと一緒に読む「神との対話」その2』をみせて頂いて「愛は、あなたから始まる」を読み

「自分が何を得るか」ではなく「わたしが何をそそぎこむか(与える」を忘れていました。

完璧なタイミングでわたしに届けてくださってありがとう!
Posted by tink at 2010年03月30日 07:51
*******************************************************************
 nana & Joe さま

 こんにちは。
 HP のご案内のメール、ありがとうございました。

 メルマガの過去記事、2009年9月14日まで読み終わりました。
 この日私は何をしていただろうと、思い出したりしながら読んでいます。
 
 愛するということ、愛そのものであることをいつも考えながら過ごしています。

 父の葬儀から一ヶ月経ちましたが、葬儀をきっかけにして、通常経験しない人間関係を目にし、耳にし、I am fed up with it... になってきました。でも、それも私が引き寄せたのね~と、自覚し、ヴォルテックスに戻らなきゃ!と、いい気分でいることを心がけています。(*^_^*)

 nana さんと Joe さんのハグが恋しいです。
 
 珍しく弱気な Green でした。
Posted by Green at 2010年03月31日 15:06
******************************************************************

2分間の音声セミナーは今の自分にピッタリで、完璧なタイミングのメッセージでした。nanaさん、joeさん、どこかで僕のこと見てたの?(笑)
Posted by しんじ at 2010年04月01日 11:23
******************************************************************

Greenさん、弱気なときがあって、きっともっとやさしくなれるのですね。

That's me!を使うチャンスだし! :)

Hug, Hug.
Posted by nana&Joe at 2010年04月01日 11:40
******************************************************************

みなさん、こんばんわ。
知です。

昨日僕の所に届いたメールの中に、とっても素敵なイベントのお知らせがあったので、
皆さんにも知ってもらえたらと思い、どちらのページに書こうかちょっと迷ったのですが、
こちらに書き込ませてもらいますね。(皆さんの中には、もう既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。。。)

そのメールはワールドビジョンというボランティア団体からのメールで、
4月23日(金)から、東京の六本木ヒルズアリーナで開催される、
カンボジアの赤ちゃんとおかあさんを守る為の募金イベントのお知らせでした。

詳しいことはコチラ↓をご覧頂きたいのですが
http://www.worldvision.jp/news/news_0459.html
とっても素敵な愛に溢れたイベントだと思いますので、
一人でも多くの人に参加して貰えたらもっともっと素敵になると思います。

僕も23日の当日は、仕事の都合で行けるかどうか解りませんが、
何とか都合をつけて行けるようにしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

PS
nana&joeさん。
今回の書き込みの内容に快諾してくださってどうもありがとうございます。
感謝します。
Posted by at 2010年04月03日 22:41
*****************************************************************
しんじさん、みんな、つながってるんですもの! :)

知さん、素敵なイベントのお知らせ、どうもありがとうございます。

World Visionは、このHPをご覧のみなさまからの寄付を送っている団体のひとつです。
お時間があったら、どうぞご参加してみてください。

それからお知らせついでと言っては何ですが、
「未来への提言」はNHKのBSで、パッチ・アダムスを取材した番組が、4月8日(木)午後0時30分~1時45分に再放送されるそうです。

パッチさんの愛の実践力に、私はいつもうたれます。真夜中ですけど、(録画って手もあるのね)よかったらご覧ください。

朗読会もありますね~。4月はなんかとっても賑やかだ!

Posted by nana&Joe at 2010年04月03日 23:36
******************************************************************
 nana & Joe さま

 こんにちは。

 今、父の四十九日の法事を終えて帰宅しました。そして、パソコンを開いて nana さん、Joe さんからの hug をいただいて、とってもうれしくなりました。
 ありがとうございました。

 そうですね。弱気になったり、いろいろな経験をして、やさしくなっていけるのですね。
 父を亡くして初めて、親を亡くした方の悲しみや淋しさが本当にわかりました。

 "That's me!" や "I am that, I am." oneness は sameness ではないということなど、リトリートで教えていただいたことを実践していきます。

 Hug, Hug. (^_^)

 Green
Posted by Green at 2010年04月04日 15:20
******************************************************************
リレーションシップ
繋がっているという感覚、
nana&joeさんのメルマガを拝見して
ますます実感することができました。

I am that, I am や
That's me! を唱えているわけではないのですが
時々、繋がっていることを体感する瞬間があって、

それはそれは涙が出るくらい幸せな気分になります。

先日は駅までの間に咲いている桜の木と同化したような気分になり、
桜の美しさが自分の中に流れ込んできたようで
すごくうれしかった。
(じっと立ち止まっていて変な人とおもわれたかもしれませんが(苦笑))

そして、リトリートの方の『名無しさん』のこと、
何故だかとても『いとおしい』という気持ちが湧いてきて
半年前のわたしが、同じような場面で
怒りをぶちまけてしまったことを思い出し、
苦笑いしつつ、今の自分は目一杯の幸せを感じています。

誰か(物でも人でも)に自分の喜びを渡す(?)と
自分はもっと幸せになれるんだなぁと感じています。

ありがとう!
やっと(少しずつですが)実践が板についてきたかも...。
これからも、楽しんでいきます。

Posted by つき at 2010年04月09日 14:54
******************************************************************

おはようさんです。

昨日「愛するということ」を読んでました。眠い(笑)どうしても入ってこないし、2ページぐらい読んだら眠い・・・。

抵抗することやめました、これもマインドの役目なんでしょうね・・変化を避けるって。まあ、いじらしいというか(笑)

これは今魂が氣付きを与えてようとしてる位で止めてたら、今朝ふと、本の赤い色が眼に飛び込んできて、手が伸びた、こういうのがいいですね。

そして一番印象にのこったところ。

私は、あなたのためにあなたが選ぶことを、選ぶ

すとんと入って来たのと同時に・・どど~~っと抵抗がでてきた・・マインドくん、またまた健気(笑)

抵抗に対して無理に答え出さず、そして思い浮かべてたら

本物の愛じゃないフレーズがリフレインしだしました。

本に書かれていたのは、

私は、あなたのために私が選ぶことを、選ぶ

今までの自分に重ね合わせて、「あなたのために」の部分を書き換えてみると

私は あなたがわたしを尊重する為に私が選ぶことを、選ぶ。

私は、あなたはこうあるべきと私が選ぶことを、選ぶ。

私は、あなたがよりよくなるために、私が選ぶことを、選ぶ。

私は、あなたが安全である為に、私が選ぶことを、選ぶ。

私は、あなたが幸せにいきられるために、私が選ぶことを、選ぶ

なんていうことになるんだな~ なんか気持ち悪い

そして上の文章の「私が選ぶこと」を「あなたが選ぶこと」に書き換えると

そこはすっと一瞬で愛にあふれた氣持ちの表現になるんだなあ、などと感じていました。

藍色
Posted by 藍色 at 2010年04月10日 09:25
******************************************************************
こんにちは、リトリートの一ヶ月以上も前からリトリートを終えた後もマスターや天使や神からのメッセージをたくさん受け取っていました、その内容も全てシンクロしていて、自分の望むあり方もどうすればよいのかも分かっているのですが手放したいものを手放せずに、自己嫌悪に落ちてしまいます。リトリートで経験したことは、5年前に神との対話に出会ってから、神に語りかけている時に 私が経験してきた感動的な感情と思いは まぎれもなく神と対話をし続けてきた ということが確認できたことです。リトリートに参加したら手放したいものを手放せるようになるかも知れないと期待していたのですがしぶとく居座っています。
リトリートで出合った方で目を見つめあった方の中でずーっと心に残る方と出会いました、以前から知っている大切な人という感じでとてもあたたかいものを感じました母と子のように
名前もよく確認せずにに帰ってきたので、機会があったらまた会えればいいなと思っています。
ちょっとネガティブになりやすい中でエイブラハムのヴォルテックスを読んでいます。今スピリチュアルに生きるのメールを読みながら涙があふれ心が洗い流されていくようで 魂が喜んでいるようで
、、、ありがとうございます。
Posted by Toyo Teshirogi at 2010年04月10日 16:07
******************************************************************

こんにちわ。

みなさんのコメントを読ませていただいていると
愛が溢れています。

とてもすごいなぁって思うんです。
私にはとても足りない部分だってずっと思っていましたから。

愛や感謝や人を思いやる事、与えるって事が沢山の本に書かれていますが
そこにずっと引っかかっている自分がいます。

本当の愛ってなんだろう?
本当に与える事ってなんだろう?
感謝を思うと辛さも感じてしまう。

通常の中では人への感謝も親切も人の為にする事も気になる事はないんですが、
とても相手が悩んでいる時や欲しがっているものが見える時に私は声がかけられません。
優しくできません。

そこに自分の弱さやエゴがあるんだろうと思うけど、何を与える事が相手にとって一番いいのかがわからないから、たぶんこのままの私を続けるんだろうなぁって思います。

そんなエゴ丸出しの自分の声が魂の声のような気もしてよく解らないんです。

無責任に優しく出来ないし、与えられないって思う自分でもいいかって開き直りつつあります。

自分らしさを思うとどうしてもそうなってしまうんですよね@@

不適切な内容になってしまったらごめんなさい。

だから、望まない出来事が出現するのか、
それが対極なのかもわからなくて
でも、自由でいたいって思うとそう行き着いてしまいます。

なんか笑える位の出来事に過ぎませんが、驚くほどのタイミングであります。
開き直ると神からは離れてしまうけど、もういいかって最近思います。
Posted by negi at 2010年04月12日 17:33
******************************************************************

negiさん、こんばんは。
tinkともうします。

>みなさんのコメントを読ませていただいていると
>愛が溢れています。

>とてもすごいなぁって思うんです

みなさんに共感されているから、上のようなコメントがでてくるんですよね。

て、ことはnegiさんにも愛が溢れるほどあるんですよ。
持ち合わせていないものに共感はできないとわたしはおもうけどな。

だだ、ご自分を過小評価されているだけ。

わたしなんか、いつでも愛で溢れてないし、すぐ弱さやエゴに負けちゃうし・・・

でも、なりたい自分を知っている。
決してそれは忘れない。だからたまにはそんな弱い自分もありだよなって思えるんです。

Posted by tink at 2010年04月12日 17:34
******************************************************************

negiさん、私の友人も同じ事を言っていました。
「私って冷たい人間だと思う」って言うんです。
彼女は、人の事に最後まで関心を持って接する事ができないからついつい初めの段階でスッと
引いてしまう自分が居るから
だから自分は愛が足りないんだって

私はそうじゃないと思うんです。
negiさんも私の友人も実は自分が人に対してどう
接するのか本当はわかっているんじゃないのでしょうか?
相手の事を考えてしまうばかりに、愛が溢れているばかりに「押し付けてしまうんじゃないか」
って思ってしまって、身動きできなくなる。

こんな風に私はすぐ相手に伝えてしまうんです。
受け取る人の事を考えてはいるものの、止められない。
でもエゴではないって思います。
ハートが揺さぶられてしまう感覚です。
negiさんがご自身を責めてしらっしゃるように
感じてしまうのですが・・・(色んな事で)
違っていたらごめんなさい。

Posted by みいこ at 2010年04月12日 17:35
******************************************************************
negiさん、

愛、やさしさ、思いやりの表現は、みんな違うと思うんですよ。

negiさんの場合は、

>「何を与える事が相手にとって一番いいのか」は、

①本当の答えは、最終的に本人の中にあること。 ・・・が、経験的に分かっていて、

②本人がそれを見出すプロセスを信頼して、任せる(許容する)こと、本人がそうするためのスペースを保持してあげること・・・が、できているんじゃないかなと思います。

それぞれの「神(私たち)」が違った表現の仕方で対応し、悩んだり苦しんだりしている人を、それぞれ違った角度から映し出す鏡となることによって、本人は、自分というもの、また自分が創りだしている幻想が、はっきりと見えてくる。

そうして本人が、自分の中に見つけた答えこそが、その人にとっての「正しい答え」になるんじゃないかな。

前にnegiさんが書いていらした「したいこと」にも、確かそんな感じのこと、「スペースづくり」というのがあった気がします。
Posted by nana&Joe at 2010年04月12日 18:16
******************************************************************

tinkさん、みいこさん

そして、nanaさん

改めてコメントありがとうございます。

上を書いたのはなんでかなぁ?なんて自分でもよく解らないんです(笑)

私はどうも人に優しくできないとみいこさんのお友達のように思っています。
それでも、相手の事を考えていない訳でもないんですが、nanaさんが書いてくれたように
答えは自分の中にあると思うし、それを引き出させてあげられたらいいなって思うけど、傷つける結果にもなるような気もするんですよね。
自分で元気に出来るようになる事がとても幸せなことのように思うから。
任せるという事には相手を不安にさせる時間でもあるとも思っています。

でも、コメントいただいて
愛の表現はそれぞれでいいんだなぁって思えて嬉しいです。

最近出会った言葉で芸人さんが病院で「もう考えるのを止めよう」って思ったというのと、昨日の本屋さんでは「しがみつかない」って言葉を見つけました。
友達とも「もういいよねー」って話した所でした。

それで、私には愛が足りないし、何を与えるのかなんてのはもっとわからないけど
神より幸せと読んで、今までに起きた事も今起きてる事もこれから起きる事もOKだから、出来なくてもいいかぁって思って書いたんだと思います(笑)


ただ、それがエゴなのかはわからないんですけどね@@

それと、チャイルドファンドも少しだけ出来ました♪
Posted by negi at 2010年04月12日 20:54
***************************************************************
ああ、そっか、negiさん、

>私には愛が足りないし、何を与えるのかなんてのはもっとわからないけど

>ただ、それがエゴなのかはわからないんですけどね@@


というような幻想を、

「もう考えるのを止めよう」
「しがみつかない」
「もういいよねー」

というような気づきがあって、

手放していくプロセスだったんですね。
そして、それを書くことで確認できたってことかな? 

チャイルドファンドも、ありがとう! :)
Posted by nana&Joe at 2010年04月12日 23:33
******************************************************************

negiさん、nanaさんありがとうございます!
私も改めて、気づいています。
本当の自分を見つけられそうでいて、それはもう
すぐそばにある様な気がするのに、やっぱり
わからない。

そんな状態がしばらく続いていると
もう、心がしおれてくるんです。
自分に自信も無くてもちろん愛があるなんて
思えるはずも無く・・
でも、そばに居てくれる友人達が愛を送って
くれているんですね。

「わからないっていうプロセスがある時は
そこから出たくてもがいているけど、もう
わからないと言う事をしっかり味わう事が
大切なんだよ~」

「それを飛び越えて進んでしまうと、愛が足りないことになるから!」

「愛が足りない、わからないをたっぷりと
味わうことに腹をくくってそんな自分もありのまま愛していく事が、一番の光を見つけられる事
だよ~」

私がつい先日友人に言われた言葉です。
それも、自分が冷たい人間かもなんて言ってた
彼女が(笑)

私もnegiさんと同じ状態・・
ここにシェアしていると自分の心が改めて
わかります。
これも「愛」あればこそですね!

Posted by みいこ at 2010年04月13日 00:04
******************************************************************

やっぱりいいタイミングでリレーションシップにつながっていくんですね。

みいこさんのコメントを読んでいて、自分だけをみつめていることから、自分と人との関係性から見えてくることから神を経験することにつながるステージに、スポットライトがあてられてきているんだなって感じました。

negiさん

はじめまして、藍色です。

negiさん、愛・・ありますって(笑)。

ただ、今まで一般的にこれが愛でしょっていわれているものとは、その意味が違うのかもしれないし、どこかに、愛する=犠牲なんていうエゴ君の思い込みもあったりするのかなあ。

してもいいし、しなくていいんじゃないですか、自由です、そしてその自由を受容しているnegiさんが、愛のnegiさんです。negiさんの問題は、そのことに氣がつく為の問題としてあらわれてくれたのかもしれないです。冷たいかもしれないから(僕はnegiさんが冷たいとは思わないけど)、冷たくないようにとか、その問題自体に取り組むことも必要だけれど、実は、自由を受け取るということが、その問題が「表れた」意味なんじゃないかななんて思ったり、もちろん違う「意味」があったりするのかもしれないけど。

そして、やっぱりnegiさんも僕の鏡です、ありがとう、すごく感じることがあるし、そしてこうやってコメントしながら、自分にいいきかせていることが強くあります、自由でいいんだってことなんですが。

ありがとう、感謝です!
Posted by 藍色 at 2010年04月13日 09:21
******************************************************************
みいこさん

おはようございます。

もうこんなめんどくさい自分だけど
たっぷり味わって(もう何年もだけど)腹くくってもいいんでしょうね(笑)

はっきり言ってくれるお友達が有難いですね。
私も同じような状況を経験してきた友達と土曜日にお茶して飲んでカラオケして、ダイナミックな彼女から沢山の元気をもらってきました。
どんな自分でもいいべって感じです。

ありがとうございます^^
Posted by negi at 2010年04月13日 10:16
******************************************************************
藍色さん

おはようございます。

コメントありがとうございます。

おっしゃるように「愛」って言葉に抵抗があるんですよ。
実は「与える」って言葉にも(笑)

会社の訓示みたいなDVDを最近観たんですけど
その中に「与える」って言葉が出てきました。
そこはすばらしいんだけど、
与える事によって相手に「負い目を感じてもらう」って続いたんです。
なんだか、ぞっとしちゃいました。

愛を与えるって言葉は、相手から自由を奪うような気がするんですよね。対等でなくなるような・・・

深く考えてもよく解らないから
自分の無理なくできる事を少しづつしていこうと思いました。

GReeeeNの遥かという曲に
 本当の自由
 本当の強さ
 本当の愛と
 本当の優しさ
 解らないまま進めないから
 自分探すと心に決めた
とあるんですが、
すごく好きなフレーズです。

解らないけど進んじゃいます(爆)
Posted by negi at 2010年04月13日 10:47
*****************************************************************
negiさん、その

>会社の訓示みたいなDVD
"スゴイ"ですねぇ、すさまじいというか…

でも、そこまであからさまに世の中にある「観念」を見せてくれるものも貴重ですね。

それを見たってことが、negiさんの「神との対話」だわ。
Posted by nana&Joe at 2010年04月13日 11:13
******************************************************************
nanaさん

すばらしいお話でしょ。
世の中にはこんな愛も溢れてるんですよね。
でも、社会に対してもきちんと責任を持って行こうとしている企業でもありますが、発想のチェンジができていないんでしょうね(笑)

今、最初に書き込みした方を見に行ってたんですけど、
なんと、みいこさんのコメにGReeeeNの曲の事が書いてありました。

これがシンクロってやつなんですねぇぇ。

びっくりしました(笑)
Posted by negi at 2010年04月13日 12:24
******************************************************************

negiさん
私もシンクロに驚きました(笑)

グリーンつながりですね。
ちなみにグリーン色のエネルギーは調和と平和を表すんだそうですよ。

対極するものを調和し、お互いが助け合うようにも作用してくれる色。
ハートチャクラにもとっても関係しているんだそうです。
リトリートでJoeさんが、グリーンのハート使って
ました。
リレーションシップ~
周囲と調和して、自分自身の内なる平和とする。
なんだか幸せな気持ちになりますね。
Posted by みいこ at 2010年04月13日 21:42
******************************************************************

きょうは木曜日。私の仕事はお休みで、身体も心もゆったりとしているから、「声」がよく聞こえてきます。

「ここ3~4日、イライラしていたようだね。」

  ハイ!そのとうりです。

「理由は2つあるだろう。」

  ハイ!!そのとうり!!!

「ひとつは、去年、君を裏切るようにして、君のオフィスを出て行ったひとりのスタッフから、独立の挨拶に行きたいとの連絡が入り、君は、<待ってるよ>などと、気のよい返事をしたくせに、内心、理由をつけて断ればよかったと後悔した。その、後悔した君自身に、イラついたよね。」

  ハイ!ハイ!ハイ!!!!!!

「その後、ライフワークの創造のページで、
nana&joeの<愛してるよ、のん>のコメントを読んで、豊かな気持ちになるよりも、その愛のエネルギーに圧倒的なパワーを感じて、君のマインドが、若干のとまどいを感じたみたいだね。それが二つ目」

  そうだと思います。

「それに加え、愛のパワーに素直なコメントを寄せた人たちに、嫉妬したね。」

  ・・・・・・・・・・・・

「この一連のプロセスは、何を君に気づかせようとしていると思うかね」

 <無条件の愛><完璧に純粋な愛>しか感じ
 られないあのコメントは、今のわたしの<愛の
 無さ>をハッキリ見せてくれました。わたしは
 元スタッフが挨拶に来たら、皮肉のひとつでも
 言ってやろうかと考えていたのです。が、
 出来なくなってしまった。<できない!言えな
 い!>とマインドが理解したとたん、イライラ
 が大きくなりました。
 <言いたい、言うべきだ>
 しかし、もう言えない。
 言うべきは<おめでとう、がんばれ!>
 愛とまでは言えないが、祝福の言葉。
 この言葉を、快く言えるかどうか、とても苦し くなりました。

「君は言えた。心からの祝福を」

 久しぶりに彼女の顔を見たとたん、独立までの
 いろいろな苦労が読み取れて、わたしの口から
 言葉が、すーっと出てしまいました。
 「大変だったみたいだね。でも、がんばった。
 おめでとう。」
 彼女は1年前の人ではなかった。前を向いて、
 自分にチャレンジしている冒険者の目でした。

「そして、今はどうだい?イライラはどこへ行った?」

 消えました。

「よしよし、それでよし。nana&joe、のん、そして愛に素直なコメンテーターたちに感謝だね。」

 はい!!!!!そのとうり
 みなさん、ありがとうございました。みなさん
 の愛に少し近づけたように思えます。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月15日 18:01
******************************************************************

ひまわりひまわりさん

なんて正直で愛のこもったコメントなんでしょう!

あなたの大きな愛をわたしは、ビシバシ感じました。

ありがとう!!!!
Posted by tink at 2010年04月16日 07:36
******************************************************************
ひまわりひまわりさん

ありがとう!

最初にコメントを読んで、その素直な気持ち、それが愛につながっている事を感じて、こころがとってもあったかくなっている事を感じて・・。

でもいつものように、なんとなく、こんな素敵なオープンマインドの話なんだから、誰かがコメントしてくれるだろうなと、自分からコメントするのをやめてました。

僕は、誰かがコメントして、そのコメントの内容を読んでから、自分のコメントをする、言い換えれば、その場の雰囲気を読んでから(KYかな?)自分のコメントのカラーを決めるという事をしているんだなって思えました。

今朝になってもだれもコメントしてないし、でもひまわりひまわりさんの話を読むと、もう感動で・・こりゃ、素直にコメントしろという導きなのだろうなあ(笑)

うん、そうにちがいない。

ひまわりひまわりさんの話、「愛するということ」に書かれている、「真実を述べる5つのレベル」(P73)につながりました、そして僕もプチ自己開示ができて感謝です。

僕もニールの講演会のSSにいますよ~、髭面なのですぐわかると思います(笑)!

Posted by 藍色 at 2010年04月16日 07:50
******************************************************************


誰もコメントしてないと、書いている最中にtinkさんがコメントを・・!

ほんとtinkさんとおんなじ気持ちです。

そして真実を語るって、こんなに素敵な事なんだなあって・・幸せになりました!

tinkさんにも感謝!
Posted by 藍色 at 2010年04月16日 07:54
*****************************************************************
 藍色さま

 おはようございます。 Green です。

 ニールさんの講演会で、リトリート会場にいらした方の何人とお会いできるか、とっても楽しみです。
 私、藍色さんのことわかりますので、お声をかけさせていただきますね。

 Green
Posted by Green at 2010年04月16日 08:25
******************************************************************
 ひまわりひまわりです

昼休みにPC開けたら、みなさんのコメントが、たくさん入っていたので、びっくりしてます。

わたしの「愛」の認識は、まだ、「犠牲」に繋がってしまいます。
「与える」ことが、「奪われる」ことに繋がってしまいます。

何故か?

分かりません。

今までの人間関係の多すぎる失敗から、心底、人間に対して、疲れを感じてしまったせいでしょうか。そのくせ、人間が好きなのです。

わたしは、今、<愛のレッスン>中だと考えるようにしています。ニールやnana&joeや
みなさんのコメントを参考に、<愛>を深く意識し始めています。
だって、わたし、<愛>って苦手でしたから。
<愛>って言葉を目にするだけで、目背けてましたから。
はやく、「犠牲」「奪われる」というものと繋がらなくなれば、いいなーと思っています。

なんだかニールの講演会、ますます楽しくなりそうですね。気張って、おしゃれして行こうかな。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月16日 13:14
******************************************************************

ひまわりひまわりさん

>わたしの「愛」の認識は、まだ、「犠牲」に繋がってしまいます。
>「与える」ことが、「奪われる」ことに繋がってしまいます。

>何故か?

>分かりません。


無責任な言い方で申し訳ないけど、わからなくていいんじゃない?
済んでしまった事に囚われなくてもいいと思います。

今後も「愛」の認識は、「犠牲」と感じたいのですか?

今、あなたがなりたい自分。「愛」と認識したいと思う方向を向いていたらいいのでは?

Posted by tink at 2010年04月16日 14:01
******************************************************************
今日は私も対話のシェアをします。

久しぶりに私の3つの存在に呼びかけました。私の場合・・・

マインド=魔法使いのおじいさん
感情  =ネイティブアメリカンの少女
行動  =マザー・テレサ

の三人が出てきてくれます。

魔法使いのおじいさん、
「まかせなさい。必要な智恵は、必要なときに教えてあげるよ」

インディアンの少女
羽を付けて、飛ぶように踊っています。

そしてマザー・・・

「LOVEは、動詞ですよ」

と、半身こちらに向けて一言。足早に行かれました。

「愛」は動詞。

そういえば、今年の抱負は、

「小さいことを大きな愛でおこなう」でした。

ありがとう。マザー! :)

Posted by nana&Joe at 2010年04月16日 18:47
******************************************************************

ひまわりひまわりです。

tinkさん、力強いコメントありがとうございました。そうなんです、わたし、けっこう終わってしまったことを引きずってきました。tinkさんに見抜かれた感じですね。
はい!もう愛を愛としてのみ認識し、LOVEは動詞!そうでした!
なんか、すっごく、さっぱりしました。

tinkさん、nana&joeさん、感謝です。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月16日 19:03
******************************************************************

ひまわりひまわりさん

ようこそ、愛の世界へ!

ほら、感じて。

ひまわりひまわりさんは愛=愛、あなたのまわりは愛で満ち溢れていますね。

おめでとう!

Posted by tink at 2010年04月16日 23:39
******************************************************************

tinkさん、あなたの愛のパワーって凄い力がありますね。あなたのコメントを読んで、主人にプロポーズされた時以来の<愛の感情>が湧きあがってます。

藍色さん、いつもやさしいコメントありがとうございます。わたしは、あなたのシャイなコメントが好きです。いつも一歩さがって、まわりを見守ってくれている安心感を感じます。
まるで、わたしの主人みたい・・・・デヘヘ!
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月17日 07:42
******************************************************************

お褒め頂き光栄です(笑)
Posted by tink at 2010年04月17日 23:45
******************************************************************


 nana & Joe さま みなさま

 おはようございます。Green です。

 にしきさんのブログでは、Pink Gold という名前で投稿しています。そこで「兄が宗教に走り、家を出た、、、。」とコメントしましたので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

 今リトリートで教えていただいた、カラーワークをしました。クレパスでぐるぐるに描くワークです。クレパスの滓が飛び散り、ランチョンマットを汚してしまうほど激しいワークになりました。(*^_^*) (マットは石けんで洗ったらきれいになりました。)
 
 リトリート会場で、私、「思い出すような強い感情が無いのですが、、、。」と nana さんに質問しました。あの時は、本当にそう思い、Joe さんが顔を真っ赤にしてホワイトボードいっぱいに書きなぐっている様子を「どうしてあんなふうに描けるのかしら??」と眺めていました。Joe さんでもまだ吐き出す必要がある感情をもっているの?と不思議に思っていました。

 でも、今朝の私のスケッチブックに表れた色は、外枠が黒、無数の激しいギザギザの線で黒い円ができました。次は灰色。ギザギザに曲線が混じりました。灰色が外側の黒を引っぱって来て、灰色の中に黒も混じりました。次は茶色でグルグル。残った余白はわずかでしたが、濃い黄色の小さな円ができました。

 自分の中の強い感情が表れて、少し驚くとともに、思いが解放され、良かった~と思っています。

 どうしてワークをしたくなったか、しなくちゃ!と思ったかというと、昨日、知人に兄のことを聞かされ、私の感情が大きく揺れたからでした。
 その人は、別の用事で私を訪ねて来たので、私にはそういう話を聞く心の準備ができていませんでした。もし、兄のことで私に会いたいと言って来たら、私は、「兄には兄の人生があるのですから、、。ご心配いただいてありがとうございます。」と面会を断りました。

 兄は教師で、年末に退職し、数千万円の退職金が兄に支払われました。兄は、母に電話してきて、退職金は一銭も無いと言ったそうです。たぶん全て教祖の懐に入ったのだろうと、周囲は思っていました。私は、それを聞いて、少し悔しい気持ちは持ちましたが、お兄さんのお金なんだからどう使おうと私たちには関係ないと思っていました。

 そして、昨日、知人から、「その教祖は、手下にタクシーで隣りの市までたこ焼きを買いに行かせたり、今まで未払いだったタクシー料金を清算し、すでにタクシーだけで百万近くのお金を使っているそうです。全部お兄さんの退職金から出ているのでしょう。いいのですか。大丈夫ですか。お兄さんの退職金が全部使われたらお兄さんは追い出されるのではないですか、大丈夫ですか。」と聞かされました。私は「私たちには、兄が私たちの前に姿を現した時に、黙って迎え入れることしかできません。」と応えました。

 兄のことへの心労で父が倒れた時には、兄を恨む気持ちもありましたが、今まで読んで来た本の数々、神との対話、エイブラハムの教えに救われ、気持ちを立て直すことが出来ました。兄は勇敢な魂の持ち主なんだとさえ思いました。

 この頃はいつもいい気分でいられるようになっていましたが、昨日は久しぶりにネガティブな方に少し傾きました。
 私はどうしてこういう話を聞く現実を自分に引き寄せてしまったのだろう?と考えました。(思い当たる事は、久しぶりに見たテレビのネガティブな場面くらいです。)
 それから自分の感情を見つめ、ただ反応するのではなく、思考を調整する方へ、少しでもいい気分でいられる方へシフトできました。

 ハンスの物語のように、視座を変えて見れば、タクシー会社にしたら滞納金を支払われて良かったじゃない、たこ焼きやさんも、わざわざ遠くから買いに来てくれたことに感謝したかもしれないし、、と考えることが出来ました。

 nana & Joe さん、リトリートでいろいろ教えてくださってありがとうございました。改めて感謝します。
 楽しい話でなくて申し訳ないのですが、ご報告したくなりました。そして、ここに書き記すことで、更に私の気持ちは安らかになっています。

 私のことを、「いつもおだやかで、ゆったりしていて幸せそう。」とありがたいコメントをくださる、セミナーでご一緒するみなさま、私にもこういうことがあります、ありました、というお話でした。

 読んでくださってありがとうございました。

 Green
Posted by Green at 2010年04月18日 11:16
******************************************************************
Greenさん、そんな大変なことがあったのですね。
本当に穏やかなGreenさんだけを見ていると分かりませんね。でも人は誰でも苦悩があって、困難に直面して生き抜いているのですよね。私もGreenさんの気持ちに寄り添いたいと思います。

お兄さんのこと、まだ許せないし受け入れられないから、思い出す機会が訪れるのではありませんか?そのことを考えず、思考の外に追いやって自分が穏やかでいる時間も、心のどこかにその思いがあるのではありませんか?
勿論無理矢理思い出したり、そのことだけを突き詰めて考える必要はないと思いますが、そうやって浄化できる時間があってよかったですね。

お兄さんは、その宗教や教祖を本当に信じて、その道に進んだんでしょうね。
周囲から客観的に見て、それが明らかに間違っていると思えても、ご本人はそれこそが自らを救う道、明らかな光と思われたのではないでしょうか。
お兄さんは勇敢な魂の持ち主、とGreenさんも仰っているように、そのことを受け入れてらっしゃいますね。お兄さんの選択を尊重して受け入れること、それで色々なことが溶けていくのでは、、と思います。

昔、私の叔父がある宗教に入ったために、長男だった叔父は、彼の妻や祖母や祖父の位牌を一切合財燃してしまいました。お陰で戒名もなく、何の法事もできません。
周りで傷つく人や迷惑する人は大勢いますが、どの人にも平等に神の愛が注がれている、そう思ったらお寺に入れないことも、位牌がないことも、大したことではないなと思いました。

Greenさん、シェアしてくださってありがとう。
Posted by のん at 2010年04月18日 13:15
******************************************************************

 のんさん、

 コメントありがとう。
 私の気持ちに寄り添いたいと書いてくださって、とてもうれしかったです。

 のんさんはどうしていらっしゃるかな~と思っていました。
 
 そうなんです。
 私の兄への気持ちには、愛が足りなかったことに気付きました。
 もう充分怒った、嘆いた、悲しんだ、そして、それは過去のことと思っていたのですが、手放す必要がある感情がまだ残っていたのですね。

 ここに書いたあと、nana & Joe さんのメルマガ『あなたを映し出すもの』を思い出しました。そして、怒りも悔しさも、愛があるからこそ感じられるのだとわかりました。
 わたしの昨日から今朝の重い気持ちも、わたしに愛があることを気付かせてくれたのよね~と、『万事良好』と感じられました。

 叔父さまのこと、書いてくださってありがとう。のんさんがおっしゃるように、亡くなった方たちは、思い出してあげることで、ご供養になると思います。位牌とか、お寺に入るとか、そういう形にこだわらなくてもいいですよね。
 父が亡くなった後、父からのお知らせと思える事が幾つかあったので、余計そのように思えます。

 のんさん、少し元気になりましたか? また近況教えてくださいね。

 ありがとう。

 Green
Posted by Green at 2010年04月18日 13:50
******************************************************************

Greenさん

ニールの講演会場で声かけてください!
楽しみにしています、つながっていくことに感謝です。
ありがとう!

ひまわりひまわりさん

じわっとくる温かさでほめてくれて感謝です。
ご主人のようとは最高の褒め言葉です(笑)
ありがとう。

ここでは自分を開いていくことの大切さを教えてもらっています。

自分をオープンにしていくことへの無意識のブレーキが恐れにつながり、その恐れがまたブレーキを強めていく。

少しの勇気で、ここでも、どこでもいいからこころをオープンにしてみる、それがどれだけの自由を与えてくれるか、それは、オープンにした人だけじゃなく、それを聴いた人たちにとっても。

昨日はまったくこころが閉じた状態ですごしていました、今日はそこに少しの勇気を調味料に加えて(笑)、今日一日を新しい味のおいしい一日にしていこうと、動き始めます。
Posted by 藍色 at 2010年04月20日 10:04
******************************************************************

藍色さん ひまわりひまわりです。

昔の私は、自分をオープンにして、ブレーキをかけられなくなり、壁にぶつかって、全治3ヶ月の「落ち込み」という病に、よくかかっていました。
そんなことばかりつづくと、あたり前のように<無意識のブレーキ>が強くなりますが、どういうわけか、まわりの人たちは、
「君も大人になったよね。」
と褒めてくれました。まわりから、褒められれば褒められるほど、私は、図に乗り、どんどんブレーキをかけ続けていき、そして、私は、とうとう「完璧な大人」になってしまいました。

不思議なことに、「完璧な大人」の私のまわりには、「自分をオープンにして生きている人たち」ばかりが寄ってくるのです。なぜならば、私が彼らのブレーキ役だからです。そうです、私は、とうとう、ブレーキになってしまったのでした。

ブレーキ役は楽しくなかった。まわりの状況判断ばかりして、やりたいこと、言いたい事、けっこう飲み込んで、よく、胃痙攣おこしていました。  
さあ!藍色さん、ブレーキになってしまう前に、オープンでいきましょう!ただし、そのシャイなところをちょっと残してね。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月20日 13:16
******************************************************************

 藍色さま 

 Green です。お返事ありがとうございました。

 藍色さんやみなさまにお会いするのを楽しみにしています。

 Green
Posted by Green at 2010年04月20日 21:41
******************************************************************
まさに今、人間関係において致命的なミスを犯したところであります。
ミスを犯した後に子の動画を見たのは何故だろう。
Posted by Lockvogel at 2010年04月21日 06:50
******************************************************************
Greenさん、おはようございます。

tinkです。

お兄様の事シェアしてくださってありがとうございます。

わたしも含めて沢山の方がGreenさんのコメントを読んで勇気づけられたか。

お兄様の魂も勇敢ですが、そのご家族になる決心をされた
Green家の家族の魂の勇敢さと愛の大きさ、素敵です。

ありがとう!

Posted by tink at 2010年04月21日 07:46
******************************************************************

 tink さま

 おはようございます。Green です。
 
 tink さんのコメントを読んで、エッと思いました。
 兄と家族になると決心し、実行した私たち家族の魂も勇敢、、そういうふうには考えたこともありませんでした。気付かせてくださってありがとう!

 tink さんのコメント、いつも読む人を励まし、元気づけてくれます。

 tink さんは、リトリートにお母様とご一緒に参加なさっていた方ですよね?
 1日目、私、お母様の隣りに座っていました。お母様の笑顔、とっても明るくて素敵!と思ってお話していました。

 またお会いする時を楽しみにしています!

 Green
Posted by Green at 2010年04月21日 08:36
******************************************************************

Greenさん、ありがとう!

褒めていただいて照れちゃいます(笑)


母は相変わらず、元気で笑っています。ありがたい事です。

70近い母とスピリチュアルな話ができる事に本当に感謝しています。

「Greenさん」「Pink Gold さん」どちらも素敵なお名前ですね。

差し出がましいことですが、どちらで呼ばれる方がお好きですか?

できれば、ご自身がお好きな方でわたしは呼ばさせていただきたいのですが・・・


きっとまたGreenさんとお会いできると思います!

ほんと楽しみにしております。

ありがとう!

Posted by tink at 2010年04月21日 10:55
******************************************************************
Lockvogelさん

人間関係での致命的なミスを今経験し、そしてニールの話に触れたんですね。

致命的なミスということが、Lockvogelさんが思い込んでいる「結果」に対してのものという考え方はできるでしょうか?

結果にフォーカスするのではなく、注ぎ込む(与える)にフォーカスする為の経験というふうに捉えられるでしょうか。

もしニールの話が何かの学びなら、そのあたりから感じ始めてはどうでしょうか。

Lockvogelさんの話とは直接関係ないのですが、ニールの音声セミナーを何度も聞いていても、まったく記憶に残らなかったんです、でもLockvogelさんの、この動画を見たのは何故だろうの文章に、心が反応したんです。そしてもう一回ニールの声を聞いたらすっと自分への落とし込みが始められた感じです。

そうなんです、僕にとっては、Lockvogelさんのシェアリングは、僕自身がニールの言っていることを落とし込む大切なきっかけになったんです。

ありがとう。
Posted by 藍色 at 2010年04月21日 11:11
*****************************************************************
Lockvogelさん、魂の視点から見たら、"致命的なミス"などありません。大丈夫。

動画をご覧になったのは、それを知り、
「もっとよくなるためのチャンス」ととらえるためではないかしら?
すでに気づいていらっしゃるのでしょうけど。
Posted by nana&Joe at 2010年04月21日 11:20
******************************************************************

 tink さん

 ありがとうございます。
 
 お母様とスピリチュアルなお話ができて、いいですね。私もできるのですが、母は、兄のことがあって以来、父のこともあり、すっかり幻想の世界にとらわれています。私は、それも母に必要なことと受け止めています。

 名前の件ですが、どちらかと言えば、Pink Gold のほうが好きですが、こちらでは Green で書いているので、使い分けてもいいかなって思っています。お心遣いありがとうございます。(^_^)

 Green
Posted by Green at 2010年04月21日 12:13
******************************************************************

nanaさん、Joeさん、みなさん、こんにちは。

この4月からいろいろと環境が変わって、あわただしくしているうちに疲れも出てきて、最近ちょっと気分が落ち込んでいました。

でも、ここに来てみなさんの前のコメントや動画を見てるうちに、ずーっと底辺を流れているnanaさん、Joeさん、ニールさんの愛が伝わってきて「な~んだ、ちゃんと愛はあるじゃないか・・・ダイジョーブじゃん」という気になりました。

それからリトリートでいただいたスケッチブックを出してきて、眺めていたら、ぐんぐん元気がわいてきましたよ!

考えてみたら、去年の今頃も気分が滅入ってて、そのままずーっと軽いうつ状態に陥っていたので、こんな風に自分で切り替えられるようになっていることに驚いています。

自分もけっこう成長できてることに気づきました。ここでの一体感というかワンネスの感覚が、ほかの場面でのリレーションシップに生かせていけたらと思います!

nanaさん、joeさん、みなさん、ありがとう!

Posted by pino at 2010年04月23日 08:44
******************************************************************
pinoさんと同様、去年のわたしより今のわたしがとってもいい感じになっている。
わたしも驚いてます。

この場に集う方々のお陰です。

ありがたいよね!
だってまだここにこれていない人だって沢山いるんだから。
こんなにすばらしい場所に居れる事に感謝です!

Posted by tink at 2010年04月23日 10:38
******************************************************************

   天使たち

毎日、私のそばにいてくれる天使たちは
神のことも、ワンネスのことも
なにも 知らない
気にもしていない
「みんな、神なんだよ」と、教えてあげても
「なんか、わっかんなーい!」と、
笑われてしまう。

いいんだよ  それで
君たちは なにも知らないはずなのに
毎日 ワンネスしている

「ほら、このお花、かわいい!わたしみたい!」
ケイタイの写真を見せ合いながら、
皆に、愛をくばっている

「お月さまはね、思いを叶えてくれるよ」
老いた母が、夢を教えてくれる

神なんか、気にしていないのに
みんなの毎日は輝いている

だから、そこに、ちゃんと、神はいてくれている
どこでも・・・、誰にでも・・・、
ほら・・ね、天使たちとともに

20数年ぶりに、詩らしきものを創ってみました。なんだか、ちょっと、恥ずかしいけれど、
イイ気分です。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月23日 13:03
******************************************************************
*///*///*///*///*///*///*///*///*///*///*///
 
 
 みなさんこんばんは。
 当方のコメにレスをありがとうございました。

 先に書いた「致命的なミス」について色々と書いてみていたのですが、なんだかまとまらなくなってしまいました。

 藍色さんの言葉も、nanaさんJoeさんの言葉も、正直に言うとなんかまだピンと来ません。
 自分に何が出来るんだ? って。すみません。

 ただ、私の書き込みが藍色さんの助けになったらしいという事は良かったと思いました。
 書き込むのも悪くないなって。
 ありがとうございました。
Posted by Lockvogel at 2010年04月24日 03:52
*****************************************************************
Lockvogelさん、おはようございます。 :)

Lockvogelさんにとっての本当の答えは、Lockvogelさんの中にあるでしょ?だから書いてみることで、

1)自分の中が見えてくる。
2)(誰かがコメントしてくれると)自分とは違った視点があることに気づける。

同時にLockvogelさんの考えや視点は、読む人にとっての新しい見方になったり、自分の内にある声に気づくきっかけになったりするのね。

人とかかわることが自分自身を見る鏡になって、自分は何者か?ってことが見えてくるんですね。(これがリレーションシップの役割、機能)だから、書き込んでくださって、ありがとう。

ところでLockvogelさん、状況は分からないのだけれど、Lockvogelさんはそれを何故、どういう理由から「致命的なミス」と思っているのか?ってこと考えてみてくださる?

お時間とるかもしれないけど、また書き込んでいただけると多くの人にとって役立つことになると思うので、よろしくお願いします。
Posted by nana&Joe at 2010年04月24日 08:19
*****************************************************************
pinoさん、ありがとう。

成長は一直線じゃなくて、らせん階段(スパイラル状)なんですね。

同じように見えても、階は違う。
以前と似たような場面に来た時、前とは違う選択をすることができる自分がいるんですね。

pinoさん外を見て、「あ、似た景色だけど、ちょっと上に来てる(視界が広がってる)」ってきづかれたのかな。嬉しいです。
Posted by nana&Joe at 2010年04月24日 08:26
******************************************************************

ひまわりひまわりさん

素敵な詩ですねえ

こんなことをふと思いました・・

あたりまえに 神はあり

あたりまえに あなたたちは 天使

人は 悟りの前に

水を汲み 薪を割り

悟りの後に

水を汲み 薪を割る

そう それが自然

イイ気分って

イイ気分ですね(笑)
Posted by 藍色 at 2010年04月24日 08:29
******************************************************************

 nana & Joe さま みなさま

 藍色さん、素敵な詩をありがとうございます。
 私は明日朗読会に出席します。

 昨夜、『今の大学生は一人で学食に入れない。』という内容がテレビで特集されていました。驚きました。

 一人でいるところを見られたくないので、一人でお昼を食べられず、わざわざ大学の周囲をパンをかじりながら歩いたり、極端な場合は、空腹を満たすためだけの、すぐ口に入れられる食べ物をトイレで食べるそうです。
 厳かな雰囲気の中の入学式からスタートすると友人をつくりづらく、友人がいない状況が続くと中途退学してしまう学生も珍しくないため、大学側は対策をとり始めています。
 学生たちは、携帯では24時間人とつながっていたいと思い、数百人のアドレスをキープし、メール交換をし続ける。

 マスコミの報道をそのまま鵜呑みにしてしまうのはとても危険なことだと思いますが、番組で特集されるような状況は一部にあるのでしょう。

 大学生たちのコメントを聞きながら、みんな繋がりたいと思っているのにどうしたらいいかわからないのだと感じました。そして、このリレーションシップのページのことを思いました。

 Green
Posted by Green at 2010年04月24日 10:34
******************************************************************


Greenさま
明日の朗読会、楽しそうですね。私は出席できませんが、素敵な時間を堪能してきてください。
本当に、うらやましい・・・。

藍色さん
あなたは、思考が深いですね。
私が一番好きなことは、「あたりまえのこと」なのです。あたりまえのことを、探していたら、
ニールやnana&joeさんやみなさんに会うことができ、神を、あたりまえに思うことが毎日のことになりました。本当に、今、幸せを感じています。ありがとう。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年04月24日 18:52
******************************************************************

 ひまわりひまわり さま

 こんばんは。

 メッセージありがとうございました。
 
 ひまわりひまわりさんとお会いできる5月23日まで一ヶ月を切りました! 楽しみです!

 Green 
Posted by Green at 2010年04月24日 22:31
******************************************************************


Greenさま

 私は今大学生ですが、今年度の平日はすべて一人でご飯食べることになりそうです☆ うちの大学は食堂が複数あるので、知り合いがどこにいるか正直わからないです。ちなみに携帯の電話帳は、数百件どころかまだ2桁のもようです。

 うちの大学では入学式前に、新入生対象のいわゆる「お友達づくりパーティー」があるのですが(私は出席したことがない)、あれは学生の退学防止に貢献しているのかもしれないのですね。なるほど。
 まさか実施趣旨に「退学防止のため」とはうたっていないので、うっかり「うちの大学は保守的だからその点に限っては何も対策してないと思う」と書くところでした。
(ほんとうに「友達がいない」という理由でやめているのかは不明ですが。)

 明日の朗読会にはいくかもしれません。
Posted by ふくざわ at 2010年04月24日 22:49
******************************************************************
ふくざわ様

tinkと申します。

良かったら朗読会行ってみてくださいね!
こちらの常連さんも参加されますし、主催者さんも素敵な方ですよ!

わたしは、残念ながら遠方で参加できないので、ハートのみの参加です(笑)

Posted by tink at 2010年04月25日 06:51
******************************************************************

 nana & Joe さま

 こんばんは。Green です。

 朗読会に行ってきました。ゆったりとした時間の流れの中で自分と向き合える、とても良い会でした。
 自分で読むと頭で理解しがちですが、ジャスミンさんの朗読を聞きながら、心、魂がニールさんの伝えたい事を受け止めてくれたように思いました。

 お二人の手作りの栞、ありがとうございました!きれいですね~。たくさん作るのたいへんでしたでしょう。ニールさんの本を読む時に使わせていただきます。

 るぴなさんが、第2回の朗読会に向けて素晴らしい案をお持ちなので、応援よろしくお願いいたします。

 私は、常時ついてくださっていたホテルのスタッフ(ご年配のおじさま)がなんだか気になっていました。今日の朗読会はその方にとっても、大きな意味があったのではないかと感じました。るぴなさんにそうお話したら、るぴなさんもそう感じていたそうです!
 全ては完璧。(^_^)


 tink さん

 やさしい、可憐なお花のバスケットが、会場を和ませてくれていました。なんて素敵なお心遣い、と思いました。参加者からもありがとうと言わせてください。

 Green
Posted by Green at 2010年04月25日 22:58
******************************************************************

 朗読会行ってきました。素晴らしかったです☆

 おねーさんたちがみんなおしゃれで美人ですてきでしたよ^^ 朗読の内容も順序も進行もよかったと思います。

 そうそう、上の方で知さんが言及されている、ワールド・ビジョンのイベントに昨日行ってきました。ビニールの手袋にペンキをつけて地球にぺたっとやるのですが、地球の模型の骨組みが、美大の先生の監修とあってオシャレでしたよ!
Posted by ふくざわ at 2010年04月25日 23:06
****************************************************************
Greenさん、ふくざわさん、朗読会のレポートありがとうございます。

すてきな会だったんですね。

ジャスミン、るぴな、トッコちゃん、おつかれさま。ありがとう。

みなさんもご感想寄せてください。楽しみにしてます。
Posted by nana&Joe at 2010年04月25日 23:21
******************************************************************


昨日の朗読会に、撮影スタッフとして参加させていただきました。

ジャスミンさん、るぴな、トッコさん、お疲れ様でした。
そして、素晴らしい経験をさせていただいてありがとうございます。


一昨日までの天候とうって変わって過ごしやすい暖かい日で、
会場までの道を、神からの心憎いギフトに感謝しながらのんびりと歩いて行きました。

ご参加の皆さんの邪魔にならないよう、
また、基本的に皆さんのお顔が写らないよう
気をつけていたつもりですが、
ご不快な事もあったかと思います。
失礼いたしました。
撮影した画像については全て、主催者の方にお渡しして、
私の方では人物以外のものについて許可を頂いたもののみ
ブログにアップしようと思っていますので、ご安心下さい。

Greenさん。
ホテルスタッフのおじさまは、ジャスミンさんの朗読中に目を閉じて聴き入ってる様子でしたよ。
きっとあの方の魂とも、絶対の領域で契約を交わしていたんだと思います。
あの方にとってきっと、最高のタイミングだったのではないでしょうか。。。

そして、僕にとっても今回の参加は絶妙なタイミングだったようにも思います。

ふくざわさん。
イベントに行っていただいたんですね~。
手形も押していただけたようで、
ありがとうございます。

僕は23日に、仕事を切り上げて
開始時間に少し遅れて行ってきました。

小雨の降る寒い日でしたが、
若い方からご年配の方、ちいさなお子さんを連れた家族連れの方と
予想以上に多くの人が参加されていて嬉しく思いました。

僕もしっかりとブルーの手形を押してきました。

昨日の朗読会の会場でお声を掛けてくださった方、ありがとうございました。
うっかりと名刺を忘れてきてしまい、
ちゃんとご挨拶も、お話も出来なくて
本当に申し訳ございませんでした。
またどこかでお会いできましたら、懲りずに声をかけていただけると嬉しいです。

みなさん、ありがとうございました。
Posted by at 2010年04月26日 01:32
******************************************************************

朗読会、みなさんの書き込みを拝見させていただいて、
その場のすばらしさが、ヒシヒシと伝わりました。
次はわたしも参加したいな~

Greenさん、ありがとう!
みなさんに少しでも喜んでいただけたなら良かったです。
Posted by tink at 2010年04月26日 08:54
******************************************************************

 知さん

 おはようございます。昨日はお疲れさまでした。
 そうでしたか、ホテルの方、目を閉じて聞き入っていたんですね。良かった、、と思います。
 帝国ホテルにはよく行くので、今度その方をお見かけしたら話しかけちゃおうかな。(*^_^*)

 tink さん

 私もお花大好きです。一輪でもそこにあると無いとでは、全く場の雰囲気が変わりますよね。
 実は、私も3人娘にお祝いのお花を持って行こうかなと思ったのですが、とってもかわいいお花のパッケージのお菓子を見つけ、これだ!と思って、花より団子になりました。(*^_^*) ですので、tink さんのお花が置かれたとき、良かった~と思いました。
 朗読会、ご一緒できたらうれしいです。

 Green
Posted by Green at 2010年04月26日 09:20
******************************************************************


藍色も 朗読会参加してきました

ジャスミン、るぴな、とっこちゃん、ありがとう! 素敵な時間でした。空間もふわっとしていてとてもいい感じでした。

やっぱり読んでもらうっていうのっていいなあ、自分で読むのとはまったく違うものですね。それにジャスミンが一度こころにその内容を落としてから、それを言葉に出すということをしてくれていたからってのも大きいと思う。

「わたしは、あなたがあなたのために選ぶことを選ぶ」という一節を読んでくれているのを聴いて、読んでいてわかってたつもりでも、もっと強いイメージでこころに響いてきたのは、やっぱり語ってもらえることのパワーなんだなって、実感しました。

るぴなのワークと瞑想は、既成概念を壊すのにとってもいいし(だから自己紹介しましょうとるぴなが言ったときにエゴが嫌な顔したんだよね(笑))

ちゃんと、隣にふくざわさんが座ってくれたり、Greenさんがしっかり見つけてくれたり、Little Wingさんの素敵なダンスがみられたり(笑)、tinkさんのかわいい花とメッセージカードを見ることができたり、と素敵なシンクロも沢山あって嬉しかったです。

nana&Joeさんのプレゼントのしおり、しっかり藍色のをもらいました!ありがとう!

知さんの撮影姿はかっこよかった!

楽しかったです! ありがとう!!
Posted by 藍色 at 2010年04月26日 09:38
******************************************************************

ジャスミンです。

いま、三次元的職場の自分の席でみなさまの書き込みを拝見し、うるうるしててヤバイです~

朗読会のことをみなさま書いてくださってびっくりしました、感激です!

まずは、nana&Joeさん

ステキな栞をありがとうございました。
そして暖かい応援を本当にありがとうございました。
ジャスミンは自分でも驚くほど緊張せず朗読に臨むことが出来ました。
お二人のリトリートの司会の時は喉がカラカラになるほど緊張してたのに!
お二人の愛を感じたからかもしれません。


tinkさん

どうお礼を言っていいかと思うほど感動しました。
私たちにお花が届くなんて!
ちょうどトッコ事務局長がお花を用意する時間がなかった~と言ってたのです。
可愛らしいお花はジャスミンの朗読テーブルをステキに守ってくださいました。
何よりカードの「ここにいるよ」が嬉しく、あぁ、わたしはいま涙がいっぱいたまってしまってます。
上司に気付かれないようにしなくちゃ(笑)
tinkさんのハートはずっと感じてましたが、本当にうれしかったです、心より感謝です。


知さん

お手伝い頂きありがとうございました。
知さんが撮ってくださる写真は三人娘、普段よりずっとキレイに写ってることでしょう~^^
たのしみにしてます!本当にありがとうございました!

Greenさん

いつもお心遣いありがとうございます。
Greenさんの大好きな帝国ホテルで開催できたことを嬉しく思っております。
これからも宜しくお願いします。

藍色さん


あいいろさーん!
ほんっとに藍色さんがいてくださって安心して朗読できました!
最初、みなさま全員がわたしの方を向いて座られるのに抵抗があったのですが(しょうがないですよね、背中向いて頂く訳にいかないですもんね)
藍色さんが近くにいてくださって、いつものやさしい笑顔でリラックスすることが出来ました。
一度こころに落とし込むということも感じてくださって嬉しいです、ありがとうございました。


ふくざわさん

お越しいただきありがとうございました。
あれ?あの若いイケメンは誰?と三人娘ざわついておりました(笑)
たのしんで頂けてよかったです、ありがとうございます~


ホテルスタッフのおじさまがいらっしゃったのを私は朗読の時に知らなかったのです。
私は休憩時間の時に紅茶は飲まなかったのですが(喉を刺激することもあるので)
帰り際に私も紅茶を頂いていいですか?とお願いしましたら快くサーブしてくださってとても優しい方でした。
あの方のハートにも何か響いたらうれしいです。


参加してくださったみなさん、手伝ってくれたフム、Little wingさんにもお会い出来ましたし、本当にありがとうございました。
みなさま方の暖かい波動でわたしは本当に朗読を楽しむことが出来、またさらに朗読が大好きになりました!

そしてこの場をお借りして大好きな仲間、るぴなとトッコかあさんにありがとう、愛してるよ~!


長くなってごめんなさい、愛をこめてジャスミン

Posted by ジャスミン at 2010年04月26日 12:58
******************************************************************

ジャスミンさん

こちらこそ、ありがとう!
せめて小さなお花だけどわたしのおもい届けたくて。
ほんと、みなさんに喜んでいただけてこちらこそ感謝でいっぱいです。

ジャスミンさん、プロフィールで子供むけの朗読を。みたいなこと書いてありましたよね。
わたしも今小学校で読み聞かせボランティアしています。
きっと、今後こども向けに何かご一緒できるかも・・・って思っています。

ほんと、お疲れさまでした。

そして、ありがとう

Posted by tink at 2010年04月26日 15:35
******************************************************************

 tink さん、

 子ども向けの何か、、ができる時には私も仲間にいれてくださいね~。

 私、毎日読み聞かせをしています。英語の絵本ですが。仕事の一部です。(*^_^*)

 小学校での読み聞かせ、いいですね。

 Green
Posted by Green at 2010年04月26日 21:57
******************************************************************

Greenさん

きゃ~!なんて素敵!!

いいですね。是非やりましょう。

英語の絵本。憧れます。わたしにも読んでくださいな。

九州の引き寄せ系のお友達でこの方も子供に関することをしたいとおっしゃる方がいます。

Greenさん、なんだかワクワクしませんか?

いつの日か是非ご一緒してください。


Posted by tink at 2010年04月27日 08:22
******************************************************************
  tink さん

 ありがとうございます。

 ワクワクしますね。こちらこそ是非! (^_^)

 Green
Posted by Green at 2010年04月27日 08:52
******************************************************************

ジャスミンです。


ふくざわさん、大変失礼致しました。
わたし完全に間違えてますね。
昨日は慌てて書き込んでました、本当にごめんなさい。


tinkさん

子供向けはまだやったことがないんです。。。
わたしの尊敬する先輩がずっとボランティアで小学校で読み聞かせをしてらしたんです。
ステキだなぁと思って。
いつかご一緒出来たらうれしいです!
Greenさんの英語もステキ!
わたしも是非混ぜてくださいね~
Posted by ジャスミン at 2010年04月27日 12:36
******************************************************************
では私、素語り(ストーリーテリング)を。

作戦会議ですね。
Posted by nana&Joe at 2010年04月27日 21:50
******************************************************************

 ますます楽しみになって来ました~!
 (^_^)

 Green
Posted by Green at 2010年04月27日 23:12
******************************************************************

ひまわりひまわりです。
今、私の魂が、今まで感じたことのない状況になっています。

「愛は愛として、愛は動詞」ということを意識して、毎日を過ごし始めました。そうしたら、私の魂が、どんどん上昇して行き、今、空と青い雲の中にいるような感じなのです。個人的な「感じ」なので、解かりにくいかもしれませんが、今までいたところに、私の魂がいません。

では、今までの場所はどこかと言うと、「静かな湖の中」です。そこも、それなりに居心地よかったのですが、今、もう、そこに帰れない私がいます。

nana&joeさま、この「感じ」理解していただけますか?私自身、この「感じ」にとまどっています。わくわくするような、怖いような、これから、なにか、起こりそうな、今まで、知らなかった世界に入って行く前の、不安定な状態。
そのくせ、私の全てが、どこか、深いところで、喜んでいる感じ。

5月23日に、ニールの講演会に行く前に、こんな「感じ」になるのは、なにかの暗示だろうか。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月04日 13:33
*******************************************************************
ひまわりひまわりさん、シェアリングありがとうございます。
感じ方はそれぞれなので、私は具体的に「空と青い雲の中」の体験はありませんが、

「静かな湖の中」から「空と青い雲の中」へは、今までの完璧から、次のレベルの完璧への移行ととらえていいと思いますよ。

あるいは、「四界」であらわされるところの、インナーピースからリレーションシップへの移行とも取れるような気がします。

***

新しい世界へ入るとか、なにかとてもしたいこと、いきたい場所があるときなどに、それがほんとうに魂の望みかどうかを知るひとつの手がかりとして、ワクワクに多少「怖さ」が含まれているかどうか、というのがあります。

それはこれまでマインドが経験したことがない、マインドは選択してこなかった、マインドはまだ知らないことだから、なんですね。(でも魂は、知っている)

***

先日ニールさんに、こちらのHPの報告をしましたところ、大変喜んで、日本に来るのを心待ちにしているご様子でした。

「2週間後にみんなに会えるのを楽しみにしてるよ!」って、本当は3週間なのに(笑)

SS席は売り切れですが、お席はもう少し余裕があるようです。連休明けにはお申し込みが集中するようなので、ご希望の方はお早目のお申し込みがいいと思います。
Posted by nana&Joe at 2010年05月04日 22:46
******************************************************************


nana&joeさま
コメントありがとうございました。

>マインドが選択してこなかったこと、マインドはまだ知らないこと

私にとって、これは、本当に大きな「課題」なのです。「魂をだいじにする」のページで、亡き父について、少し書きましたが、本当に偉大な父でした。ただ、父は、私が進みたい道に反対し、実践面を重視する方向を望みました。

私は、歯科医師という仕事を、父から授けてもらいました。勉強したくてもできなかった父の思いを十分理解していたので、私自身が、魂の底から望んだ仕事ではありませんが、父が私の将来のことを含めて勧めてくれた仕事です。
独立して20年、53歳の歯科医師として、父の思いに応えたと思っています。

ただ、私の魂の、一番深い場所が、いつもチクチク痛みつづけていたことも、事実です。
ニールの本を読み始めたときから、どんどん、魂の声が大きくなってきています。

>マインドが選択してこなかったこと。

私の魂が何かを選択したがっているのです。
何か、というより、「どう在るか」なのかもしれません。
私、自分のマインドも好きなのです。冷静で、かなりの客観性があり、どうしようもない場面に遭遇したときなどの決断力は、凄い力があります。そのマインドが選択してこなかったこととは・・
これから、はっきりしてくるのでしょうね。

nana&joeさんのコメントが刺激になって、なにか、感じています。ありがとう。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月05日 12:54
******************************************************************
『ニールと一緒に読む「神との対話」その2』を久しぶりに見ました。驚きました。ニールの声が、私が瞑想のようなことをして、自分の中から聞こえてくる声(実際には声というよりインスピレーションみたいな感じなのですが)とニールの声がそっくりだったからです。私には、その物のように聴こえました。『この声だ』そう思いました。魂でしょうか・・わかりませんが心臓のあたりがビリビリと震え、ニールの声が聞こえている間止まりませんでした。

自分の中にニールがいる?

なんだか、わけがわからないのですが、もしかしたら、縁があるのかしら・・・・と思ったり。

魂が、その人のいうことに耳を傾けなさい!と強く伝えてきているのかな・・・と思ったりしています。
Posted by のむらようこ at 2010年05月05日 23:19
******************************************************************


ひまわりひまわりです。
私はきょうまでお休みです。みなさんはお仕事の人たちが多いでしょうね。がんばってください。

他のページで、知さんのライフワークについてのみなさんの発想豊かなコメントを眺めていたら、私のなかで、あることが、大きな姿になって現れて、ぐるぐる旋回しています。

ポストカードやカレンダーなどに、写真とともに言葉が添えられてあるものがありますよね。
「ゆっくり、ゆっくり生きようよ」
「がんばってる自分にごほうびあげよう」とか。

ニールの本は、素晴らしい言葉やコメントの宝庫ですよね。このHPを開いてくれている人たちのなかには、写真を撮影することをライフワークにしている人たちが、たくさんいらっしゃると思います。その人たちの写真に美しいメッセージを添えて、市場へ出せないものでしょうか。もちろん、そこで得た利益のほとんどは、寄付するということにして。

私のまわりにいてくれる天使たちは、不思議に本を読まない人たちが、多いのです。ましてや、ニールの本は素晴らしいけれど、難解な部分も多いですよね。幾度となく読み返して、実践してみて、やっと、自分のなかに入ってくるもののほうが、多いように思います。

しかし、市場の誰もが自然にニールの(神の)言葉やコメントに、なにげなく触れて、「あっ!」と何かを感じてくれることも、考えただけで胸がいっぱいになってきます。

お祝いや、お見舞いや、励ましや、感謝や、いろいろな思いをこめたメッセジカードが作れるといいなああ・・・。市場に受け入れられたら、シリーズ化も可能なんてことになったら、凄いですよね。

さあ、私の魂には「誇大妄想」という癖がありますが、これは、妄想で終わってしまうのでしょうか。
たしか、ニールのメッセジカードは無いですよね。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月06日 10:48
******************************************************************
ついさっき、ネットのニューストピックを見ていたら、こんな記事がありました。

どこかで、誰かの力になる、
そういう生き方を実践することのすばらしさを感じています。


人生を救ってくれた「何気ない一言」が続々書かれる
2010/5/6 8:07
YOMIURI ONLINEの質問サイト、「発言小町」で
「他人の何気ない一言に助けられた」というトピックが立ち、
多くの体験談が寄せられ盛り上がっている。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0419/309359.htm?g=01
Posted by つき at 2010年05月06日 14:39
******************************************************************

つきさまの紹介してくださったサイトへ、行って帰ってきたところです。このHPに負けないくらいの、大きなパワーをもらいました。

やっぱり、人間って、誰もが、すばらしい。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月06日 16:45
******************************************************************

ひまわりひまわりさんの妄想(笑)にワクワクしました!

私も密かにニールや、nana`sインスピレーションのメッセージ入りのノートを作ろうと計画していたんです。(市場に・・とは考えていませんが~)

メッセージカードが実現したらすてきです!
・・・・

「発言小町」気持ちがほっこりしました。
 moonより

Posted by moon at 2010年05月06日 22:25
******************************************************************


つきさん。
僕も見させていただきました。

本当に凄いシェアの連鎖で、涙が溢れそうになりながらもふと考えました。

「何故これを見せられてるのか?」って。。。

体験談を読んで感動してと言うだけではなく、
何気ない一言に助けられた方達の書き込みの裏に、
助けた人がいるってことで、
それはタクシーの運転手さんやスーパーのレジの人、
通りすがりの人、電車で前に座っていた人。。。
その人達はきっと「伝えること」をしただけなんじゃないのか?
「伝えること」が、どれほど素晴らしい事なのかを見せくれているんじゃないか?って。

それが今の僕にとって「何故これを見せられてるのか?」の
答えなんじゃないかって思いました。(神の声?)

僕も「伝えること」が出来る人間になりたいって思わせてくれました。

この文章でちゃんと伝わっているのかどうか解らないけど。。。。(笑)

本当に素晴らしいサイトを紹介していただいてありがとうございます。

Posted by at 2010年05月06日 22:55
******************************************************************

こんばんは。

「他人の何気ない一言に助けられた」のサイト見てきました。
それで、気づいたことがあります!
nana&joeさんやニールさんがいつもおっしゃっているメッセージ「Be the Source!」って、このことだったんだ!
「伝える」ってことも、こういうことの「源になれ」ってことだったんですね。
なんか自分の中で、ピタッてハマっちゃたので、うれしくなって書いてます。失礼しました。。。
Posted by ken2 at 2010年05月06日 23:04
******************************************************************


moonさま、コメントありがとうございました。私の妄想に、わくわくしてくださる方が、存在していたことに驚いています。
書き込んだ後、ちょっと、後悔したりしてました。なんか、オバカなこと書いちゃったなって。

今、うれしいです。伝えてみるものだなと、改めて思いました。

ゼラニウムさん、私のオフィイスの玄関に、ゼラニウムの花を植えました。毎日、あなたに話しかけています。23日、待っててね。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月07日 07:23
******************************************************************

なんだか、素敵!

みんなつながってるね!

愛でいっぱいだ~!!!
Posted by tink at 2010年05月07日 08:11
******************************************************************

ある日、ある時、ある人との会話

  あなた、最近、Bさんとのお付き合い(友達
  関係)を解消したって聞いたけれど、ケンカ
  でもしたの?

A:「別にそういうことじゃないのです。」

  あんなに仲良くしていたのに。

A:「連絡を取り合うくらいはしてますけどね。
   」

  私から見たら、ずいぶん、ドライな関係に
  なってしまったのね。

A:「人間関係、<give and take
   >ですから。あの人から、もう、得られる
   ことが無くなったので、お付き合いしてい
   る意味もなくなったのです。」

そして、Aさんは、暫くしてから私との関係も、解消してしまった。もう私から得るものが無くなったらしい。

2年くらい前のお話です。今の私なら、堂々と、
<その考えは、間違っている。>といえたはずです。もし、Aさんに、どこかで再会することがあったら、<まず、与えること>の大切さを伝えたい。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月08日 07:53
******************************************************************

 ひまわりひまわりさま

 A さんのような人、take & take の人、いるんですね。。。自分の周りにそういう人がいて、直接そういう言葉を投げられたらショックかも。
 でも、二人の波動が違ってきたから会わなくなったのでしょうね。

 ひまわりひまわりさんのブログから、A さんに対する消化できていない思いのようなものを感じました。
 これが私が今ひまわりひまわりさんに伝えたいこと、かな。

 もうすぐニールさんの講演会ですね。お会いできるのを楽しみにしています。
 私、たぶん、黄色のワンピースを着ていきます。胸に白い円が三つ付いています。(*^_^*)

 Green
Posted by Green at 2010年05月08日 08:39
******************************************************************
ここで『発言小町』のシェアができて
とてもうれしいです。

見に行ってくださったみなさん、
どうもありがとう!


わたしも、言葉ではないけれど
作ってくれるサンドイッチで元気をくれた方に
昨日やっとお礼が言えました。

仕事柄、毎日帰りが遅くて
簡単に食べてすまそうと入ったパン屋さん。
出てきたサンドイッチに感激したのを
今でも覚えています。

見た目も美しく整えられて
パンはしっかりカリっと焼かれて
中身はふわっと。

仕事帰りに、どれだけ元気をもらえたか。

ところが、とてもリーズナブルなお店なので
人が変わると出来上がりが全く違っていたのです。

そこで、あらためて
この感激したサンドイッチの作り手さんの
想いが伝わってきて
いつか、また
この作り手さんのサンドイッチが出てきたら
お礼を言おうと決めていました。

閉店前の店がひけた頃に
タイミングを見計らって店長さんに声をかけ
お礼とメッセージカードを渡したら
店長さんも大変喜んでくださいました。

わたしは、ただ、うれしかった気持ちを
伝えたかっただけですが
喜んでくださったことにまた
さらに輪をかけてうれしくなり
幸せな一日の締めくくりになりました。

ひまわりひまわりさんが
書いておられたAさんとのやりとり、
わたしはgiveすることはイコールtakeでもあるんだなって感じています。

最初にtakeを意識しなくても
giveさえできれば
自然についてくるものだと。
もちろん、今のわたしには難しいときもあるのですけどね。

まず、神に感謝するという
このことにも通じる気がしました。

その実践を楽しんで、自然にできるように
日々練習中のわたしです。(笑)

Posted by つき at 2010年05月08日 11:35
******************************************************************

Greenさま、すごい!

>Aさんに対する消化できていない思い

ズバリです。どうして分かるのですか?今も私は
Aさん(年下の女性)のことが気になってます。根は良いひとです。明るくて、人づきあいも上手で、憎めない人なので、なおさら、Greenさまの言う、take and takeで人生を過ごして欲しくないです。
ご縁があれば、どこかで会えるでしょう。

それにしても、なにげなく書き込んだコメントから、いろいろなことを見抜かれることの多いページですよね。うれしくなりますね。


つきさま、私も、やっと、giveとtakeをよい意味でつなげることを理解しました。この、ニールのページに来なければ、私も、take and takeで終わっていたかもしれません。

これからも、どんなに小さなことでも、伝えたいと思ったらどんどんコメントを書き込みます。改めて、よろしく、お願いします。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月08日 13:59
******************************************************************

nana&joeさまおはようございます。
今、joeさまの、リレーションシップに関するメールを読ませていただきました。
やはり、私はお二人に会うようになっていたのだと確信しました。

私は、マインドと身体をフル回転(自分なりに)して生きてきたつもりです。やりたいことを棚上げにして、「やらねばならぬこと」を最優先してきました。しかし、もう、疲れてしまったのです。2年ほど前から、自分の先の扉が閉まったままになってしまって、なにをどうやっても開かないのです。少し光が見えたかなと思うと、すぐに閉まってしまう。そんなことの繰り返しで、ただ、生きていました。

そんな時、
<もう理性だけでは、やって行けない>
という、今で思うと、<声>が聞こえました。
日増しにその声は大きくなりましたが、なにをしてよいのかさっぱり分からず、さらに、もんもんと時間を費やすのです。

私が困っている時、いつも助けてくれるのが、<本>です。ザ・シークレットから始まり、手当たりしだい気になった本を読みまくりました。

ニールの<神との対話>にたどり着くまでに、1年半かかってしまいましたが、それから、どんどん私の扉が開いていったのです。どの本からも得られなかった、<核>のようなものが見えたのです。それからが凄くて、いっきに、セミナー参加、コメントの書き込み、自分の変化。
今、大きな流れに乗っている状態です。

魂の存在を忘れていたわけではないのです。
その存在を、どのように認識し、扱ったらよいのか知らなかっただけなのです。

少しずつですが、理解を深めていると思います。これからも、アドバイス、よろしくお願いいたします。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年05月10日 07:52
******************************************************************

Nana&Joeさんへ

はじめまして、うみと申します。

こちらのテーマは長いこと書き込みがないのですが、私が以前から聞きたいことはここのテーマが一番近いと思うのでここに書き込ませていただきます。

私は、今年の5月に子どもを産みました。
初めての子どもです。
私は、看護師をしていて妊娠中も働いていました。妊娠後期に切迫早産になり一時、仕事を休んだこともありました。
その時に、仕事に行けないこと、仕事で迷惑をかけることへの罪悪感と、正直体を休めたかったし精神的につらい職場だったので心を休めたかったという本音もあり切迫早産で休ませてもらえたことに感謝していたところもありました。

そして、産まれてきた子どもは先天性の心臓病でした。
産まれて6日目から入院、3週間目には手術をしました。私も、ずっと付き添いをしていて出産後から2ヶ月間病院で生活しました。
今は、自宅で子どもの2回目の手術に向けて薬を飲みながら成長を待っているところです。

この経験で、私は本当に色々なことを学びました。
仕事についての考え方、「生きるって何だろう」ということ、母親になるということ、などなど。スピリチュアルの本を読みながら闘病生活をしていたことも大きく関係していたと思います。

今までの経験も看護師としての人生やお金の意味なんかも今までと違って見えるようになってきました。

その中で、とくに変わったのが人間関係、人との交流に対する意識でした。
私は、とても人見知りで看護師としての仮面をかぶれば人と話すことも苦ではないのですが、ひとたび私服に戻るとなかなか友達を作れないでいました。

今回の入院で同じように心臓病の子どもを持つママたちにたくさん知りあいました。
初めは「心臓病の子どもを持った可哀想なわたし」という閉ざされた壁の中にいたのですが、色々な人に話しかけてもらい、看護師としての知識を共有することでアドバイスできることもあったりで今までにない友達ができました。
私という存在がいるだけで人の役に立つことを経験できたのです。
看護師としてでなく、一人の人間として。

私、個人ではこの子どもが病気を持って生まれてくることで大きく成長できたし、すべては完璧にいい方向への変化であることは実感できています。
だけれども、やはり親として子どもが生まれながらに難病を背負い痛い思いや苦しい思いをしているのを、「そうゆう運命だから、仕方ない」と割り切ってみることは難しいです。

これは、お話をした多くのママたちの共通した思いです。
いくら、肉体だけの存在ではないといっても苦しんでいる我が子を見るのは辛いです。

私は、今、自分の経験で役に立ったことを生かせないかと考えています。
子どもへの罪悪感や、自分への憎しみ、未来への不安、過去の後悔などで付き添いをしながら閉ざされた病室という世界で苦しむ家族への助けになれないかなと漠然と考えています。

まずは、私たちはもう一度手術のために入院することがあるのでその時に話をできる人には声をかけてあいさつ、笑顔を持って接することから始めようと思っています。

とりとめなく、長くなってしまいましたが、質問です。

苦しむ家族に対して、悲しみを抱いたり、将来を思って不安になることはネガティブなエネルギーとなるのでしょうか?
やはり、どうしても子どもを愛しているからこそ不安にもなります。

この気持ちをうまくポジティブに変換できたら嬉しいと思っています。

同じような質問があったかもしれませんが、お答えいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
Posted by うみ at 2010年11月25日 15:15
******************************************************************


うみさん

nana&Joeさんへのご質問ですが、是非わたしにもひとこと言わせてくださいね。

わたしはうみさんのこどもさんとは少し違いますが先天性の股関節脱臼で生まれてきました。覚えていないくらい小さい時手術もしました。
命の心配のあるものではありませんが、親の気持ちとしては重いも軽いもないとおもいます。
わたしの母もわたし対してとても申し訳ないという想いを抱えていました。

でも、わたしはこどものころから「片方の足が短い」は当たり前で親をうらんだことはありません。たしかにこの事で「我慢」が身についてしまいましたが・・・でも先日のリトリートでやっと手放せたのです。このこともわたしには必要な経験だったと思っています。いまのわたしがあるのはこの経験のおかげ。

nanaさんはリトリートのときに「それはtinkさんの個性」って言ってくださいました。
わたしも今はそうだと思っています。

わたしの親は特別扱いはしませんでした。徒歩遠足も運動会もみんなと一緒にやりました。
そして、たくさんの愛情を込めて育ててくれました。

うみさん、どうか不安にならないでください。
母親の不安は子供は敏感に察知します。
お母さんはいつもにこにこ笑っていてください。
不安になる暇があるなら心の強さを磨いてください。お母さんが傍にいるから大丈夫よっていってあげてください。

うまく伝えられまいけど・・・・

心臓病はお子さんの個性です。

読んでくださってありがとう。

Posted by tink at 2010年11月25日 16:05
******************************************************************

tinkさん

コメント、ありがとうございます。

tinkさんの伝えてくださったこと、本当によくわかります。私の考えを後押ししてくださっていているようで、とてもうれしいです。
「子どもが私を選んで産まれてきてくれたこと」に今は、感謝しかありません。
きっと、tinkさんのお母様もとてもやりがいを感じて子育てをしていたのではないでしょうか?


私も、子どもを特別扱いすることはしていません。
まだ小さいですが、子どもの体調を見て私たち夫婦の趣味であるサーフィン、ボディーボードに一緒に連れて行き海の素晴らしさを伝えることをしています。(私たちの親は、この行動に大反対していますが・苦笑)

そんな私たちの行動が他のママたちを勇気づけたりしていることも事実です。


そんななかで、わたしは不安や心配をするくらいなら楽しいこと、幸せに感じることを優先して考えて生きようと考え方を変えました。
(でも、日常でふと不安になることはありますが、、、)


しかし、やはり手術が終わるのを待っているときや、何度も合併症を繰り返し苦しんでいる我が子を見ているときは前向きな明るい気持ちばかりを持ち続けるのはとても難しいものです。
そんなときのネガティブな心配や不安が、実現してしまうのではないかと「引き寄せの法則」に対しての恐れがあります。
なので、そんなときにポジティブに思考を変換できないかと思うのです。

tinkさんのコメントを読んで、いつか私の子どもにこうやって言ってもらえたら最高に幸せだろうなと思いました。
ありがとうございました。

Posted by うみ at 2010年11月25日 17:14
******************************************************************

うみさん、

うみさんはすでに完璧な道を、歩いていらっしゃると思います。
魂がしっかりと手をとって、導いてくれているんですね。

赤ちゃんたちが携えてくる個性は「試練」ではなく、「贈り物」です。

うみさんのところに生まれてきてくれたお子さん、
そしてその子をこの世界に生み、育ててくれるうみさんは、

私たち人類への贈り物です。

ありがとう。

***

>苦しむ家族に対して、悲しみを抱いたり、将来を思って不安になることはネガティブなエネルギーとなるのでしょうか?

今うみさんが感じられる自然なフィーリングを
「ネガティブ」と意味づけする必要はありません。

うみさんが深い「悲しみ」を抱くことは、完璧なプロセスの一点です。

うみさんが、すでに歩いていらっしゃる道を進んでいくとき無理に「ポジティブに」と考えなくても、

「大きな悲しみ」が、そのまま
「大きな愛」であったことに、

ふと気づかれるときが来るでしょう。


***

私は地域の保健所が主催する会で、うみさんと同じような立場にいらっしゃる
お母様方とお話しする機会があります。

毎回、母子としてこの世界での共同創造をすることを
契約してきたふたり(家族も含め)のリレーションシップは、

なんて尊く強いんだろう…
どんなに大きな使命を携えて生まれてきたのだろう…
と、敬わずにはいられないと感じます。

たった2,3回のセッションですが、その中でお母様方は、
それぞれに、ご自分の使命、ふたりの間で交わしてきた契約に
気づかれ、歩き出して行かれます。

そして翌年には、その方々が、新しい母子を力強くサポートして
くださっている様子を拝見し、また感動するのです。


うみさん、大丈夫。

そして、大きなギフトをもたらしてくださり、
ありがとう。
Posted by nana&Joe at 2010年11月25日 17:35
******************************************************************
藍色です

うみさん

素晴らしいシェアに感謝です。そして あかちゃんとうみさんの。、その相互の選択と愛への信頼に感動しています。

けど 辛いと思う時ありますよね、赤ちゃんが苦しんでいると思うと。、お母さんとしては ネガティブな思いになることも
当然ありますよね。

その思いにのみこまれる恐れ
そして悪い結果を引き寄せてしまうのではないかという恐れ
ありますよね

nanaさんが書いていたことの付け加えになりますが、ひとつ うみさんがうみさん自身にゆるしてほしいことがあります

ポジティブになってもいいし
ネガティブになってもいい

ポジティブな自分もいいけど
ネガティブな自分でもいい

この相対の世界で生きるということはかならず二極をもつということ、つまりポジティブがあるならネガティブもかならずあるということ。

そして その両方に自分の中でOKを出してみる、これが選択の力となり、この相対の世界でニュートラルになる方法でおあるんですね。これがうみさんが望んでいることかもしれないなと思うんです。

よければゆるしてみてくださいね。

Posted by 藍色シアン at 2010年11月25日 17:54
******************************************************************


うみさん

ありがとう☆

うみさんの大きな大きな愛がまぶしいです。

ご自分にも是非大きな愛を♪

Posted by tink at 2010年11月25日 20:23
******************************************************************

Nana&Joeさん

お答えいただいてありがとうございます。

私も、同じ病気を持つママたちの素敵な絆に励まされました。
今度は私が、この経験をシェアする番ですね。

>「大きな悲しみ」が、そのまま
>「大きな愛」であったことに、

>ふと気づかれるときが来るでしょう。


「悲しみ」も「愛」から生まれる。
そうですね。
ネガティブというレッテルを張ってしまっていたのは私でした。
「悲しい」、「苦しい」ことを感じられることがこの子を愛しているということなのですね。

やっと、恐れを手放すことができそうです。
ありがとうございました。


藍色さん

コメント、ありがとうございます。

私はほんとに頭が固くて(エゴが強くて?)
二極性の世界を生きていることをすぐに忘れてしまいます。

「悲しみ」があるから「喜び」がある。
そうでした。
そして、不安や恐れを持つ自分がいるから
愛や喜びを選べる自分がいるんでした。

頭の固い私を許そうと思います。
ありがとうございます。


tinkさん

うっかり忘れそうになるところでした。
自分を愛します☆
Posted by うみ at 2010年11月26日 14:51
******************************************************************
うみさん

>うっかり忘れそうになるところでした。

忘れても大丈夫ですよ~

コメント書いた本人(tink)がコメント書いたこと忘れてたりしますから(笑)

Posted by tink at 2010年11月27日 06:51

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    スピカ (月曜日, 12 9月 2011 03:39)

    ♪。・:*:・゜

    ホームページがリニューアルしnana&joeさんが
    メルマガでおすすめしてくださったので
    無料オーディオを全て聞き直してみました。

    いまのわたしの心に深く響いたのは、神との友情の
    新たな理由で生きる。リレーションシップについてのオーディオです。
    わたしは、それをマインドで理解し、実践しています。
    ところが、知識として理解し、実践していたとしても
    <何かを得よう>とするマインドの意識は、ふと気を抜くと
    思考の渦と共に、出現します。

    こころから人のためにわたしが与えられること。として
    はじめた活動のエネルギーの循環として、自分の元に届いたお金。

    ふとしたときに、この活動を一ヶ月でどれほどしたら、一ヶ月どれほど稼げるか。
    という思考が巡ったことがありました。その際、この思考が不安から
    きていて、無意味な思考であるとして、すぐにやめましたが
    それに気付かず続けてしまい、<目的>が人のために与えること
    ではなくて、<お金を得よう>にすり替わってしまえば、活動がうまくいかなく
    なることは明らかです。

    また、それは、お金というツールを使っていたのに、使われそうに
    なるとはこういうことだとわかった瞬間でもありました。
    そのまま、その思考に自分が飲まれていくことだからです。

    人生が自分にとってスムーズにいけばいくほど、
    お金や、名声。そういったツールが人によっては訪れてくると思います。
    それらのツールは、自分が何者かを思い出すことを他のわたしに広げるために
    有効なツールです。しかし、それを得るためという目的にいつのまにか
    すり替わってしまわないよう、マインドの声を振り払う<意思の強さ>
    それにかかっていると思います。マインドで理解さえしていればできる
    ということとは違うと思うからです。その意思の強さは、
    ぶれない芯であり軸であり、本当の強さだと思うのです。

  • #2

    nana&Joe (火曜日, 13 9月 2011 04:32)


    人の心(生命)に携わる行為、面談(カウンセリング)や療法(セラピー)を
    行うときは、専門機関から与えられる資格を得ることが必要です。

    これは、他者の心や体に関わる者の最低限の責任でもあります。


    精神世界がスピリチュアルへ、療法がセラピーへと、カタカナに代わり
    今の日本は'なんでもあり'の無法地帯のようになっていますが

    無資格者が、カウンセリング(心理療法)を「課金」して行った場合
    依頼者(クライアント)からの不服申し立てがあれば、詐欺罪を問われるでしょう。

    また、万一依頼者に問題が起こった場合(面談中の発作、自殺や犯罪行為)にも
    当然責任が問われます。

    「上手くいくか、いかないか」と考える以前に
    それを始める目的、「本当に他者への奉仕になるのか」を
    正直に、真剣に見つめる必要があるのではないでしょうか。

    大変厳しく聞こえるとは思いますが、
    リレーションシップ(関係性)やライフワークを考えるすべてのみなさんに
    一度きちんと向き合っていただきたいことだと思います。

  • #3

    スピカ (水曜日, 14 9月 2011)

    ♪。・:*:・゜

    nana&joeさん 

    資格と責任ということについて、いまいちど考えます。

    経験のシェアは長いのでブログに書きます。

    質問です。

    >専門機関から与えられる資格を得ることが必要です。

    nana&joeさんのいうこの資格とは、臨床心理士などの
    国家資格のことを指しているのでしょうか?

    資格自体が溢れていて、どうしたらよいかわかりません。

    ありがとうございます。

  • #4

    nana&Joe (水曜日, 14 9月 2011 06:18)

    スピカさん

    まっすぐに受け取ってくださって、本当にありがとう。

    専門の資格には、

     医師、看護師、鍼灸師 救命救急士 介護師
     カイロプラクター、臨床心理士、心理カウンセラー
     精神保健福祉士、ソーシャルワーカーなどの国家資格や
     専門の協会などの認定資格

     および正式な団体として認められたNGOから認定される資格
     (いのちの電話相談員など)
     
     その他、対人援助・医療にかかわる専門職の訓練を受け
     病院などで2年以上の実務経験を有する方など

    これらは、たとえば「神との対話」のティーチャー養成コース
    TREプラクティショナー・トレーニングを<受けるため>の資格です。

    つまり、スピリチュアル・カウンセリングのためのトレーニングは、
    このような基礎の上に、初めて成り立つのです。


    *これらは、あくまでも<他者に関わる人>にとっての条件ですよ。
     自分自身の成長のためには、何の条件も、資格も一切必要ありません。


    これらの資格を得るまでの期間にクライアントさんの
    「もし」に対応できるようになるための学びと経験が
    得られるでしょう。

    また、個人で面接するなら、自分の力量を超えたクライアントさんが
    現れた時に、クライアントさんの安全を確保できる専門の機関との
    連携が取れていることも必須条件です。

    こういったことを基準に学べる機関を探してみてください。

  • #5

    スピカ (火曜日, 20 9月 2011 05:34)

    ♪。・:*:・゜

    nana&joeさん 

    資格や責任について詳しく教えていただき
    深く考えるチャンスを与えてくださって
    ありがとうございます。結論はまだでていません。
    じっくり検討していきます。

    ***

    当初わたしは行っている活動に対しての責任を考え
    クライアントさんの安全を確保できる学び
    そして、予防できる学びを受けると共に
    TREプラクティショナー・トレーニングをとても受けたかったため
    半年後に間に合うような。そして実践的に活かすことができるような
    資格を必死で探しましたが、それらは心理学の基礎とは違いました。

    わたしがいまから、例え全力で
    クライアントさんの安全を確保できる専門の機関での資格を
    学んだとしても、それらは最低でも2年かかりますから
    TREプラクティショナー・トレーニングをわたしが学ぶことはできないということ。

    それらの事実がわかったとき
    全体としてのわたしの視点に切り替えれば
    わたし(個人としてのスピカ)がTREを学ぶ必要はないですから
    それらがいま学べる環境の方にお任せすること。

    やれるだけやったら全体にお任せ。
    そこへすぐに切り替えができること。
    それが、すぐに受け入れられること。とても楽です。

    そういうことだったんだね。
    他のわたしがその役目をやってくれる絶対的な信頼があるのですから。

    カウンセラーという職業においても
    わたし(個人としてのスピカ)が必ずしもその役割を行う
    必要はないことをわたしは知っています。

    それを理解した上で、自らの気質と反対の学び〜堅実的で地味な
    部分の学びを、わたしが望んで決めたならば2年でも10年でもそれを
    学ぶでしょう。そしてそれはわたし自身を輝かせることであると
    わたしは知っています。それらの学びをしたからといって
    わたしの本来の気質が、ぶれることは、もうないからです。

    また、カウンセラーではなく表現者よりの方向で
    自らの気質をさらにふくらませるような方向に進んだとしても
    それもわたし自身を輝かせることであると知っています。

    そして、それらを両方やってもいいとも知っています。

    わたしの在り方。わたしを生きる。

    ありがとうございます。