Neale’s インスピレーション!

メルマガ購読・解除
 

 

音声セミナープレゼント!

 

ニールと一緒に読む「神との対話」①

(日本語同時収録/音声ファイル)

3分   

 

「変われば、変わる」

ニールの最新のセミナーから

重要なポイントを凝縮!

(日本語字幕/音声ファイル)

15分

 「愛」と「自由」と「幸せ」を生きるための nana&Joe の道具箱シリーズ①  

 魂のカラーパレット<気質>

 

 

 

 

 

<気質>は、生まれる時に魂が選んできた「光の絵具の色」です。

あなたの色を自由に使い、人生/生命」と言う名の絵を描きましょう!

 

Comment (206)

この記事へのコメント

*****************************************

 

 

nana & Joe さま

ただいまメルマガを拝見しました。ありがとうございました。
私はすいぶん前に、シュタイナー理論について少し学びました。メルマガをいただいて、

Neale さんのおっしゃることをもっと深く理解したいと思いました。
人智学を学ぶために何か良い本をお薦めいただけましたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Green

Posted by Green at 2011年02月21日 13:34
******************************************************************

Greenさん、ありがとうございます。

シュタイナー関連の本は、(はやけんさんにも聞かれてたんでした・汗)
シュタイナー自身の著や講演記録の、ものすごくオカルト的で難解至極のものから
人智学者(アントロポゾフィストといいます)やヴォルドルフ学校の
先生などが書かれたとても温かく実践的なものまでたくさんあります。

教育、医学、農業、建築、経済学、霊学…と分野も広いので
ご興味のある本を書店で手にとって、その後ろにある関連書のリストを
たどっていくのがいいかもしれません。

Greenさんが教育関係でお探しなら
「霊学の観点から見た子どもの教育」(イザラ書房)などがあります。

Posted by nana&Joe at 2011年02月21日 13:54

 nana & Joe さま

 早速のお返事ありがとうございます!

 以前読んだ本は、教育分野の、温かく実践的にかかれたものでした。
 どの分野の本を読んだら良いか、ハワイから戻りましたらわかるような気がしました。
(*^_^*) 楽しみに探します。

 ありがとうございました。

 Green
Posted by Green at 2011年02月21日 14:25
******************************************************************

あなたの魂のカラーパレットはどんな色なのでしょうか

わたしはずっと火と水の色である。そしてBeingもそうだと思ってきました。

しかし、わたしはたとえ本当にそうだったとしても、この講座を受けるときに

真っ白なわたしのキャンバス、真っ白なパレットになって1から新しく絵具をのせようと思います。

一点の曇りもない ありのままの自分を 本当の自分を知りたいから

いっしょに、自分の色を知ってみませんか?

ありのままの本当のあなたが真っ白いキャンバスに<今>から描く絵

あなたの魂が赴くままに

Posted by スピカ at 2011年02月21日 16:28
******************************************************************

nana&Joeさん
rieです。

今、ふっと湧いた疑問です。

私たちは、生まれる時に、自分のカラーを選んでくる。
…これは、感覚的にわかります。

では、そのカラーの濃さは?
やはりそれも選んでくるのでしょうか。
その人、その人のもつ気(エネルギー)の強弱が、カラーの濃淡とイコールなのかな~と思ったもので。

Posted by rie at 2011年02月22日 18:18
*

rieさん、さすが「睡眠のかみさま」(笑)、核心に触れるご質問ですね。 :)


魂が選ぶ「色」は、光の絵の具です。

普通の(物質的な)絵の具では、混ぜあわせるほどに
濁って暗くなり(彩度・明度が低くなる)最後にはほとんど黒になっていきます。

ところが、光は重ねていくと純粋な白(無色)の光、
光の源である太陽の光に近づいていきます。

絵の具と虹の光の違いは、先日書いたメルマガのいもむしが
蝶のあり方を想像できないのとちょっと似てますね。

絵の具の色は、強弱、濃淡(彩度・明度)などの二極で表しますが、
光の色、魂の選ぶ色は、鮮やかにくっきりとか、おだやかにやわらかいとか、
軽やかに明るいとか、鋭く力強くとか・・・といった
それぞれの気質の持つエネルギーの<質の違い>
と言うと、感覚的に掴めるでしょうか?

楽しいご質問、ありがとうございます。
Posted by nana&Joe at 2011年02月22日 22:12

*****

nana&Joeさん

うわ~っ!!(喜)
きれいですね。

私たちひとりひとりの光の輝きが増せば増すほど、純粋な源の光の輝きに近づくってことですね。
溶け合って、ひとつになる。

ニールさん、nanaさんとJoeさんは、私たち光の周りにたれこめている雲の払い方を教え、
私たちそれぞれが、どんな風に輝いているのか、それがどんなに美しいのかを、
私たちに明らかにしようとしてくださっているんですね。

セミナー、楽しみにしています。
ありがとうございました。
Posted by rie at 2011年02月23日 09:22
******************************************************************
 

お久し振りです、たんぽぽです。

質問させて下さい。

今回、筆記用具と色鉛筆を持参とありますが、「クレヨン」ではなく「色鉛筆」なんですよね?

いえ、昨年三月のリトリートで頂いたクレヨンが使えるかな~と思ったものですから。

それと、紙はB5程度の大きさがあった方が良いとか、ありますでしょうか?

教えて下さい、よろしくお願いします。
Posted by たんぽぽ at 2011年02月26日 11:13
*

こんにちは、たんぽぽさん。

こちら指宿(いぶすき)では、もうたんぽぽがあちこちに咲いているんですよ♪
ベビーブルーアイ(日本名はオオイヌノフグリ…あんまりだ)とスミレ
黄色 青 紫 が瑞々しい緑の中にちりばめられているのが
とっても春らしくて、きれいです。

あ・・・たんぽぽさんのお名前で、話が飛んじゃいました(笑)

今回は、クレヨンではなくて色鉛筆です。12色の100円ショップのでも構いません。
(上質のは、書いてて気持ちいいですけどね)
紙はこちらでご用意しますので、ご心配なく。

あとは、メモ、記録用のノートはあった方がいいと思います。
気質についての理解や経験、観察、気づいたことを書き込める
<気質>ノートを1冊つくっておくと、人生にものすごく役に立つと思いますよ。

聞いてくださって、ありがとう。

Posted by nana&Joe at 2011年02月26日 11:57
*****
nana&Joeさん

早速のお返事ありがとうございます。

素敵ですねー、緑の中に黄・青・紫…点描画のようです。

こちら東北・宮城県では咲いてるたんぽぽは私ぐらいです(笑)

それでも私が住んでいる町は、サーファーの方たちの間では『東北の湘南』といわれるほど温暖な土地柄です。

我が家の庭では蔓バラが今年も新芽を出してくれてます。

全てが進化しつつ循環する、この世界に生きていることに感謝します。
Posted by たんぽぽ at 2011年02月26日 17:43
はじめまして。玄と申します。

>nanaさん、Joeさん
こちらのHPって、広告がありませんから制作費やランニングコストがかかっているはずですよね?
いつもここに、お時間と多大な労力を注いでいらっしゃいますよね?その時間個人のカウンセリングをなされば、ずっと御金にもなるでしょうに。そして、アフィリまで寄付なさっている。

アファメーションのメルマガとここを読ませてもらって一年になりますが、おふたりの何があっても、いつも変わらない、ゆるぎない愛の大きさに圧倒されます。

それは、nanaさん、Joeさんの気質とも何か関係があるのですか?
私のパレットにも、お二人のような絵の具の色があったらいいなあと思ってしまいます。





Posted by 玄 at 2011年02月26日 22:18


♪。・:*:・゜

玄さん はじめまして スピカです

>おふたりの何があっても、いつも変わらない、ゆるぎない愛の大きさに圧倒されます。

ここに来て、まだ数ヶ月ですが(昔からずっとここにいたような気もしますが笑)
わたしも、ゆるぎない愛の大きさに圧倒されまくっています。
そしてここにいると正直なところ小さなわたしがとても小さくみすぼらしく思えます。

しかし、小さなわたしも光であることには間違いありません。
ここにわたしがいて、わたしらしく、ありのままのわたしでいることで
光と光が共鳴し大きな光をつくりだしています。
それは、ちいさな私が一人では決して生み出せなかった光です。
そしてわたしもここの大きな光の一部です。
その大きな光は、また神の一部です。

玄さんも、ここの大きな光の一部であり、神の一部です。
玄さんのパレットのお色、どんな色なのか楽しみですね♪
そのお色が、想像以上に美しい色であるというところまでは想像できます(笑)
Posted by スピカ at 2011年02月27日 08:08
*

玄さま ようこそ。

私は、玄さんの、あまり人が気づかなかったり、気に留めないようなところを
優しい目で見つめ、見守り続けてくださる愛が、素晴らしいなぁ、と思います。

ありがとうございます。

Posted by nana&Joe at 2011年02月28日 07:56
はじめてコメントします。今回の魂の色のメールのやり取りを読んでいて、涙が溢れて来ました・・。そうですよね。(*^_^*)どんな色の魂(気質)であっても、究極的には白(無色)になっていき、統合されていくのかぁ・・と感じたのだと思います・・。
とても、癒されました!有難うございました!(*^_^*)
Posted by amahakuma at 2011年04月15日 05:44



♪。・:*:・゜

amahakumaさん はじめまして スピカです。
ここにつながってくださってありがとう

光が共鳴して創りだすハーモニー
美しい光の絵をパレットに描くのは楽しいですね☆

amahakumaさんの色はどんな色でしょう♪
楽しみですね!

Posted by スピカ at 2011年04月15日 12:19
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

お久しぶりです。rinkoです。

ここのところで私を取り巻く環境に大きな変化をひしひしと感じています。

いいことも、残念なこともさまざまありました。

いいことは「ツインソウル」であろうひとに出会えたこと。

残念なことは絶対採用される!と思っていたカフェに決まらなかったこと・・・。

でも、いいことも残念なことも宇宙の流れや、自分の魂が決めてきたこと・・・。

今、私はさらにさらに「変わらなければいけない時期」に入っているのかもしれない、とおもうんです。

私の魂の色・・・なんとなく想像できるんです。

私がずっと好きな色じゃないかな。

本当の自分をもっとみつけたくて、一日だけですけどセミナーを申し込みました。

自分の中に眠ってる光・・・もっと輝かせたい。

もっといろいろなところで役に立ちたい。

eラーニングの方も申し込みますね♪

nanaさん、joeさん、そして他の方がたにもおあいできるのかしら。

すっごく楽しみにしています!

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

Posted by rinko at 2011年04月21日 23:35
♪。・:*:・゜

rinkoさん

こちらでは、お久しぶり(笑)

>残念なことは絶対採用される!と思っていたカフェに決まらなかったこと

わたしもね、実は昨年の今頃、幼少時からの自身の強い自殺願望から
抜け出せた体験を生かしたいと思い、自殺予防の電話相談の
セミナーに全力で応募しました。が、応募者の数が多く選考によって
落ちました。その結果を見て一瞬残念だなという思いがよぎったけれど
なぜか、これでよかったんだという気持ちになっていました。
<落選したことにも、きっと意味がある。今はわからないけれど>
こう思っていたからです。

そのセミナーが受かり、自殺の予防の電話相談の仕事についていたら
わたしは今このフォーラムにいません。

今は、よくわからなくても、今にきっと
ああ、あの時カフェに決まらなくって本当によかった!と
わかる日が来ますよ。
そう、それもきっとマインドの想像以上にすぐにね。。。(笑)

セミナーでお会いできるの、楽しみにしています♪
Posted by スピカ at 2011年04月22日 13:50
ありがとう。スピカさん。

そうかもしれない。

今「eコース」(「eラーニング」ではなかった!)を受講しはじめました。

「自分自身の再創造」

はじめに、の部分から驚かされました。

まさに、私はここに来るべき時だったんだ。と。

一文、一文を大事に大事に読んでいます。

ニールさんも宇宙も大いなる意思も

すべて私のことをわかってくれている。

私以上に。

なんだか嬉しくて泣けてきます。

ありがとうございます。

スピカさん、出会えてよかった。

お会いできるのを本当に楽しみにしているね。

わかりあえること、もしかしたらたくさんあるかもしれない。

ホントにありがとう。
Posted by rinko at 2011年04月22日 21:14

まさゆきです こんにちは
昨日nana&Joeさんからいただいたメルマガに

・半年後にセミナーの効果を人生の変化というかたちで実感できる
ということや
・参加できなくてもHPの資料やフォーラムのシェアで学ぶことも可能だ

ということが書かれていましたが、その2つの事を身をもって経験したので
こちらに書かせていただきます

僕は瞑想の中で、静けさと喜びに満ちた自分自身の意識と出会っても、
日常生活の中では古い思考パターンに戻ってしまい、
焦り、不安、怒りなどの感情に振り回されてしまいそうになることがよくあります

つねに「今ここ」にいたい、と願いつつも
ふと気が付くと「今どこ?」といったようなありさまです  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

目の前の出来事に「過去のデータ」を付け加えている
と知ってはいるのですが、なかなかその場では気が付けない
というような悩みがあったのです

ところがその事を知ったある友人が

「胸からお腹のあたりのフィーリングを感じてみてください
そこに喜びが感じられないときには魂の見方とずれていますよ
思い込みや観念から余計なデータを出来事に付け加えているのです」
とアドバイスをくれたのです

アドバイスに従い、頻繁に胸のあたりのフィーリングに意識を向ける事で
古い思考パターンで出来事に反応せず、
自分自身を観察することができるようになってきました

また、不安になったり怒ったりする自分を「ダメな自分」と感じていたのですが
間違った観念を持ち歩いていただけであり、単なる思考の習慣だった
と気が付いて、自分を否定することがなくなりました

「胸のフィーリングを感じる」というツールは本当に優れたツールです

さて、僕はこの「胸のフィーリングを感じる」というツールを
昨年3月と9月のリトリートでNana&Joeさんから直接教えていただいていたのですが

その時はツールの重要性に気が付かず、しまい込んだまま使ってこなかったのです
(nanaさんjoeさん、ごめんなさい。笑)

ですが、一度習っていたからこそ、友人のアドバイスをもらった時に
その重要性を認識し、今度こそ使えるようになったのです

そして、ちょっと驚くべきことですが、僕にこのアドバイスをくれた友人は、
3月9月、どちらのリトリートにも出席していない人なのです!

出席していないにもかかわらずフォーラムに書かれたセミナーのシェアをじっくり読んで
そのツールを使いこなしていたのですね。  (^-^)//""ぱちぱち

メルマガでnanaさんが書かれているように、「とことん学ぼう」という意思があれば
このHPやフォーラムからも大きな学びを得ることができるのですね

nanaさんjoeさん、それから僕にアドバイスをくれたスピカさん
どうもありがとうございました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気質」のセミナーもいよいよ来週末ですね
きっと今回も有意義な学びの場となることでしょう

もし、参加を迷われている方がいたら、思い切って申し込みをしてしまいませんか?
払ったお金や使った時間を上回るだけの大きな喜びを
わたしたちの人生に与えてくれることになると思いますよ

会場でお会いできることを楽しみにしていますね


Posted by まさゆき at 2011年05月13日 17:06


♪。・:*:・゜

まさゆきさん
こちらこそ、いつも気付きをいただいています。
感謝の思いでいっぱいです。
本当にどうもありがとう☆

***

まさゆきさんもお話されていた
nana&joeさんのメルマガの

・半年後にセミナーの効果を人生の変化というかたちで実感できる

これをわたしは実感しています。

わたしの場合、すべてが変わったと言っても過言ではありません。

世界の全てが。人生の全てが。

なぜなら、物事を見る視座が変わったからです。

セミナーの効果ということに対して、
実際に昨年の12月と今年の4月の2回セミナーに参加し
セミナーを受ける側から思うことがあります。

それは、セミナーの効果はセミナーの内容そのものとは別に受ける側が

<どれほど自分自身にスペースをあけて、受けることができるか>

言い方を変えれば、どれほど空っぽの状態で新しい役に立つデータ
を入れることができるか

これによって、全く効果が異なるということです。

スーパーの詰め放題知っていますか?
わたしも、人がやっているのを見た事がありますが、
皆さん、もう野菜や果物がぎゅうぎゅう溢れんばかりに詰めますね(笑)

わたしたちの、思考も同じです。

自分自身にスペースがないと(わたしの考えが正しいと思っていると)
自分の考え方と、少し違うような考えを受け入れられず
せっかく素晴らしいツールを手に入れても、袋からはみ出して
落としてしまいます。

過去のデータでいっぱいなのですね。

自分が今まで信じていたものを例え全て捨てることになっても
このセミナーで学んだことを実践して生きる。

この勇気と決意を抱くことは
ニールさんや、nana&joeさんを心から信じることでもあります。


セミナーには、一人で参加される方もたくさんいらっしゃると思います。
私も昨年の12月の時、たった一人で心細い思いで参加したのを覚えています。
大丈夫、何の心配もいりません。あなたは決して一人ではありません。

共に、楽しみましょう♪


Posted by スピカ at 2011年05月13日 21:28
ちょうど1年前の事ですが、私は人生の度重なるアクシデントとストレスに見舞われたことにより、極度のうつ状態に陥っていました。

それまでも、自分なりに真理を学んできて、一応の理解をしていたつもりであったし、少しばかりの自信というものも持ち合わせていたはずが、それが一挙に崩れた後は、もうなす術も無く奈落の底へ真っ逆さまに落ちてしまい、長く暗いトンネルの中を彷徨い続けていました。

しばらくの間、そこでもがき続けしかし、何の光明も見えず、心身のエネルギーをすべて使い果たし(た、と思っていた。)、もう ジ・エンドだ、という状態になった時、今から思うと、決して考えたのではなく、ただそうするしか選択の余地は残っていないという状況で、生活の糧でありいわゆる社会的な立場としての最後の砦である、それまで続けていた仕事を手放しました。

その後、自分がどうなったかというと・・・

 あれ? 何これ??
 全然楽じゃん!!
 俺、こんなに元気だったけか?

まったく期待もせず、半ば人生への降参状態で動いた結果の後にこんな喜びが待っているなんて。。

そして昨年秋の大阪で、nana&jouさんのセミナーに初めて参加し、新たな気付きと出会いがもたらされ、流れに乗る形で、12月の東京、先月大阪での「祈り」セミナーへと参加させていただいております。

だんだんまとまりがつかなくなってきたので、この辺で失礼しますが、明日の会場で私のことを覚えてる方がいらしたら、気軽に声をお掛け下さいませ。

では皆さま、どうぞよろしくお願い致します。


(ええと、今回期間限定で名前変えます。)

Posted by ドンマイ改め ナツヤサイ at 2011年05月20日 20:49
ナツヤサイさん こんばんは

明日、ナツヤサイさんって呼びますね(笑)
またお会いできることを楽しみにしています。
Posted by スピカ at 2011年05月20日 21:03
*


ナツヤサイさん、そうでしたね…。(お名前も変化しているし)
勇気の出るシェアをありがとうございます。

ここを訪れてくださるみなさまにとっても、
それぞれに大きな変化のあった一年だったのではないでしょうか?

これから2012年にかけて、さらに変化の速度が上昇するでしょう。
せっかく選んできたこの時代、私たちもフルに経験して行きたいと思います。

よろしくお願いします。ワンネス :)

Posted by nana&Joe at 2011年05月21日 00:59

セミナーご参加のみなさん、二日間ありがとうございました。
「気質」を理解することでますます毎日を豊かに過ごすことが出来そうです。

大きな決意表明もさせていただきました。(笑)
nana & Joe さん、はやけんさんはじめスタッフのみなさんありがとう∞

また、気付きや経験が起きそうですので改めてシェアします。

では羽田より愛と感謝をおくります。
Posted by tink at 2011年05月22日 18:38

 nana & Joe さま スタッフのみなさま
 参加者のみなさま

 こんばんは。Green です。
 セミナー、2日間の開催、ありがとうございました。
 お世話になりました。

 メルマガで 、そして、セミナー会場でも nana & Joe さんがおっしゃっていらした通り、単なる教養ではない、実際に使える道具としての『気質』を理解し、そしてそれを生かしてライフワークを始動させるにはどのようにしたらよいかを学んだ2日間でした。

 私自身は、すでに一つのライフワークを始動させたばかりでしたので、二日間でそのことについてより深く理解し、今後さらに、始動したそのライフワークを完了させるための深い洞察と知恵を授けていただいたと思っています。
nana さん、Joe さん、本当にありがとうございました。

 セミナー会場へ向かう途中と今日帰宅する途中で、自分以外の3つの気質を持つ人々を見ることになりました。面白いです。気質をより理解するための教材をいただいた気がしました。(^_^)

 またシェアさせていただきます。

 Green
Posted by Green at 2011年05月22日 23:05

まさゆきです こんにちは

自分の気質が「地」であることを受け入れるのが,とても辛かったです

胸が苦しくて手でさすりながら家に帰り
足を引きずり、涙を流しながら今日の朝刊を配りました

傷つきやすく、落ち込みやすい自分が大嫌いで、
そうではない自分を必死になって生きてきました

「そうではない自分」を無理に生きることでますます傷つき
傷ついていないふりをすることで、さらに傷を深めてきました

真実を知る以外に道はなく、真実を生きる以外に道はない
だから僕は自分の気質を知ることができたことに感謝しています

21項目のチェックリストで、思い込みから自分の気質を
「水」と判断したことも

セミナーの終了間際にnanaさんから「あなたは地ですよ」と
教えていただいたことも

「地」であることを素直に受け入れられない僕が、心を乱さず
セミナーの内容を集中して聞くため、そして

自分の気質を間違ってとらえたままセミナーを終えてしまうことが
ないように、神がとりはからってくれたことなのでしょう

とてもとても感謝しています


自分の気質を認めて、受け入れて、感謝するために
溜め込んできた「未完了の感情」というエネルギーを手放します

違う自分を生きようとして、上手くいかなかったために心の中に
溜め込んできた、怒りや期待や悲しみを自分の中から出します

なぜ、そのようなエネルギーが溜まったのか理由がわかったので
あとは滞ったエネルギーを解放するだけです。

ツボに鍼をしても、瞑想をしても、カギを締めてもう一度思い切り泣いても
それらのエネルギーは表に出すことができるでしょう

そのようなツールをあらかじめ僕に与えてくれていた神の愛にも
もう一度感謝いたします

そして、Nana&Joeさん、スタッフのみなさん、
セミナーでご一緒した皆さんに感謝します。

おちついたらまたコメントします

            
Posted by まさゆき at 2011年05月23日 08:15

 まさゆきさま

 おはようございます。 Green です。
 セミナーでご一緒させていただいて楽しかったです。私にいただいた様々なコメント、
とてもうれしかったです。

 投稿を拝見して驚いています。今朝、まさゆきさんから笑顔が消えていたなんて。

 お見送りした時、まさゆきさんから それまでのまさゆきさんとは違う印象、ざわざわ したものを感じたのは、そのせいだったのでしょうか。

 完全にありのままの自分、本来の自分を取り戻された時のまさゆきさんは、一回りも二回りも大きく、力強くなられ、まさゆきさんのチャーミングな笑顔はいっそう輝きを増すのだと思います。

 進化なさったまさゆきさんとお会いする日をとても楽しみにしています。

 Green
Posted by Green at 2011年05月23日 08:55
Nana&Joeさん、そして2日間をご一緒していただいたみなさん。
すばらしい2日間をありがとうございました。

とは言え、2日間中、ほとんど一人でぽつんとしていたので、ほとんどの方とはお話ししてないのですが。。。

今までは、セミナーで自分から積極的に話しかけられない自分が嫌いで仕方なかったのですが、自分の気質を知り、2日目はあえてとことん一人でいることに決めました(笑)

今回のセミナーで自分の気質が「水寄りの地」と知り、今までの人生でずーっと感じていた”生き難さ”の理由が分かり、生まれて40年目でやっと肩の重荷が下ろせそうです。

私は、自分自身の内側にいつもある”暗さ”や”深刻さ”が大嫌いで、いつもそれを払拭しようとしていました。

そして上手に生きていく為には、いつも明るくはきはきと、快活でいなくていけないと思い込んでいたのです。

なので、人前では愛想よく快活にしているはずなのに、人間関係はいつも辛く、顔で笑っても心はいつも曇っている自分の性格をずーっと責めていました。

でも、今回のセミナーで、自分がいかに本当の自分を隠して生きていたかを思い知りました。

「地」の気質を持って生まれたのに、ずーっと「風」になろうとしていたんです。

「風」でなくては周りからは愛されないんだってずーっと信じていて、「風」を演じてました。

でももう自分以外の誰かを演じる必要はないんですよね。

いつも明るくニコニコしている必要なんてないし、一人でいたって構わない。

ちょっとのことで傷ついて落ち込み、ちょっとのことで深刻に悩んじゃうけど、これが私!!

そのままの自分をもっと愛していくぞ!!

大きな決心ではあるけれど、気持ちは今までに感じたことがないくらい、軽くてホッとしてます。

本当にありがとうございました。

Posted by Yumi at 2011年05月23日 09:50
まさゆきさん

私も自分の思い込みと違う気質なのだ と気が付いた口です(仲間)

小さな時 家庭環境やいじめとかそんな出来事から強くなければ って思って
そしてずっとそうあろうと生きてきました
そしてそれがいつの間にか自分である と思いこんでいました

私は皆さんが言うように“水”なのだと思います

昨日夜ふっと腑に落ちて
そりゃ大変だったよな~って思いました
だって平和が好きな水が 怒りにまみれた火をやっていた
のんびりしたいのに 行動しなければって思っていた
大変だったね~って自分に言ったら、涙が出てきました

色んな事のつじつまがピタッとあった気がします
でも火であろうと思っていたから ガラスを始められたんだって思いました

無駄なことは何も無かった

まさゆきさんの書き込みを楽しみにしています

そしてnanaさんjoeさん あの場を共有して下さったみなさん
すべてに ありがとう
Posted by ひろこ at 2011年05月23日 10:05
*


自分の気質を、他者から言い当てられたときの最初の反応を
それぞれの気質で見てみましょう。

風「きゃははは…そうそう、おもしろーい!」
火「いや、違う!」
地「えっ…そんな…そんなこと、無いと思います」
水「へぇ~、そうなんだぁ~、うふふ」

地の方は、何かを受け入れて、自分を変化させるのが困難に感じられることが多いのですね。

でも、ムーミンにスナフキンがいなかったら?・・・
この世界には(今特に)、地のエネルギー
真実を求め、誠実で、慈愛に満ち、思いやりを持った地の人々が
貴重で、必要とされているのです。

世界の、隣人の痛みや悲しみに目を向けてください。
そしてあなたのその深い、水晶のように輝く愛と知恵を
他者のために惜しみなく使ってくださいね。

地のエネルギーをこの世界に携え、生まれてきてくださった方々に心から感謝します。
ありがとう。

Posted by nana&Joe at 2011年05月23日 10:28



まさゆきさん、たんぽぽです。

明らかになった自分の気質を受け入れる辛さ…

今回セミナーには参加しませんでしたが、私、我がことのように感じて、
同じように辛くなって、涙が出てきましたよ。

『気質』のことは、まったく何も知らないのですが、
なぜか私も、きっと今まで違う自分を生きようとしていたのではないかと、確信にも似た気持ちがしています。

そりゃあ辛かった、苦しかった、悲しかった、寂しかったさ~って。

こうやって書きこんでいても、涙が滲んでくる…


これまでの人生の中で、
みぞおちのあたりがもやもやして、石ころを飲み込んだような気持ちにばかりなっていたのは、
(それは 愛=ほんとうの自分 じゃないね、わかっているでしょ?)
そう魂が囁いてくれていたからなんですね。

Greenさんもコメントされているように、
まさゆきさんが泣いているだなんて…あの笑顔を思い浮かべては私も泣いています。

でもね、よかったんですね、きっとこれで。
Posted by たんぽぽ at 2011年05月23日 12:50
♪。・:*:・゜

nana&Joeさん みなさん

基本はシンプルであり、そして深くつきつめ応用していくと
とても濃い内容の気質。
それを存分に遊びながら学べたとっても楽しい二日間でした。
(楽しいということは、とても重要なことなのです。風にとっては。)
今までのわたしの人生の全てがつながり
すべてが完璧だったんだ!という体験を以前味わっていましたが
昨日の帰り道、気質という視点から見たわたしの人生のあまりの
完璧さに感謝せずにはいられなくなり、
夜空を見上げて涙がでました。

わたしの気質は、風と水です。
自分でも、これだ!と思い
ワークの時や、みなさんから風と水だと言われました。
こんなにわかりきっていることなのに
nanaさんにまで伺ってしまいました。。。
なぜ、自分で確信していることなのにきくの?と思ったのでしょうか。
少々不思議そうな顔をしながら
nanaさんは、風と水ですと優しく教えてくださいました。

自分とみんなの意見が一致したことの1つには
それは、今、わたしが本来の気質を~ありのままのわたしを偽らず
完全に認めて愛して生きているから
そして、わたしの気質が偏っていてわかりやすく出ているからだと思います。

人生の中の一定期間、わたしは地と火であり~特に地であり、うつ状態で
本来の状態とは、完全に裏返った状態にありました。
そのため、夫と出会ってから、本来の風と水に戻って
いき、風と水として生活していたけれども
最後まで、風を押さえつけたときにできる
風のネガティブな側面であるアダルドチルドレン
と水であることの否定からくる焦燥感は、抱えて生きていたのですね。

地と火を経験しなければ、わたしは今のような地の性質を含む
イマジネーションが含まれている文章を書く事はできませんし
地の人が抱える悩みもわからなかったでしょう。
火の人の正義感や怒る気持ちを理解することができること。
そして、音楽や絵を実際創作するときに沸き上がる火のエネルギーや行動力
これもわたしにとって、とても大切なエネルギーです。
すべての4つの気質に心から感謝をし、必要な時に
流動的に組み合わせてつかい生きていきます。
長くなりましたので、数回にわけさせていただきます。
Posted by スピカ at 2011年05月23日 13:17
♪。・:*:・゜


ライフワークについて

今、わたしは日常が既に風と水を存分に生かした
ライフワークそのものですが、今回のセミナーを受けて

1つには、同じ風であるアダルトチルドレンの症状を抱えていらっしゃる方を
     自己の体験から、本来の風に押し戻していくということ。
2つには、地である自分の母のうつ。そしてわたしが一定期間地であったときに経験したうつの状態を
     わたしの風(音楽)や水をもって寄り添い、癒していく。~音楽療法など
3つには、水の気質であるのに、火を求められて悩んで落ち込んで引きこもったり
     存在の否定から焦って苦しむ水の気質の人達に対して本来の癒しである自分を思い出せるように
     押し戻していくということ。
4つには、世の中にわたしの経験を正直に伝えることで
     全ての気質の人に対して、ありのままの自分でいいんだという
     ことを知ってもらい、自分が本来の気質を認めることができる、サポートをする。

ということをライフワークとして行っていくことが具体的にわかりました。
ありがとうございます。

nana&Joeさん>

 質問です。

1 本来の気質らしい、気質のネガティブな側面が出ているだけなのか
  それとも、わたしのように本来の気質とは裏返ってしまってしまい
  ネガティブとして出ているのか
  それによって、対処は異なってくると思います。

  実際に人と会って観察すればわかってくると思いますが
  フォーラムなどの文章から、どのように具体的にその違いを見分けるのでしょうか。
  nana&joeさんは、どうしていらっしゃいますか?
その際、必要ならばわたしを例にして出していただいてもかまいません。
2 2日目の内容の、他者を押し戻すという内容の3である
  成長の力~ムーミンの気質を理解し、ムーミンにやさしく話しかけて
  <水を風でさそう>というのは、とてもよくわかりました。
  他の気質に対しての成長の力を使った押し戻しの具体的な例
  例えば、火の人に対して、成長させるというのは地だということもわかるし
  イメージはなんとなくわかるのですが、具体的にどうしたらよいかよくわかりません。
  教えていただけると助かります。
  <火に対しての地><地へ対しての水><風に対しての火>です。

3 シェアについて、図や音楽や写真などを使いブログに書かせていただこうと思っています。
  その際、自分の気質を知る21の質問がありましたが、それをあのままブログに
  のせてもよろしいでしょうか?
  

まさゆきさん>

わたしが真逆の気質の自分を経験することによって
逆の人の苦しみや悲しみを知り、逆の気質の素晴らしさを知って
自分の人生でそれを生かし使えるように
まさゆきさんも、異なる気質を経験し、知ることにより
その気質を経験して学んだことは、逆に大きなギフトとなります。

昨日ひろこさんとお話した際に、わたしの名前は地だよねって二人でお話しして、二人して
笑ってしまいました。
<スピカ>っていう名前ね。これはわたしが地を経験していたときに
星を愛してイマジネーションの世界ギリシャ神話などに浸りそこから
出てきた名前です。

こういった話をして深く自分の中に入って行くとき
わたしは地のエネルギーと繋がっています。
わたしに地の要素がなかったら、わたしではありません。
そもそも、スピカという名前もつけていないでしょう。

わたしは、地であるあなたを心から愛しています。

Posted by スピカ at 2011年05月23日 13:40
・・・・・・・・・・・・・

みなさんのコメントだけ読みにきましたが・・・

どうしてもお伝えしたいと思うことが・・・

それぞれの気質のみなさんでいてくてれありがとう。
わたしはみなさんお一人お一人が心から愛おしく2日間一緒にいてくださってありがとう!って伝えたい。という想いでいっぱいになりました。



☆まさゆきさん☆

まさゆきさんはとってもとっても素敵だし、わたしの持っていない気質をもっていらっしゃる。
自己診断ではわたしは地以外はまんべんなくありました。でもグループワークでは3人さんともわたしは「風と水」ではとおっしゃいました。
自分では風の要素が強いのではと思っています。

風は大地が大好きです。
地は豊かな実りを与え、美しい花々、いきものたちに生活の場を与え、川の流れる場所を提供し、
命をそっと支えてくれています。
そんな優しくて美しい大地を自由に飛び回ることが風は大好きなんですよ。

まさゆきさんにそよ風のハグを贈ります♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Posted by tink at 2011年05月23日 15:40
-----------------------------
みなさん、今晩は。Teaoです。

みなさん、ちょっと待っていただけませんか?。
話が全然、ついて行けなくなって迷子なんですけど・・・(Help)。

私は今回のセミナーは初日にしか参加できずに、2日目は欠席したのですが
その間に、何が起きたのですか?。

自己判断では、私もまさゆきさんと同じ「水」の気質でした。しかし
21項目のチェックリストでは、私は「地」の気質であると分かり
私は椅子を「水」から「地」に移動して、まさゆきさんは「水」のままで
初日のセミナーを終了した筈なのですが・・・。

二日目のセミナーでは、まさゆきさんも本当は「地」の気質だったって
コトですか?。では、二日目には不参加の私は最終的には「地」ではない
可能性もあるってコトですか???・・・。誰か教えて、真実を!(笑)。

私の採点では、「風」3ポイント、「火」5ポイント、「地」8ポイント
「水」5ポイントで、チェックリストの判断では「地」の領域でした。
まさゆきさんと同様、私も思い込みの自己判断では「水」と疑わなかった。
そして、チェックの結果「地」だったよと訂正したら、知さんからは
Teaoさんは「水」ではないと思ってたよと笑われてしまった(見抜かれてる!)

それよりも、今日フォーラムを読んで、私が意外だったのは・・・、
まさゆきさんは、なぜ「地」の気質が嫌いなの?・・・。
まさか?私と一緒になるから「地」じゃ嫌だとか?ではないだろうね?(笑)。

私はね。全然こだわりがないよ。別に、どれでもいいじゃん。ってコトは
私は「風」か???。

気質はスタートラインであって、そのコトを知ればいいだけ・・・。
気質が人間の目標ではないんだから、その出発点から中心の愛に向かって
どう生きて行くのか?ではないのですか?・・・。

私は「風」「火」「地」「水」何であろうと、どの気質でも受け入れられると思う。
今回のセミナーで学ばせて貰ったことは、私はやっぱり自分に素直に
生きてるんだなってコトでした・・・。

セミナーでは、優泉さんと知らずにお話ししていて、キーワードの言葉は感謝。
そして思い浮かんだ曲はこれでした。

http://homepage3.nifty.com/kami-tono-taiwa/siawase.html

今日はこれを、優泉さんと、まさゆきさんに贈ります。
.
Posted by Teao at 2011年05月23日 21:23
:::

今回参加しませんでしたが、みなさんのシェア、勉強になります。

がんばってついていきます。(^_^)
Posted by しんじ at 2011年05月23日 21:32
***

まさゆきさん

こんばんは。

今朝、コメント拝見して
気が気じゃありませんでしたよ~。

まさゆきさんから(世界ではじめて(笑))
『つきさんの気質は「土(と火)」だとおもいます。』と言われたわたしですから
『え~、まさゆきさん、わたしのこと嫌いなの???』なんておもいました。

それは冗談ですが。

まさゆきさんが『地』の気質を受け入れづらいのは同じ気質として理解できる気がします。
でも、わたしが『地』だと感じられたとき
まさゆきさんのことですから、わたしのことを
弱点からご覧になったわけではないのではありませんか?

わたしは自分の気質を見ていく上で
『長所』では全く判断できず
『弱点』から選び出して選んだようなところがありました。
こういう思考回路も含め、きっと『地』なんでしょうと妙に納得したところがありました。

まさゆきさんがもし、わたしの長所から見てくださったのなら
それはすなわち
まさゆきさんのことでもあるのだと感じてほしいなぁ...。

大げさでなくて
まさゆきさんの魅力をわたしは今すぐ10個以上挙げられます。
これを書くことは、自分を褒めることでもあるので(笑)
実は脂汗を書きつつ、顔を赤くしながら書いているのですが

nana&joeさんが
例を挙げてくださったように
『地』にも魅力的なひとはたくさんいらっしゃいましたよね。
アインシュタインなんか天才であるうえにとてもチャーミングだし
イーストウッドの創る映画は
どうしてこんなに胸をうつんだろうって感じます。
ニールさんだって要素を持っていらっしゃったじゃないですか!!!

みなさん
人のこと、ものごとをよく見ているから
いいところも悪いところも見えるのです。

だったら
ご自身のことも同じく。
悪いところ、嫌いなところが
実は魅力と一体なのだということを
そろそろ認めてくださいね、まさゆきさん。^^

でないとわたしは嫌われているんだとショックをうけて
今度お会いするとき
ムンクの『叫び』の顔で
まさゆきさんの前に現れなければなりません。(苦笑)

余談ですが
占星術でも12星座が4つの元素に分類されていて
わたしはここでも地の星座である山羊座です。^^;
同じ地の星座である牡牛座や乙女座には
ない悲観的な一面が特に強いらしいです。

わたし、逃げられませんね~。(笑)

まさゆきさんが今夜はゆっくり休めますように
早くお元気になられるように
祈りつつ眠ることにします。
 
Posted by つき at 2011年05月23日 21:45
*******************************************************************

 

* * * * * * *

皆さん、こんばんは、wakaです。

まさゆきさん、書き込み拝見しました。
セミナーの帰りに、一緒だったつきさんから、
まさゆきさんの気質が「地」だったことを伺い、
私は「わ~、やっぱり!」 と思いました。

まさゆきさんがフォーラムに書かれるコメントは
いつも思いやりに満ちていて、明晰でわかりやすいですし、
なにより、神秘的で格好いいスナフキンと、
私の大好きなクリント・イーストウッドと同じ気質だったからです。

今、気質のポスターを見ながら書いているのですが
「地」には、
慈悲、思いやり、共感、など“優しさ”を表すキーワード、
真面目、明晰さ、洞察力、理論的、など“確実さ”を表すキーワード、
イマジネーション、神秘、ユーモア、など、上の二つのグループとはちょっと違うタイプの
キーワードが書かれています。
これって多面的で、すごく魅力的だなぁと思います。


ちなみに私は、バリッバリの「火」です(^^ゞ。
そのことは、すぐにわかったのですが、セミナーでnanaさんが
「火の人は、人の言うことを聞かない」と説明されるのを聞いて
「ええ~、そうかな? けっこう聞くと思うけど…」と心の中でつぶやいた後、
この、すぐ反論したくなるファイティング思想が既に「火」なのだと気づいて
笑ってしまいました。

今回のセミナーでは、同じ「火」の気質の優泉さんと
いろいろお話できたのも、私にとってはとてもうれしい経験で、
「火」の気質を100%受け入れることを加速してくれる出来事でした。

優泉さん、まっすぐでエネルギッシュではっきりされていて、
ご自分の気質を存分に生きておられるな~と
見ていて気持ちが良かったんです。
人生をめいっぱい堪能されている感じがしました。

そんな優泉さんを見ていたら、私も
「火っていいじゃん!」と思って
自分の気質をしっかり受け入れて、存分に生きようと思いました。


これから、まさゆきさんが、滞ったと書かれているエネルギーを解放され、
「地」を存分に生き始めたら
もっともっと素敵に、そして、今まで以上に周りの人たちに
良い影響を与えてくださるのだろうなぁと
私もとても楽しみにしています。
今日は、まさゆきさんの笑顔を思い浮かべながら、眠ります。
Posted by waka at 2011年05月23日 22:45
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

rinkoです!こんばんは♪

nanaさん、joeさん、そして会場でお会いした皆さま、

素晴らしい2日間をご一緒できてよかったです!

本当にありがとうございました!


私はこのHPフォーラムではまだ若葉マークだし・・
コメントも一つ一つ深く読めてないし、KYなコメント書いてるかもしれないから(笑)

正直いって皆さんの中に溶け込めるのか?って不安もありましたが、

ぜんぜんそんなこともなくて・・・

とくにまさゆきさんがすごくみんなをひっぱっていってくださって、
私も自然にそこにまぎれこませていただいて、本当に感謝していますよ!

セミナーの終了後、温かくて固い握手をしたのも印象に残ってます。

ぜひぜひお会いして、またお話したい方のひとりです!

だから泣かないでくださいね!(笑)


私は主人にあの「21の質問」をおそるおそるやってみてもらいました。

「こんなものやったって意味はない!」と言われてしまうかとドキドキしながら渡しました。

意外なことに彼は素直にやっていましたが・・
「これは全部あてはまらない」「これは全部あてはまる」とか、ぶつぶついったり

「この質問のここの意味がわからない!」といいだしたり・・・

あ~こんなとこでつっこむのは、やっぱり「地」の性質もあるのよね~、なんておもいながら
私は傍らでほほ笑みながら見ていました。

彼は「火」と「地」だとわたしは完璧に信じ込んでいました。

・・・・でも!結果はなんと「水」。そして「地」と「火」が同数。「風」もあります。

なんともバランスの取れた人だったんです!!!

びっくりです(@_@)

私はきっと私(水)の中にない部分「火」の性質に
やたら反応してデフォルメしてみていたんだなぁ、とつくづくおもいました。

マインドの目でみてたんですね!

今日、明らかに主人に対する感覚が変わりました。

一緒にてくれてほんとうにありがとう!

心からこの人を愛せるとおもいました。


ワークでご一緒した3人の男性がた、勇さん、タカヒロさん、ナカイさんからあのときヒントをもらえてすごくよかったです。(「地」をとおりこして「水」だったんですね~)
ありがとうございました!


そうそう、ワーク終了後、颯爽とかえっていった優泉さんとwakaさん、なんだかかっこよかったです。

お二人とも「火」なんですねぇ。「水」のわたしからは憧れです(*^_^*)

長々と失礼いたしました。おやすみなさい!

Posted by rinko at 2011年05月24日 00:21
*

スピカさん

セミナーにご参加くださった皆さんにもお伝えしたいので
取り急ぎ、ご質問の3にお答えします。

○21の場面は、セミナーに参加された方以外には使わないでください。

理由はいくつかありますが、文章で読んで答えれば、
マインドの答えしか出て来ないだけでなく
マインドの危機感を煽り、コントロールを強めることになります。
心理に触れるものですから、用いるには、そこから起こりえる問題に
責任をもって対処できなければ、危険が伴います。

またセミナーでもご説明したとおり、気質は使う側の特別なツールです。
他者(用いる相手)が中途半端に知ると、あなたには自然な反応を見せなくなりますし
あなたの対応は、何かしらのコントロールがあると思われて
マインドが抵抗を始めます。
それでは、人間関係が迷宮入りしてしまいます。

セミナーで学んだ方は、まずご自身の気質を100%認識し、受け入れることで
他者をフィルター(思い込み、ジャッジ)なしに観察できるようになります。

それでも始めは、間違うことが多いでしょう。
(ご質問の1,2にあるような場合は特に)
間違っても構いません。
観察が不十分(間違った判定)であれば、対応が上手くいきませんから
そこで気づいたら、また思い込みを払拭して、ゼロのところから観察し直してください。

練習、練習ですよ。
あらゆる日常の場面、身近な人、見知らぬ人
映画や音楽、社会の動きなどを教材に、楽しみながら練習し、マスターしてください。


Posted by nana&Joe at 2011年05月24日 00:47
♪。・:*:・゜

nana&joeさん

ご回答ありがとうございます。

そうだったんですね。

nanaさんのお話を伺った際に、気質は使う側の特別なツールであるので
相手に対して、あなたは○○の気質ねというジャッジのようなことは
絶対にしないと理解していましたが

それだけでなく、セミナーの参加者は
<他者が自分で気質を中途半端に判断できるような材料は
危険を伴うため絶対にシェアをしない>ということですね。

そうすると、
○21の場面に限らず、それぞれの気質の特色~例えば
音楽と共に季節や病気など、それぞれの気質を
詳細に説明してくださった様々な特色など
について、これはとても判断材料になりますよね。

その他にも、偉人と気質、スピリチュアルの先導者と気質など
<他者が自分で気質を判断できるような材料>が入っている部分については
他者が中途半端に自分の気質をマインドで判断する
ことになりますからシェアをしないということになりますか?

<他者が自分で気質を判断できるような材料>が含まれない部分のみ
のセミナーのシェアと、自分の視点からの経験のシェアをしていくという
理解でよろしかったでしょうか?

何度もお手数おかけしますが、ご確認よろしくお願いします。


Posted by スピカ at 2011年05月24日 02:18
--------------------

あら、、、
会社でセミナーの話をしてて、「私は何タイプ?」と聞かれ、
「うーん、○○かな~?」なんてペラペラッと話しちゃいました^^;
このタイミングでnana&Joeさんのコメントが読めてよかったです!
粛々と楽しみながら練習しますね。

セミナーでは「みや」という名前で参加しておりました。
得たものはたくさんありますが、私にとって一番感慨深かったのは、
「地」の気質のすばらしさを知ったことです。

元素で表す性質分類的なものを以前に聞きかじったことがあり、その印象で、
「地だけなんか地味だしパッとしない感じだなー」なんて思ってました。
(ごめんなさい。汗)

でも、内に秘められた世界はとても深く豊かなのだと知ったとき、
私のイメージは、結晶がきらめく洞窟から星々が輝く宇宙へとつながって、
その奥行きのある美しさに心から感動しました。
それに、物事をよく見てよく考えているし、思いやりもあるし。
難しく考え込んだりするところも、ただ「地」の地らしさなのですね。

私は「風」っぽいのですけど、折々に「地」にスイッチしている感じがします。
もしかして、「地」にイマイチなイメージを持っていたのは、
自分のそういう部分を本当には受け入れていなかったからかもしれません。

今回のセミナーで、すべての気質それぞれのすばらしさを感じることができました。
そのことがとても嬉しかったです(*´∀`)
Posted by きぬさや at 2011年05月24日 02:29
--------------------------------

Yumi さん、たぶん同じ「地」のグループの Teao です。

>今までは、セミナーで自分から積極的に話しかけられない自分が嫌いで
>仕方なかったのですが、自分の気質を知り、2日目はあえてとことん
>一人でいることに決めました(笑)

素晴らしいじゃないですか。それが、今回のセミナーのテーマである
自分の気質を知る(腹をすえる)ことではないですか。
あなたはこのセミナーで生まれ変われたのですから、これからは
今までにない新しい人生の過ごし方を楽しんで下さいね。応援してます。

ポジティブに受け止めている、きぬさやさんを見習って、
みんな、あとに続け!・・・。← やっぱり私は「地」なのかなぁ?。
迷走してる?。謎?謎?謎?・・・。まっ、いいか(笑)。
.
Posted by Teao at 2011年05月24日 06:56

まさゆきです おはようございます

皆さんにご心配をおかけするコメントを投稿してしまいました
心の中がだいぶ整理されて落ち着きました

自分の気質が「地」であることに納得がいきました
その事を認めて受け入れました。
まだ少しだけ胸が痛いですが、大丈夫です

たくさんの方に愛あるお声掛けをいただき、本当に感謝しています

「わたしはあなたを愛している みんなもあなたを愛している
 あとは、あなたがあなたを愛するかどうかだ」

神にそう言っていただいているような気がします

後ほどもう一度コメントいたします
Posted by まさゆき at 2011年05月24日 08:04
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

まさゆきさん、よかった~(*^_^*)


>「わたしはあなたを愛している みんなもあなたを愛している
 あとは、あなたがあなたを愛するかどうかだ」


病める時も健やかなる時も、ご自分を穏やかに包んでくださいね♪


nanaさん、私の昨日のコメント、お困りのようでしたら削除してくださいね!


私はどうも突っ走ってしまう「風」の部分も持ち合わせているので・・・(汗)

申し訳ありませんでした・・。


nanaさんにお伝えしていた内容の、ブログ更新しましたのでよろしければごらんくださいませ!


Posted by rinko at 2011年05月24日 09:41
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おはようございます。

セミナーに参加されたみなさんが「わたしは●●の気質」っておっしゃっていますよね。

これってココを読んでいるみなさんにとって最高の教材♪ですね。

いままでのAさんのコメントをAさんの気質を意識しながら読んでみる。

あ~この方はこの気質だからこんな感じになるのかぁ~とか。

それぞれがイメージしている地水風火のイメージをAさんと重ねてみたり。

するとそれぞれの気質の感じがつかめてくるのではないでしょうか!(^^)!

楽しいね~(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Posted by tink at 2011年05月24日 09:48
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっきコメント送ったつもりなのにアップされてない。でもまっいいかぁ~(笑)

わたしの気質っぽいでしょ♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年05月24日 09:59
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここからは少し先程のトーンとは変わります。

よく、セミナーでnanaさんが参加者のみなさんの理解を深めるために
「どなたか、ボランティアを引き受けてくださいませんか?」って声を掛けられます。

今回のまさゆきさんの出来事。
このことに「完璧さ」を感じずにはいられません。
 
まさゆきさんは今回わたしたちのためにボランティアを引き受けてくださったんだと。

二日目、グループワークがありました。
「他者を観察する」4人グループでのワークです。

まさゆきさん、Greenさん、つきさん、わたし。この4人のグループでした。
いま思えば完璧なメンバーだったと。
だってまさゆきさんの今回のボランティアのサポートをするのにぴったりだと思いませんか?

このメンバーならここに書き込みしますよね。

まさゆきさんとのグループワークでおきたことはどんなことだったのか。経緯をお伝えできる。

そしてみなさんにはまさゆきさんがご自分の気質を受け入れる過程をみていただける。

そう、感じた時、すべての完璧さにまいりました。って感じです。



まさゆきさん、話しの続きをしてもよろしいですか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Posted by tink at 2011年05月24日 10:25


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

nana&joeさん、スタッフのみなさん、会場でお会い出来た皆さん、
本当にありがとうございました。

とても充実した2日間を過ごせました。

自分の「気質」に関しては、
正直な所まだ腑に落ちていない感じがしています。
会場で実施した時の21の場面から導かれたものを
自宅で再度やり直してみたら微妙に違っていたり、
それぞれの「気質」の特徴に関しても、
メモが不十分で判断し辛かったりするのですが、
他者を観察するワークで、一緒にワークをした方たちの判断なども参考にすると
概ね特定する事はできます。

ただ、「Being」「気質」「使命」「ライフワーク」などを総合的に見てみると、
はっきりと明瞭な感じがしないと言うか、視界がクリアな感じがしないのです。

セミナー会場で、ご自身の「気質」についてnana&joeさんに
直接お聴きになられた方も
いらっしゃると思いますが、生憎それも出来なかったので。。。

メモ自体が自分のフィルターを通してのものだったり、
不十分なせいもあると思うのですが、
その事に関してこちらで具体的に質問をしても宜しいのでしょうか?

例えば自分のメモだと「地」と「水」の気質に関して言うと、
それぞれの特徴から判断するのが難しくなってしまうのですが、
「○○」の特徴(傾向)はどの気質に当てはまるのか?とか
それぞれの「気質」に対する対処の仕方や育て方といった事です。
やはり、これは「気質」を理解していない人たちにも
自身で判断してしまう材料となるためNGと言うことなのでしょうか?



今後の経験の中でそれらを見出して行くことと理解すれば良いのでしょうか?

こういうコメントをしている事自体で、「気質」を表しているな~とは思いますけど(笑)



Posted by at 2011年05月24日 10:51

まさゆきです

tinkさん、どうぞ、お話の続きをお願いいたします

Posted by まさゆき at 2011年05月24日 11:27
------------------------------
tink さん、Teaoです。

tink さんのご提案は、・・・ it's a good idea だね。
でも、本人は「傷心してる」と告白してるのに、「実験台になれ」と
言うのは、ちょっと配慮に欠けてない・・・?(笑)。

こうしようよ。私が実験台になってもいいよ。
私は今まで散々、恥をさらして私の内面さえも、コメントして来たから
ある程度フォーラムを読んでいる人達なら、今回のセミナーに参加して
いなくても、それぞれ Teao 像なるものは持っているんじゃないの?。

私の最初の自己申告では、私の気質はまさゆきさんと同じ「水」でした。
私本人は、まさゆきさんと同じく何の疑いもなく「自分は水の気質」と
思い込んでいました。そして21項目の診断チェックでいうと、前で
コメントした通り、自分の思いとは違い「地」の領域でした。

これをベースに、tink さんが議長として、このフォーラムの中で
あらためてグループ・ワークを始めるっていう方法もある・・・。
どう?・・・。私なら受けて立ってもいいよ。
ただ最終的な気づきのシェアは、まさゆきさんの様な模範解答は無理かも?。
そこはあんまり期待を大きくしないでね。
.
Posted by Teao at 2011年05月24日 12:09


 Teao さん

 こんにちは。Green です。

 セミナーではいろいろなご親切をいただきまして、ありがとうございました。
 私は セミナーが始まってすぐ、Teao さんの気質は『地』だ!と思いましたよ。(._.)


 tink さん

>「そしてみなさんにはまさゆきさんがご自分の気質を受け入れる過程をみていただける。」

 この一文は誤解を生むのではないかしら。
 だから、Teao さんのコメントが生まれる。。。「受けて立ってもいいよ。」という言葉が生まれる。
 tink さんの思いとは別な方向に物事が動いて行ってしまう。

 一刻一刻、私たちは、宇宙は変化しています。
 まさゆきさんはとっくにもう全てを受け入れていらっしゃるでしょう。
 
 まさゆきさんご自身が「僕が自分の気質を受け入れた過程をシェアします。」とおっしゃるならわかりますが。。。


>「まさゆきさん、Greenさん、つきさん、わたし。この4人のグループでした。いま思えば完璧なメンバーだったと。
だってまさゆきさんの今回のボランティアのサポートをするのにぴったりだと思いませんか?

 いつも言っているように、私は『一話完結』です。
 セミナーのワークの時にまさゆきさんに申し上げた私の感想が全てです。
 もちろん、まさゆきさんのコメントに感じるものがあったら、いつものようにコメントさせていただきますが、tink さんのスタンスで『ボランティア サポート』するつもりは全くありません。

 何度も繰り返されていますが、ここの全てのフォーラムは、気付きのシェアが柱です。ご本人が気付きをシェアしたり、自分の心の内をシェアすることで、それを読んだ方もまた気付きを得る、、、。導いてあげようという姿勢が少しでも感じられるコメントには、私はとても違和感を覚えます。

 Green

 
Posted by Green at 2011年05月24日 12:42
・・・・・・・・・・・・・・・・・

Teaoさん

あのね、わたしはまさゆきさんに実験台になって欲しいなんて思っていないよ。

まさゆきさんにとっての「神の仕事」なんじゃないのかなっておもったの。

Teaoさんのご提案ですが、わたしはTeaoさんとはグループワークをしていないし、ここでグループワークなんてできません。グループワークはnana&Joeさんがいてくださったからできたんです。

わたしはグループワークをした時まさゆきさんに「地」の気質を感じました。
なぜそう感じたのか。それをここでお伝えしたかっただけです。

>ちょっと配慮に欠けてない・・・?(笑)。

そうかもしれませんね。

でもわたしはまさゆきさんを信頼しています。

例えまさゆきさんが今はわたしの申し出が配慮に欠けていると思っても、

いつ日かこれは変容のための過程と意味づけをしていただけると思ったから書きました。



まさゆきさん

「tinkさん、どうぞ、お話の続きをお願いいたします」と言っていただいてありがとう。

あまり1日に沢山書き込むとまとめて読まれる方に負担になるのでまた日を改めて書かせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Posted by tink at 2011年05月24日 12:52


♪。・:*:・゜

(みんなの話を聴いていて、実験台になることは楽しそうで
みんなの話に混ざって、わたしやるよと手を挙げたいところだけど→風)

(自分の中ではっきりしないことがあるうちは、これ以上話しを進めようとは
思わず、nana&joeさんのご回答を待ってから、動こうと思っています。
いま、nana&joeさんの回答待ちです→水)

Posted by スピカ at 2011年05月24日 13:03

Greenさん、あなたの愛と友情と気遣いに感謝します。

あなたのおっしゃる通り、昨日の今日ですが
僕はもうすべて受け入れていますし、感謝もしています
分かってくれてありがとうございます。

そして、あなたがそのことを分かってくださったように、
tinkさんもすべての人のプロセスが完璧であることを分かっている。

僕が大丈夫であることも分かっているから
「ボランティアのサポート」という提案をしてくれている。ようにその感じました。


tinkさんの提案は、あなたと同じようにtinkさんも、僕に対して、
そしてフォーラムを読むすべての人に対して愛を持っている、
そのことの表れであると感じました

お二人の愛に感謝します。

ただ、僕のことばかり書きこまれると他の方がご自分のシェアや質問を
書き込みずらくなるかもしれません。

僕のことはまず僕が自分の言葉で書き込みますね。
tinkさんもtinkさんの言葉で皆のシェアになると思ったことを書いてくださいね。


teaoさん、いつも変らぬあなたの友情に感謝します

あなたはいつもご自分を開いて人と接する素晴らしい方です
これからもよろしくお願いします
Posted by まさゆき at 2011年05月24日 13:25
***

tinkさん

tinkさんがみんなをおもってのことであることは理解できます。
でも
Greenさんとはまた違った理由で
一緒にボランティアするのは難しいなぁとおもいました。

わたしがこのフォーラムに書き込むとき
自分自身の気づきのときは
みんなに向けてメッセージを発信しますが
誰かに対する自分の内的気づきを(または気持ちを)伝えるときは
以前にも書きましたが
ラブレターを書くように書いています。
公開ではあるけれど
非常に個人的なメッセージなんです。

何故かというと
自分自身のことでも見えにくいのに
ましてや、対面でもないし、タイムラグもあるので
わたしの場合は一人の相手にフォーカスしないことには
伝わりづらい文面になったり
内容によっては
相手を傷つけかねないとおもうからです。

ラブレターだから
基本的にはわたしが伝えたい相手にだけ
一番気持ちが届けばよくて
そのやり取りをみて
何か感じる人がいようがいまいが
極端な物言いですが
わたしにはあまり関係ないのです。

ましてや、セミナーの中でのことは
基本的には『生もの』だとおもうし
特にわたしは理解が遅いので
セミナーが終わってからもずっとずっと理解の度合いが変化し続けているので
あの場、あの時を正確に伝えるのは
わたしには無理なんですね。

だから
まさゆきさんが今後ご自身で書き込まれるコメントに対して
わたしが伝えたいことがあれば伝えるし
今後もわたしのスタンスは保ちたいなぁというのが
わたしの正直な気持ちです。

でもね
tinkさんの愛はいつも感じてるよ。
ありがとうね。


***
Posted by つき at 2011年05月24日 13:25

まさゆきです こんにちは

セミナーに参加されていない方の中には、昨日の僕のコメントを読んで
自分の気質を知ることはショッキングなことであるという誤解を
された方がいるかもしれません

そうであればお詫びします。 どうもすみません。

気質について学ぶことは、自分自身を理解し
自分とは違う考え方をする人の事も理解し、

そのどちらも完璧で素晴らしい存在であることを
理解することでした。

自分の気質を知り、その素晴らしさを理解すると
自分を否定したり、人を批判したりすることから解放されます


この世界は「愛」というただ一つのエネルギーから構成されますが
「愛」には自由、情熱、知性、癒しなど様々な要素があります

わたしたち一人一人はその全ての要素をもっていますが
人によりどの要素が強く表れやすいのか、という傾向があります

その傾向のことを「気質」と呼びます

気質は、風・火・地・水の4つに大別されますが
どの気質も、他の気質とは違う素晴らしさをもっています

どの気質も素晴らしいのです、ですが僕はいままでの人生で
自分自身を否定し、「違う自分になろう」とする思いが強かったので
本当の自分の気質を知ってもそれを受け入れることに抵抗が生じたのです

ですがその抵抗は一時的なことでした

無理をせず、本当の自分自身のあり方に忠実であることこそが
一番楽であり、一番生き生きとしていられる方法だと気付いたからです

長くなるので後ほど続きを書きます


Posted by まさゆき at 2011年05月24日 13:48
まさゆきさん、皆様

ちょっと遅れての参加ですが、私もまさゆきさんのコメントを昨日見て、びっくりしてしまいました。私はまさゆきさんと最後のワークグループにいたので、まさゆきさんがnanaさんに「地だとおもうよ」と言われた場面にいました。でもその時まさか、そんなにショックを受けられておられると見えなかったのでびっくりでした。私はその時、典型的な地のパートナーとの問題に悩んでいて(私は典型的風+火ちょっと)、まさゆきさんにいろいろ対処法をアドバイスしていただいて、本当に助かりました。でも、昨日のまさゆきさんんのメールで、本当に繊細で傷つきやすい地の性質(その原因の多くは風の私にはいつも想像できないくらい)に気づき、いったい自分はどれくらい彼を知らず知らず傷つけてきたんだろうと思い頭を抱えました。でも、その繊細さゆえの他人に対する気配り、沈黙からじんわり湧き出る、慈愛、風の私には理解んできないくらいの深い洞察力をもっと地の性質を心から尊敬できました。だから風の私がこんなにも彼を愛せるんだとわかりました。
昨日のまさゆきさんのコメントで本当に多くのことに気づくことができました。本当にありがとうございました。もし、地であるご自分を快適に受け入れられたら、ぜひ地の男性への接し方をご伝授ください(笑)。私もこれからもっともっと学び、愛する人をあるがまま受け入れ、幸せになりたいです。よろしくお願いいたします。
Posted by sae at 2011年05月24日 14:47

今日はたびたび失礼します まさゆきです

今回、本当にたくさんの方に、ご心配をいただき励ましていただきました。
こんなにも多くの方に、愛情あふれるお声掛けをいただいたのは生まれて初めてです。

Greenさん、たんぽぽさん、ひろこさん、スピカさん、tinkさん、Teaoさん
つきさん、wakaさん、rinkoさん、saeさん・・・・Nana&Joeさん
そしてフォーラムをお読みのすべての皆さん、本当にありがとうございました

お一人お一人が書いてくださったことに、ご返答をしたいのですが
長くなりますし、フォーラムは僕の個人スペースではないので差し控えたいと思います。

次回お会いした時に直接お礼を言わせていただきます

                    皆さまに愛と感謝をこめて
                    まさゆき
Posted by まさゆき at 2011年05月24日 15:55
♪。・:*:・゜

みなさまのコメントを拝見し
思うことがあったのでシェアします。

気質は、それぞれの特性であり素晴らしい魂のカラーであると思います。
自分の本当の気質を知り、心から認め、愛することはとても大切なことです。

そして、本当に自分の気質を心から愛し、認めたならば
つまり、ありのままの自分を心から愛することができたならば
その気質らしさを存分に生かしながらも、その気質であることにこだわらなくなり
自由に自分の中の気質を時と場合に選んで使うことができると思います。

なぜなら、こだわりを持っているわたしはちっぽけな<i>のわたしだからです。

1つ目としては自分の気質を理解し、観察することで
自分が行動に何かうつすまえに、
<わたしはこの気質で、こうなりやすい傾向にある>
ということを事前に知っているということですから~(それは好ましい方にでるときと
好ましくない方にでるときがあるということを理解し、知っているということです。)

それに伴った対応ができるということです。

わたしで例をあげると、あまり物事を深く考えないで行動することに対して自覚があり
わかっています。
そしてそれを広げる性質も持っています。
深く考えずに広げてしまうと大変な間違いを引き起こす可能性があるのは明らかです。
そのため、今回、わたしはみんなにできる限りのシェアをしようと思っていますが(それが喜びなので)
行動にうつすまえに、少しでも自分の中で微妙だと感じ、わからない点があれば
わかる人に、きちんと質問し、わかるまで実際の行動をうつしませんでした。
それによって、事前に防ぐことができたので、大きな問題にはなりませんでした。
わたしは、自己判断で微妙な状態なのに、
ブログでわっと公開しなくて、本当によかったと思っています。
これは、自分の気質への対応としてとても効果的な方法だと思っています。

2つ目には
わたしは、<I>の視点から気質というものを眺めたとき
すべての気質が合わさり、完璧に見えます。

気質を教えていただくまで、わたしは
すべてのものが愛だという視点で、気質はそれぞれの個性として
見て愛していました。その個性が気質に変わり、より明確に特性がわかったので
それをデータとしてインプットしていこうと思っています。
無意識にすべてのものを愛として見ていたのをデータを入れるために、今は
一度、意識的に観察の視点に戻している状態です。それでもすべてが愛として
見えるということには変わりません。

そして、そのデータはすぐに使えるけれども、実際の経験によって
失敗したり、間違ったりしながら、正確に的確に使えるようになると
いうことをnana&joeさんに教えていただきました。
そのためには、気質を見るときに、対応をしてうまくいかなければ
自分の見ていた気質が、間違いだったと思い込みを払い
ゼロからもう一度見るということは
とても重要であると思います。
うまくいかないのに、いつまでも思い込みを続けていては
それはもはや、ただの観念になっていますからね。

そして、あいてのことを<わたし~I>として見て接していれば
あなたのいうことはさっぱり理解できませんとか
そんなことはできません。という、一方的な見解にはならないと思います。

そうではなくて、相手の気質に、できる限り歩み寄ることに
なっていくのだと思います。

その時、相手の気質を通してわたしたちは宇宙に感謝をし、宇宙を愛しているのです。

ありがとう♪

Posted by スピカ at 2011年05月24日 17:54




気質のセミナーに参加して、思い知ったことは、

>相手のことを決め付けて見ない。

と言うことです。

「地」でありながら、水もあり、「火」でありな

がら、繊細な「地」もあり、その人のなかに、本

質とともにどれだけ他の要素が含まれているかを

的確に判断することは、かなりの経験とお勉強が

必要です。たった一人の人の気質でも、的確に

見抜くことは至難の技であると思います。

今回教えていただいた知識の奥深さと、使い方

に対する慎重さを、改めて痛感しております。

そして、この知識を知ったことで、喜びとともに

相手の人に対し、どのような思いやりを持って接

したら良いのかを、さらに考えて行こうと思い

ました。

Posted by 悠々 at 2011年05月24日 19:18

まさゆきです こんばんは

自分の気質を受け入れることに、なぜそんなにも抵抗があったのか書こうと思います
「気質」の本題と関連が薄いかもしれませんし、僕の個人的な事柄で長くなります
興味のない方はスル―してください

21項目の質問票で気質を見ていったとき、なぜ自分の気質ではない答えを導き出したのか、
ということからお話しします

僕は「地」の気質であるにもかかわらず、セミナーで質問票に答えた時、21項目のうち、
実に18項目の答えが「水」でした。それ以外は「風」が2つで「火」が1つ。
「地」に至ってはなんと0でした。

意識的にうそを書いていったのではありません。 心がどう感じるかではなく、
実際に自分がどう振る舞うかということを忠実に答えていったのです

例えば電話のベルが一度だけなった、というような場面設定がありましたが
僕は以前、仕事場の電話が鳴るたびに「クレームの電話ではなかろうか」などと
悪い可能性を思い浮かべていました。

自分の思考に気付くようになってからは、不安が心に広がりかけるのを感じて
それにストップをかけ、「電話をかけてくるすべての人は、わたしと一体だ、ほかの私だ」
と自分に言い聞かせてから電話をとるようになったのです。

自分の不安に気付き、それを選ばないようにしているのです
そのようにして自分が意識的に選んでいるのが、ゆったりした癒し系の自分、
「水」の性質をもつ自分です。

思慮深さは残しつつ無用な心配を手放す、これは大切なことだと思います

ですが僕は、思考が先走る傾向、心配する性分があるからこそ物事を深く考えられる、
という面は無視して、心配性な自分そのものを消してしまいたかったのです

僕は「明朗快活で、そもそも心配などしない人が素晴らしい人である」
と頑なに思い込み、このまま自分の思考に気付き手放す練習をしていけば、
いつかはそういう人になれる、いまの自分ではない自分になれると期待していたのです。

「地」の気質には、ほかの気質にはない素晴らしさもたくさんあるのですが、
心配などしない明朗快活な自分になろう、と思い定めていたので、

思慮深さや慈愛をもっていたといても、基本的に傷つきやすく
落ち込みやすい「地」の気質が自分の気質である、ということが
とても受け入れがたく感じたのです。

長々とすみません、明日もう少し続きを書かせていただきます
Posted by まさゆき at 2011年05月24日 20:51

スピカさん、悠々さん、おっしゃることその通りだと思います

とても大切なことを書いてくださってありがとうございます

Posted by まさゆき at 2011年05月24日 20:54


 まさゆきさん

 シェアしてくださったこと、とても良くわかりました。勉強になりました。
 ありがとうございます。

 気質の理解を深めようとすればするほど、人に対する思いやりも深くなるように感じています。
 一方で、人をジャッジすればするほど、相互理解から遠ざかって行くのでしょう。

 次のシェア、お待ちしています。

 Green
Posted by Green at 2011年05月24日 21:39
*


お返事遅くなって申し訳ございません。

先ほど指宿まで帰り着き、砂蒸し温泉で四元素のエネルギーを補填してまいりました~。:)

地熱で熱くなった砂に埋まり
地下深くから湧き上がる温泉に浸りながら
心地良い潮風でほてりを冷ます。

すべての元素に思いっきり感謝できる方法です。


〇21の場面をご家族や身近な人に使っちゃった人(笑)
まったく知らない人にとっては、占いと変わりませんから気にしなくて大丈夫でしょう。
上にあるシェアからも分かるように、気質によっては
テストによって自分がジャッジされていると感じたり
自分の中の否定している部分に気づいて、抵抗を始めたり
あなたがなにかコントロールしようとしていると不信感をもったりすることが
危険だったり、これから取り組もうとしていることの邪魔になったりするため
そこを気をつけてくださいね、ということです。

ですから、できればこれからは質問を使うのではなくて
日常のあらゆる場面、21にあった様な無意識の行動や反応が出やすい場面を
(想像ではなしに)観察して、読み取るように練習してみてください。

気質は、<相手に自分の気質を判断させるものではなく>て、
<あなたが読み取って>、ふさわしい対応でもって
他者を「本当の自分」に押し戻すためのツールです。

ここでは、自分や他者に「使って」みたときの気づきや具体例のシェアが
お互いの学びにもっとも役に立つものと思います。
(みなさんすでに、とても素晴らしいシェアをしてくださってますね。ありがとう!)

〇スピカさん、判断の材料としてではなく
(気質自体を教えるのではなく)
スピカさん自身が気質を使い、それぞれの方にぴったりな、または必要なものを
スピカさんの音楽や美術というギフトを通して届けてあげたらいいのではないかしら。
それがまたライフワークに繋がってくと思いますよ。

Posted by nana&Joe at 2011年05月24日 22:28

 nana & Joe さま

 長旅、お疲れさまでした。

 砂蒸し温泉、四つの元素が全て揃っているのですね! 最高ですね! (^_^)

 Green

 
Posted by Green at 2011年05月24日 22:59
みつばちです。

nanaさんJoeさん、スタッフの皆さん、
ご一緒させて頂いた皆さん・・・

本当に本当にありがとうございました(^^)

Posted by みつばち at 2011年05月25日 00:13


♪。・:*:・゜

nana&Joeさん 

とても詳しくご説明いただきありがとうございます。理解しました。

ライフワークについても、素晴らしいアイディアのプレゼントをありがとうございます。
それを実際に行っていくためには、まずは相手の気質を正確に
読み取ることが大切ですから、練習あるのみですね。

ありがとうございます。

Posted by スピカ at 2011年05月25日 06:06
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おはようございます。

まさゆきさん、Greenさん、つきさん。
ありがとう☆
仲間たちとこうして一緒に歩けることに心から感謝しています。

「神の目」でわたしをみてくださる3人に出逢えた幸せを感じています。
わたしに出逢ってくれてありがとう。

この場で書くことではないと思いますが、昨日のままでわたしが黙ってしまうのもどうかなって思いましたのでコメントさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Posted by tink at 2011年05月25日 09:16
♪。・:*:・゜

ブログのほうに、わたしとわたしの両親の
関係を気質という側面から見て書きました。
わたしの父と母が、それぞれどの気質であるか、
特徴だけを書いてありますのでよろしければご覧ください。

今までわたしは、両親の考え方が、納得できなかったけれども
それもその人の個性として、両親らしさとして愛として理解し
大切に受け止めて愛していました。

それが、気質を学ぶことで
ああ、そうか!
だからこうだったんだ!という心から腑に落ちて納得できる理解に変わりました。

わたしは、両親に対して 老後の楽しみとして旅行をしたら?などとは、もう言わないです。
昨日母から電話がかかってきたのでさっそく
母が今行っている畑仕事~土と水を触ることがいかに健康に素晴らしいかを語り
今、母が畑仕事を行っていることを素晴らしい趣味だと絶賛しておきました(笑)
母は、とても嬉しそうでした。
甘いものが大好きなので、東京のお菓子をまた贈ってあげようと思います。
Posted by スピカ at 2011年05月25日 10:16
*

お~、スピカさん、さっそく、ばっちり、使えてますね!
ブログのシェアも、素晴らしいと思います。
ありがとう。


みなさんの気づきや洞察のシェアには、脱帽です。
2日間で、そこまで掴んでくださったんですね。
本当にありがとうございます。

これから少しずつご質問などにお答えしていきますので、遠慮なくご質問ください。

ただ基本的に、誰か(とくにフォーラムやセミナーにいらっしゃる方々)の気質について
こちらで判断してお伝えすることはありませんので
「私の気質は何ですか?」は、ご遠慮くださいね。(笑)

「私の夫は、こういう場面で、こんな反応をするのですが、
これは地と見るべきか、風と見るべきか?」
というようなご質問でしたら、お答えしていけると思います。
本物の具体例でお願いしますね。架空の例では、分かりませんから。

火と水、風と地の見極めが意外と難しいかもしれません。
逆の気質であるように自分で思い込んでいる人、見せかけている人も、多いものです。

迷ったら、他の要素、体型や歩き方、食べ方、顔色などから多角的に見ることも大切ですね。

ご自分のことでは、「自分は、こんなつもりなのに、よく相手に誤解される」とか
「一生懸命やっているのに、物事が、どうも上手く運ばない」
と言う場合には、本当の気質とはズレていることがあると思います。
Posted by nana&Joe at 2011年05月25日 12:20
*******************************************************************

 

悠々です。

スピリチュアルを学び始めて、私の交友関係がダイナミックに変化し、グーンと広がりはじめています。

人生において、友と呼べるひとは一人か二人いてくれればいい。と考えていた私です。多くの人とコミュニケーションすることに、いつも疲れを感じていました。多くの人に会えば会うほど、私の中がからっぽになってゆく感覚を、いつもいつも
持っていました。ありのままの自分でいられず、相手に合わせてしまっていたからです。私の本質を「地」と思い込み、そうならねばならぬと努力してきました。そして、疲れ果てました。

>私、そんなに、几帳面ではない。
>とことん追求したいことなんて、ない。

けっこうおおざっぱな人なんです。
今、本質は「水」と分かり、ほっとしています。
なんのこだわりもなく、皆さんとお話をしている私。どんどん私の中が満たされてゆく感覚。もっと、もっと、広がって行きたい欲求。すべてを自然に感じています。

ここに集う友たちとともに、自分自身の苦しみを正直に感じ続け、切に、どうにかしたいと望み、そして、今、本質を知り得ることができました。
「水」を基本として、他の要素もしっかり存在していることも自覚できました。自己判断では、水5、地3、風1、火1です。

自分自身のことを知り得たということが、こんなにも心地よいとは、思ってもいませんでした。
ありがとうございました。

Posted by 悠々 at 2011年05月25日 13:03

まさゆきです こんにちは 

僕の心配症で傷つきやすい性質や、それを恥ずかしく思い、直さなければ、隠さなければ
という思いは、魂の視座から見れば自分が選んできたことですが
マインドの視点から見た時には亡くなった祖母が与えてくれたものでした。

祖母は戦争未亡人であり、うつ病に苦しみながら、女性としてはこの地区で初めて
教頭まで務めた地域の人から尊敬される教師でした。 

祖母は初孫である僕が人から後ろ指をさされないようにと考え、
いつも人の目を気にしながら生きていく生き方を僕に叩き込んだ人です。

それは僕にとって大きな苦しみの元でしたが、
その苦しさが僕を真実へと導いたのですからプレゼントでもありました。

「本当の自分」は人から受け入れられないと思っていたので、
「そうではない自分」を一生懸命生きてきました。 
そのため、若いころは短気で人と衝突することがよくありました。

それは「火」の気質の人の正義感に燃える怒りとは違い
自分を守ろうとする意識から先に人を攻撃する、そんな怒りでした。

ニコニコしていたかと思うと突然キレて人を攻撃し、
何カ月も気持ちが落ち込んだり、強いお酒を毎晩飲んだりしていました。

僕は悲しい映画ですぐ泣くような泣き虫のくせに、自分のことで悲しんではいけないと
心に決めいていたので、親友がなくなった時も、父や祖母が亡くなったときも、
好きな女性と別れたときも泣かなかったし、悲しいと思えませんでした。 

ただ胸がグーッと苦しくなるのを感じ、手のひらでさすってため息をついたりしていました。

日曜日にセミナーからの帰りのバスの中で、21項目の質問票をやり直しました。
「その場面で自分が何を選ぶか」ではなく、「どう感じるのか」ということを基準に○をつけたところ、
「地」が13、「水」が5「火」は3で「風」は0でした。 

nanaさんの言うとおり自分は間違いなく「地」であるとわかり、
胸が苦しくなり、手で胸をさすりながら帰りました。

翌朝新聞を配りながら、自分の気質を受けいれよう、と決心しました。
自分が傷つきやすく落ち込みやすいことも認めよう、と決めました。 

そうしたら、父が死んだ時も、祖母が死んだ時も、親友が死んだ時も、
好きな人と別れた時も、本当は泣きたかったんだ、悲しかったんだ、
という思いが浮かびあがってきて、バイクを降りてこっそり泣きました。 

仕事場に来て、フォーラムに投稿したらもう一度泣きたくなり、今度は声をあげて泣きました。 
声をあげて泣いた記憶など一度もないので、物心ついてから初めてなのかもしれません。

そして、恥ずかしながら、いまこれを書いていてもう一度泣きました。

僕は自分の気質を受け入れるのが辛くて泣いたのではなく、
自分の気質を受け入れたことで、過去に味わった経験が悲しみであることを認め、
その時に流すはずだった涙をいまになって流しただけなのです。

子供のように泣いて、何だかスッキリしました。皆さんを本当にお騒がせしました。
読んでいただいてありがとうございました。


Posted by まさゆき at 2011年05月25日 14:48


 まさゆきさん

 読ませていただきました。

 まさゆきさんのお心の変化が手に取るようにわかり、私も涙を浮かべながら読んでいました。
 声を上げて泣くことができて良かったですね!

 読み終わって、私は、人を(自分を含めて)知ることの奥深さを改めて感じ、人間の尊厳について考えました。
 ありがとうございました。

 Green
Posted by Green at 2011年05月25日 15:01
*

悠々さん
まさゆきさん

拝読して、こちらでも力が抜けて、涙がぽろぽろこぼれました。
そして、とても穏やかで明るい愛のエネルギーを感じています。

この世界、この時代に生まれ、つながってくださって、ありがとう。

Posted by nana&Joe at 2011年05月25日 15:34
*


自分の気質を受け入れるということは、
そこに留まらないといけない、ということではありません。

誰でも「在りたい自分」を、自由に生きることができます。

けれれども元々魂が選んだ「在り方」を否定していては、
(セミナーでは、魂が種を植えた場所と表現しました)
源からのエネルギーが充分に届きません。

種を植えた場所にしっかり根を下ろせば、そこから常にたっぷりの栄養があなたに届き
どの気質へも、枝葉を思いっきり伸ばしていくことができます。
どの気質の素晴らしい力も、自由に使えるようになります。

でも、本来の場所から根っこを引き抜いて、よそに持って行くと
水や栄養が供給されませんから、弱って、枯れてしまいますね。

まず、魂が選んだところにしっかりと根を下ろす。
するとあなたは、なんの無理もなく、健やかに
生き生きと成長できることに気づくでしょう。


Posted by nana&Joe at 2011年05月25日 20:42
初日のセミナーに参加しました、かおりです。
nanaさん、Joeさん、参加者の皆様、素敵な一日をどうもありがとうございました。
今回のセミナーを通じて、私は【地寄りの水】なのではないかと感じました。
一人行動も大好きだしスナフキンには憧れるけど、「ま、いっか」で全てが解決してしまいます^^;

私、20代のころは【火】そのものの生き方をしていました。
常に目標を定めてそれに向かって邁進して。
残業で夜中の1時に帰宅する日が続いて体調を崩せば「忙しくても頑張る私」に陶酔して。
いつも周りの人や出来事に正誤の判断を下し、ニュースを見ては不正に怒り…。
でも、気が付いたらそんな自分に疲れ果てていました。

21の質問は水が19、地と火が1ずつでした。
「もしかしたら【水】になりたがっている【火】なのかな?」とも思ったのですが、【水】らしく行動しているときは穏やかな気持ちでいられるし、【火】らしい行動を取ると、やっぱりしんどい…。
なので、自分は【水と地】だと思って生きてみようと思います^^

スピカさん、セミナー開始前に声をかけてくださってどうもありがとうございました!
おかげさまで心からリラックスすることができました。
またお会いする機会があれば、今度はゆっくりお話させてくださいね♪
Posted by かおり at 2011年05月25日 21:43
♪。・:*:・゜

かおりさん
こちらこそお話できて楽しかったです。
穏やかでほんわりした印象のかおりさん

わたしも、水と風であるのに対極の火をやろうと
して、疲れました。
ありのままの自分であると、とても楽ですね。

次にお会いしたときは、ゆっくりお茶でも飲みながら
お話しましょうね。ありがとう♪
Posted by スピカ at 2011年05月26日 06:47
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nana&Joeさん

質問があります。

セミナーから帰り自分の気質を意識して生活していると、なんだか家族がバランスをとるように今までとは少し違ってきたような気がしています。

わたしの家族に対する見方が変わったのか、それともわたしが自分の気質を生きるようになることで家族としての(グループとして)バランスをとるのでしょうか?


それとどなたかネームの見方を教えていただけませんか?

よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年05月26日 23:07
*


気質を取り入れた観察をすると、もちろん見かたは変わりますし
自分の在り方を100%受け入れ、他者を曇りのない目で見られるようになると
自然と他者をジャッジしなくなっているのに気づくでしょう。

そして自分のエネルギーが変化すると、周囲も必ず変化します。
どういう風に変化していくか、よく観察してみてくださいね。


ネームカード(絵)の見方は、詳しく解説する時間がとれませんでした。
おいおいこちらで出来る範囲で解説したいと思います。

危うく忘れるところでした。(汗)
聞いてくださって、ありがとう。

Posted by nana&Joe at 2011年05月26日 23:40
*


みなさま、新しいツールを試していらっしゃるところかと思います。

あまり難しく考えないで、「あ、これかも!」という気づきがあったら
お気軽にシェアしてくださいね。

ところで、練習問題です! :)

○Joeさんと私(nana)は、どんな気質を持っているでしょうか?

主な気質と、どんなところでそう感じたかを教えてください。

*セミナー後に聞いた人は、しーっ、内緒ね!

Posted by nana&Joe at 2011年05月26日 23:51

おはようございます まさゆきです

おもしろい練習問題です。いきなり模範解答の正解が出ても面白みに欠けますので
自分の気質さえ間違って判断した僕がトップバッターで答えます

joeさんは「地」です
理由は、痩せ型であること、背が高いこと、物静かなこと、考え深そうなこと、などです

ですが一番の理由は、ハンサムでナイスガイのjoeさんが僕と同じ「地」であったらうれしい、
という僕の個人的な希望からです

nanaさんは「水」が7で風が「3」です
理由はゆったりと包み込むようなnanaさんの愛情の在り方が「水」を感じさせ、
茶目っ気のあるところが自由な「風」を感じさせるからです


Posted by まさゆき at 2011年05月27日 08:13
*

かおりさん

また、ほとんどの皆さんが経験していらっしゃるように
人生の中には、元々の気質と対極のような生き方をする時期があります。

成長の過程で、自分の中から自然とそういうエネルギーが湧き上がる場合もあれば

〇子どもの頃、親との関係の中で
〇女性は、子どもを生み育てる過程で
〇突然の病気や事故などによって
〇破産、リストラ、離婚などの社会的な役割の変化によって
強制的にそうさせられた、と感じられる場合もあります。

そして、これらの出来事(変化)は、あなたが人生の中で
各エネルギーのバランスをとることができるように
魂が運んできたギフトです。

ネガティブに感じられることが多いので
しばらくは、その在り方を避けようとしますが、
それも自分の使えるエネルギーとして取り入れていけば良いのです。

ライフサイクルの流れに沿った人生の中で、最終的には
各エネルギーを自分のものにしていくことができるような仕組みになっているのです。

大事なのは、もともとの場所にしっかり根を下ろすこと、ですね。


ちょっとややこしく?になった方は、
大きな社会での出来事が完了する過程(日本やエジプト)を
考えたときのように、時間軸を取り入れて考えると分かるかと思います。

Posted by nana&Joe at 2011年05月27日 08:17
* * * * * * *
演習問題、面白いですね!

私はnanaさんは、「火」と「風」の要素を強くお持ちなのでは、と
思います。
理由は、メルマガやセミナーで、以前、バイクのレースをされていたと
お話してくださいました。
しかも、ぶっちぎりで速かったと(^^ゞ。
そういう挑戦的なスポーツって、「水」の人は好まないのではないかと
いうことで「水」が消えました。

また、これまでの人生についてお話してくださったことを思い返すと、
波乱万丈な中、すごいバイタリティで乗り越えられて来られたことを
感じます。
これは「火」のエネルギーかな、と。

でも、それは育った背景からそうしていたことも考えられ、
今のnanaさんの優しそうな瞳や軽やかさを見ていると
「風」が6で、「火」が4くらいじゃないかと予測します。


Joeさんとは、あまりお話したことがないのですが
あの静かなたたずまいを見ていると、
まさゆきさんがおっしゃっているように
「地」ではないかと思います。

Posted by waka at 2011年05月27日 08:27
はじめて、コメントさせて頂きます。

nana&Joeさん、皆様、二日間のワークショップお疲れ様でした!(^^)

私は、先日の二日間のワークショップを参加させて頂きましたタカヒロと申します。

宜しくお願い致します。

実は、まさゆきさんの投稿を拝読して・・私は、自分と全く同じ境遇や気持ちだったので・・涙が止まらなくなりまして・・唐突にも、投稿させて頂きました・・。

まさゆきさんの投稿を拝読して、私は、どんなに傷つきやすい自分でも、どんなに理想の自分とは異なっている自分でも、自分自身を(気質も含めて・・)受け入れてあげて、大切にして、愛してあげよう!・・と、改めて・・強く感じました!

私は、小さい頃から、「弱虫、小虫、挟んで捨てろ~♪」と父母や兄からもバカにされて生きてきた幼少時期の環境により、「ようし、絶対にバカにされないぞ、絶対に強くなって見返してやる!復讐してやる!」と心に決めて生きてきたけれど・・最終的には、『地』の気質の自分であるのに、『火』の気質を演じていても、行き詰ってしまい、又、そのような劣等感を隠す為に、周囲の人達に対しては、『風』の様に振舞ったり、良い人ぶったり、迎合したり・・して、対人関係での不安と憎しみを隠して生きてきた結果、自分が何者で、どういうい気質なのか、どういうものが好きで、どういう人達とは合わないのか・・自分は何が好きで、何が嫌いなのか、自分は何が向いているのか・・?という肝心要のものを気付く事が出来なくなってしまって今迄生きてきました・・。

そして、対人関係で無理をしている結果として、対人関係で我慢をし過ぎて逆切れしたりして・・対人トラブルで、ずっと、悩んできました・・。

でも、この度のワークショップを通じて、又、まさゆきさんの投稿の言葉で、吹っ切れました。

なので、これからは、己の気質を受け入れつつ、自分自身を磨いて、鍛錬していく人生にしていきたい、と思っています。

まさゆきさん、皆様、感動の投稿を有難うございました!(T_T)
Posted by タカヒロ at 2011年05月27日 10:56
---------------------------
Teao です。練習問題に参加させて頂きます。

nana さん。(風 7:地 3)

風 ・・・ nana さんの見方には二つの視点があって
それを使い分けているのか?、nana さんの気分次第なのか?。
ごく普通の人のように、心が揺れ動いている様子を感じるコトがある。
4つの気質の特徴をセミナーで披露して下さった時は、まさに名演技(役者肌)。
地 ・・・ nana さんご本人もきっと傷つきやすい人、だから人の痛みを感じて
人々の救済の為に尽くす人生を、Joe さんと一緒に選んだ。

Joe さん。(地 7:風 3)

地 ・・・ Joe さんの思慮深さ、包容力、穏やかさ、聡明さ、それらの雰囲気は
やはり、地の気質から来ているように感じます。元祖イマジナルセルの代表。
風 ・・・ Joe さんは迷走した離婚歴?の結果、nana さんと最後に出会えた。

お二人は、対極の似たもの同志夫婦でございます。
私の評価は、あまり気にしないで下さい・・・(苦笑)。

えっ!。何かまた問題発言になりそう???・・・。
心配になって来た(← これは地の気質に間違いなし)
でも、送信しちゃおう(← これは風の気質だと思う)
.
Posted by Teao at 2011年05月27日 11:03

 nana & Joe さま 

 みなさま おはようございます。Green です。

 セミナー以来、出逢う人たちの佇まい、話し方、意見を いつも4つの気質を通して感じています。
 セミナー中に練習した、見るもの全てが『愛』であることも忘れないで、見えるもの全てに『愛』を感じたいと思っています。

 私も問題に答えてみます。

 nana さんも Joe さんも、四つの気質をバランス良く放射していらっしゃると思います。だから、みんなお二人から大きな愛を感じ、ハグされたい、いつまでも一緒にいたい、また会いたいと思うんですよね。

 でも、もう少し具体的に書かせていただきますね。

 nana さんの魂が種を撒いたフィールドは『風』。
 今現在は水の要素も多く出していらっしゃる。でも、『地』も『火』もちゃんとある。

 『風』と思う理由は、明るい印象。ちょっと高めの声の、快活な話し方。話している時、一つの文を言い切らないうちに次の言葉が出て来る。(言葉から言葉へ飛んで行く感じ。)軽い歩き方。セミナー中の『風』の演技、はまり役だと思いました。(*^_^*)

 私もバイクレースのことを考えました。バイクレースは、本来『風』であるのに、人生について悩み、考え、深く『地』に入り込んだ結果の反動。そのため、一気に自分の気質
『風』を感じることになったのではないでしょうか。バイクを運転中に感じる『風』がとても心地良かった。『地』にとらわれた結果、自分の命さえどうなってもいいという、大きな極端な反動が来たのではないかと考えます。

 『水』を感じるのは、癒し、育成 という要素からです。
 地元で子供たち、お母さんたちと関わるお仕事をされ、このHPでは、私たちを育ててくださっている。育てられるほうは、大きな癒しをいただいています。

 『地』をお持ちだと思う理由は、HP上のアドバイス、nana さんの文章の中に的確な、明晰な分析力を感じるからです。

 nana さんから感じる『火』は、今現在、普段は一番見えてこない元素のように思えますが、心の中には 未来へ向かう熱い思いがたぎっていらっしゃると思えること。年末の
nana さんの涙、喜びの涙は、そういう熱い思いがあるからこそだと思います。それから、細い身体に似合わない、セミナーを開催する行動力。また、昨年3月の初めてのセミナーの時に垣間見えた見えた、仕切り屋さん的なところ。<(_ _)> Joe さんが何か言おうとして、
nana さんにストップされたことが何度かありました。重ねて<(_ _)>

 長くなってしまいましたので、Joe さんの気質については、改めて書かせていただきたいと思います。

 Green


Posted by Green at 2011年05月27日 11:16
♪。・:*:・゜

練習問題、参加しま~~~っす♪

nanaさんについて 

nanaさんは、水と風であると思います。
理由は、まず観察して考える以前に感覚的に
<わたしといっしょのにおいがする>からです(笑)

それが、理由だというときっと叱られてしまいますから(笑)
観察に入りますね。観察ですから、容赦なくいきます(笑)
幼少時代から若い時の経緯も随分わたしと似たような感じがしますね。
幼少時代に、家庭環境などから<地>を経験しイマジネーションを
育て、若い時に水の否定からくる<火>を猛烈に、経験していらしゃいますね。
バイクのレースをされていたころは、まさにこの火を経験していらっしゃった頃でしょう。
けれども、満たされない何かが心の中にあった。心の中に沸き上がる虚しさ。
自分とは真逆を生きているわけですから。
色々なことをたくさん取っ替え引っ替え経験されているのは<風>の特徴ですね。
お金の使い方(セミナーにいくために)深く考えず
行き当たりばったりな感じも<風>を感じさせます。
旅の映像を以前拝見した時に、最高に幸せって顔をして楽しんでいました。
旅自体を心から楽しんでいました。あれは<風>ですね。
けれども、行ってる場所に関しては大自然にパートナーと行ってることが多いので
<火>の要素もあり、そしてたまに写真の中で深く自己の内側に入って物思いにふけっているような
顔をしてるのもあったので、その時は<地>を感じさせます。nanaさんにとって
旅はすべての要素を味わえる大切なものなのでしょうね。
あと、グラサンがなくなっても、まあいっか、服じゃなくてよかったと思ってる感じは<水>ですね(笑)
今は、このフォーラムに対し<わたしはただ、見てるだけ>と随分まったりしたのんびりした
願望をお持ちです(笑)これは<水>ですね。気持ちよくわかります(笑)
容姿は、すらっとしていて軽快で、とても<風>を感じます。
歩き方は、軽快に歩きますが、その中にゆったりとした品の良さが含まれている
ので、<風>と<水>両方を感じます。
泥棒に入られたときに、慌てず騒がず平和的な解決をしたのは<水>でしょうね。
全体的に、特に話をしている時に、穏やかで優しくみんなを包み込む癒しに溢れています。これは<水>です。
息子さんにハリーポッターの結末を言っちゃったり
さらには、ワンピースも結末を言っちゃったり。。。それでもって
全然悪気はない(笑)これは完全に<風>ですね。
セミナーで、翌日の内容まで話しちゃって、失敗しちゃったエヘへ♪と
ちょこっと舌を出して可愛くにこっと笑ってるところは<風>ですね。
けっこうおおざっぱなところがあって、メルマガをまとめるのが面倒くさい。これは<水>ですね(笑)

joeさんについて 

joeさんは地と火だと思います。
もの静かな中にも、燃える火を感じるからです。

観察に入ります
<火>に関しての要素としてはchangingchange.net
において、リーダーをされていて、みんなを引っ張っているということ。
そして、普段静かですが、真剣になると、とても情熱的で熱い話し方をします。
身振り手振りを加えた、その情熱的な感じは、火そのものに感じます。
体から溢れてくるパワーを感じます。
そして、説得力があります。(英語なので、何を言ってるかはわかりませんが 笑)

<地>に関しては、もの静かで思いやりが深く慈愛に満ちている感じがします。
具体的な行動としては、フォーラムを読んでよく泣いているところです。
これは、心から人の痛みや、心の内側に深く触れて感動しているからだと思います。
そして、豊かさとライフワークの2のあとがきでjoeさんが書かれている内容の一文に
joeさんはこのように、書いています。
「ニールさんの翻訳をnanaはふたつ返事で受け取ってしまったが、ボクには
なかなか確証が持てずにいた。」
こういったところ一つとっても、nanaさんは<風>だし、joeさんは
確実で、しっかりと検証できたものしかなかなか受け取れないという<地>であると思いました。

お二人を合わせると、風、水、火、地 全てが合わさり
一つの宇宙が出来ているなと感じました。
ニールさんが、君たちは2つで1つだね。と言ったのも納得です。
そして、お二人とも、どの気質もバランス良く使い分けていると思います。
もともとの場所にしっかり根を下ろして、エネルギーを存分に入れて流して、自由に使い分けているのでしょうね。

お二人のことを、みんなが愛さずにはいられないのは
ありのままの自分を100%認めて愛し、ありのままの自分を生きていらっしゃるからです。

Posted by スピカ at 2011年05月27日 12:09

まさゆきです こんにちは

タカヒロさん、投稿ありがとうございます
あなたと同じように、僕も今とは違う自分になろうとするあまり、
本当の自分がわからないまま生きてきました。
お互い苦しかったですよね。(*^-^)ニコ

同じ気持ちを味わい、同じ生き方をしてきたタカヒロさんのコメントを読ませていただき、
とてもうれしかったです。ありがとうございます。

僕もタカヒロさんも、人からどう見えるかは分かりませんが、
内面はいわゆる「まじめ人間」タイプですよね。 
タカヒロさんの「自分を磨く、鍛錬する」という言葉からもそれを窺い知ることができます。

僕も鍛錬は素晴らしいことだと思いますが、それをする前に、まず自分の人生で起こった出来事や
周囲の人々に対する間違った思い込み(観念)が自分の中に残っていないかどうかをチェックして、
残っていればそれを手放す作業をするほうがよいと感じています。

フロントガラスの汚れや曇りをしっかり取って、視界をクリアーにしてから
車を出発させた方が安全で快適なのと一緒ですね。

タカヒロさんはe-Bookの学習はもうなさいましたか?
 
僕はe-Bookを学ぶことで、僕の人生に起きた「悪い」とおもっていた出来事のすべてが、
実は「良い出来事」であったことを知り、驚きました。 
いままでの人生で悪い出来事が一度も起きていなかったのならば、これから先も
「良い出来事」ばかりが起こるに違いない、という確信を得ました。

e-Bookを学ぶことで僕の視界もだいぶクリアーになった気がします。
もしタカヒロさんが、まだe-Bookの学習がおすみでなければ
ぜひ取り組んでみることをお勧めします。

それから、次回のNana&Joeさんのセミナーの時に
(まだいつになるのかも未定ですけれど・笑)
ぜひまた声をかけてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています。

Posted by まさゆき at 2011年05月27日 14:16
*

タカヒロさん

思い切って書いてくださって、ありがとうございます。

今回、根っこの場所が分かって良かったですね。
(まさゆきさんのシェアのおかげです。ありがとうございます)

まずは、今まで使い果たしてきたエネルギーをたっぷり受け取ってから
本物の地の力を、他者のために役立ててくださいね。

この世界に、この時代に、生まれてきてくださってありがとう。
タカヒロさんにお会いできて、本当によかった。これからもつながっていてくださいね。



Posted by nana&Joe at 2011年05月27日 16:41
○.:*:・°

こんにちはぁ。rinkoです♪

わたしも練習問題に参加しまーす。

実はずっと考えてたんですよ。nanaさんとjoeさんの気質・・・

でもこのフォーラムに参加するようになったのも最近だし、

以前からある膨大な量の皆さんやnana&joeさんのコメントにも目を通すのはためらう・・・。

なので単なる印象での回答です!

nanaさん→ 風6:水2:火1

joeさん→ 地6:火2:水1

ほーんと、感覚だけです。

皆さんのような深い洞察力はありましぇん。

(これでも「地」もあるのですが→悠々さん、ほとんど「気質」が一緒です♪)


私は子どもの頃明らかに「風」でした。

たぶん15年くらい前までは「風」であり「火」の要素もすこし入っていたような気がします。

結婚や子育てなど人生の中のさまざまな経験を通して、

また歳とともに「水」や「地」の要素がでてきた気がします。

でも今はそれがごく自然だし、心地よい・・・♪

でも「風」になりたい自分も「火」にあこがれる自分もいたりします。


ちなみに主人は自分に「水」の要素があることを知ってすごく落ち着いたような気がします。

そして多少のトラブルがあってもお互いが「客観的に」相手を見ることができるようになり、大きな問題にはならないようになってきました。

まさにこのタイミングで「気質」を学んでよかった~。と思います!!

タカヒロさん、(息子と同じ名前!)ここでまたお会いできてよかった♪うれしいです。


Posted by rinko at 2011年05月27日 18:00


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

僕も練習問題に挑戦したいと思います。

nana&joeさんはお二人とも気質に関してはマスターで、
4つの全てを無意識に使いこなせると思うので、非常に難しい問題ですね。

ではまず、joeさんから。
以前、「変えれば変わる」の原文(まだ、出版される前の原稿?)を
初めてjoeさんが読んだ時のお話を思い出しました。
確か、すごく怒ってニールさんにメールまでしたというように覚えてます(違ってたかな?)
そこから「火」の要素が大変大きいのではないかと思います。
一見、穏やかに見えますが非常に情熱的なところがあって、
一つの事に夢中になるような気もしますね~
それと、以前テレビを投げ捨てたなんてエピソードも聞いたような気がします。
プロフィールから写真も勉強されてプロ級だと思いますので
集中力も非常に高いのではないかと思い「地」の要素も少しある気が致します。

シュタイナーの難解な学問に取り組まれている事と
ニールさんが「地」の要素ということなので、深く関わっているお二人には
「地」の要素は少なからず外せないのかな?

nanaさんは、joeさん以上に難しく感じます。
以前大学時代に心理学を勉強されていたとき、教授から否定的な事を言われて、
凄く反発心を抱いてムキになった事があったと
セミナーの時に聴いた記憶があるのですが(凄くあいまいな記憶なんですけど)
これは、自分の気質とは真逆の気質を表しているのではないかと思います。
目を怪我?(事故?)された時や、大病された時のエピソードなどから、
割と悠然とされていたり、nanaというネーミングの付け方からすると、
「水」の要素が多分に強いような気がします。

以上のことから、
nanaさんは「水:8,地:2」
joeさんは 「火:8,地:2」
ではないかな?と思います。

Posted by at 2011年05月27日 20:15


 nana & Joe さま

 四つの元素の瞑想 ありがとうございました。

 早速使わせていただきました。

 Green
Posted by Green at 2011年05月28日 00:04


こんばんは。元ドンマイです。

セミナーでご一緒した皆さま、2日間ほんとうにありがとうございました。

ええと、練習問題ですが、僕は答えを知っていますので・・やめときます(笑)

これからの自分は、自己の気質をただ淡々と100パーセント受け入れ、ほんとうの意味で自分のものとした(集約した)上で、昔の実写アニメのヒーローの レインボーマン(←これ知ってる人いるかな?)のように、縦横無尽に気質を使いこなせる、そんな存在になるビジョンを描いています。

日々怠らず練習に努め、エクササイズの一環として、いつか指宿の地を訪れ、四元素をしっかりと身に着けるための「砂蒸し温泉修行」に励みたいとおもっています。
よし! 絶対に決行だ!!

・・なのですが、水気の多い私の気質としては、

 まあ やれるときにのんびりやればいい  わね

が実は本音でございます(笑)

 
では、また。

Posted by ナツヤサイ at 2011年05月28日 02:05
*


まなさま、練習問題に取り組んでくださって、ありがとうございます。

私たちをよくご存じの方は、細部にこだわるより
一歩引いて大きく見た方が掴みやすいと思います。

(ご参加者には、お水の強い方が多かったので・笑)
もうしばらく、時間をおきます。
楽しんでやってみてください。

***

あかさま

セミナーの中で、あかさんからいただいた質問票

質問1は、4月のセミナー「祈り」のフォーラムで問いかけていただけますか?
(もうタイプしていらっしゃるから、そのままコメント欄へどうぞ)

4月参加者の方は、復習を兼ねて、応えてみてください。

質問2は、対極が現れる前に「癒すべき部分」を見つけて、癒すことで
手痛い対極の経験をしなくとも、進化できるのではないか?
という考え方が元にあると思います。

私たちがセミナー、リトリートをやっている理由の一つは、そこにあります。

気質セミナー2日間を通して、いかがでしょう?

『癒すべき部分』(べきという表現が適切かどうかはまた別にして・笑)
=『自分が自分の中で否定している部分』です。

本当の自分を知り、その完璧さを100%受け入れたとき
『癒すべき』ことは、もう、なにも無いことに気づくでしょう。

質問3は、お答えしましたね。
バシャールの本などで「ワクワク」と訳されているのは、
excitement (エキサイトメント・興奮)ですね。

恐い興奮も、嬉しい興奮も、身体で起こっている反応は、
アドレナリンが多量に急激に放出されている状態で、同じでしたね。

それを、どう「名づける」「意味づけ」するか、の違いがあるだけです。

あかさん、これで答えになってますか?
ついでに練習問題にも、挑戦してね。

Posted by nana&Joe at 2011年05月28日 13:50
----------

私も練習問題に挑戦してみますヽ(´ー`)ノ

お二人にお会いしたのは先日のセミナーの2日間だけ。
メルマガとサイトのバックナンバーもまだほとんど読んでませんので、
先日の印象だけで書いてみます。

まずnanaさん。
風かなって思いました。
全体の印象や身ぶりが軽やかな感じ。表情がよく変化する。
忘れっぽいところがあってたまにウッカリさん。でも愛嬌で乗りきれる(・∀・)
フレンドリーでコミュニケーション好きな感じがしました。

Joeさんは今回はサポート役に回ってらしたので、
あんまりよく分かりませんでした。。。地かな?でも火かも。
体つきがすらっとしていて骨っぽく、思慮深そうなお顔立ちなので地?
でも、解説をなさってたときの、勢いがあってキラキラしてる感じは火っぽかったです^^

あとこれは観察というより論理的推測ですが、
「壁に行き当たった時の、それぞれの反応」で、
nanaさんが風の役、Joeさんが火の役をしていたこと。

水役のはやけんさん、地役のジャスミンさんから考えても、
その要素があまりない人がその役をすることはないだろうと推量しました。
Posted by きぬさや at 2011年05月28日 14:42
*


みなさんの観察、推測、投影(笑)…遠慮なく練習できるようにと実験台になったつもりが
思いがけず、研究を深めるための貴重なデータを頂いていることに気づきました。

ありがたい事です。心より感謝申し上げます。

***

2日間に詰め込めなかったことがまだまだあって、心残りです。
なんとかここで続きを・・・ということで、公式を一つ。
(「うわぁ~、そんなのいらねぇ~!」って声も聞こえそうですが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(素の気質+人生の時期の気質)×自我=創造される現実

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

となります。
( )の中は、何であっても完璧ですから、( )に掛ける「自我」がポイントになります。

この「自我」が、ちっぽけな私( i )か、大いなる私( I )かで
右辺が違ってくるんですね。

( i )と( I )の違いは、大小ではなくて
( + )か( - )
つまり、プラス(ポジティブ)かマイナス(ネガティブ)ということになります。

いろいろ当てはめて、考えてみてください。

こういうのはなぁ~!・・・という方は、メルマガのバックナンバーをどうぞ!(笑)

***

瞑想は届きましたか?
ご活用くださいませ。

*4元素の瞑想は、近日インフォカートから発行します。

Posted by nana&Joe at 2011年05月28日 22:07
みつばちです。
瞑想、早速ダウンロードして使っています。
ありがとうございます。

気質を学んでから、
自分の過去について考えていました。

私は”地寄りの水”のようですが
神経質で傷つきやすく、心配性、抑うつ的な時期が長くありました。

その時のことをどう捉えたらいいのかなぁと
思っていましたので、早速公式にあてはめてみました。

”地”の部分が強く出ていたこと、バランスがとれていなかったことが良くなかったの?
と思っていましたが違うのですね。
そんな自分をネガティブに捉えて、こんな自分はダメだと
意味づけしていたことが辛い経験になっていたのですね。

…人からどう思われるか、とか”正しい・正しくない”という思いに
まだまだとらわれているのですが、思い切ってコメントしてみました。

ありがとうございました(^^*)
Posted by みつばち at 2011年05月28日 23:26
***************************************

Nanaさま みなさま

あか です。 今までのリトリートを通しても、初めての書き込みになりますね。

実は、いつもフォーラムをほとんど読んでいない状況でありまして、
誰か知っている人が書き込みしてるかなー、と、数日おきに見ている程度であります。
(正直に言うと、「この人たくさん書いててすごいなー」くらいに見る程度で、
内容は読んでませーん(謝))

そんな感じに画面を見ていたら、自分の名前が目に入って、
「あれー、俺のことやん!(excitement)」となって、
書き込んでいる状況でありまーす。

うっかり見逃していたら自然無視状態になるところでしたー、アブナイアブナイ


丁寧な解答をありがとうございます。
当日も、時間のない中でお答えいただきまして、ありがとうございました。

念のため、質問内容を本投稿の末尾に載せておきます。
質問は①~③がありまして、①は「祈り」のフォーラムでしたね。


もちろんセミナーは存分に楽しめましたよー♪
自分の中では、楽しむこと & その感覚を内的に増幅させること
これが重要なポイントですね。
(会場でステキな仲間たちに恵まれたことも、祝福ですねー)

リトリートに参加して、そんな感覚に浸るたびに、
頭の中心がスーッと通るような、スッキリした状態になりますねー。

なるほど、対極が現れる前に「癒すべき部分」を見つけて、
癒すことをすでにやっていたわけかー。

「自己肯定感を持つこと & 相手を受け入れる器量を広げること」
気質はそのために活用するものという認識でいますが、
上記に限らず、どんなことであっても、否定ではなく肯定感で物事を
捉えられるようになるたびに、心地よくなるというか、癒されるというか、
パワーアップするというか、素晴らしい感覚になりますね。
しかもその幸福感は長く持続する、と。

そういえば、日常においても、いろいろと自分でワークを試行錯誤してみると、
癒そうと意図していなかった内的部分までが癒されている場合もあるなー、
と気づくことがありますね。

なるほどー! この例なんかは、対極が現れる前に、手痛い対極の経験を
することなく「癒すべき部分」を癒していたわけなんですねー。
しかも、「癒すべき部分」を見つけることなく!


さて、練習問題の件ですが・・・

リトリート直後に残っていた人たちで雑談したとき、
Nanaさんに「ちなみにNanaさんとJoeさんの気質は何です?」と質問して、
「これって言っちゃっていいのかなー、○○だよ」と
Nanaさんの目の前で答えを受けたのが、自分だったのでありましたー!

あのとき聞かなかったほうが練習問題を楽しめたのかなー♪ 

(おしまい)

..........................................................................................
【質問②】 自分の中の癒すべき部分を手っ取り早く見つけるための良い方法には、
どんなものがあるのでしょうか?
順を追って書きますと、・・・
・ 意識が外の現実を創り出す、と。
・ 対極が現れたとき、それは自分の内側に癒されるべき部分があって、
その部分が創り出したものだ、と。
・ そのとき、Being設定で対極に対し愛で在ることを選ぶと、
癒されるべき部分が癒されることになる、と。
・ これは、対極という外の現実を使って内なる意識を癒す、ということになる、と。
要は、外の現実を利用して自分を癒すことをしているのだ、と。
・ ここで、外の現実が現れてくる前に自分の内側を癒したい、
と思い始めた欲張りな人がいるとします。
・ そんな人の願いを叶えるような良い方法には、どんなものがあるのでしょうか?
・ 例えば、自己チェックシートみたいなものがあって、それに答えていくうちに、
「あー、こういう意識って自分の中にあるわー!」と気づけるようなもの、
くらいならイメージできるんですけど・・・。

【質問③】 「恐れとワクワクすることは、本質的に同じだ」ということを、
小耳にはさんだ程度に聞いたことがあるのですが、
どういうことなのかを、よろしければ教えていただけませんか?

***************************************

Posted by あか at 2011年05月28日 23:51
優泉です。名前は水っぽいですが、気質は約65%火です。

「1、気質について」

過去を振り返っても、現在の状態から見ても、やはり火の要素が強く、
大きくぶれたこともないように思います。

人生においての壁は、人間関係や出来事ではなく、組織や体制に感じることが多いです。

幼い頃は自活できないもどかしさに絶望しましたし、小学生の時も楽しい半面、窮屈でもありました。
中学では反抗し、そして反省し一から出直そうと、私の中学からは誰も行く人がいない私立の女子高に入学したのですが、停学2回。

その後も私の壁は、組織や体制です。

火にとっては、自分が傷つくことや不安や恐怖は大きな問題ではなく、
志が貫けないことの方が苦痛を感じます。

しかしこれは、私にとって必要な成長の過程なのでしょうね。

気質に合わせたアドバイスもありましたが、それぞれの気質を存分に生きていれば、
立場は変わらずとも、人として尊敬することができます。

仕方なくナチスに逆らえない立場の地の人が、反抗して殺されそうになった火の人をかくまう。
立場の違いから話すことはなかったけれど、互いを深く理解することはできる。
映画の名場面でもこのような関係は多々あります。

私はこのような関係を築きたいと思っています。今までも、これからも。

媚は売らないし、ゴマも擦れない。ねェムーミンとは言えないけれど、これでいいのだと思います。


「2、サイクルについて」

私は自分の気質を振り返った時に、サイクルを感じました。

基本は火なのだけれど、仕事が終わればカチリと地のモードになり、そして疲れて水になり、
休みの日は風になり、映画館や美術館に飛んでいきます。

無意識でしたが、火が火として機能するためにはその方が良いように思います。

一日・一週間・一年、大きくは5年から10年でサイクルを一巡しているのではないでしょうか?
そして脱皮を繰り返し、一回りづつ大きくなっていくような気がします。


「3、神の目線(愛)について」

セミナーではいろいろな方と話したり、握手をしたりする機会に恵まれ嬉しかったのですが、同じ火の気質のwakaさんと話す機会が多く、同じ気質・同じ趣味なので、気を遣うことなくことなく、すぐに親しくなれました。
wakaさんはどこがいい・何がいいというより、私にとっては「その存在でありがとう」と、
感じることが出来る人でした。

愛や感謝という言葉は今一つピンとこなかったのですが
「その存在でありがとう」という気持ちで他の人を見ると、
皆それぞれ「その存在でありがとう」な人たちで、
イスや歯ブラシや蛍光灯から下がっているヒモにいたる無機質なものまで
「その存在でありがとう」と感じることができました。

これが愛なのでしょうか?

実りの多いセミナーでした。ありがとうございました。

最後に私も気質ゲームに参加します。

nanaさん―風5・火2・地1・水2  陽7・陰3としました。

joeさん―風0・火3.地5・水2   陽3・陰7にしました。

お二人気質が何にせよ、風と地の関係というのは、微笑ましいコンビだと思います。
スターウォーズのC3POとR2D2も風と地のコンビですしね。









Posted by 優泉 at 2011年05月29日 19:09
.

練習問題・・・。
セミナーで教えていただいた各気質の特徴を整理できていないので
客観的な分析を諦め、自分の感情/感覚をベースに判断させていただきます(^_^;)。

【Joeさん】主な気質:火と地。

 セミナーではnanaさんと役割分担をされているのだと思いますが、
 機械の操作などnanaさんのサポートに回られ、
 少し引っ込んだところから会場全体を見渡して状況を把握されている
 ご様子から「地」を最初に連想しました。

 「地」以外の可能性が無いか少し考えてみると、
 昨年9月のリトリートで「I see you」のワーク?でJoeさんと組ませていただいた時、
 私が述べた感想に対し、優しい空気に包まれているJoeさんから一瞬「圧」を感じ、
 「失礼なことを言ったのだろうか」と不安になったことを思い出しました。
 その時に感じた「圧」から「火」を連想しました。
 この「圧」は私のマインドが創り出したものだと理解しているのですが、一旦
 「火」を疑ってみると、静かな雰囲気のJoeさんが5月のセミナーで熱く語られた
 ご様子を思い出し、「火」を捨てることができなくなりました(^_^;)。

【nanaさん】主な気質:水と風。

 スラリとしたご容姿と軽やかな声から「風」を最初に連想しました。

 「風」以外の可能性を考えてみると、
 初めてリトリートに参加した時、nanaさんの声に包まれる感じがして心地良く、
 特に悩みが無くても、nanaさんの生の声を聞くために次回のリトリート/
 セミナーに参加したいなぁ、と思ったことを思い出しました。

 リトリート/セミナーの休憩時間に私が
 「先ほどのワークはどのように取組めば良かったのでしょうか?」と質問すると、
 毎回nanaさんは少し困ったような表情をされて
 「良いとか悪いとかということは無いのだけれど・・・。でも、・・・(中略)・・・
 というように取組めばわかりやすかったかもしれないわね・・・」
 というように答えられます。
 私の意見を受け取めてから訂正していただく感じを受けます(心理臨床家で
 いらっしゃるのでプロとして当然のテクニックなのでしょうが・・・)。
 「包まれる・受け止められる」という感じから「水」を感じました。

.
Posted by ニケ at 2011年05月30日 00:17
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは~。

nana&Joeさんの気質。

もちろん4つのバランスが取れていらっしゃる。
だから、みんなに愛され、いろいろな気質の方に合うセミナーをされると思いますが。

しいていえば・・・・


nanaさんは風がメインの気質

Joeさんは火がメインの気質

なぜか?

壁にぶち当たった時の各気質の説明の時、

nanaさんは風、Joeさんは火をされていたから。

セミナーの構成をされる時、細かく(時間配分や内容)準備されているのをいつも拝見しています。

その時、まず自分たちの気質をうめて、あとをスタッフにお願いするのではとおもいました。

もしスタッフから決めてしまうのなら、はやけんさんは風?じゃなかったかと・・・・


nanaさんはバイクレースをさえていた。レースの時は火の気質がおもてにでると思いますが、

バイクって風を感じるんですよね。そのここちいい所からバイクが好きなのかなって。

「気質を元素として感謝する。」実はこれをやっていらっしゃったのかなって。

Joeさんは、鹿児島という異国の地に思い切って飛び込んでいらっしゃいました。。

外国人ということでJoeさんがどんな方か分からないときは、偏見をもって接せられるたのではないだろうか?

鹿児島は保守的な地だからなおのこと。

それでもその壁を打ち破ろうという強い思いを持っていらしたからこそ、

鹿児島弁を話せる今のJoeさんがいらっしゃるのでは?

やはり火の気質をここでも感じました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年05月30日 11:32
・・・・・・・・・・・・・・・・

午前中のnana&Joeさんの気質の解答は

マインドの目でみた(意味づけをした)解答でした。

答えは変わらないけど・・・

なぜか?は・・・・

からだの目でみると(観察、そのまんま)

壁にぶち当たった時の各気質の説明の時、

nanaさんは風、Joeさんは火をされていたから。

これをファイナルアンサーにします(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Posted by tink at 2011年05月30日 15:10
 
 
 nana & Joe さま

 みなさま こんばんは。Green です。

 練習問題、Joe さんの気質について答えてみます。

 細身の長身、慈愛をもって人の悲しみに共感されるところ、物事の意味を深く考えるところ、確実にセミナーをシナリオ通りに運んで行こうとされる確実性、明晰さ、洞察力に優れていらっしゃるところなどは『地』の気質そのものだと思われます。
 
 それで、私も最初は Joe さんの気質は『地』がメインだと思いましたが、、、感覚的にとらえると、Joe さんの魂が種を撒いたフィールドは『火』だと思います。
 Joe さんの話し方には情熱が感じられ、話される一言一言には熱い思いが込もっていると感じます。

 でも、今現在は、nana さんのところでも書きましたが、四元素がバランス良く生かされ『愛』になっていらっしゃる。

 私は、去年3月に初めてお会いした時、Joe さんがそこにいらっしゃるだけで、愛』を感じました。私にはそのような体験は生まれて初めてのことでした。衝撃でした。大きな癒しを体現されていらっしゃると思いました。その前の晩に見た映画、『ベンハー』のキリストに Joe さんが重なりました。

 そして、Hug Time で私たちを抱きしめてくださる Joe さんには『愛』と癒しの『水』を感じます。

 c.c.n のスピリチュアルティーチャーのリーダーとしてのご活躍は、『火』の要素が無ければできないことでしょう。
 『神との対話』に出逢う前の Joe さんは、御本のあとがきから察すると、怒りに燃えていた『火』だったのではないでしょうか。
 テレビを捨てちゃうところも『火』ですね。(*^_^*)

 『風』の要素は、Joe さんの歩き方に感じられます。軽やかです。

 nana さんの気質は『風』がメインだと思った時、Joe さんの気質が『風』の反対に位置する『地』であるから『 nana & Joe 』ワールドがうまく機能しているのだろうかと考えました。
 会社あるいは組織では、トップとナンバー2の性格が正反対の場合に成功する場合が多いという話を聞いたことがあります。

 でも、やっぱり、Joe さんは『火』。

 nana さんの『風』が強く吹いた時に、Joe さんの『地』が力を発揮するように思います。

 以上です。

 問題を考えながら、たいへん勉強になりました。
 ありがとうございました。

 Green


 
Posted by Green at 2011年05月31日 00:12
*********

こんばんは。

練習問題やってみます。

nana&Joeさんの気質

わたしはお二人ともベースは地かな?
と思いました。

nanaさんは
イマジネーション、包容力、育成などがキーワードで
水よりの地

joeさんは
慎重、明晰さ、情熱などがキーワードで
火寄りの地

お二人ともいろいろな気質のbeingを生きていらっしゃるので…難しい。

気質別の容姿などの特徴をメモしてませんでした。
どなたか教えていただけたら嬉しいです。



Posted by ちゅるも at 2011年05月31日 00:50
♪。・:*:・゜

ちゅるもさん こんにちは。

わたしのメモでよければメールで送らせていただきます。
実は、セミナーの参加者の方から4つの気質に関してわたしのメモを写させてほしい。というご要望をいただきその方に、既に、メールを送ったので、4つの気質に関してのメモは既に活字で打ち込んであり、すぐにメールで送れる状態です。
メールアドレスを名前のところに入れましたので
そちらから、アドレスを送ってください。
内容を返信いたします。
Posted by スピカ at 2011年05月31日 10:22
♪。・:*:・゜

何度もすみません。アドレス入りませんでしたので
こちらから送ってください。

hortensia☆clear.ocn.ne.jp

☆を@に変えてください。

よろしくお願いします。
Posted by スピカ at 2011年05月31日 10:24
○.:*:・°○.:*:・°○.:*:・°

rinkoです。

驚くことに主人がどんどん変わってきました(@_@)

あの、21の質問を試してみたおかげで
主人は「火」でなければいけない自分に苦しんでいたんだな、
ということに気づき、
今は「地」寄りの「水」である自分を心から楽しんでいるように思います。

今は日をおって、主人との関係が改善していっていることが
何よりもうれしいです(*^_^*)

何よりも声が明るくなり、笑顔が多くなり
くだらないジョークを言って、快活に笑う。
私が好きになった「昔の主人」に戻ってくれた気がしています。


「気質を知る」ことの大切さをひしひしと体感しています!

やはり今回のセミナー2日間出るということは
私にとってものすごく大きな
自分と周りの変化をもたらすものであったとおもいます。

完璧なタイミングをもたらしてくれた宇宙に感謝です♪

PCの壁紙、「宇宙」の写真にしたらものすごく安らぐようになりました。

本当に美しいです。

眺めていると「宇宙に帰りたい!」と時々思う私です(*^_^*)

かぐや姫じゃないけどね!(笑)


nanaさん、joeさん、皆さまにも
愛と感謝をおくります♪

ありがとう。
Posted by rinko at 2011年06月02日 00:46
♪。・:*:・゜

rinkoさん

心からとても喜んでいらっしゃるrinkoさんに対して
水を差すようで心苦しいのですが、
rinkoさんのシェアを拝見して、思ったことを正直にお伝えします。

今回の気質のツールに関して
今、わたしはセミナー直後にわたしが考えていた
予想をはるかに超えた複雑さ、デリケートなツールだと改めて感じています。
基本はとってもシンプルなのですけれど、そこにマインドが
折り混ざって絡み付いてしまうと複雑になります。

自分の気質を心から思い出し、人生を見つめ直すことは
ありのままの自分を愛し、ありのままの他者を愛し
いまを生きることにつながるため、他の方に気質のすばらしさを
知ってもらえたら、なんと素晴らしいだろうと思う気持ちは、わたしも同じです。
自分の完璧さ、人生の完璧さを気質という視点から感じることができるからです。

そのため、セミナーに都合により参加できなくてシェアを楽しみにしていた方たちに
nana&joeさんに内容を確認しながら、可能な限りシェアができたらいいなと思っていました。

しかし、今は、今回の気質の内容に関して
セミナーの参加者以外の方に私がいくらセミナーの内容をシェアを
したからといって、その方が自分の本当の気質を思い出すことは
不可能であると思っています。
むしろ、相手の方のマインドの混乱をまねくだけだと思っています。

それは、マインドのなりすましや思い込みなど
マインド特有の巧妙なトリックがあるからです。

とても大切なことなので、nana&joeさんがおっしゃっていることを
再度のせたいと思います。

>気質は使う側の特別なツールです。
>他者(用いる相手)が中途半端に知ると
>あなたには自然な反応を見せなくなりますし
>あなたの対応は、何かしらのコントロールがあると思われて
>マインドが抵抗を始めます。
>それでは、人間関係が迷宮入りしてしまいます。

>気質は、<相手に自分の気質を判断させるものではなく>て、
><あなたが読み取って>、ふさわしい対応でもって
>他者を「本当の自分」に押し戻すためのツールです。

>日常のあらゆる場面、21にあった様な無意識の行動や反応が出やすい場面を
>(想像ではなしに)観察して、読み取るように練習してみてください。

rinkoさんとご主人の、現時点での状態に関して
21の質問に関して、ご主人に既に使ったことは、相手の方の知識がなければ
占いと変わらないので、使ったこと自体に、問題はないとnana&joeさんも
おっしゃっているので大丈夫だと思いますが

>文章で読んで答えれば、
>マインドの答えしか出て来ないだけでなく
>マインドの危機感を煽り、コントロールを強めることになります。

とnana&joeさんがおっしゃっていることから
ご主人の21の質問に対する答えに対する信憑性に関しては、わたしは疑問です。

まさゆきさんのシェアからもわかるように
そもそも、21の質問に対する答えだけで、自分の本当の気質がわかるかというと
そうではないように思います。
そのため、セミナーの参加していても、21の質問だけで判断せず
自分の本当の気質が何なのか、今一度、自己の内側を深く見つめている方はいらっしゃいます。

もう一つは、<マインドのなりすまし>ということに関してです。
わたしは、今年の1~2月、自分のポジティブマインドが神になりすましたという
経験をしています。マインドのなりすましは、とても巧妙で本人である
わたしは、自力では気付くことができませんでした。
それは、ありのままの自分への否定をカバーしようとする
ポジティブマインドでした。

例えば、わたしが思うには、可能性として思うことは
ご主人でいえば、自分は水なんだと21の質問の結果により
マインドが思い込んで、現在の状況になっている可能性もあります。
ご主人のマインドが、無意識で水の自分を演じるということもありうるのです。
そのようにマインドのなりすましは、本人にもわからないくらい巧妙です。

そして、rinkoさんが地よりの水であるご主人という結果を
心から喜ばれている様子を、ご主人のマインドが感じ取り
愛するrinkoさんを喜ばせようと、現在は地よりの水を演じている可能性もあると思います。

>何よりも声が明るくなり、笑顔が多くなり
>くだらないジョークを言って、快活に笑う。
>私が好きになった「昔の主人」に戻ってくれた気がしています。

rinkoさん、昔のご主人が、本当のご主人とは限りません。
今のほうが、より本当のご主人に近いかもしれないのです。

わたしは、愛する人に対して明るさや、笑顔や、快活さを求めません。
愛する人が、<地>の気質であるかもしれません。
<地>の気質の方が、明るく笑顔で快活でなければ愛されないと思い
本来の自分を偽って生きる苦しみをわたしは理解します。
そして、偽らずにありのままの自分にしっかり根をおろして生きてほしいと思います。

同じように、わたしは愛する人に対して
決断力や行動力や、何かを成し遂げることを求めません。
愛する人が、<水>の気質であるかもしれません。
<水>の気質の人が、決断力や行動力がなければ愛されないと思い
本来の自分を偽って生きる苦しみをわたしは理解します。

ありのままの自分を生きるということは、他の誰かになろうとして
いた部分をそぎ落とし、自己への否定もそぎ落とすことです。
よって、何かを付け足すことではありません。

わたしがrinkoさんの立場なら、自分と夫、両方の思い込みを払拭して
ゼロのところから自分が夫を観察し直します。


Posted by スピカ at 2011年06月02日 05:17
*


気質を使っていく中で、まちがいや勘違いは、いくらでもあると思うのね。
誰だって最初から完璧に使いこなせる訳ではないでしょう。

大切なのは、
〇使う側はお互いの人生に責任を持って向き合っていくこと。
〇自分に都合が悪くなったときに、途中で投げ出したりしないことです。

rinkoさんとご主人の関係では、それがちゃんとできているんじゃないかな。
試行錯誤しながら、良いも悪いも含めて許しあいながら、
お互いの幸せを協同で創り上げ、共有していくのが
夫婦であり家族なんだと思います。

2日目の「身近な人を本当の自分に押し戻す」の
ワークシートに書き込んだこと、みなさま実践しされたでしょうか?・・・

Posted by nana&Joe at 2011年06月02日 07:48





スピカさんのコメントを十分理解しているという前提で、悠々がコメントさせていただきます。

rinkoさんのコメントには一連のプロセスがあります。ご主人との関係を改善したいという願望が、rinkoさんを今回のセミナー参加へと導いています。参加のことをご主人も理解してくださっています。その流れのなかで、ご主人は21の質問を経験された。これは、凄い完璧性だと私は感じました。rinkoさんとご主人はしっかり繋がっていて、お二人でひとつの体験をされたのだと思いました。それに、これからのことは、rinkoさんの思慮深さに助けられて、流れて行くものがあると思います。それにも増して、ご主人が、ご自分のことを見直すきっかけが、このタイミングでできたことが凄いなと私は思いました。

私自身、セミナーの後からマインドが騒ぎ出して、「水」と思われる本質を揺るがそうと、いろいろ仕掛けてきたように感じることがありました。しかし、やはり、「火」でも「地」でもないのです。そうであれば、ずっと、私は悩みも少なくバリバリで生きているはず。ただし、勘違いして生きていた時間が長いので、そのギャップに、マインドは入り込んでくるように思いました。

要は、このツールを知ったからには、自分に対しても相手に対しても、相当の観察力を持って接することが大切なのですよね。
Posted by 悠々 at 2011年06月02日 08:13





スピカちゃ~ん!かなりのエネルギーが強い風に乗って吹いているようですね~。
少し、エネルギーの調整しませんか。マインドは本当に巧妙だから、ちょっと、一息入れませんか。
Posted by 悠々 at 2011年06月02日 09:04
 
おはようございます、
2日間セミナーに参加させていただきましたオオニシです。

セミナーを受けた後のマインドの活動という点で、少しシェアさせてください。

実は私はセミナーを受けるまで「自分は火だ」と思っていました。
火の持つパワフルさに触れると心地よく、ワクワクしていました。
でも実際に受けてみると、21の質問では火5地6水10のお水。

自分が思ったほどパワフルではなかったことは少しガッカリしましたが、
セミナーの直前に取り組んだe-bookで分かった「自分が表現したい在り方」には、
この気質のバランスが一番適切だということが直感的に分かりましたので、
「まあ、魂がそう選んだんなら、それでいいか~」
と気軽に受け止めていました(この辺りが"お水"なのかもしれません/笑)

ところが、帰ってきて数日たつと、
自分がやたらと「火っぽく振舞いたがっている」ことに気がつきました。
マインドが演じたがる「火」なので、妙に攻撃的で、周りに対して批判的です。
それがあまりに露骨で、こんなことは久しぶりだったので「あれあれ?」と思っていたのですが、
自分だけではなかったんですね^^;;

気質というツール、強力なだけに、本当に繊細な観察と理解が必要なんだなと、
日が経つにつれて感じています。

またさらに深く継続して学べるように、セミナーの開催お待ちしております^^

遅れましたが、当日祈りのイラストをお持ち帰りくださいました皆様、ありがとうございました。
また似顔絵をご希望くださいました皆様、
お気が向かれましたらブログをご覧いただけましたら光栄です。
(名前からリンクしてあります)

それでは、今日も皆様にとって良い一日となりますよう^^
 
Posted by オオニシ at 2011年06月02日 09:19



オオノシさんのマインドも騒ぎましたか。私だけではなかったのですね。よかった。

今回のセミナーの続編がありますことを願っております。

(素の気質+人生の時期の気質)×自我=創造される現実

このような方程式がもっともっとあるかと思うとワクワクしてきて、知りたい願望がどんどん膨らみます。
Posted by 悠々 at 2011年06月02日 09:38
♪。・:*:・゜

nana&Joeさん 悠々さん フォローありがとうございます。

そうでしたか。。。突風になっていましたか。。。ごめんなさい。
そう感じられた方がいらっしゃったら、申し訳ありませんでした。

rinkoさん わたしからも、もう一言 伝えたいことがあります。

悠々さんがおっしゃられているように
今までの流れは全て完璧です。
21の質問を使ったことに関してもです。
本当に、一切の疑いの余地もなく完璧です。

大切なのは、いまここから。

わたしからは、お互いの思い込みが深くなればなるほど
抜け出すのが大変であることを考慮し
本来の気質とは、違った気質である可能性の存在と
うまく行かなかった時の思い込みを払拭して
ゼロのところから観察し直す大切さをお伝えしました。
(前述の文章は、わたしの地の部分が働いています。
rinkoさんの風の部分に対してバランスをとるためにです。
わたし自身が風で、風が行き過ぎることがあることを知っているからです。
けれどもわたしのこの気質の使い方自体、
間違っているのかもしれません。。。どうぞお許しを。)

もちろん、わたしのこの心配も全くの不要である場合もあります。

rinkoさんとご主人お二人が、心から活き活きとして愛し合い
幸せをつくりあげていくことを確信しています。

ありがとう♪

Posted by スピカ at 2011年06月02日 09:41
○.:*:・°○.:*:・°○.:*:・°

スピカさん、本当に本当にありがとう。

私のこと、心配してくれてたんだよね。

大丈夫だよ!みんなに完璧にサポートしてもらってるから。


スピカさんのコメントには
むしろ「私自身」への深い愛情をみることができました!

スピカさんが私に警告を出してくださること。
それは無理もないことですよね。
スピカさんは私の主人について
「私」というフィルターを通してしか知らないのですから。


私と主人はもう来年で結婚25年になります。
うれしいことも楽しいことも
辛いことも苦しいことも
悲しいこともお互いに憎しみ合ったことも
すべてを味わいつくしてきた、そんな仲です。


「21の質問」では若干「水」と「地」が多かったものの
快活な「風」や正義感の「火」もバランスよくありました。
ですので、「どの切り口から見ても彼自身である」と今の私は理解しています。


私自身の勝手な想いとしては
「21の質問」はあくまでも「気質というものを大雑把に知る」ツールで
もちろん、それだけでは判断できないし
「気質」がすべて、とも思っていないのです。


その「気質」という考えは
自分や他者をより深く考察するためのあくまでも
ひとつのツールにしかすぎないと理解しています。


基本は「愛」ですよね。
「愛」は「相」であり、
「お互いにその人をどれだけ知ることができ
どれだけ愛することができるか。」
そこにこそ「気質」を学ぶ意味があると思っています。


もうひとつ正直言いますと「神との対話」がすべてでもないと思っていますし
フォーラムがすべてとも思っていない。
気持ち、一歩離れたところに私はいます。


だから得ることができた「エッセンス」は自分の中にぼんやりと投げ込むけれど
それを煮詰めて、凝縮して考察する、ということまでは私はやっていないです。
あくまでも「感覚」でとらえています。
「1+1=2」には必ずしもならない、と同じように。
必要があれば取り出して「徹底的に煮詰め」ることもあるかもしれませんが。
焦げない程度に(笑)


この【気質を学ぶ】というエッセンスが「自分にとって」
また、「主人にとって」
「私と主人にとって」
「今の良好な関係」を築く大きな柱となったのなら
それを素直に喜べばいいとおもっています。

「私が」「主人が」「主人と私が」幸せであれば
それはきっと同じように夫婦のあり方で苦しんできた人たちに
自然に拡散される、と私はおもっています。
私たちは「ひとつ」であり、「つながっている」からね。


もちろん、そうはいっても「一進一退」で辛いこともあるかもしれないけれど・・・
たぶん今までと同じような「負のスパイラル」には堕ちないでしょう。
何があっても受け入れられるようになってきたし、
「ひとつのトラブル」を題材にそれを客観的にとらえ、乗り越えることが
お互いに出来るようになってきていると思います。


悠々さんのコメント、まさに完璧でした。
この間、お会いしたばかりなのに、こんなに私のことをわかってくださってるなんて。
本当にありがとうございます!


スピカさん、あなたは本当に「人のために」一生懸命になれるのね。
すばらしいです♪
一生懸命考えてくれてありがとう!

私と主人との関係もまた変化するかもしれないし、
その時はまたそれを題材に徹底的に考察してね♪
スピカさん、大好きだよ♪

nana&joeさんにも感謝です♪

これをお読みのみなさんにも。
みなさんに支えられて今の私があります。
本当にほんとうにありがとう!


Posted by rinko at 2011年06月02日 10:29



>身近な人を、本当の自分に押し戻す

私の主人を眺めておりましたら、気質は水7、地3でして、よくよく観察しておりましたら、主人はもともとありのままでして、彼と結婚してから私の方が少しづつ本当の自分に押し戻されておりました。これは、凄い発見でした。
Posted by 悠々 at 2011年06月02日 19:00


 オオニシさま

 イラストありがとうございました。Green です。
 最新の作品、眉間にしわの○ールさん、拝見しました。またまた傑作ですね!
 HPのほうにお礼とコメントを入れさせていただこうと思ったのですが、、、こちらに書かせていただきました。

 お仕事の幅が広がりますことをお祈りしております。

 Green

 
Posted by Green at 2011年06月03日 00:28
♪。・:*:・゜

rinkoさん

コメント拝見し、安心しました。
rinkoさんのとても広い視野で物事を
捉えていらっしゃるところ
素晴らしいですね。
ありがとう♪

Posted by スピカ at 2011年06月03日 06:59
*


オオニシさま

○ールさん(笑)の似顔絵、最高!みなさま、必見ですよ。

オオニシさん、御自分をよく観察されましたね。

セミナーの後、マインドの抵抗を感じた方も多いかもしれません。
変容のプロセスが起こっている証拠ですから、そんなときこそ、観察、観察。


週末には、練習問題について書きますね。
Posted by nana&Joe at 2011年06月03日 15:28
♪。・:*:・゜

nana&joeさん

>セミナーの後、マインドの抵抗を感じた方も多いかもしれません。
>変容のプロセスが起こっている

なるほど、そうだったんですね~。
ブログにも書いた、この数日間のわたしの状態
気質のセミナー後のマインドの抵抗の影響が多いにあったんだと
いま、わかりました。

確かに、考え方が、風とは逆の
地よりになっていたし、自己の中で葛藤があったり、悩んでいたので。。。

例えば、昨日の、6/2早朝のrinkoさんに対してのわたしのコメント
今、読み返してみても、言っている内容自体がおかしいということはないし、
その時もrinkoさんに心からの愛をもって書いていて
大切な要素の一つを伝えていることには違いないけれど

ボリュームといい、内容といい、雰囲気といい
重くて固くて、きつくて、一方的な感じがします。
わたしらしさが、あの文章に全く入っていないんですね。
そして、 rinkoさんの気質に歩み寄れてもいません。

今、同じ内容を書いたとしても、まったく違う書き方になります。
ずれていたんですね。あの文章書いている時のわたし。
だから違和感を感じる人がでてきた。

この数日間、以前の感じに戻ったと感じたのは、ずれていたからですね。
それは、わたしはI→iへとなっていってることを自覚し
そうなってしまっている自分に苦しんだのですが

それだけでなく、同時に風→地へのマインドの揺さぶりがあったのですね。
アラインしていない状態、ずれている状態というのがどんな感じか
今回の件でさらにはっきりと掴めました。ずれていると、うまくいかなくて苦しい。
以前とは違い、I→iへとなっていってる~戻っているという自覚が
自分の中にハッキリとあって観察できていたことによって
ずれている状態が長引かず、程度も軽かったことは大きな収穫です。

そして、さらにわたしが地を選択したり、火を選択したり、自由に選んだとしても
しっかり根っこに~ありのままのわたしにアラインしていれば
地全開、火全開にはならずに
わたしらしい地だし、わたしらしい火になるんだということもわかりました。

ずれてきた!と思ったらいつも以上に根っこの気質の元素としっかり触れて
自分を取り戻したいと思います。

rinkoさん、本当にゴメンネ。。。ずれちゃってる私の文章の中にも
愛を見出してくださってありがとう♪

Posted by スピカ at 2011年06月03日 19:25
*


スピカさん、また見つめ直すことができてよかったですね。

今回のご様子は、(あくまでも私の観察では)地への揺さぶりというより
(風+水)×i のように思えますけれども。

Posted by nana&Joe at 2011年06月03日 20:01
悠々さんと オオニシさんの書き込みを読んで納得
セミナーから帰って 私は火では無かったんだ~という書き込みをした後、私にもおそってきました、火だろ~火だろ~ って思考がわいてくるわいてくる

で、その中で体験したことなんですが
私は以前から 約束を守らない とか 遅刻する とか自分がそういう行為をすることにすごく抵抗がありました
そして私の友人に一人風だな って人がいます
いつも彼女と話していると自分が説教ババァになったかのように話してほとほと疲れ果てていました
セミナーの後も ある集まりをその子が主催する集まりに参加したんですが、当の本人が食事をしていたとかで遅刻みんなを待たせたあげく笑いながら謝るのをみて
責任感がない! と腹が立ちました
で、その時 あぁ彼女は風で、私はそれを許せなかったんだ って思いました

で、nanaさん確認したいのですが
私が彼女のその部分に怒りを感じたのは私が私の中にある風の部分を受け入れてなかったからですよね?
それとも自分には無い風の部分がうらやましいとかそんなことはありますか?
チャートでは私は風は1つしかありませんでした

でも思い返してみれば、以前のリトリートの時
父にすごく抑えつけられていた私はすごく自由でありたいって思ってました
おまけにセミナーから帰ったら主人が風邪引いて手移されたし
子供のころから喉が弱かった
もしかしたら私は水と風が混じってる? 
とか思い始めました

で、もう一つ質問ですが
自分が思い込んでいる気質ってありますよね?
その気質を自分だと思っている時って
その気質の特徴が身体に出てくることってあるんでしょうか?
風の身体の特徴を書きとめてくるのを忘れたので分からないのですが
私を見た皆さんが私のぽっちゃりした身体から水って思い浮かべられたと思うのですが
実は私まんべんなく筋肉が付いている
太っているけど均整が取れていると言われてました
それって火の特徴だったと思うのですが
その時表面にあらわれている気質で体型が変わるなんてことあるんでしょうか?



で練習問題(長くなってすいません)
joeさんは聞いてしまったのでnanaさん行きま~す
私も風だと思いました
nanaさんはセミナーを進めるときいつも次何をやるかちゃんと紙に書かれていますよね?
でも、後でやることを先にやっちゃったりしてますよね?
それをjoeさんがカバーされているのを何度か見ます
実は私も次はこれをしてこれをして と
綿密なスケジュールを立てます。でもそれは
自分がうっかりものであるからそこをカバーするためにそうしているのです。
思いっきりフィルターかかってるな~と今思いましたが
そんな理由で 風 でおねがいします
Posted by ひろこ at 2011年06月03日 20:16
----------

>オオニシさん

Greenさんとnana&joeさんのコメントを読んで、サイトにお邪魔しました!
ニー○さん、似てますね!
服の色も、ポーズも、もちろん眉間のしわ(笑)も、よく特徴をとらえてるなあと思いました。

私は○ールさんを見るといつも、
髪の毛が白くてきれいでふさふさだな~やわらかそうだな~さわってみたいな~と思うのですが、
その髪の毛のファッサリぶりも感じられて素敵なイラストでした(*´∀`)

Posted by きぬさや at 2011年06月03日 20:25

♪。・:*:・゜

nana&joeさん 大切なことを教えてくださってありがとうございます。

iはiでも わたしは
{(風+水*素の気質)+地(揺さぶり)}×i

と理解していたのですが

(風+水*素の気質)×i

ということですよね。そうすると、私の本来の気質そのままのネガティブが
出ているということになりますよね。

このあたりが、よくわかっていないので、もう少し考えてみます。

Posted by スピカ at 2011年06月03日 21:54
*

う~ん、ひろこさん、ここでは答えにくい質問だなぁ~(笑)

セミナーでの結果にこだわらなくていいんですよ。
自分のどのエネルギーも否定しないでいいのです。

気質瞑想の音声を聴いてますか?
あれは、聴く人の気質のエネルギーが、共鳴するようにできています。
その感覚にしたがってみて。そのまま、感じたまま。
何がいくつ、何パーセントと考えだすと、マインドにつかまっちゃいますからね。

そもそも、みんな全部の要素を持っているのでしたよね。
抵抗や否定的な感情が生まれるのは、

>私の中にある風の部分を受け入れてなかったから
>それとも自分には無い風の部分がうらやましいとか…
どちらもだし、他にもいろいろな理由付けがありますが
なんにしても、そのときは、マインドの目で見てるってことですよね?

自分でも、他者でも、そこで元素に置き換える。
そうすると、自然と神の目で見られるようになってきますよ。


思い込んでる(そうなりたい)気質が体型に出るか? 一応、はい、かな。
ただ無意識の部分ではなくて、ダイエットするとか
鍛えて筋肉をつけるとか、環境が厳しくて、ストレスでやせてるとか・・・
意識的に物理的に働きかけるような場合ね。
無意識の部分では、生命体のエネルギーが自然に働きます。

練習問題も、ありがとう。
Posted by nana&Joe at 2011年06月03日 22:18
☆.:*:・☆.:*:・☆.:*:・


rinkoです。

スピカさん、よかった。

うんうん。ちょっと「あれ?」とは思ったけどね(笑)

私の中にもいろんな私がいるわけだし、

スピカさんにだっていろんなスピカさんがいるわけだし。

コメントの言い回しはどうであれ、

スピカさんが一生懸命私のことを考えてくださっているのが

とてもとても伝わってきたから本当にうれしかったよ♪

先ほどのコメントもうれしかった(*^_^*)

いつものスピカさんに戻ってくれてうれしいけど

どんなスピカさんでも私は大好きだよ!

スピカさんは私の「良き理解者」のおひとりだしね♪


スピカさんは今回のセミナーで得た知識を活用して一生懸命膨らまそうとしている。

より深い認識を得ようとしている。

その姿には頭がさがるけれど、

どうか一生懸命になりすぎて自分が苦しくなったりしないように。

こういう「気質」みたいな話って、頭で一生懸命考えるより

リラックスして、ボーッとしてるときに、

「あ、そうか。そういうことなんだ!」って突然ひらめいたり感じたりするんじゃないかとおもったりします。

うーん。極めて「水」っぽいですよねー(笑)

Posted by rinko at 2011年06月04日 00:22



このところ、rinkoさんのコメントとブログに癒されています。
あなたの懐の深さをしみじみ感じています。

ありがとう。
Posted by 悠々 at 2011年06月04日 07:41

えー、ほんとですか?

だとしたらうれしいです~(*^_^*)

私も悠々さん大好きです☆

ありがとう♪


今日のメルマガ「あなたの微笑み」のタイミングも

私的になんかすごくよくて。

完璧に「宇宙の流れの中に生かされている」ことを感じます♪

ありがとうございます。

Posted by rinko at 2011年06月04日 09:53


♪。・:*:・゜


rinkoさん

そうですね。わたしを含め、水の気質を多く含む人は、なにもしないという
否定から生まれる焦燥感によって、ありのままの自分への否定
から火になりたがることがありますから、ありのままのわたしにくつろぐことは
とても大切ですね。気付かせてくださってありがとう♪

Posted by スピカ at 2011年06月04日 10:56
nanaさんきっと困った顔で笑ってるんだろうな~と以前のニケさんの書き込みを思い出してしまった

自分の気質がはっきりしなくて なんだかとっても安定感を失ってる感じです

今まで色んな自分に気が付いてきました
で、どんな自分もありのまま受け止めて そのうえでありたい自分を選択してきました

気質を教わった時 ありのまま受け止めるのが
すごく容易になるツールだな と受け止めました
そこに根っこが生えてると 他の気質も使えるようになる
というお話は ありたい自分を選べるって事につながるのかなぁ と思いました

その根っこがどこにあるのか?
そこにとらわれちゃってる感じです

rinnkoさんのおっしゃるようにもう少し
気楽に見て行ってみます
Posted by ひろこ at 2011年06月04日 13:17


 ひろこさん

 こんにちは。Green です。
 先日のセミナーで、初めてひろこさんといろいろお話させていただいて、帰宅したあとでHPを拝見しました。
 
 セミナー直後のひろこさんのブログの記事『ありのままの自分』から、ひろこさんいい感じでご自身のことを見つめていらっしゃる、と思っていました。

 いろいろ感情は出てくると思いますが、それにとらわれずに、自分をも観察対象にするとぐらぐらしなくてすむと思います。

 Green

Posted by Green at 2011年06月04日 16:29
またお邪魔いたします、オオニシです。

>Greenさん
ありがとうございます!
今回のようなイラストを「お仕事」にする予定はないのですが(自分がつらくなってしまうので^^;;)どなたかが必要なときには無理ない範囲でお手伝いさせていただく"シェア"の感じでできたらいいかなと思っております。
またGreenさんとはお互いに大切な国についてぜひお話しさせていただきたいです(´∀`)

>きぬさやさん
ご覧いただきありがとうございますv
私もニー○さんのふわふわでファッサリな銀髪とおひげが憧れだったのですが、その部分が伝わりまして光栄です!

>nana&Joeさん
ありがとうございます、実を言うと今でもマインドが活発で少し苦しい感じなのですが^^;;
ただ、マインドやエゴと呼ばれる自分の一部分の大切さや愛らしさは、自分なりに理解しているつもりですので、時間をたっぷり取って受け止めてあげたいと思っています。

直前になりますが、練習問題に参加させていただきますね。
ロ-ルプレイで担当されていたことから、メインはnanaさん=風、Joeさん=火だと思うのですが、近くでお話させていただいたときにnanaさんから「何か固いもの」を感じました。そしてJoeさんは一日目の夜に「水かな?」と感じましたので、
nanaさん=風&地
Joeさん=火&水
のスイッチ&スイッチなお二人かしらと勝手に想像しています。
でもお二人ともやはりバランスよく感じられる気がしますので、難しいですね^^;;
解答を楽しみにお待ちしています!

ブログをご覧頂きました皆様、ありがとうございます!
記事のほうでコメントとトラックバックをお受けできるように設定させていただきました。オオニシへのコメント等は、ブログよりお送りいただけます。
結果的にこちらの場所をお借りする形になりました、nanaさんJoeさんありがとうございます!

ではでは皆さまたのしい週末をお過ごしくださいませ。
Posted by オオニシ at 2011年06月04日 17:12
 

 オオニシさん

 ありがとうございます。オオニシさんの大切な国のことをテレビで見聞きするたびにオオニシさんのことを思っています。

 Green
Posted by Green at 2011年06月05日 00:56
*


練習問題に取り組んでくださって、ありがとうございます。

書き込みされてない方は、答えを見る前に
メモで構いませんので、一度書き出してみてくださいね。
そうしないとマインド君は「やっぱり…そう思ってたもんね!」
なんてすり替えが得意ですから(笑)あまり練習になりません。


***

フォーラムに書いてくださった皆さまの回答で多かったのは
概ね Joe <火+地> nana<風+水>でしたね。

これは・・・正解です! :)

その場でのエネルギーをよく掴んでいらっしゃいましたね。
さすがです。ありがとう。


***

ただし! これはセミナー当日に使っていたエネルギー。
そして本来の気質は、

Joe <風5 火4 地1>
nana<水5 地4 火1>

「え~~~!?」って思う?



○気質を観察する時に陥りやすいポイントが、3つほどあります。

1)マインドは、自分自身を投影する

2日目の4人組のワークでもそうでしたが、対象者は鏡です。
誰もが4つのエネルギーをもっていますが、観察者は、
その中から自分の持っているエネルギーを映し出します。


2)マインドは、答えを正当化するために働く

まず、たとえば「nanaさんは<風+水>だな」と感じます。
すると、このあとマインドは、それを<データ>として
ほかのエピソードや出来事、条件を持ってきては
<データ>の裏付け作業を始めます。

血液型などが当たると感じるのは、このせいです。
ある人がA型と思えば、A型の特徴を探し出しては
「ああ、やっぱりそうだ!」とマインドが喜びます。


3)Doing = 気質(Being)という思い込みがある

リーダー=火と多くの人が思います。
バイクレースなどと言えば、誰でも火や風を思い浮かべます。

でも、そのあり方はそれぞれに異なります。たとえば

何でも率先して、みんなをぐいぐい引っ張っていく火のリーダー
懐の深さ、包容力で、みんなを護り育てていく水のリーダー
気配りと巧みな言葉で、みんなを巻き込んで行く風のリーダー
緻密な計画や作戦を考え、みんなに信頼される地のリーダー

バイクレースでもいつもトップを争っていた好敵手は
完璧な火の走りをしていましたが
集中しきってバイクと一体となり、瞑想状態で走る私は
周囲からは「速水のような走り」と言われていました。

どんなDoingでも、究極に近づくほど、その人の本来の気質が
引き出されて来るものです。


気質は、「生もの」です。(つきさんがおっしゃってたかな)
過去のデータを手放して、今、目の前の相手を観察することの
大切さを理解していただけるでしょうか。


さて、いろんな疑問が出てきちゃったかな?
「じゃあなんでセミナーでは逆のことしてるの?」とか。(笑)

Joeさんと私を例に少しずつ、解説できるところは、
解説していきますね。

練習問題にご参加くださって、ありがとうございました。

Posted by nana&Joe at 2011年06月05日 16:23


* * *
うわ~、相手の気質を観察するって
本当に難しいんですね。

Joeさんが「風」だとは
まったく思っていませんでした。
そしてnanaさんに「風」の要素がほとんど
ないことにもびっくりです。

セミナーのあと、身近な人を
観察して気質を推察することを
何度かやっていましたが、かなり
間違っている可能性があるのだな、と
改めて思いました。

解説、楽しみにしています!

Posted by waka at 2011年06月05日 16:50


 nana & Joe さま

 練習問題の答え、

>「え~~~!?」って思う?

 思いました!

 nana さんの『水』はわかります。でも『風』が無いことは衝撃でした。

 Joe さんの『地』が1で、『風』が5だったことも衝撃。そして、みんなが癒しを求めて Joe さんとハグをするのに、『水』が無い。。。

 気質の奥の深さを実感しています。

 Green
Posted by Green at 2011年06月06日 01:08
*******************************************************************

 

 

セミナー当日は、皆さまの回答で多かった
Joe <火+地> nana<風+水> これでほんとうに正解なんですよ。、
間違いだったとか失敗したと思う必要はありません。

セミナー中私たちは、違う気質のフリをしている訳ではなくて
ほんとうにその気質で「在った」のですから。

セミナーでないときの私たちを見れば、
本来の気質も、みなさんにはすぐに分かるでしょう。


練習問題のポイントは、そう思い込んだ状態で(観念を持って)いると
目の前に無い、過去の出来事や場面は、簡単に捻じ曲げたり、こじつけたりしてしまうし

新しく違う場面や言動があっても、もはや純粋な観察はできなくなる
ということを経験的に学んでいただくことでした。
(昨日書いた1,2,3のポイントです)


***

気質をお伝えする時には、各気質の純粋なエネルギーそのものを
みなさんに感じていただく必要があります。

「21の場面」などではとくに、それぞれの気質を表現する者が
できるだけニュートラルでなければいけませんから

無意識の状態で水・石の強い私は、みなさんの視覚的なイメージを
撹乱するために、いつもより髪の色を明るめにし(風の要素)
筋肉が感じられるように(火の要素)一所懸命身体を鍛えました。

と、いってもそこは、水+石の私、
Joeさんがいつもの筋トレをし、キロ単位でビシビシ泳いでいる横で
水の中をぽよぽよ歩いて、温泉に浸って考え事してただけですが。(笑)

壁のロールプレイでは、それぞれの色を身につけていましたね。
黄色い派手なアロハを来ていたら、大抵一目で風と思うでしょう。

このように視覚的な印象は、ある程度コントロール可能なものです。

これと鏡の法則を利用して、自分や他者の成長を促す方法もあります。
補色の関係性もあるので、なかなか一言では説明できませんが

ヒントにしながら思考錯誤してみるのも、気質を使いこなす
練習になりますから、楽しみながら試してみてください。


次は、Joeさんや私の気質について書いてみましょうね。。。

Posted by nana&Joe at 2011年06月06日 12:11

 nana & Joe さま

 ご説明ありがとうございました。よくわかりました。

 nana さん、セミナーのために髪の色を変えたり、身体を鍛えたりなさったんですね。。そのプロ根性、すごいです。女優さんみたい。
 
 Joe さんは筋トレをなさっているのですね。ポロシャツから少しのぞいていた、Joe さんの二の腕の筋肉を見て、ただ者ではない、、と思っていました。(*^_^*) 過去のセミナーではいつも長袖をお召しだったので、気付きませんでした。

 気質からそれたコメントでした。<(_ _)>

 今朝は、10時半頃から4つの気質の瞑想をしました。外で音がしていても、まったく気になりませんでした。nana さんの明るいお声のおかげだと思いました。

 一つシェアさせていただきます。
 寒い冬におすすめなのですが、冷え性の方や、梅雨寒なこの頃にもいいかと思います。
 朝、気質の全てが入っているお湯を飲んでアウムをすると、とっても身体が温まります。

 4つの気質が入ったお湯とは、、、土鍋でお水を沸騰させたものです。チベット体操を習っていた時に、先生が教えてくださいました。

 『地』は土でできている土鍋、『水』は土鍋にいれる水、『風』は、沸騰してわき上がる湯気が作り出す風。『火』はお湯を沸かす熱、火。

 冬は、朝起きたらまずお湯を一杯飲んでくださいと、先生がおっしゃっていました。

 私は、お湯を湧かしておいて、少し冷めて飲み加減になる間に先にアウムをすることが多かったですが、飲んでからのほうがいいような気がします。

 nana & Joe さんの次のご説明、楽しみにしています。
 
 Green
Posted by Green at 2011年06月06日 12:46
***

nana&joeさん
みなさん

あぁ....、答えが出てしまった...。(笑)
いろいろあって書き込む時間もなく
後出しじゃんけんのようで気が引けるのですが
書こうとしていたことを書きます。

nanaさんは水 そして地。
joeさんは火 そして地。

これがわたしの観察(?)でした。

理由は
nanaさんのあり方でわたしが一番自然に感じられたこと
それは乾いた大地に水が沁みこむように
優しさを以て寄り添う姿勢でした。

joeさんは感激屋さんで情に厚いところと
去年の秋から感じていた父性的な
なにかセミナーとか関わる方を守ろうとする姿勢が
火の気質ではないかとおもったのです。

姿かたちの特徴やみなさんが書いておられることを読んでいると
風の要素があるのかなぁともおもいましたが
わからなくなったので自分の感覚で見てみた次第です。

nanaさんがバイクレースでぶっちぎりに早かったこと
これはわたしは水の反動だったんじゃないかとおもいました。
以前に伺った覚えがあるのですが『死を恐れない』というところ
これは風の楽しむような要素とはちょっと違っているように感じました。

でも、joeさんの風の気質は驚きでした!
あのいつも感じるjoeさんの癒しの感覚は、きっと
nanaさんと一緒に過ごしている中で手に入れたのかなぁとはおもいましたが。

でも、どちらにせよ
nana&joeさんはご自身の気質を理解したうえで、
ほかの気質もバランスよく持ち合わせていらっしゃるのでしょう。
わたしも早くそうなりたいなぁとおもいました。

ちなみに、気質のことを自分が辿ってきた時代や年齢に当てはめたりしていくと
面白いなぁとおもうと同時に、今そうだとおもっていた『地』の気質は
後天的に手に入れたもので、自分の気質はもしかすると
『風』で、もうひとつには『火』なのかなともおもい始めました。
そんなことも含めて、もっと深く観察していこうとおもっています。

>2日目の「身近な人を本当の自分に押し戻す」の
ワークシートに書き込んだこと、みなさま実践しされたでしょうか?・・・

いま社長を相手に続けています。概ね順調なようにおもいます。(なんだか偉そうな社員ですね。)
社長のメインの気質は『風』そして『火』だとおもっています。
たった二人の会社なので関わり方は非常に重要だなぁと実感しています。
(意識して関わりだすと余計そう感じますね)
初めのころ、『地』に転じて大変な状態でしたが、その頃と比べると
天と地ほど違います。今は体力的に元気がないときはあっても
自分から楽しく過ごしていることが多いように感じます。

一番意識して変えてみたことは
『自由』に過ごしてもらうってことでしょうか?
一時期のひどい状態の時のこともあって、
ついついスケジュール確認をガチガチにしていたときがあったのですが
今は全体の動きで押さえておかないといけないことを除いてあまり確認もしなくなりました。
社長は(経営のこと以外は)大変楽そうにおもいます。(笑)

そういう中でもうひとつ発見したのですが
自分の気質を受け入れるってことは、ただそれだけでも
『他者を本当の自分に押し戻す』ことに貢献できているのではないかということ。
最近、笑い声が絶えない気がします。
これからもじっくり取り組んでいきたいとおもいます。

いつも学びをもたらしてくださる
nana&joeさんやみなさんに感謝しています。

長くなりましたが読んでいただいてありがとうございます。



***
Posted by つき at 2011年06月06日 12:56
***

Greenさん

貴重な情報ありがとうございました。
お白湯を飲むようにしているのですが
4元素のことはなるほどです!
気質のこともあるからすごく腑に落ちました。

鉄瓶で沸かしていたのですが
土瓶準備してやってみます。

ありがとうございました。


***
Posted by つき at 2011年06月06日 13:03

 つきさん

 お久しぶりです。ちょうど、最近つきさんのお名前が見えないな~と思い、体調はいかがかと思っていたところです。

 土鍋のお湯、是非お試しくださいね。実は、つきさんにいいかも!と思ったんです。
本当です。(^_^)

 Green

 
Posted by Green at 2011年06月06日 13:25
----------

Joeさんはスレンダーに見えるのに意外と胸板が厚いなとひそかに思っておりましたが、
筋トレの話を聞いて納得です!

と、本題はそのことじゃなくて(笑)、nana&Joeさんの本来の気質を聞いて、
へえー!!と思いました。そうだったんですね!

自分をフラットな状態にして、いつもまっさらな目で見たいなと思いました。

Posted by きぬさや at 2011年06月06日 16:42
♪。・:*:・゜

気質を観察するときに陥りやすいポイント
1、2、3、わたしは素晴らしく見事に全て当てはまって考えていた
ということがわかりました(笑)
わたしの回答は、すべてに当てはまっていますから
陥りやすい例として、参考になるかと思います。


nana&joeさん 質問です。

1、観察の視点について

わたしは、気質を学んでから<観察しよう>と思ってきましたが
それは、全て観察ではなく、マインドの思い込みや判断であると
いうことがわかりました。
観察ではなかったということがわかったのです。

それで、観察という視点について、もう一度伺いたいと思います。

思い込みや判断を消して見てみると
わたしには
<すべては愛だ>という視点と
<ただ、そこに在る>という視点 

この2つがあることがわかりました。
<すべては愛だ>という視点は
ただ、全てが在ることに感謝しかない。愛である喜びと
共に感謝が溢れてくる状態です。

<ただ、そこに在る>という視点、これに関しては感情や思考をできる限り取っ払った時に見えたもので
例えば、白い看板に黒い文字で危険注意と書かれていたとします。
それを、文字と見ないで、黒とか白と思うこともしないで
ただ、文字や色の名前を知らないこどものように
グラフィック~色としてみる感じです。正確にいうと
色ともわからないというような。
ただし、こうやって見てみると、背が高いとか低いとか、そういった判断も
できなくなります。

nana&joeさんのおっしゃっている<観察>がどのような感じなのか
具体的に教えていただけると助かります。

2、投影について、伺います。自分の気質を映し出す鏡であるということがわかりました。
投影について、詳しく学べる書籍を教えてください。


Posted by スピカ at 2011年06月07日 17:12
♪。・:*:・゜

スピカです。

内面的な、個人的なことなので、フォーラムにのせるか
迷ったのですが、こういったことこそ、誰かの参考になることも
あるかもしれないと思って書いています。

先日のわたしのrinkoさんに対してのコメント。
不安からくるiであることにきづいたわたしは
当初、{(風+水*私の素の気質)+地(セミナー後の揺さぶり)}×i
と、地の気質への揺さぶりが関係していると思っていました。

その後、さらに見つめたところ

大好きなrinkoさんが(好きという感情が入っているところ→風)
21の質問とご主人との関係の改善していると喜んでいることに対し
nana&joeさんがおっしゃっていた例のように
rinkoさんのご主人の回答は、もしかしたらマインドの答えで
マインドがコントロールを強めている可能性があるのでは
ないかという恐れ(恐れからきている→水)から
大好きなrinkoさんが傷つかないよう心配して守ろうとする
不安からくる  i の状態。
それを、表面に出した(表に出した→風)
であったとわかりました。

気質はとても素晴らしいツールですが、それを生かすかどうかは
< I >であるか< i >であるかの選択にかかっており、
わたしは、いま無意識で< I >を選べない状態であるので、いま一度どの瞬間でも
<  I >を選べるよう、意識的にいまを生きます。

ありがとうございます。

Posted by スピカ at 2011年06月07日 23:59
*


Greenさん、土鍋の白湯のシェアありがとうございます。
朝を丁寧に始める、という感覚がありますね。やってみます。
風の多い人は、貧血になりやすい傾向があるので、鉄瓶でもいいかもしれませんね。
鉄も鉱物ですし。

つきさん
>自分の気質を受け入れるってことは、ただそれだけでも
>『他者を本当の自分に押し戻す』ことに貢献できているのではないかということ。

ほんとうにそうだと思います。
自分を100%受け入れると、それまで「変えたい」「何とかしたい」と思っていた他者は
ちっとも「問題」ではなかったことがわかったりします。
実践を通して得られた気できですね!ありがとう。

スピカさん

1、観察の視点について
2、投影について

観察というのは、自分を投影をせずに、事象を認識するということです。



心理学で言う「投影」の意味がよく理解できれば、
観察についても自ずと分かってくるでしょう。

「投影」は、心理学の基礎の基礎に当たるものです。
1冊読んで分かった気にならず、多角的に学んで、自分のものにしてみてくださいね。

私は、「自分ヲ勘定ニ入レズニ ヨク見聞キシ・・・」
という宮沢賢治の言葉は、これに近いことを言っているように思います。

Posted by nana&Joe at 2011年06月08日 20:35
*


派遣の準備で忙しくなってきましたので、Joeさんと私の気質についての
詳しい解説は、またの機会にさせていただきますね。ご了承くださいませ。

代替といっては何ですが、もうひとつ課題です!(うえ~!)

〇気質を通して、映画を見ることにチャレンジしてみてください。

バラバラの映画でもいいのですが、ひとつ、先日私たちが観た
「アンストッパブル」(電車が暴走する実話を基にした話)は、
気質を見るのに、ものすごく楽しいヒントがいっぱいあると思いますので
お時間のある方は、お試しください。もうレンタル屋さんに出ていると思います。

メインの登場人物の言葉や行動などから気質を探ってみてくださいね。
どこでそう思ったかも教えてください。
他にもいろいろ気づいた点を。時間はたっぷりおきますから楽しんでね。

答えというのは無いけれど、私たちの見解も、あとでシェアします。


Posted by nana&Joe at 2011年06月08日 21:26


 nana & Joe さま

 『地』だからと言って、『土』に限るということはないのですね。土鍋に限らず『鉱物』の鉄瓶でも良いということ、勉強になりました。
 ありがとうございました。

 貴重なお時間の中、コメントと課題も(笑)ありがとうございました。(^_^)

 Green
Posted by Green at 2011年06月08日 23:32
***

Greenさん

心にかけていただいてありがとうございました!
実は波があってまだ回復半ばですが
教えていただいてから白湯も持ち歩いて飲んでいます。
まさゆきさんにも助けてもらっているので心強いです。^^


nana&joeさん

>自分を100%受け入れると、それまで「変えたい」「何とかしたい」と思っていた他者は
ちっとも「問題」ではなかったことがわかったりします。

そうですね!
自分が自分でいいんだって受け入れられると
内面が平和でいられる気がしています。

それに
いまいろんなことを(人だけじゃなくって)見ていることが楽しいんですが
気質を通して観察するという手順を踏むと
より肯定的なものの見方ができるようになっている気がします。
ワンクッションはさむことでこころにゆとりができるのかな??
その行為自体が、意識的に過ごす助けになってくれているような...。

自分の気質、まだ確信はしていませんが
種をまいたのは『風』じゃないかっておもいます。
お茶目に過ごしているのが(笑)
以外と自分にフィットしている気がしているからです。

『アンストッパブル』観てみますね。
すごいハラハラするんだろうなぁ。楽しみです。



***

Posted by つき at 2011年06月09日 14:10

♪。・:*:・゜

nana&Joeさんお忙しい中、回答ありがとうございます。
「投影」について、多角的に捉えることができるよう
学びます。課題も楽しそうですね。

ありがとうございます。

Posted by スピカ at 2011年06月09日 23:44
Greenさん

遅くなりましたが 優しいメッセージありがとうございます


気質の瞑想 パソコンが壊れていて CDに落とせなくて 主人のパソコンでしか聞けないので
なかなか聞けないでいましたが
今日やっとパソコンが治ってきました♪
どうしても頭を使って気質をつかもうとしてしまうので
しばらく瞑想に集中しま~す

あっでも映画は見ま~す
Posted by ひろこ at 2011年06月10日 16:07

* * * * *
皆さん、nana&Joeさん、こんばんは、wakaです。
『アンストッパブル』、DVDをレンタルして見ました。
暴走した列車を止める=極限状態でのとっさの判断が求められる設定だったので
登場人物はみんな強度のストレスがかかっていて、
「火」の要素が強かったように思えてしまったのですが
それぞれの気質を感じたところを書いてみます。

●フランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン):暴走列車を止めた一人。
勤続28年の大ベテラン機関士。
○予想⇒「火」と「水」。火は、会社からは暴走列車の停止作戦には手を出すなと命令されても
多くの人たちの命を助けるために、無謀とも思われる作戦にチャレンジしようと決断するところ。
水は、新米車掌のフランクと口論になりながらも、彼を育てようとする姿勢が感じられるところや
娘たちへの愛情深さ、28年もの長い間、同じ仕事を淡々と続けてきたところ。

●ウィル・コルソン(クリス・パイン):フランクと一緒に暴走列車を止めた新米車掌。
○予想⇒「火」。思い込みから妻の浮気を疑って知人に銃を向けたというエピソードや、
大先輩のフランクにいちいち突っかかる様子、また、話の序盤から、常に体中から
怒りを発している感じなところ。列車が暴走し、家族の住む町が大惨事に見舞われる
ことを知ると、命がけで行動するところも、非常に「火」らしいと思いました。

●コニー・フーパー(ロザリオ・ドーソン):操車場長の女性。
○予想⇒「地」と「火」。指示が的確なところが「地」っぽいなと。
また、事態回復に奔走するも、列車停止作戦がうまくいかないとわかったとき、
クビを覚悟で、会社の命令を無視してフランクとウィルにする協力する男気に「火」を感じました。

●スコット・ワーナー(ケヴィン・コリガン):連邦鉄道局の職員。
○予想⇒「地」。出番は少なかったですが、知識が豊富で、有益な助言をたびたびコニーにしてくれるところ。
控えめで落ち着いている。でも、作戦の成功には悲観的な見方をしているところが「地」なのではないかと。

●デューイ(イーサン・サプリー):列車の暴走を引き起こした機関士。
○予想⇒「水」。たっぷりした体型と、のんびりした仕事の態度。また、今回のトラブルを起こした張本人なのに、あまり切迫感がないところ。

●ネッド・オールダム(リュー・テンプル):操車場に勤める溶接工。
○予想⇒「風」。仕事中にカフェで油を売っていて、ウェイトレスの女性にひっきりなしに話しかけている軽さや、
無事に列車が停止した後のインタビューで、なぜかフランクとウィルではなく、
ネッドが嬉々としながら
いかに大変だったのかを語っている様子が、軽快な風っぽいと思いました。

もう一人、重要な登場人物に、人命よりも会社を優先した、ダメな(^^ゞ運行部長がいるのですが
この人の気質はいま一つピンと来ませんでした。
始終怒鳴り散らしているので「火」の要素があるかな、とか、
指示が一環してなくてころころ変わるところが「風」かな、とかは思ったのですが…。

以上、忘れないうちに観察のご報告でした。

Posted by waka at 2011年06月12日 20:53
* * * * *

先ほどのコメントに間違いを発見。
最初のフランクのくだり
「新米車掌のフランクと口論になりながらも」
ではなく
「新米車掌のウィルと口論になりながらも」
です。

どうも、カタカナの名前は
覚えるのが苦手で…(^^ゞ。

Posted by waka at 2011年06月13日 00:05
-------------------------------
Waka さん、こんにちは。Teao です。

>『アンストッパブル』、DVDをレンタルして見ました。

あなたのレポートを拝見して、思わずニッコリしてしまいましたよ。
なるほど!・・・(納得!)。
もちろん、私は『アンストッパブル』の物語は知りません。ですから
waka さんの登場人物の分析が、云々ではなく・・・。

一所懸命に解説して下さっている waka さんのレポートを読ませて
頂いていて、waka さん御自身の「気質」に納得した次第です。

私は、nana さんが4つの気質をご紹介下さった時の「火」のタイプ
この描写を、ありありと思い出していました。

>おい。ドライブに行くぞ!・・・ 強いリーダーシップと行動力。
>目的地までは、わき目も振らずにまっしぐら・・・ 猪突猛進型。
>着いた途端に、今度は。もう時間だ、帰るぞ!・・・ 目的志向。

そうか・・・ waka さん、やっぱりあなたは情熱の人だ!。最高!。
.
Posted by Teao at 2011年06月14日 17:15

ご無沙汰しております。なおこです。

もうすぐセミナーから一ヶ月たとうとしているときに、初の書き込みですが;;
みなさまありがとうございました!

セミナーで書いた宣伝文を少し手直しして、ブログに載せました。
よろしければご覧になってください☆
http://ameblo.jp/yuruyurunaoko/

ちょっと工夫したので、いろんな気質の方に興味を持って頂けるかと思います^^
Posted by なおこ at 2011年06月15日 10:32


 なおこさん

 拝見しました。
 いつか ゆる会に参加させていただきたいと思っています。

 お元気でご活躍くださいね! 応援しています。

 Green
Posted by Green at 2011年06月15日 11:21
・・・・・・・・・・・・・・・

なおこさん

お~発表仲間だ(笑)
宣伝文、拝見しました☆
軽やかな感じがプラスされた印象でした。
参加したいな♪
ますます参加者が増えそうですね。

わたしの方も形にしました(笑)
まもなくみなさんにご報告できる予定です♪
ワクワク☆彡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年06月15日 13:14

ありがとうございます☆

Greenさん、
いつかのご参加お待ちしております♪

tinkさん
発表楽しみにしています☆


また、もっと工夫できるご意見を頂いたので
もうちょっと手を加えてみました♪

なおこ
Posted by なおこ at 2011年06月17日 10:42
----------------------------

なおこさん、Teao です。

これは、私の青春時代の曲かな。中学・高校の頃だったと記憶している。

http://www.youtube.com/watch?v=H9yT8b5JpMk&feature=related

邦題は「愛はきらめきの中に」 by ビージーズ

当時も英語の歌詞の意味は分からず口ずさんでいたけれど
シンプルで美しいメロディが、いつまでも心に残る曲だった・・・。
何故か?。あなたのコメントを読みながら思い出していました。
.
Posted by Teao at 2011年06月19日 09:34

* * * * * * *

Teaoさんへ

こんばんは、wakaです。

私も、セミナーでnanaさんが、「火」の気質について
ドライブを例に話されたとき、爆笑しちゃったんです。
これ、うちの父のことだ!と。
子どものころ、よくドライブに連れて行ってくれたのですが
現地滞在時間がとても短くて、
高原に着いてトイレを済ませた途端に「帰るぞ!」と言われたこともありました(笑)。
きっと私、そっくり同じ気質を受け継いでいるんでしょうね。

>waka さん、やっぱりあなたは情熱の人だ!。最高!。

お褒めいただき、ありがとうございます(^^ゞ。
自分の中では、猪突猛進なのがデフォルトなので、
情熱的と言っていただくのがこそばゆいのですが、
これからもこの気質を存分に生きることで、
つきさんが書いてくれたように
“他者を本当の自分に押し戻す”ことに貢献できたらうれしいなと思います。


ちなみに、6月1日付けで、入社以来初めての
部署異動がありました。
これまで20年間、専門職的に担当していた業務とは180度違う担当になり、
毎日仕事の100本ノックを受けている感じです。
かなりへとへとですが、心のどこかで「この壁を絶対乗り越えてみせる!」と
燃えている自分も感じています(笑)。

Posted by waka at 2011年06月19日 20:14
--------------------------
こんにちは。Teao です。

waka さん、確かに・・・ あの親にして、この子あり。
親から受け継いだ瓜二つ、そっくりな面(性格・癖)ってあるよね。

気質って、遺伝するのかな?。ってコトは、細胞のDNAにしっかり
記録されている情報って言うコトなんだね???・・・。

>毎日仕事の100本ノックを受けている感じです。

waka さん、この体育会系の表現が「火」そのものを感じさせますよ。

みんな応援しているからね・・・。みんなで waka さんの背中を後ろから
支えているから・・・(それって?。もしかして、ただ楯にしてるだけ?)
まぁ、細かい点は疑わないことにして貰って。

では、waka さんにはこれどうぞ。やっぱり乗りの良いイメージかな。
訳詞はないけど「祝福」ってコトで・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=3GwjfUFyY6M&feature=related

*****************************************

因みに、遊びで「働く車」を気質に分けてみました。

<風>
オープンカー、スポーツカー、水陸両用車、パノラマ展望観光バス
ソーラーカー、電気自動車、ハイブリッド車、ガルウィング・ドアの車
広告宣伝カー、レンタカー、その他 ちょっと最先端の車

<火>
消防自動車、救急車、パトカー、その他緊急車両(ピーポーパーポー)
レーシングカー、高級車リムジン、海外ブランド車、ハーレーダビッドソン
長距離トラック、戦車、装甲車、目的がはっきりしていて重厚な車

<地>
砂利トラック、ブルドーザー、ショベルカー、ミキサー車、ゴミ収集車
クレーン車、カートレーラー、ジープ、軽トラ、路線バス、タクシー
原ちゃり、リヤカー、その他 なくては困る地味な車

<水>
タンクローリー、散水車、給水車、一般大衆車、ファミリーカー、
ワンBOXカー、その他 ごく一般的な車

私と同じ「地」の気質のみなさん、ごめんね。やっぱ暗いイメージに
なっちゃいました・・・(笑)。
まさゆきさん、舘ひろし(♪泣かないで)
.
Posted by Teao at 2011年06月21日 17:09



このフォーラムには関係のないコメントかもしれませんが、ネットのトピックスを見ていたら、アイドルの後藤真希(ゴマキ)さんが、12月で芸能活動を中止するというコメントが入っていました。

>ふつうの自分に戻ってみたいという願望に繋がりました。ゴマキではない自分は、一体何がしたいのか、何ができるのか、考えたり挑戦したいです。

たいてい、このようなコメントを読むと、

>ふ~~ん。

と気にもかけないのですが、何故か、今は、ゴマキさんを応援したい気持ちで一杯になってしまった悠々です。
Posted by 悠々 at 2011年06月22日 13:53
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんばんは。夏至の日みなさんいかがお過ごしですか?

さて、セミナーで発表させていただきました、キャンプを形にしましたので、皆さんにご報告いたします。

あの時、実施することは決めていて1日目のセミナー終了後今回協力していただくAKINORIさんと打ち合わせをしました。

あの場所で発表させていただきみなさんの温かなエールをいただき、前に進む勇気をいただきました。ありがとうございました。

そして、つきさんがわたしの想いに協力しようと「チラシ創ります」と声をあげてくださいました。

とても素敵な物ができました。チラシは告知ページにキャンプのブログをリンクしてありますのでそちらからご覧いただけますので是非♪

今回の4つの気質からイメージして創ってくださいました。


念願の親子キャンプができることを心から感謝しています。

みなさんありがとう☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年06月22日 22:08
nana&joeさん、まさゆきさん、みなさま。

温かいお言葉を頂きありがとうございました!

ご返信が遅くなりまして失礼致しました・・。m(__)m

みなさんが仰って頂いた様に・・先ずは、自分を許し、他者を許し、私自身の思い込み(観念)を取り払い、ニュートラルに人を観れるようになりたいと思います・・。

これからも、楽しみにメルマガ等を拝見させて頂きます!

今後とも宜しくお願い致します・・。(^^♪
Posted by タカヒロ at 2011年06月23日 15:56

Teaoさん

なおこです。
素敵な歌をありがとう!

こころが開いてく感じがしました☆

なおこ
Posted by なおこ at 2011年06月24日 23:32





今、このフォーラムに漂っている「静寂」

いいなあ~と思いました。みなさんがそれぞれの

本質を静かに見詰めて、多くのことを感じて

いるようのでしょうね。

私は、私の本質を見詰め続けていたら、言葉が

少なくなってきました。きっと、マインドが

おしゃべりを控えているのでしょうね。

さて、宿題の映画をやっと見る気になったので、

きょう蔦やへ行ってきます。
Posted by 悠々 at 2011年06月25日 13:36
-------------------------

今日、愛犬の散歩をしていて気がついた。

暑かった今日の日中、夕方の「そよ風」が気持ちいい。
そうか、夕陽って「火の塊」だったね。
もちろん河川敷には土も砂利もある「地面」を踏みしめる。
そして視線を上げると、そこには「水」 川が横たわっていた。

神さま、ありがとう。
.
Posted by Teao at 2011年06月28日 19:27
 
 
 
゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚

―――[扉∥・)久チラッ… 

       ススス。。。(((*_・ ・)_ [詩]
 

わたしたちが たくさんに わかれるまえ

すべてが まだ ひとつ だったころ

わたしたちは ただ 「 」 だった


「 」 から わかれて

火になり 水になり

風になって 地になった

たくさん たくさん ゆめをみて

わたしは わたし になり

あなたは あなた になった 


けれど いまも つながっている

すべての むこうの むこうがわ

おくのおくの おくのほう

もともとの もと

すべての みなもと

  「     」

みんな そこで つながっている

みんな そこと つながっている


ちかづき はなれて ただよって

つくって てばなす ゆめをみて

きらきら きらり ふわふわ ふわり

わかれて いるけど つながって

あなた と わたし 

いきて いる

あそんで いる 


   そんな きせき


゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆゚゚・*:.。.☆゚
 
 
Posted by iSpace at 2011年07月02日 19:08


こちら、ご無沙汰しておりました。nana&Joeです。;)

wakaさん

早速の素晴らしく詳細なレポートありがとうございます!
映画の方は、ここでコメントすると答えになっちゃうので、まだしばらく置いときますが

>猪突猛進なのがデフォルトなので

この、デフォルト(IT用語で、利用者が自ら設定を行わなかった際に使用される
あらかじめ組み込まれている設定値。「初期設定」「既定値」)
というとらえ方は、気質の本質をとてもよく押さえた表現だと思います。

ありがとうございます。

Posted by nana&Joe at 2011年07月03日 23:15

みなさんこんにちは 

セミナーのあと、「地」である自分の気質を素直に受け入れられず
フォーラム上で大騒ぎをしたまさゆきです(笑) 

その節には多くの方にあたたかいお声掛けをいただき
本当に感謝しています

「地」の気質である自分を受け入れることで、
「いつも明るく、強く、活発であらねばならない」
という思い込みから自由になることができました

無理をしたり背伸びをする必要がなくなったので
自分で自分を追い込んで苦しみを背負いこむ、
という長年くりかえした苦しみのパターンを手放せました。

そういう意味で、ものすごく楽になったのですが
本当の自分を受け入れたことで、自分らしく生き生きと過ごす毎日が
始まったかというと、残念ながらそうではありませんでした。

僕の前にもう一つの壁があったのです

その壁とは、思考の世界に居続ける習慣、
言わば、「思考病」とでもいうようなものです

いま、僕はその壁を乗り越えるための取り組みをしているところです

しっかりと克服するにはまだ時間がかかるでしょうが
少しづつ効果が表れているのを実感しています

この、思考の世界に居続ける習慣、「思考病」は、
僕一人のことではなく、多くの方に共通した課題かと思われます

皆さんの参考になる部分があるかもしれませんし、
みなさんからアドバイスをもらうことができるかもしれませんので

うまく書けるかどうかわかりませんが、僕が経験したことや、
いま取り組んでいることについて
数回に分けてフォーラムに書かせていただこうかと思います

興味のある方はどうかお読みください


Posted by まさゆき at 2011年07月06日 17:09

まさゆきです 個人的なことですみませんが追伸です

僕のことを心配し、メール等でご連絡をくださった方にたいして、
気分のアップダウンがあったのでお返事できなかったことがありました

GREENさん、悠々さん、つきさん、Teaoさん、スピカさん
その他ご心配してくださった皆さん、本当にありがとうございました

Posted by まさゆき at 2011年07月06日 17:26
 まさゆきさま

 『思考病』のこと、是非シェアなさってください。

 お待ちしています。

 Green

Posted by Green at 2011年07月07日 00:18

まさゆきです こんにちは

セミナーのあと自分の気質を受け入れた僕は、「いつも明るく強く活発でいなければならない」
という思い込みを手放し、肩の荷が下りました。
これからは無理や背伸びをせず自分らしく生きてゆこうと思い、
いつも心に張り付いていた焦りや気負いも消えました。

ところが自分らしく生き生きとした日々が始まったかというと、そうではなく
僕は無気力状態に陥り、毎日をダラダラと過ごすようになってしまったのです。

患者さんがいないときにはダラダラとインターネットをしたり考え事にふけり、
帰宅すれば翌朝の新聞配達があるのにお酒を飲み、
体もだるくなり、患者さんの診察や治療も面倒でいい加減になりました。

会社勤めをしていればこんなダラけた生活など許されないのでしょうが、
一人院長なので、監視する目がなく歯止めが利きません。

以前は、「しっかりしないと治療院がつぶれてしまう」という不安や
「いまのままの自分ではいけない」という思いが僕を駆り立ててきたのですが
そのような思いを手放した後、どうやって自分を駆り立てればよいのかわからないのです。

「人の悲しみに目を向けることが大切だ」とセミナーで教わったことを思い出して、
病気で困っている人のことを思い、医学書を出して読み始めるのですが、
休憩のときにパソコンを開きメールのチェックを始めると、
そのままダラダラとインターネットを始め、やがて目が疲れ肩も凝り、
パソコンだけでなく医学書も閉じてしまうのです。

Posted by まさゆき at 2011年07月08日 15:10

自分を縛るものがなくなると、僕の心はすぐに安易な方へ流れてしまうのです。
面倒くさい現実から離れ、思考の世界の中で遊びだしてしまうのです。

例えば行く予定のないハワイの高級ホテルのことをインターネットで調べて、
あっちのホテルにしようか、こっちにしようかなどと考えてしまう。
行く予定などないのにです!

とにかく心がいつも「ここ」にいなくて思考の世界に入り込もうとするのです。
そして思考の世界にいると、人と自分を比べたり、人にどう思われているのかが気になったりで
小さな自分、小さな「 i 」に自分の意識が戻ってゆくのがわかるのです。

瞑想をしても雑念が多く、深い瞑想に入れなくなりました。

不安が大きかった時には、不安こそが余計な思考の源だと考えていました。
セミナーで不安の根本にあるものに気付かせてもらい、それを手放せたのだから
心が「いまここ」に居易くなるはずだ、と考えたのですが、

実際には思考の内容が変わるだけで、思考の世界から出ることができない。
いや、出られないのでなく、僕自身が出たがらないのです。

その挙句に自分の意識が小さな「 i 」に戻ってゆき、
わかっていたはずのことまで分からなくなってくるのです。

そんな充実感がなく、楽しくもない日々を過ごしていてたある日、
このままでは再び自分のことが嫌いになってしまうと思ったのです。

だから、とにかく思考の世界から出ようと思いました。

思考の中にいる間は本当のことなどわからないし、本当の自分になることもできない。
だからとにかく思考の中から出よう、と。

長文読んでいただいてありがとうございました。続きます。

Posted by まさゆき at 2011年07月08日 15:17
 

 まさゆきさん

 Green です。

 拝読しながら、勉強しなくちゃいけないとわかっていながら、ゲームや携帯につい時間を使ってしまい、なかなか勉強に集中できない、何のために勉強するのかわからなくて勉強に身が入らないという子供たちとまさゆきさんが重なりました。

 まさゆきさんがその状況を乗り越えられた時のこと、その乗り越え方を知る事ができたら子供はもちろん、多くの大人の役に立つと思いました。

 みんな、多かれ少なかれ 怠惰に陥ることはあると思いますが、まさゆきさんが経験されたところまではなかなか行かないと思います。ですから、まさゆきさんの体験は、とても貴重で、説得力のあるものになると思います。

 どのようにその状態から抜け出されたのか、とても知りたいです。

 続き、お待ちしています。


 Green
Posted by Green at 2011年07月08日 23:11

まさゆきです こんにちは

思考の世界から出ようと決めた僕がやったことは、
目新しいことではなく、以前から知っていたことばかりです

知っていたけれどもしっかり取り組んでいなかったことです

まず最初に、「行うすべてのことに心を込めていねいに取り組もう」、と決めました

考え事をしたり、音楽を聞いたりしながらでもできる日常のことを、
ひとつひとつ意識しながらていねいにやる、ということです

雑巾がけをするときには、ていねいに絞った雑巾を
キチンと半分に折り、心をこめて拭く
つかった雑巾をていねいにすすぎ、キチンと広げて干す

洗濯したタオルを畳むときは、角と角をキッチリあわせて畳む

お茶を飲むときには両手で湯のみをもって飲む

殴り書きで書いていたカルテをなるべくていねいに書く

適当に突っ込んでいた新聞を、キチンと二つ折りにして郵便受けに入れる

そんなことを始めました。

なるべく短時間で楽に済まそう、という考えを捨て、禅寺の修行僧が
炊事や掃除など日常の雑務を作務という形で修行の一環として行なうように、
僕も一つ一つにていねいに取り組もうと思ったのです

ていねいに何かをすると、清々しい気分になり心が落ち着いてきます
この清々しさ、落ち着きを保ったまますべての物事に取り組めば
拭き掃除のような単純なことだけでなく、もっと困難なこと、

例えば、病気がこじれている上に気難しい患者の治療、といったような
事にも落ち着いて取り組めるに違いない、と思いました

Posted by まさゆき at 2011年07月09日 21:50

また、すべてのことにていねいに取り組む、ということは
すべてのものを、「大切なもの」「価値あるもの」として
取り扱うことだ、と気がつきました

掃除に使う雑巾、配達に使うバイク、お茶を飲む湯呑
いま目の前にいる人、そういったすべてを大切なものとして扱うのだと

そして、それは目の前のすべてが愛であるという認識、
すべてが神であるという認識へと繋がるものだと思いました


思考の世界に入り込むとは、心が「いま」でない「いつか」
「ここ」でない「どこか」に出かけてしまうことです

それは、いま目の前にあるものが大切なものだとは
思っていないからかもしれません

すべてを大切に扱うことで、すべてが愛だと認識できれば
心は「どこか」に出かけるひまなどなくなるのではないか、そんな気がします。

続きます

追伸:GREENさん、ひろこさん、励みになります、ありがとうございます
Nana&Joeさんがアメリカへ旅に出る前に書き終えるようがんばりますね

Posted by まさ at 2011年07月09日 22:07




まさゆきさん お久しぶりです。悠々です。

「いま」の捉え方が、気質の違いによって変わってくるのだということを、まさゆきさんのコメントから気づきました。

地であるまさゆきさんは、その一瞬一瞬を立ち止まって丁寧に見詰め直し、深く「いま」を感じ取っているように思いました。まさに、深く深く地中に入って行き「いま」に到達するがごとくに。

水である私は、「いま」も一瞬のうちに移り流れて行き、さっきの「いま」はもう存在せず、新しい「いま」に変わり続けるという感覚でいます。だから、無意識でいると、あっという間に何もかもが変化しているのに、自分だけが同じままという錯覚に襲われていたのだと思いました。

「いま」を丁寧に感じる続けることに、同じ思いでありながら、捉え方の違いがある。しかし、その違いは表面的なことであり、本質的には、まさゆきさんの「いま」も私の「いま」も全く同じもの。視座が違うだけのこと。気質が違うだけのこと。そこに人間の面白さがありますね。

貴重なコメントをありがとうございました。
Posted by 悠々 at 2011年07月10日 11:22
*


まさゆきさん、ほんとうにていねいなシェアをありがとうございます。

旅行中もコメントのアップはできますので、急がず、今のペースを保って書いてくださいね。

私たちも、続きを楽しみにしています。

Posted by nana&Joe at 2011年07月10日 15:46
まさゆきさん、こんばんは。

マインドスパイラルに陥るのは、マインドが今まで自分で体験したことのない変革を予知したからだと思います。

マインドはとても賢い。
どんな小さな変化であっても、小さい変化が積み重なれば、大きな変化になることを知っているようです。
敵は、小さいうちにつぶしておこう!というのが彼らの手段かな(笑)マインドも悪気はないんですけどね……。

しかしあの手この手で、状況が変わらないように罠を仕掛けてくる……。それがスピリチュアルの知識を引用してもです。昨日、私も引っかかりました(汗)びっくりです。

まさゆきさんの中で確実に変化が起こっている。
マインドの抵抗が強いということは、それはとてもとても大きなものではないでしょうか。
Posted by sophy at 2011年07月10日 20:15


 nana & Joe さま

 まさゆきさま

 こんばんは。Green です。

 今日は一日東京にいました。先ほど帰宅し、みなさまのコメントを読みました。
 まず nana & Joe さんのコメント、次に悠々さんのコメント、そして、まさゆきさんのシェアを読みました。

 私も『水』ですので、悠々さんが書いていらっしゃることはとても良くわかりました。そして、まさゆきさんは何をお書きになったのだろうと思いつつ読み始め、

>「まず最初に、「行うすべてのことに心を込めていねいに取り組もう」と決めました。」

 この一文を読んで、思わず " Ah..." でした。

 昨年の夏以来、目まぐるしく動き始めた私の人生、意識上でも行動面でもさまざまな動きがあり、イギリス行き、マウイ行きが決まって行く流れの中で、私が深く自覚し、そうありたい、そうしたいと思ったことが、「毎日をていねいに生きよう。」でした。日本にいることが、まるでイギリスとマウイに行く間の中継地点にいるように感じられてしまい、「ひとつひとつのことに心を込めよう。」と自覚したのです。

 まさゆきさんのシェアを読み終え、私が兄にしてほしいことがここに全て書かれていると思いました。
 まさゆきさんがここにいらしたら、抱きしめちゃうところです。(*^_^*)  私、本当にお気持ちわかります。

 長くなりますが、今度は私にシェアさせてください。

 ご存知のとおり、私の兄は宗教に走り、奇跡的にそのグループから抜けました。兄は今、家から遠く離れたところで、知人のお世話になりながら生活しています。
 
 5月の気質のセミナーに私が参加したのは、私にとっての『神の仕事』にどう取り組めば良いのか、その手がかりをいただけるのではないかと思ったからです。
 私の『神の仕事』は、兄を本来の兄自身に戻すことだと思って参加しました。そして、完璧なタイミングでセミナーに参加することができたことに感謝しました。

 2日目、<身近な人を『本来の自分』に押し戻す>シートを書きながら、そのシートを書き上げ、理解することが、私がセミナーに参加した意味だと思いました。『神からの贈り物』です。

 兄の気質が『地』そのものであることがわかり、兄にとって何がうれしいことなのかがわかりました。どうしたら兄を追いつめてしまうのかもわかりました。
 そして『水』である私はどう関わっていけば良いのか、どう言葉かけをしていけば良いのか、わかりました。

 本当に、気質のセミナーを開いてくださった nana & Joe さんに感謝しています。

 兄がお世話になっている方のところには、家族ではないのですが、仏教に深く帰依し、在家で得度をとった方がいます。兄は日々、その方と共に、その家の敷地の中で、まさゆきさんが書かれた

>「禅寺の修行僧が炊事や掃除など日常の雑務を作務という形で修行の一環として行なうように」 生活しています。

 私は、兄がいる環境は、兄にとってこれ以上ないありがたい環境と思い、感謝しています。前回兄を訪ねた時、兄自身が知人に心から感謝し、もうしばらくお世話になりたいとお願いし、居させていただいています。
 先日、「兄がご迷惑をおかけしていないでしょうか。」とご挨拶のつもりで言った私に、知人が言葉を濁しました。
 来週、兄のところに行ってきます。お世話になって3ヶ月。一つの節目なのかもしれません。兄に慣れが出てきたのか、何があったのか、、。
 私は、兄が、まさゆきさんがお書きになっているように、日々丁寧に、日常の雑務を作務と思って心を込めて行ってくれれば、それが社会復帰するための強力な基盤になると思っているのです。

 長くなってしまいました。

 まさゆきさん、私は今、楽しみにしているというより、是非お聞かせくださいという気持ちでいます。
 まさゆきさんの心の動き、行動面にどういう変化があったのか、なんでもお教えください。兄を支えていく上での貴重な教えになります。

 気質のセミナーから帰り、兄のこと、私の気付きをシェアしたいと思いながら、何を書いたら良いのかわからずにいました。でも、まさゆきさんの文章を読んでいるうちに、書きたくなりました。

 nana & Joe さん、メルマガ拝読しました。
 完璧にセッティングされたスケジュール変更、本当に神様からの贈り物ですね。お元気で充電なさり、パワーアップなさっていらしてください。お帰りになられるのを首を長くしてお持ちしています。

 I do love you.

 Green
Posted by Green at 2011年07月10日 23:11


☆.:*:・

おひさしぶりです。rinkoです。

まさゆきさんのシェアを読んでいて

やはり主人とどこか共通することがあるなぁと思いました。

主人も今は「ゆっくり丁寧に字を書く」練習をすることで「自己改革中」です。

何事にも「結果」を急いで求めたがる主人でした。
なにもかもが「雑」で「乱暴」なイメージでした。
私はあえてそれを指摘してきませんでした。
でもどうやら最近自分でそれを「変えよう」と思うようになったみたいです。

まさゆきさんと一緒のタイミングかな?
シンクロしてますね♪

つながってますから
きっと自分の変化は同じような状況のかたに伝わりますね♪

それがシェアするってこと、かな?


nanaさん、joeさん、遅くなりましたがおつかれさまでした!

メルマガも読みました。

ほんと!Greenさんも書かれていたけど「完璧なタイミング」。素敵なハプニング♪

お体に気をつけて行ってきてください!


わたしもまた、自分の気づきのシェアを
ブログやフォーラムでしていこうと思っています。

今はすっごくクリアでニュートラルな自分です。


まだときおり自分の中の「不安虫」がうごめくときもありますが(笑)


いろいろあっても
自分のスピードで自分のスタイルで
過ごしていこうとおもっています。

フォーラムの皆さま、nanaさん、joeさん、
どうぞ今後ともよろしくおねがいいたします。
(*^_^*)




Posted by rinko at 2011年07月11日 00:11

まさゆきです こんにちは

「すべてのことに心をこめて、ていねいに行う」ことで、心に落ち着きを
取り戻し始めた僕は、次に「感覚に意識を向ける」ことに取り組み始めました。

人間は、「考えること」と「感じること」は同時にはできないので、「感じること」に
意識を向けることで「考える習慣」から離れようというわけです。

これはNana&Joeさんがメルマガやフォーラムで時々言及する
ヴィパッサナー瞑想の手法でもあります。 
例えば歩くということを例にとれば、考え事をしながら歩くのではなく
地面を踏み締める足の裏の感触、あるいは規則的に動く太ももの筋肉の動きなど、
何か一つの感覚に意識をしっかりと向けて観察しながら歩くのです。 

これは生活のあらゆる場面に応用できます。
わたしたちは常に「いまここ」の情報を五感を通して受け取っているからです。
 
たとえ何もせずただイスに座ってしているような時でも、目には何かの光景が
映っていますし、耳には何かの音が入ってきています。
背中やお尻にはイスの感触が伝わってきています。

それら五感を通して受け取っている情報に意識をしっかり向けることにより
心を「いまここ」に留め置く、これがヴィパッサナー瞑想の手法です。

まず僕は新聞配達の時と、食事の時にこれを始めました。
新聞配達の時ならば、体に伝わるバイクの振動、聞こえるエンジン音、
頬に当たる風の感触、バイクを降りて歩く時の足底の感触などに意識を向けます。

食事の時ならば食べ物を口に運ぶ時の手の動き、咀嚼しているときの舌の動きや
味覚などに意識を向けます。
Posted by まさゆき at 2011年07月12日 15:56

感覚に意識が十分に向けられている時というのは考え事にのみ込まれることはありません。
ちらっと頭に浮かぶことがあってもそのまま流れ去ってゆきます。

感覚に向ける意識が十分でないと、考え事をつづけてしまいます。
考え事をつづけているのに気付いたら再び感覚に意識を向けなおします。

そして、感覚に意識が向けられていると、心に満足感や充足感のようなものが
感じられるようになります。
感覚の中にとどまり、精神が乱れないことによる充足感です。

わたしたちの心というのは常に刺激を求めるようにできています。
夢中になって何かをしているとき、心から楽しんでいるときには心は思考の世界に
入り込むことはありません。していることから十分な刺激を受け取っているからです。

しかしそのような刺激を受け取れなくなると、心は退屈を感じ目の前の平凡で
日常的な風景から離れ、より刺激的な「考え事」の世界に入り込んだり、
手っ取り早い娯楽を求めてテレビやパソコン、ゲームや音楽プレイヤーなどに
手を伸ばすのだと思います

感覚に意識が向けられることによる充足感を心が繰り返し体験すれば、

そしてそれが思考の世界に入り込むことで受け取る刺激や、
ゲームやテレビなどの娯楽から得られる刺激より心地よいものであることがわかれば、

心は「いまここ」に居易くなるのではないかと思います。

Posted by まさゆき at 2011年07月12日 16:04

悠々さんこんにちは、「いま」の捉え方が気質によって違うことは
僕も悠々さんのコメントを読むまで知りませんでした。興味深いです

sophyさん、マインドスパイラルの話、面白かったです
罠であると同時に、本当の自分を経験するチャンスなのかもしれませんね

GREENさん、お兄様もあなたも本当の自分を経験するための壮大な旅を
している勇敢な魂なのでしょうね。 あなたの魂の視座がお兄様が本当の
自分を思い出すためにきっと大切な役割を果たすことでしょう。
またぜひシェアして教えてくださいね。

rinkoさん、ご主人の直した方がよいと思われる部分を、あえて指摘せず
本人が気付くまで気長に待ってあげていたあなたは素晴らしいと思います
僕も人の意見に耳を貸さないタイプです(笑)
これからはそこも直したいです

NanaさんJoeさん、暑いさなかですがどうぞ体調に気をつけて有意義な旅を
なさってください。 お帰りをお待ちしています。

Posted by まさゆき at 2011年07月12日 16:41

♪。・:*:・゜

気質に関して、気付きがありましたので、シェアしたいと思います。

わたしは、気質で、他者を観察するということが当初全くできず
この、いただいた知識を実践でなんとか活かそう!と
頑張っていましたが、さっぱり上手く行きませんでした。

観察というのは名ばかりで、マインドの視点に降りてジャッジしていたのです。
そのことに、気がついて気質自体にさほど、こだわらないように
暮らしていたら、最近、<いつのまにか観察しちゃっていた>
ということが、何度か起こりました。
あれ?あの人、そういえば、あの気質かもしれない。。。
このような断定しない状態でいると、その人が、これでもかというくらい
ありとあらゆる方向から、証拠を山ほど出してくる感じです。

その感覚が、とてもあるものに似ていたので、説明します。
わたしは、6月にマントラを使った瞑想を伝授していただきました。
その瞑想法は、マントラ(音)とヤントラ(図形)を使った瞑想で
ハートにそれを響かせ共鳴させることで、瞑想を引き起こします。
マントラとヤントラは、最初の導入であり、あとは、何にもしません。
ただ、起きていることを眺めるだけです。

瞑想の伝授のように
nana&joeさんは、わたしに気質を伝授してくださった。
そんな感じがします。瞑想のように、リラックスしてのぞむと
うまくいく感覚があります。
そうすると、深い意識が、勝手に観察してくれるような、そんな
体験でした。

そうして、そういった経験ができてくると、タペストリーのように
どんどん糸が編まれていって、より、スムーズに観察できるように
なっていくような気がします。


ありがとうございます。
Posted by スピカ at 2011年07月13日 00:31


 まさゆきさん

 ありがとうございます。

 まさゆきさんご自身がとてもお変わりになったと感じます。特に、12日最後の投稿を拝読し終わり、そう確信しました。僭越を承知で、「おめでとうございます!」って言いたくなりました。

 とっても力強く、自信に満ちていらっしゃるように感じました。『判断』をお許しください。木で言えば、ぐんぐん成長して幹が太くなってきた、そんな印象です。

 来週、兄とお世話になっている方との面会が終わり、戻りまして、何か気付いたことがありましたらシェアさせていただきたいと思います。

 貴重な体験のシェア、本当にありがとうございました。

 Green
Posted by Green at 2011年07月13日 11:42
♪。・:*:・゜

Greenさん

お兄様のシェアありがとうございます。
Greenさんが変わられたことで、周りが変化していくという
実体験のシェア、とても貴重です。
宗教からの脱退で悩む多くの方々の支えになるでしょう。

続きのシェアを聴かせていただけること、楽しみにしています。

心を込めていまを生きる。

ありがとう☆


Posted by スピカ at 2011年07月15日 09:36

まさゆきです こんにちは

思考の世界から離れるために、ヴィパッサナー瞑想の手法を用いて
感覚に意識を向ける、ということについて書きましたが、
実践するうえでのコツと思われることを2~3書きたいと思います

まずはじめに、感覚に意識を向ける時は五感のすべてに意識を
向けるのではなく、一度に一つの感覚、それもできるだけ狭い範囲の
感覚に対象をしぼって意識を向けるのが良いと思います

そして、漠然と意識を向けるのでなく、積極的に感じ取ろうとすること
見えているという状態であったものを、意識的にみる
聞こえている状態であったものを、意識的に聴く
触れている状態であったものに、意識的に触れて感じる
と言ったことが大切だと思います

例えば町を歩く時、五感には様々な情報が飛び込んできます
目には町の風景が映り、耳には人の話し声や車の音が聞こえ、
鼻は様々なにおいを嗅ぎ、足の裏は地面を踏み締める感触を感じる
といった具合ですが

それらすべてに注意を向けるのではなく、どれか一つを選んで
そこに意識を集中して、積極的に感じ取ろうとすることです

足の裏を選んだ場合には、左右どちらか片方の足に意識を集中し
地面を踏み締める感覚を積極的に感じ取ります

アスファルトを歩く時とコンクリートの上を歩く時は感覚が違いますし
土の上、草の上、砂利の上、砂の上、それぞれみんな違います

上り坂を歩く時と下り坂を歩く時、ゆっくり歩く時と早く歩く時、
それらの違いに意識を向けて、積極的に感じ取ろうとするのです

聴覚を選んだ場合には漠然とすべての音を聞こうとするのではなく
何か一つの音に集中して耳を澄まします

例えば横断歩道で信号待ちをしている時は、信号機から流れる
視覚障害者用の音楽に隠れてしまいがちな、より小さな音

風の音や周囲の人の話し声など、何か一つの音に意識を向けて
集中して聞き取ろうとするのがよいと思います

Posted by まさゆき at 2011年07月17日 14:57

そして、もう一つポイントとなることは、感覚を通して感じ取ったことを
なるべく言葉に変換しない、ということです

例えば美しいものを見た時、それを「美しい」という言葉に変換すると
わたしたちの心は、目の前にあるものをデータに置き換えて
それ以上の観察をやめてしまうのです

花屋の店先でバラの花を見た瞬間、「きれいな薔薇だ」
とそのバラの美しさを言葉に置き替えてしまうならば

心はいま目の前に咲いているバラと、記憶のデータの中にある過去に見た
すべてのバラとを同一視してしまい、それ以上の観察をやめてしまいます

ですが、いま目の前に咲いているバラは、過去に咲いたどのバラとも違う
バラであり、その美しさも同じではないはずです

「きれいだ」という言葉に変換せず、感覚の中にとどまり、過去のどのバラとも
違う、「いま目の前にあるバラ」の美しさを感じ取るようにするのです

Posted by まさゆき at 2011年07月17日 14:58

GREENさん、コメントありがとうございます

僕は高校生の頃、ある宗教団体の信者になりました

その教団では、20世紀末までにこの世界に神の審判が下り、その教団の信者以外は
神の怒りに触れて滅ぼされてしまう、という教義を教えている団体でした。

この世の滅びを前に受験勉強などにうつつを抜かしている場合ではない、
と考えた僕は、高校だけは一応卒業しましたが、進学も就職もせず
この世の滅びから一人でも多くの人を助けるためにその教団の教義を
伝道する生活に入りました

周囲と数々のトラブルを引き起こした末にその教団と縁を切り、
それでも20世紀末のこの世の滅びを信じていましたので
その恐れから逃れるように自宅を出て他所の町で就職し
お酒など目の前の快楽に溺れる生活が続きました

あの宗教と出会わなければ、大学に行き大きな会社に就職して
もっと違った人生があったのではないか、と思ったりしましたが

神との対話を読み、Nana&Joeさんのセミナーに参加して
あの宗教との出会いを含むすべてが、真実に辿り着くために
必要なこととして僕の人生に起こっていたことに気付きました

GREENさんのお兄様の場合、宗教とのかかわりにおいて
僕よりもはるかに大きなドラマを経験し、
たくさんの苦しみを味合われたことと思いますが

味わった苦しみの大きかった分、真実に辿り着いたとき
大きな喜びと安心を経験なさることでしょうし、

その辛かった経験を誰か他の人を癒すために
生かすことができるようになるのかもしれませんよね

お兄様やあなたのご家族がお幸せであるように祈っております

Posted by まさゆき at 2011年07月22日 17:32

スピカさんこんにちは

あなたが書いて下さった、判断することと観察することの違い
とても興味深く読ませていただきました

気質のことに限らず、わたしたちは何事もすぐに判断しようとします。
判断するだけの材料がない場合でも、そのようにしたくなります。

それは、わたしたちのマインドが不安ゆえになるべく早く答えを
持ちたがるからかもしれません。

判断しようとせずにただ観察する。
そこに必要なのは全体に対する信頼、
神に対する信頼なのかもしれませんね。

Posted by まさゆき at 2011年07月22日 18:00
 

 nana & Joe さま
 
 まさゆきさま スピカさま ご心配くださったみなさま

 20日、21日に兄に会って参りました。そして、兄は、家族の元に戻って来ました。

 兄の所に行くのに、台風6号に向かって進むということになりました。 行きも帰りも周囲は心配しましたが、私は「私が乗る新幹線や在来線は絶対運休しないし、遅れない。」と信じることができました。
 ハワイから帰って来る時、私のフライトの前までが全て運休、遅延でも、私の飛行機は絶対大丈夫と確信していた時と同じ気持ちでした。今回のほうがその気持ちはちょっと弱いと感じたので、ハワイでの体験を思い出し、気持ちを高めました。

 どうして台風が来る時に行く事になったのだろうと、考えていたのですが、兄のところに行ってその訳がわかり、台風にも感謝しました。

 まさゆきさん、兄や私、私の家族に心を寄せてくださって、本当にありがとうございます。
 実は昨夜、私もまさゆきさんと同じように兄のことを考えていました。兄があの宗教グループと出会わず、教職を全うし、数千万の退職金を得ていたら、どんな人生があったのだろうって。そして、私たち家族はどう兄と関わっていたのだろうと。
 でも、考えながら、即座に、今起こっていることが起こるように全てがなされた、そしてそれが最善だったと思えました。

 兄に関わる出来事は、私にとって、家族にとって、確かに大きな試練でしたが、私には計り知れないたくさんの気付きと祝福が与えられたと、今、心から感謝しています。

 長くなりますので、改めて、私にどんな気付きがあったのか書かせていただきます。昨夜も、兄とのこと、私のことをノートに記録しながら、こちらの HP に何をシェアできるだろうと思っていました。まさゆきさんの投稿を読んで、こうして書く気持ちになりました。ありがとうございます。

 私もスピカさんが書いてくださったように、兄や私たちが体験したことをお伝えすることができたら、もしかしたら同じように苦しんでいる方たちがいらしたら、大きな励み、希望になるのではないかと、今は思えます。でも、兄が復活しなかったら、そうは思わなかったでしょう。

 兄は、宗教に関わる以前の兄ともすっかり変わり、まるで別人のようです。私は、兄が、苦しみを乗り越えて、本当の人生を生き始めたと感じています。
 お世話になっていた方々の兄との関わりがあったからこそ、そうなれたと思えます。家族だけでは無理でした。家族それぞれ、特に私自身、母に、課題が用意されていたと思うのです。
 周囲の皆様の支援、タイミングも、私たちの意思を超えて全てが完璧になされました。ただただ感謝するばかりです。

 今度は具体的に書かせていただきたいと思います。

 最後になって恐縮ですが、nana さん、Joe さん、お二人にもとてもご心配をいただいて、本当にありがたく思っております。おかげさまでまた一つ階段を上れたように思います。私も昨日から新たな一歩を踏み出そうという気持ちになっています。

 お帰りをお待ちしています。今度もスライドショーを見せていただけるのではないかと、楽しみにしております。

 Green
Posted by Green at 2011年07月23日 09:07

まさゆきです こんにちは

最近僕は、目の前の事に心を込めてていねいに取り組むことや、
感覚に意識を向けることを通して、思考から離れて心を「いま」に留め置く、
ということに取り組んでいますが

思考の雑音が心から消えて、「いまここ」にいることを実感する時もありますが
まだまだ思考にのみ込まれている時間もたくさんあります

ですが以前のように目の前のことに退屈してしまい、自分から思考の世界に
入ってゆくことはずいぶん少なくなりました

思考から離れて「いま」に留まるということは、言うは易く行うは難しで、
ニールさんのような著名なスピリチュァル・リーダーでも毎日瞑想の時間を
取って、本当の自分に帰る時間を大切にしているのですから、
それこそ一生をかけて取り組むべき重要課題なのかもしれません


さて、感覚に意識を向けることは生活のあらゆる場面で出来ることですが、
中でも一番楽しいのは食事の場面です。

食事は本来ならば一日のうちでも特に楽しいことのひとつですが、
多くの場合私たちは、食事の最中でもあれこれ考え事をしていたり、
あるいはテレビを見ていたりで、

楽しみであるはずの食事が、考え事やテレビ番組の背景と化してしまい、
しっかりと味わうことなく食事を済ませてしまっています。

ですが、「味わう」ということに意識を集中すると、
食事からはとても大きな満足感を得ることができるのです。


昨年の3月と9月のリトリートでは食べ物を使った瞑想を経験しました。
一粒のイチゴ、一粒のマスカットをJoeさんの誘導で10分以上もの
時間をかけて味わいました。

例えば目を凝らしてじっくりマスカットを眺めると表面にうっすらと白い部分があり、
その下の緑にも濃淡があり、皮を通して果肉のスジも透けて見え、とても美しい
ことに気がつきます。

鼻を近づけると甘さの中に酸っぱさがわずかに混じった香りがします。
指で押してみると、みずみずしい弾力感と適度にひんやりした冷たさを感じます。
手で持っていてマスカットが温まってくると香りや感触が微妙に変化するのがわかります。

実際に口に入れて食べる前にも、一粒のマスカットを観察するだけで、こんなにも
たくさんのことを感じ取ることができるのですが、もし意識をそこに向けなければ
マスカットは単なる緑の丸い粒にすぎません。

口に入れてからもすぐには噛まずに、舌触り、弾力感、香りなどを十分に味わってから
ゆっくりかみます。
歯が皮を破るプチッという感覚、溢れ出る果汁、口の中に広がる香り、甘さと酸っぱさ、
果肉のみずみずしさ・・・

あんなにおいしいマスカットを食べたのは生まれて初めてでしたが、
特別に高い高級品だったわけではありません。
このように、味わうことに意識をしっかり向ければ普段食べているものからも、
もっともっと多くの味わいを得ることができるのです。

Posted by まさゆき at 2011年07月23日 16:07

普段の食事では一口毎にこんなにたくさんの時間はかけれれませんが、
僕は一人で食事をする時には、口に食べ物を入れたら一度箸をおき、
目をつぶって舌の感覚に集中しながら一口づつ味わって食べるようにしています。 

このように食べると一口ごとに大きな満足感を得られますから、それほどたくさん
食べる必要がなくなり、2割ぐらいは食べる量が減ったと思います。

ですが、次の食事までお腹が減って困るということはないので、
きっと今までは必要以上の量を食べていたのでしょう。

つい食べ過ぎて太ってしまうという方は、一口づつしっかり味わって食べることで
食べ過ぎを防止し、体重増加を防げるのではないかと思います。

一口づつしっかり味わって食べると一度の食事に30分くらい時間がかかります。

日ごろ忙しくしている人は、時間がもったいないと感じるかもしれませんが、
おいしく食べて大きな満足感を得られる上に、味覚に集中することで
心の中の思考の雑音が静まり、心がとても静かになりますから
食事と瞑想を一緒にしてしまうようなもので、
むしろ時間の有効活用ではないかと思います。

また、よく味わって食べると、いま食べているものが、自分の体に良いものか、
そうでないのかがわかるようになります。
僕の場合、お酒やお菓子、肉やその加工品などはあまり欲しくなくなってきました。


☆しばらく休んでいたブログを再開いたしました
 肩の力を抜いてゆるゆると更新してゆくつもりです
 お時間あったら覗いてください

Posted by まさゆき at 2011年07月23日 16:11
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。tinkです。

無事ピクシーホロウキャンプ終了しました。

nana&Joeさんをはじめみなさま方のエール本当にありがとうございました。

キャンプがすんで感じている事をかかせていただきます。
・・・・・・・・・

キャンプを「ビジネス」という側面からみれば、募集人数を下回り「失敗」だったと捉えることができるかもしれません。

ですが、わたしにとってのキャンプは大成功でした。

なぜか・・・

キャンプを「個人レッスン」「子供たちをキャンプに出した」と考えれば出したお金に対して赤字という感覚はおこりません。

わたし自身が心から楽しみました。

AKINORIさんという素晴らしい方と出逢い共同創造できました。

キャンプのチラシや告知など沢山の方がわたしの想いに賛同し協力してくださいました。

自分の夢を形にできました。

ね!大成功ですよね(笑)(^^♪

・・・・・・・・・・・・・

今回の経験で
「起きた出来事」にはいろいろな側面があります。

自分自身がどの側面をみつめ自分の経験にしていくのか・・・
自分自身の選択によってどうにでも出来事の意味づけはできるのだと経験しました。

ほんとに楽しかったし充実した2日間でした。

みなさん、ありがとうございました。

ありったけの感謝をみなさまに!(^^)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by tink at 2011年08月03日 12:32

なおこです
ご無沙汰しています。

不思議なことがあったのでシェア&質問があります。

自分が水だって納得してから、とても生きやすくなっているのですが。
舞台芸術を狂おしいほどやりたい気持ちは、
一体どこからくるのかなって思っていたのです。

だって私は、ゆっくり寝る時間と、ゆっくり味わって食べる時間があれば、すっごく幸せを感じるのです。

だけど、やりたいことに、それが押し流されて
でも芸術をおろそかにしようとすると、ものすごい、「それはだめだ!!」って焦燥感が押し寄せる。

明らかに、自分の意思とは別のところから何かが来ているように感じていたのです。
最近はそれがひどくって、このままだと、わたしはこの世界で長持ちしないと思いました。

かといって、芸術はわたしにとって大切なこと。
わたしを霊性の世界に繋げて、この現実世界に存在させることを可能にしています。
全部手放そうとしたとき、わたしはこのまま死んでしまうと思いました。

でも自分の人生の長い期間、芸術に関わってからというもの、大抵ひどくバランスを欠いていたのです。

昨日、わたしは生まれてはじめて、先祖の霊が言っていることを通訳出来る人と話をしました。
その人の目はうそをついていないことは、わたしの魂が感じていました。

母方の祖母の兄弟で、戦死した人がいることは聞いていたのですが、その人は芸術が好きで、志半ばでなくなったそうです。(この一文を書きながら、わたしは胸が熱くなって泣いています)

一族の中でわたしを頼ってきていると。
わたしがしていることは鎮魂であることは、なんとなく感じていましたが、それは自分自身の魂に対してと思っていました。別の魂も一緒だったの?あ、魂ってひとつだから、その魂もわたし?前世?でも前世のアジェンダって引きずらなかったんじゃなかったかしら?

今月生まれ月なのですが、誕生日が近づくにつれ、エネルギーの変化と息苦しさを感じていました。その人が戦死したのは、わたしと同じほどの年だったそうです。

そのことを理解しただけで、胸の痞えは殆ど消えました。夏ばてかなと思っていたのですが。
ここに生きている人と同じで、理解するだけで浮かばれた気持ちになっているような気がしています。

死んだら神と一つになるのに、無念とかって残るのでしょうか?『神に帰る』も何度か読み返したのですが、死の第二段階は数年かかるといったことが書かれていたと思うのですが、わたしに影響している魂は、ここにいるのでしょうか?

通訳してくれたその人は風水の先生で、風水には今まで全く興味が無かったのですが、この夏に勉強することになりました。鎮魂して、わたしの人生を取り戻すためです。芸術に対する情熱や考え方が変わってしまうかもしれないのは惜しいですが、もうずっと機能しておらず、今向き合わなければならないようで。

わたしの先祖の多くは悲しみの歴史で、先祖の影響もあると言われ、そんなこともあるんだなと思ったのですが、nana&Joeさんはじめみなさんは、そんなことってあると思いますか?そんなこと考えたこともなかったので。今その先祖の歴史を変える責任も背負っていると。ただ、本当の役割は、それを超えたところにあると。

意識していなかっただけで、霊的なところに飛ばないと説明できないことが、このところよく起こります。
Posted by なおこ at 2011年08月10日 10:25
*

なおこちゃん、答えは自分の中にしか見つからないよ。
12月のソウルロジックか、Eコースをもう一回やってごらん。

Posted by nana&Joe at 2011年08月11日 14:52
なおこさん、こんばんは。

私ももう3年程、人形を創りたーいと言いつつ、思いつつ思うようには行っていません。

今も、作ろうかな~とすると、そのタイミングで邪魔が入るなり、タイミングが合わずにいろいろと逃したりしている状態です。

うーん、でも捨て切れない。
執着だと思い、これはもう切らなければと決心するものの、なんでしょうか?魂が分裂するほど苦しく感じます。(おかしい表現ですが)

やることもできず、だからといって手放すこともできず、現状保留のままです。

こういうとき、前に進もうとしても駄目なことが分かっているので、時を待とうと思ってます。

私も占い(風水)の方に見てもらったことがありますが……。
心がもやもやしているときの鑑定は、私の経験上お奨めできません。
迷うからです(そして私も迷いました)

自分で決めること、思うことの手綱が他人に握られてしまうからです。

占いの方は職業ですので、自分の見ているものに自信があります。

となると、どんなに事実を言っていたとしても、どうしても占うかたの主観が押し付けられてしまいます。

自信の無いときに、突きつけられると流されてしまいがちです。


気になったのは
>今その先祖の歴史を変える責任も背負っていると

もし、ワンネスの考えからしたら、ちょっとこれは……苦しくないでしょうか?

自分の人生が上手くいかなかったので、じゃあ子孫に託します………………。

私なら自分の人生は自分で責任を取ります。子孫は子孫の人生がある。私は押し付けたりなんかできません。なおこさんはどうでしょうか?


*続のコメントはライフワークの創造に書き込みます。
Posted by sophy at 2011年08月11日 21:05

わかった。やってみる。
また来ます。
Posted by なおこ at 2011年08月11日 22:24
なおこさん、悠々です。

私が「神との対話」にめぐり合った時、一気に私の孤独感が消えました。その孤独感は何処から来ていたのかがハッキリ判ったからです。それは、私の過去のことや、私の一族の過去の出来事に、悲しみや罪の意識や、劣等感などで脚色し、自分に都合の良いストーリーを創り上げ、ネガティブなヒロインを演じていたことから来ていたのでした。

私にまつわる全ての過去は、ただのデータでしかないことを、ニールに教えてもらったおかげで、私の孤独感は消えたのです。

なおこさんのご先祖のあり方を悲しみの歴史と意味付けるより、起こった事実をニュートラルな視点で眺めて見てはどうでしょうか。
事実を、データ化することによって、深すぎる感情のベールが取り払われ、ご先祖の真の姿が見えてくるのだと思います。

その真の姿が、なおこさんに素晴らしいエネルギーを与えてくれるのだと思います。
Posted by 悠々 at 2011年08月13日 07:23

なおこです。

Eコースと12月のワーク、一通り復習してきました。

sophyさんまったくその通りだと思います。

自分なに混乱してたんだろうって、以前だったら、けちょんけちょんに自分を貶すところですが、情にすぐ絆される自分も嫌いじゃなかったりするのです(汗)困るのでもうやめますが。。。

悠々さん
ありのままですね。なぜそうなったか、わたしにはわかりませんが、きっとそのときカンペキなことが起こったのですね。全てわたしに繋がるまで必要なことだったと。

なぜ先祖が助けを必要としてくるか(わたしは今そうは思っていませんが)説明する人の話を一昨日聞いてきました。
それによると、わたしたちは体の行動を通して魂を成長させるから、肉体が無くなった先祖が自身を成長させるには、生きている子孫を頼るしかないのだとのこと。
愛の世界で周波数の高いところに行った人たちが、どうしてそうしなければならないのか質問したのですが、それに対しては答えてもらえませんでした。

そこに紹介した知人も(会う約束した前日に、セミナーに行きましょうと言われたのですが)わたしたちは犠牲の上に、生きていると。

わたしは犠牲の世界を選択しない。
ただそれだけなんだなって分かりました。

で、もういきませんってメールを知人に丁寧に送ったら
それはこうだと思う、ああだと思う(つまり、わたしたちは不完全な存在だから、自分の判断だけでは間違ってしまい。その人と先生を信じて、真実はときに不愉快になるけれど)というメールの応酬になり、

あ、この人「火」なんだ。

水の自分のが反転しそうになったときに気づき
そしたら、ガツンと熱いメッセージだ!!

「誰に信じてもらえなくても
私は自分を信じています。
それ以上に誰かを信じろ言うのなら、
わたしは命がけで押しのけます」

このメッセージを自分から発信するために
このことがあったんだな。

このメールで「承知しました」となりました。

最後は、素質の補講となりました。
Posted by なおこ at 2011年08月14日 22:54
なおこさんへ

あなたも、大いなる存在としっかりと繋がったプロセスの中にいますね。

今回のことは、なおこさんが次のステップへジャンプするための、大切な経験でしたね。

一歩一歩、ぶれないなおこさんへなりつつある。

すべてが、良いことである。

本当に、そうですね。ありがとう。
Posted by 悠々 at 2011年08月15日 10:07

悠々さん

こちらこそありがとうございます。

ぶれても、そんなに落ち込まなくなりました。

そうやって成長していくのは自然なことかなって、思いはじめています。

なおこ
Posted by なおこ at 2011年08月16日 22:52



なおこさん、そうなんですよね。

私も、自然なことが見えなくて、焦っていた時期が長かったです。

何が自然で、なにが不自然なことなのか、そのことが判るようになると言う事も、魂が進化するということのひとつでしょか。
Posted by 悠々 at 2011年08月17日 23:51
なおこさん


>「誰に信じてもらえなくても
>私は自分を信じています。
>それ以上に誰かを信じろ言うのなら、
>わたしは命がけで押しのけます」

素晴らしいメッセージです!!

シェアをありがとうございます。
Posted by sophy at 2011年08月18日 08:36