Neale’s インスピレーション!

メルマガ購読・解除
 

 

音声セミナープレゼント!

 

ニールと一緒に読む「神との対話」①

(日本語同時収録/音声ファイル)

3分   

 

「変われば、変わる」

ニールの最新のセミナーから

重要なポイントを凝縮!

(日本語字幕/音声ファイル)

15分

ニケです。

Greenさん、つきさん、ごめんなさい!

マスタークラスの「愛のDoing」が全く想像できなかったので、
安易に「自己犠牲」という表現を使ってしまいました。
特にnanaさんやニールさんの教えを踏まえての発言ではありません。
まだここで発言するのは早い初心者なのです、ごめんなさい。

今現在「私が犠牲になっている」という状況ではないのです。
ご心配をおかけしてすみません。
目下の悩みは
「気づきラッシュでパニックになっている」
「いつまでこのレベルの気づきは続くのか」ということなのです。

皆様に与える影響を配慮せず、
不適切な表現を使ってしまい申し訳ありませんでした。

※先日のリトリートで、
様々な障害をクリアして希望する職業につけたのに、
最近「自分は犠牲になっているのではないか」と何故だか思うようになり
苦しんでいた方のシェア?セッション?がありまして。
それが印象に残っていたのも「自己犠牲」という表現をしてしまったのかもしれません。

Posted by ニケ at 2010年09月25日 23:51


ニケさん

あぁ?謝らないでください。(^^ゞ
でも安心しました。(^_^)

気付きのラッシュなんて素晴らしいじゃないですか?!
じっくり体験しませんか?

ニケさんのお名前の由来、
以前nanaさんがすこし書いておられた記憶があるのですが
もしもギリシャ神話のニケならば
航海の(安全をまもる)女神ですから
わたしたちの気付きの航海をともに旅する女神として
現にわたしの気付きを深めてくださっている、
なんだかとても素敵だなっておもいました。

どうもありがとう!
Posted by つき at 2010年09月26日 00:12
*nana&Joeさん

ドキッ! ば、ばれた~!? ヤッター!!(品がなくてゴメンナサイ。)
気持ちを汲み取っていただいてありがとうございます。(一応、実話です。)

*つきさん

コメントありがとうございます。
特に、身体的な状態(反応)は、おっしゃるとうりだと思います。

 ・(自分が)感情に居る時=緊張状態(ガチガチ・・など)

 ・Feelingに居る時=リラックスしている状態(はあ~楽やわ~、なんか気持ちええわ~・・など)

また皆さんの意見を聴いてみたいです。
ヨロシクです。

Posted by ドンマイ at 2010年09月26日 00:55

 おはようございます。 Green です。

 ニケさん、謝る必要はないですよ。つきさんもコメントしてくださいましたが。(^_^)

 自己犠牲を自分に強いて、罪悪感をもって生きている人たちがなんて多いのだろうと感じています。
 昨夜も、久しぶりに連絡がとれた友人が、深刻な病状を抱えているとわかりました。自己犠牲と罪悪感が彼女の体を蝕んだ、、、と話を聞いていて思いました。
 
 Green
Posted by Green at 2010年09月26日 10:09
*Greenさん、つきさん。ニケです。
 
お二人のコメントのおかげで、
・BeingやDoing、その他、学んだことをまだ自分が消化できていないこと、
・理解できても実行しようと決心していないこと
を再認識しました。有難うございました。

ようやく「とにかく今は教えていただいたツールを使って自分の課題に対応してみよう。私が望む状態は『許し』・『穏やかさ』・『満たされている』こと。焦る気持ちを抑えて身を委ねるのみ。」という心境になりました。有難うございます。


*nana&Joeさん、
私の質問には勘違いが含まれていて、どこからどう説明したものやら悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?リトリートで教えていただいたことへの質問という形をとって、結局自分の悩み(変化が小さいことへの焦り)を相談していたのだと気づきました。申し訳ありませんでした。
「私は許しである、平穏である、満たされている、愛である」と今ここで改めて宣言し、変化の速度は魂にお任せすることにします。、訪れる対極には教えていただいたツールを角度をかえながら試していきます。有難うございました。

自分の質問の落とし前をどのようにつけたらよいかと悩んでいます。
「解決しました、もう結構です」というのも失礼なので、質問を私の言葉で書き直したほうがいいのだろうかとも思いましたが、このフォーラムにあっていないと思うのでやめました。お騒がせして本当に申し訳ありませんでした。
Posted by ニケ at 2010年09月26日 15:13


ニケさん

tinkと申します。

>自分の質問の落とし前をどのようにつけたらよいかと悩んでいます。

悩まなくていいんです。

ニケさんが勘違いが含まれた質問と思っていらっしゃるけど、それも今ここで必要な勘違い。

ニケさんにとって悩みのタネかもしてませんがこれも完璧。

大丈夫です。


>このフォーラムにあっていないと思うのでやめました

それはニケさんが想うだけでしょ。もしそんな質問ならnana&Joeさんが判断されて対処されること。

でも、わたしは、どんな質問、問題でも、

このフォーラムにあっていないものなんてないとおもっています。

ニケさんがこうしたいと思う方法で進めてくださいね☆

Posted by tink at 2010年09月26日 15:55
*


ニケさん、落とし前なんかつけなくていいんですよ。(笑)
みなさんの気づきに、大きく貢献しているとおもいます。ありがとう。

>変化が小さいことへの焦り
と書いていらっしゃるけれど、クレヨンワークからの変化だけでも、
素晴らしいものだと思いませんか?
(それを確かめるために、相手の方まで出張させちゃうのもスゴイね!)

Being「在り方」を設定して宣言すると、(酔っ払いのおじさんのように)
それを経験するチャンスが必ずやってきます。

実は、これが「変化を速める」一番の方法なのです。
チャンスはどんどん来ますよ!


自分がもっともっと大きいことに気づいたニケさんのマインド君が、
ものすごく張り切ってがんがん前に進もうとしているように感じます。

でも山登りは、頂上に立つことだけが目的じゃないでしょう?
途中の道、周囲に咲く花や涼しい影をつくってくれる木々や、
小鳥の歌や、湧水の冷たさや、遠くの山々の眺めを楽しんで行きましょう。

ニケさんがフォーラムに来てくれて、とっても嬉しいです。
コメントが役に立つかどうかなんて考えなくていいです。
ニケさんの存在自体が、愛のエネルギーなんだから。
これからも気軽に来てくださいね。

ありがとう。

Posted by nana&Joe at 2010年09月26日 16:21

____________________________________________________________

みなさまこんにちは milyです。


tinkさん お久しぶりです~(笑)
2日間を通じての最初に手を上げて体験をシェアしてくださったのがtinkさんでしたよね。
あのおかげで、「ああここはこ~んなに安全な場所なんだ~」って
よりオープンになれたのは私だけではなかったのではと思います。
大先輩~ これからもよろしくお願いします!

つきさん
ありがとうございます(*^^*)
シェアすることって本当にステキなことですね。

読んでいただき、コメントいただいたことで私の中にもまたあたたかいものが生じて、

なんというのかなあ、うまく表現できませんが、

神さまの庭であるこの地球は、
どこか外に、自分が肯定的に受け入れられる安全な場所があるのではなくて、
愛と光があふれるスペースはいつでも内側につくれるものなんだなあ、
そういう人がいるところが、
誰もが自分も神であることを思い出せる場になっていくんだなあ…と感じました。
(つきさんの、あのラーメン屋さんのお話最高でした!)




さてさてえーっと、

感覚(feeling)と感情に関してなのですが、

そもそもそのお話は、

_________________________________________________

日本で、「わたしたちが魂の存在として生きるには
何をよりどころにし、何を指針にしていったらよいか」が語られるときに

「感情が魂のことは(感情に従いましょう、感情に意識を向けるといいですよ)」というようなことが言われるけれど、

英語でもともと使われていた言葉は「feeling」であり、

「feelingは魂の言葉」
(日本語に置き換えるなら「感覚は魂の言葉」という訳)が本来の意味。

(翻訳された当時はfeelingを感情と訳した方が日本人には伝わると判断された)

「感情」は英語では「e-motion」=エネルギーの動き であり、
魂のことば というよりは、マインドの言葉。

feeling は (動きではなく)そのまま  ・・・
_________________________________________________

というご説明からはじまっていたと思います。


なので、 ドンマイさんからのご提案は、
どんな感じがするときにそれを「魂の言葉」ととらえたらいいのかについて
フォーラムで、皆さんが感じていることをシェアして理解を深めていけたらいいだろうということ、

「これは魂の言葉だ」とわかるコツをつかむために、
「私は魂の言葉はこんな風に感じるよ」というのを
その方なりの多様な表現で聞いて(読んで)みたい、


一方で、
こんなときは、魂の言葉というよりは「マインドの言葉」
(からだの存在として生き延びることが目的)だから
あんまりそれを大事にしようとして振り回されたり惑わされたりしない方がいいよという対比も理解の助けになる  

そういう理解で、

感情=マインドの言葉であり魂の言葉ではない はこんな感じ
   またそれは、どんな状態・状況…で感じやすいか

感覚=feeling=魂の言葉 はこんな感じ
   またそれは、どんな状態・状況…で感じやすいか

こんな整理の仕方で皆さんにお書きいただくのがわかりやすいのではないかと思いました。


ちなみに、
『恐れというfeeling =「これは違う、あるべき私じゃない」』というメモが残っています。
(「恐れはfeelingではありませんよ」という説明ではなかった。)

もう一つちなみに、女性ながら消防士さんになられた方の神との対話のシェアでは、
「自分をケアしていないんじゃないかと言い出すのはマインド。
 尽きるものではない、愛を流しているだけ、与えれば与えるほど大きくなる」とnanaさんがおっしゃっていたメモが残っています。

わかりにくいかもしれないけれど、どうかおくみとりくだされ~
Posted by mily at 2010年09月26日 16:30

ニケさん こんにちは mily と申します。
(お顔と結びついていなくてフォーラムではじめましてな状態で、勝手な推測が混ざっていてますが失礼いたします!)

今日ちょうど、

他の方に対しては心から尊敬してポジティブに評価できるのに
自分のことはすごく卑下してネガティブな裁きを下してしまうの人に対して、
『自分自身もお友達のひとりなんだ』って考えてみたらどう? とアドバイスしている文章を読んで、ニケさんのことを思い出しました。

ニケさん、とっても誠実なお人柄なんだなって感じます。
もしニケさんが、ニケさんのお友達だったら、
きっと「いいんだよ~、気にするなよ~」って気遣って励まされるんじゃないかしら?

そんなことを考えていたら、
そもそも愛のBeing が 愛のBeing自身を否定するなんてあ・り・え・な~い♪ 
いいこと気づいちゃった~♪ って嬉しくなりました。
だって私も、元々すっごく自分を否定するタイプですから~

ここに投稿するのもコワゴワですが、
チャンスを与えてくださってありがとうございます。

お友達のニケさんをどうぞ大切にしてさし上げてくださいね。
お友達のニケさんにもどうぞヨロシク!
Posted by mily at 2010年09月26日 17:10

二ケさん
ありがとうございました。

簡単に質問するべきではなかったと、
反省していましたが、
すごく、詳しくシェアして下さって
本当にありがとうございます。

質問して時点では、
子供が、お絵かきしている時に
一緒にできればいい・・ぐらいに
考えていたのですが、
ちゃんと、誰にも邪魔されずに一人になれる
時間を作って、
やってみたいとおもいます。
きちんと、向き合います。

nanaさん、ご配慮ありがとうございます。
きっと、nanaさんjoeさんの誘導と
皆さんがいらっしゃる場のエネルギーが、
大切な条件なのだろうなと、
後から気付きました。

一人でできるかどうかわかりませんが、
二ケさんが体験されたように
出来事への見方が、少しでも進化していけるように、やってみます。
また質問したらよろしくお願いします。

ありがとうございました。

皆さんのリトリートの体験談に
圧倒されています。

セミナーなどには、まだ、参加したことの無い私・・だいじょうぶか~??
と、底の方で天井を眺めて、あそこに届くのか~?
と、そんな、気分でいます。

でも、すごいエネルギーと愛を
シェアしてくださって、ありがとうございます。
Posted by ネロリ at 2010年09月26日 17:37

自宅学習組、sophyです。ニケさん、シェアをありがとうございます。早速やってみました!!

このやり方で、いいのか?怪しいところですが…… ぐるぐる色を重ねてます。まあ、いっか。(楽観)

前のアルバイト先をクビになった経緯とか、言われた言葉とかを思い出して、クレヨンでグルグル描きました。

方法を読んだときに、二つめの円を描くときに、汚い色になったら、マインドが出てきている――とうことを信じませんでした。

頭の中で、だんだん綺麗な色になって行くと想定しているなら、そんなことをしないだろうって。

しかししかし、出てくるんですね~。この野郎って……。うは~。(驚愕の声)

最終的に切り取った円に、言葉が浮かびあがったので、紙裏に『思いやり。愛』と書き込みました。(これは自己流ですね~書かずにはいられなかった)
自分が傷ついたように思っていた出来事は、『思いやり・愛』が本当の意味だったのですね~。

その仕事をやめたから、こちらのフォーラムに繋がれたのだし!!魂さん導いてくれてありがとう!!

そしてそして、ネロリさん。質問してくださってありがとうございます!!

しつこいですが(笑)、ニケさん!!
ありがとうございます。感謝。
Posted by sophy at 2010年09月26日 19:36

*tinkさん、 ニケです。
「落とし前」をつけなくて良いのですね(^_^;)
勘違いも必然、それについて悩むのも私の必然・・・。
そうでした、私のBeingのひとつは「許し」でした。

*nana&Joeさん、
フォーラムへの書き込みは緊張しましたが、勇気を出してよかったです。
皆さんからパワーをいただき、今、穏やかな気持ちです。
リトリートに参加する前は「真実に気づいたら、これまでの障害は消える。
敵や危険が潜んでいる場所を察知して回避することができる」と思っていたようです。
リトリートの一日目、nanaさんから「Beingを設定して宣言すると、それを経験するチャンスがどんどんやってくる」と伺った時は本当に驚きました。
つい結果を急いでしまいましたが、チャンスが訪れた時の対処の助けになるツールを教えていただきましたし、頂上までの途中の風景を楽しみますね。有難うございました。


*milyさん、
・確かに!私の友達に「ニケさん」がいたら励ましています。
今まで「自分を許す」時は「自分の中の小さな子供」をイメージしていたのですが、「友達のニケさん」の方が客観的に捉えやすくていいですね。気づかせていただき、有難うございます!
Posted by ニケ at 2010年09月27日 05:45

* sophyさん、ネロリさん、 ニケです。

クレヨンワークの件、お役にたててよかったです。
実は前回の説明に対して補足しようかどうしようか迷っていたところでした。

● sophyさん。
 「ぐるぐる色を重ねて」というは「最初の線の上に次の線を上塗り」されているのでしょうか?
同心円を描いてくださいね。イメージとしては「玉ねぎを輪切りにした切り口」です。
最初の線は玉ねぎの一番外側。最後に残る「愛である状態」は玉ねぎの芯の部分・・・。
色の選択は各個人のfeelingなのでsophyさんのfeelingでよいのだと思います。
最終的には『思いやり。愛』を確認なさっているので「このやり方で、いいのか?」と
心配なさらなくて大丈夫だと思います。

● ネロリさん。
・3月のリトリート(←私は不参加)のフォーラムでこのワークのことを読んだ時、私も具体的に教えて欲しいと思いました。数ヶ月前の私の欠乏感を埋められる感じがして嬉しいです。
・さて、このワークはnana&Joeさんの誘導や、他の人のパワーがなくても大丈夫ですよ。
上でnanaさんが書かれたように「プロセスの中で、しっかりフィーリングを感じ取ることが大切」なので誘導は必要ないのです。
・色や線をどう選ぶかよりも、最初の線を描いている時に感じる心や体の状態と、次の線を描いている時の心と体の状態の違いを感じることに集中するのがポイントだと思います。


*** 以下、「感情=feeling(魂の感覚)+マインドの分析+過去のデータ」について書きます。
・ ある出来事(=外からの刺激)を受けると

・ 「feeling(魂の感覚)」を感じます。
(feelingには「怒り、悲しみ、羨ましい、愛、恐れ」という5つほどの種類があり、
それらは元々「愛」から分かれたもの。
元々が「愛」なので「悲しみを感じながら幸せでいる(=愛である)ことは可能」であり
「怒りを感じながら幸せでいる(=愛である)ことは可能」なのだそうです)
*何か例があるといいのですが・・・ニケには良い例が思いつきませんでした。

・ feeling(魂の感覚)に対して「マインドの分析」と「過去のデータ」が加わると、
「感情(emotion)」が生じ、それを経験することになる。

「マインド」は、魂の器であるところの肉体を維持することが目的。
サバイバルが目的なので、肉体を守れれば魂にとって幸せなことか
どうかは気にしません。それゆえ魂が「愛を分かちあいたい」と思っていても、
「人に分け与えると損だよ」とか「お金がある方が幸せだよ」と分析し、
それに見合った「過去のデータ」をひっぱりだします。
こうして「feelng」に「マインドの分析」と「過去のデータ」が加わると、
「感情emotion」が生じ、その感情を経験することになります。
例えば、
 ・ある人を見た時、
   それにより感じる「feeling『羨ましい』は、
   「改善(あのようになりたい、という変化)」へつながるfeeling。
   これにマインドの分析や過去のデータが加わると「嫉妬」になります。
 ・「愛」にマインドの分析や過去のデータが加わると「独占」になります。

***
クレヨンワークは、この「マインドの分析、過去のデータ」をはがし、
魂の感覚である「feeling」を感じるワークなのだと思います。

以上です。
Posted by ニケ at 2010年09月27日 05:47
*********************************

ニケさん、藍色です

素敵なシェアに感謝です

なるほど~って感心してました

ちょっとニケさんとシンクロを感じたんですよ

おととい テレビでクイズタイムショックというのを

見てたんです

めったにクイズ番組なんてみないのに

そしてそのクイズに

女神の像が写真に写っていて

この女神の名前は????

イッケ・ニケ・サンケ

思わず藍色は ヨンケと答えてしまっていたんですが(笑)

ニケが正解でした

その写真の像は船の先端に取り付けられていたものだったんですね

そして航海を司る女神だということ

ふっと前に書かせてもらった 

大海原を渡る帆船のスートーリーともリンクして

面白いなあと思っていたら

ニケさんの素敵なシェアリング これってシンクロ間違いないでしょ(笑)

ってことで、まったく関係ないコメントですが

書かせてもらいました(笑)

ありがとう
Posted by 藍色 at 2010年09月27日 10:14


 

 

藍色さん

 おはようございます。

 素敵なシンクロですね!
 私も、ニケさんのお名前についてのつきさんのコメントを読みながら、藍色さんのストーリーのことを思ってました。
 (^_^)

 緑

Posted by Green at 2010年09月27日 10:23

******************************************************
milyさん 藍色です

最初の輪を皆で作ったときに

手をつないだのはmilyさんだったんですね

そっかあ つながってるなあ

2日目はちゃんと横に座ることになって

7月の引き寄せでお互い知っていたことを確認できたし

つながるつながる どこまでも!

みんな大海原のひとつひとつですね(笑)

ありがとう

Greenさん

Greenさんもあのストーリー思い浮かべてくれてたんですね、ありがとう!

ここの波動すごいですねぇ、勇気を持て参加している人も、読んでいる人も、みんながここの波動を高めているんだなと実感してます。

ここにいちゃあ、いつまでもさなぎじゃいらんないですね(笑)

***************************

Posted by 藍色 at 2010年09月27日 11:32

 藍色さん

 ありがとうございます。

 自分の人生でも、ここでも、本当に『繋がり』を感じています。

 nana & Joe さんが藍色さんのHPについてコメントなさっていましたので、お邪魔しました。
 風情があって素敵ですね。

 私もブログを立ち上げてそこに詩を載せる宿題(自分で自分へ出した宿題)があるのですが、、、(._.) 手つかずです。(>_<)

 Green
Posted by Green at 2010年09月27日 11:53
*


ニケさん、

>リトリートに参加する前は「真実に気づいたら、これまでの障害は消える。
敵や危険が潜んでいる場所を察知して回避することができる」と思っていたようです。

さすがニケさん、ご自身の観念をきちんと掘り出しましたね!

・・・うん、こう思って生きていたら、
とても「リラックス」なんてできなかったでしょう。では今から、

「真実は私の中にあるので、それを経験するチャンスはどんどんやってくる。
天使やギフトが現れるたびに、魂の目的、喜びを感じて生きることができる」

というように、意識的に書き換えしてみてください。

先日のご質問・疑問点にも、つながると思いますよ。

***

クレヨンワークについて。

(ニケさん、明瞭なご説明ありがとうございました。感謝!)


今回のリトリートでは主に、feelingを経験していただくために用いたワークですが、
同じクレヨンワークを誘導や解釈を変えて、違う目的(例えば許しのワーク)に使うこともできます。
基本形は、「愛だけがある」というスピリチュアルな概念を、自分の体験にするものです。

ご自分でやってみるなら、別に間違いということはありませんから、自分なりの解釈でなにか感じられたら、それでOKです。
パートナーと(けんかした時など特に)やってみるのも、おススメです。

*ただし、年齢にもよりますが、子どもには、ワークとして使用しないでください。
子どもは、内包している世界、自我の在り方などが違うので、大人のためのツールやワークを安易に当てはめることはできません。

もちろんクレヨンをつかった自由なお絵描きはたくさんさせてあげたいものですが。



Posted by nana&Joe at 2010年09月27日 12:48

>でも山登りは、頂上に立つことだけが目的じゃないでしょう?

身にしみるぜ。
Posted by naoko at 2010年09月27日 22:51

ソフィーさん
naokoです

ありがとうございます。
こちらこそ、胸がいっぱいになりました。

そんな風に見てくださるソフィーさんの中にも、
同じものがあるんですね。

わたしへの「ちゃん」付けは全面解禁ですよ(笑)
Posted by naoko at 2010年09月27日 23:01
ニケさんのおかげで、それに対する皆さんのコメント読ませてもらって、気付きをもらえました。

わたしも、ニケさんと同じようにそのことを考えてました。

「愛ならどうする??」で、どの選択が愛なのかわからなくて、自分がしたいことや、聞くのが嫌な話、を我慢して 人のためになるであろう態度や生き方をしたほういいのか考えてて、nanaさんに質問したら、自分がどう感じるかを、大切にしたらいいって、答えてくれました。


もし、私のために私の大切な人が、我慢しながら私のために生きてくれるよりも、やっぱり大切な人には自分の好きなことをしてほしいと思うと思います。


自分の「これがしたいっ、こんなのは嫌だっ」ていう感情を無視して、自分はこれをしなくちゃいけない!!こうあるべきって ことにとらわれていたときは、もう自分がどう感じるかもわからなくなって、何がしたいかも分からなくなって、無気力になって、生きてても楽しいことなんてないって、思ってた時期がありました。


なにが言いたいのか、支離滅裂でもうしわけないけど、、感情や直観に、耳を傾けて生きたいです。


この、フォーラムに助けられて 元気づけられます!! みなさま、感謝です☆
milyさん 復習させてくださってありがとうございます。



Posted by アリエル at 2010年09月28日 00:55

*nana&Joeさん、ニケです。
「天使やギフトが現れるたびに、魂の目的、喜びを感じて生きることができる・・・」、
有難うございます。
「悲しみ」「怒り」「恐れ」の時にでも思い出せるよう、日頃から意識的に書き換えます。
リトリートの時に話していただいたnanaさんの眼のお怪我のエピソードが
理解の助けになりそうです。


* 藍色さん、つきさん。
ニケの由来は・・・リトリート前夜、会場で使用するニックネームを考えようと思いつき、
カタカナで何かないか、と考えると「テサロニケ」という言葉が浮かびました。そのままでは長いので末尾をとって「ニケ」。サモトラケのニケの彫像も好きだったので「ニケ」に決めました。
その時点で私はニケとワルキューレを混同しており、ニケは戦争関係の女神だと思っていました。
もしもリトリート会場で不吉だと指摘されたら「1個2個の2ケです」と答えよう、と考えていました。

*藍色さん、「イッケ・ニケ・サンケ・ヨンケ」は完全にシンクロですね!
*つきさんのコメントを拝見し自分がニケを「戦いの女神」と勘違いしていたことにショックを受け、
その時に感じた「勘違い」という単語から、リトリートに関する私の質問には勉強不足と勘違いが含まれていることに気づくことに繋がりました。
つきさん、有難うございました。これもシンクロですね。
*藍色さんとGreenさんが つきさんのコメントから藍色さんの「船と風と帆」のストーリーを思い出される一方、私は、藍色さんのストーリーの 
>どこにどう吹くか 風は知っているけれど 帆を操るマインドにはわからない
から受けた感じを、自分の焦りをおさえる時に使わせていただいていました。
パソコンの調子が悪く6月からフォーラムの内容を殆どフォローできていなかったのですが、リトリート直前にパソコンが直りました。藍色さんのストーリーは先週拝見したばかりでした。
これは、リトリートの二日目の「神との対話」ワークの効果でしょうか(^_^)。

* nana&Joe様、皆様、
助けていただきどうも有難うございました。
またフォーラムにお邪魔させていただきますね。
本当に有難うございました。
Posted by ニケ at 2010年09月28日 02:36
おはようございます。ドンマイです。

感情と感覚についてコメントしてみたのですが、いまひとつ自分でもしっくりときておらず、ちょうどnana&Joeさんのメルマガが始まったので、安心しながらひとりごとを書いてみます。

私も以前、引き寄せ関連の本を初めて読んだときに、「感情のナビゲーションというツールを利用する。」というような内容を見て、??という感じがして、結局自分がどの部分に引っかかっているのか、或いは全体的な概念そのものに疑問が沸いたのかもよくわからないまま棚上げしてしまった事があります。

ですので、セミナーの後感じた事は、書籍やインターネットなどの媒体を通して非常に優れた方法が今や多くの人に浸透しているけれど、私のようにワカラン子ちゃん状態で放置してしまう場合と、言葉の解釈ひとつの違いで、例えば、東京行き(目的地)の新幹線に乗ったつもりが車内アナウンスで間違えて博多行きに乗ってしまったことに気付き、慌てて引き返さなければいけない、というような事態も実際に起きているのではないかと感じた訳です。(まあ、それも必要な事を体験するとは言えるのですが・・)

ですから、この感覚(feeling)と感情の違いあるいは、意味を再認識することは、ひとりひとりの在り方をより易く実現するためには、非常に重要なことではないかと考えました。

自分なりになんとなく浮かんでいるのは、

 ・感覚=愛から派生した表現(もの)、女性性、右脳・・

 ・感情=不安から派生した表現、男性性、左脳・・

などですが、何か上手くまとまりません。ま、何にしても楽しくやりたいですね(←やっぱりまとまってません(汗)。
Posted by ドンマイ at 2010年09月28日 08:59


 nana & Joe さま

 おはようございます。Green です。

 感情と感覚、日本語にするとわかりづらいと思いました。

 本にある「感情をナビゲーションにする」というのは、「感覚をナビゲーションにする」としたほうがいいのかな、などと考えました。

 でも、訳すにあたっては、「感覚」とすると、「皮膚感覚」という言葉もあるし、五感も入ってきて、読み手によって解釈が違ってくる可能性があるので、「感情」としておいたほうが誤解が無いとも考えられる、、、。

 feeling と emotion 、英語にするとその違いがよくわかります。nana & Joe さん、ありがとうございました。

 emotion は 外へ向かう動き ですね。だから、「人の感情 - emotion - に左右される」という言葉が生まれるのだとわかりました。人が外に向かって放出したエネルギーに左右されるのだと思います。「人の感覚に左右される」とは言いませんものね。

 先週それを体験しました。

 feeling は自分自身を、自分の内側を見るのに役立ちますね。

 次のメルマガを楽しみにお待ちしています。

 Green 
Posted by Green at 2010年09月28日 10:14
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

知です。
みなさん、いつもありがとうございます。

感情と感覚、emotionとfeelingについて、違いについて少しずつ理解出来てきたようです。

nana&joeさんのメルマガでの解説も大変わかり易くて、リトリートでのお話が
さらに染み込んでくる感じがします。
ありがとうございます。

そこで、ドロドロマインド状態の自分としてはまたしても疑問が沸々と。。。

簡単に言うと「感情(emotion)」って悪者?
善悪が無いというのは理解してますが、
悪者=役に立たない、と言うことと理解して欲しいのですが。

「マインドの言葉が感情」であるなら、マインドは悪者ではないので、
その感情も悪者ではないって事になりますよね。
感情(emotion)に対して、どう対処したらいいんでしょうか?
ネガティブな感情に関しては解かるのですが、
ポジティブな感情と言うものはどう捉えたらいいのかなー?って。。。
そもそも、ポジティブな感情と言うものが存在するのか?
ポジティブな感情=feelingのまま。
ということなのかな?

感覚にマインドからの過去の良いデータが加わると言うこともあるだろうし。。。

と、ちょっと疑問に思ったのでお尋ねしてみましたが(笑)
先走りしすぎちゃいましたか。。。

失礼いたしました。

Posted by at 2010年09月28日 13:40

こんにちは まさゆきです

「聴く」に関する質問の時にも感じたのですが、知さんの視点って鋭いですよね
見落として通り過ぎてしまいそうな部分に見事にスポットを当てる。
おかげでいろいろ考えてみることができます。
考えたついでにシェアします。考えて出てきたものなので、まさゆきの個人的見解として参考程度に読んでください。

emotionの定義に当てはまるかどうかわかりませんが、ポジティブな感情というのは確かに存在するような気がしますよね。溢れ出る喜びとか、表現せずにいられない愛とか。

feelingにマインドが何もデータを付け加えなければ、つまり「今ここ」にいればfeelingはポジティブな感情(e-motion,エネルギーの流れ)に成長する。そんな気がしますね。

ただし、一見ポジティブに見えるけれど実はネガティブな感情というのもありそうですよね。
喜びに似た優越感とか、独占する満足感とか。これって注意が必要ですよね。
 
マインドが抱える「不安」が一時的に解消されているという状態にすぎませんよね。
ポジティブに見えるけどネガティブが仮面をかぶっただけ。

きっと魂が感じるfeelingをマインドが読み違えた上に、
いろんなものを付け加えている状態なのでしょうね。
そういう意味からもemotionではなく、胸のあたりで感じるfeelingに焦点を当て、
感じ取ってゆくことが必要なんでしょうね。


Posted by まさゆき at 2010年09月28日 16:46


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

知です、こんばんは。

まさゆきさん。
先日のリトリートではお声をかけてくださりありがとうございます。

また、こうして考えてくださってありがとうございます。

感覚に焦点を当てる事は非常に大切ですね。
常にそれが出来ればいいんですけどね。

まさゆきさんのシェアを拝見して、感覚は大切だけれども、
感情は役に立たないということでは無いという考えが浮かびました。

大切なのは、感情は感覚にマインドが過去のデータを加えていると言うことを
知っていることじゃないかな?と思うんです。

ポジティブにしろ、ネガティブにしろある感情が沸いた時に、
これは感情なのか?感覚なのか?と自問するのも、もちろんいいと思うのですが、
これには過去のデータが加えられているか?
加えられているとしたらどんなデータなのか?
そのデータを「今、ここ」のデータに置き換えたらどんな感覚として認識できるか?
と言う方へ持っていった方がいいのかな?
なんて思いました。

これは感情、感情とはこういうもの。
これは感覚、感覚とはこういうもの。
と言うレッテルを貼ることではなく
感情の奥に感覚がある、そしてその奥の中心は愛であること、
それを知っていること、その“感覚”に辿り着こうとする事が
大切なんじゃないかな?って思いました。
それを実感するためにクレヨンのワークをしたんでしたね。

ありがとうございます。

Posted by at 2010年09月29日 00:53

naokoです。
すみません質問です。

今自分がいる空間を、クレヨンで表現するってワークがありましたよね?
これは何のためのワークか分からなくなってしまいました。
あれは、今ここを感じるためのワークですか?
目は一番だまされやすいって言われてましたよね?
そのだまされやすい感覚を使うためのワークですか?
Posted by naoko at 2010年09月29日 08:03
*


naokoちゃん、

あれは、ふだんあまり使っていない
目以外の感覚を意識的につかう練習です。

視覚以外の感覚
(シュタイナーという人は、人間は12の感覚をもっていると言っています)で
空間を感じてみること。

またそうやって、目には見えないエネルギーの存在を確かめると、
この世界のどこにも「空っぽ」がないことが分かります。

つまり、全てはつながっていて、愛のエネルギーから切り離されている
人(もの)など何一つ無いということを体験するワークでもあります。
Posted by nana&Joe at 2010年09月29日 08:21
*



アリエルさま

休憩時間のご質問だったのかしら?
セミナーの中でなら、もう少し詳しくお話ししてたと思うのですが(笑)簡単な回答から、よく自分の中の答えにたどりついてくださいましたね。


>もし、私のために私の大切な人が、我慢しながら私のために生きてくれるよりも、やっぱり大切な人には自分の好きなことをしてほしいと思うと思います。

それが、ほんとうの愛です。

これから人生の中で、
深く深く見つめて、
深く深く見つめられる、
本物の愛を精一杯経験してね。

ありがとう。



Posted by nana&Joe at 2010年09月29日 14:20

二ケさん、
クレヨンワーク
やってみました。

自宅に帰る時間は、一人ゆっくりできないので、
海沿いの道路の路肩、車中で・・。

なので、家に帰ってから、二ケさんの説明していただいたのを
読み直したら、微妙にやり方ちがっていました・・・。
先入観で、黒っぽい色から、奇麗な色になっていくんだと、邪念が入っていたのもあって、
それと、いざ、スケッチブックに向き合うと、
つらいこと、苦しいこと、痛いことが、
霧散してしまいました。

マインドめ!逃げる気じゃな!
・・と、なんとか、気持ちを集中させて、
3回やってみました。

正しいやり方かどうかわからないのですが、
嫌な出来事を思い出す時の、フィーリングを
レッテル無しで、感じると、体に違和感を感じたり、チクチクや重い痛みが有ったり、

クレヨンで輪をかいたあと、
どんどん、フィーリングに変化を感じて、
暖かいものに包まれたり、痛くない光の針状のものに、刺激された感じになったり、

不快さが、心地よさに変化していきました。

そして、奇麗なピンクの上に、白でハートを
グルグル描いて、見つめていたら、

私は、自由にやりたいことをやっても、大丈夫
安全だから、安心してていいよ。

という感覚が有りました。

sophyさんのまねをして、
裏に 安心、安全、自由
と、書いておきました。
交通安全標語みたいですが・・。

sophyさんが、クレヨンワークを
なさったことをシェアしていただいたので、
とても、イメージがつかめました。
ありがとうございました。

nanaさん、ありがとうございました。
クレヨンワークのあと、仕事中に、
嫌な感覚がきても、レッテルを張らずに、
フィーリングを感じるだけなので、
心地よさに変化させやすくなりました。

それと、

>子どもは、内包している世界、自我の在り方などが違うので、

と、教えていただいたことで、
ワークの事だけでなく、子育てにおいて、
子供の世界を尊重することを、
気付きました。

横で息子がかまってくれ~と
呼んでいるので・・。もっと、色々感じたことが有ったのですが・・。

二ケさん本当に 感謝いたします。
ありがとうございます。
Posted by ネロリ at 2010年09月29日 18:18

ニケさんへ。

クレヨンワークで、ぐるぐる重ねたのはひとつの円です。

一つの円線が、土星の輪のような……形になりました。

外周が暗くて、内側が綺麗って、まるで宇宙のようだと思いました。


ネロリさんへ。

将来、家庭をつくって行く私にとって、ネロリさんのコメントはとても勉強になります。

>安心、安全、自由

その後ろに『女神』が思いつきました。
(いや……その……、自由の女神から単に言葉が出てきただけかもしれません←これは、マインドの突っ込みかな)

率直な私のイメージとしては、ネロリさんが『女神』であることと解釈しております。

良いな~(うっとり)

Posted by sophy at 2010年09月29日 19:53

 

 

nana&Joeさん

naokoです
ありがとうございます。

なるほど~!
確かにワークをやってみると、愛猫に触れていないのに、その毛並みは感じたりします。

>つまり、全てはつながっていて、愛のエネルギーから切り離されている
人(もの)など何一つ無いということを体験するワークでもあります。

まさにそのことを心底体験したかったところ!
このワークも日課にしなくては。。。

Posted by naoko at 2010年09月29日 23:01
nana&joeさん

コメントして、そのあと感情と感覚の違いの
メルマガがきて、あああーー、感情じゃなくって、感覚を大切にするんだった! 
もう忘れてたっ!!感覚と感情が一緒になってたって、自分にショックだったんです。

セミナー終わって、最後にお話させてもらった時の質問でした。

深い深い本物の愛、逃げずに経験したいです。
ありがとうございますm(__)m
Posted by アリエル at 2010年09月29日 23:47

昨日いただいたメルマガ、すごくよかったです

僕の人生にかけていたのは、まさしくこれだなと思いました。

神から与えられた「感覚」「感じる能力」を使うことなく、頭の中だけで人生を生きていた。
目の前にある花を見ずに、モノクロでとられた花の写真を眺めてきたような
映画館で目をつぶったまま、画面を見ずに音だけを聞いていたような
そんな生き方をしてきたのだと思いました。

自分の感覚を信頼しなさいというメッセージは、
この10年何回も何回も繰り返しわたしに届けられてきたメッセージです。

ようやく私の心に響きました
NanaさんJoeさん本当にありがとうございました。

Posted by まさゆき at 2010年09月30日 11:49
=============================

こんにちは。サリーです。

ソース宣言したら、『究極』な出来事が現れました。
「対極」ではなく、「究極」なんです!!!(笑)

大阪でぶどうのワークをし、エネルギーを感じるクレヨンワークをし、
『わたしは愛である』宣言をしたからこそ現れたんだ、と思えるような出来事でした。

最近お付き合いするようになった方がいて、少しづつお互いを知っていってるところです。
とてもプライベートすぎる内容なので、詳細が書けませんが、
知っていく中で、過去の自分であれば100%別れを選択するような出来事が現れたのです。
もちろん、彼が悪いのではなく、わたしの過去のデータの蓄積による判断(マインド)が騒いでいるだけ。
わたしの中では「お付き合いを続けていく」と魂の答えが出ています。
ただ、時々思い出したようにマインドが騒がしくなり、
その度に目の瞑想をして「本当の自分」にアラインしています。
目の瞑想を知らなかったら、いろんな人に聞きまくって、ジタバタしていたと思います~(笑)

大阪でのリトリートに参加していなければ、上記のような選択はしていません。
確実に自分の人生が変化していっているのを感じています。
彼は、魂のことを理解していて、エネルギーも感じられる人で、
『神との対話』「大阪リトリート」の話をしたら、「すごいね!そのとおりだよ。」と。
わたしがリトリートに参加できたことを喜び、その様子をシェアしてもらえたことに感謝していました。
リトリート以外でこういう人に出会えたのは初めてでした。

わたしの今までの人生は悲しみや孤独感が多かったですが、
今年nana&Joeさんを知り、本を読んだり、リトリートに参加してから、
愛を感じ、過去の経験もこれからの経験もすべてがGiftだと感じられるようになりました。
彼とのことだけではないのですが、この話が一番分かりやすいので、シェアさせてもらいました。

nana&Joeさん、リトリートに参加されたみなさん、このHPに訪れるみなさんのおかげで、
変わることができました。 本当にありがとうございます♪♪
これからもここで学びながら、神を経験し、楽しんでいきたいと思います。


いつもありがとうございます。 愛しています♪


=============================
Posted by サリー at 2010年09月30日 11:52


サリーさん

素敵なシェアをありがとう☆

いつでも愛は感じれますよ、サリーさんがその気になれば♪

どんどん楽しんでくださいね☆
Posted by tink at 2010年09月30日 14:46

tinkさん

ありがとうございます。
tinkさんはいつもふわっと軽い感じで、いいですね~♪
はい、どんどん楽しみま~す☆


Posted by サリー at 2010年09月30日 18:14


サリーさん

ありがとう。

>tinkさんはいつもふわっと軽い感じで、いいですね~♪

はい☆空を飛ぶのが大好きですから(笑)
いつでも飛べるように準備してます♪
Posted by tink at 2010年09月30日 21:12
ひろこです

質問です
6月のリトリートで丸い円を書いて
パートナーに望むものも実は自分の中にあって
一人で完璧な円になるから
パートナーは誰でもいいんだよ
ってワークをしましたよね?

誰でもいいなら、どうやって相手は決まるの?

愛は自分の中にあって、誰とでも循環出来ますよね?
パートナーは特別な何かを感じるんですか?


今回のリトリートで、自分はnanaさんとjoeさんたちのようなパートナーでありたいんだと強く感じました
そして今の夫婦関係が、上手くいっていると思ってましたが、それはとても表面的なもので会ったことに気がつきました

今お互いにどこまでも自分に正直に向き合うことを決めて
どんな小さな引っかかりもシェアしあうようにしています
そしたら自分の中にあった怒りに気がつき、そのもとにあった寂しさ悲しみに気がつき
クレヨンのワークでその先に愛があったことに気がつき

彼をハグしたくなる時もあります
でもまだ愛されているとは感じられません
というか、私は彼を愛しているのかわかりません

今は彼とnanaさん達のようなパートナーになれるといいなと思っていますが
その思いがどこからくるのかわかりません
Posted by ひろこ at 2010年10月01日 03:18

Sophyさん、ありがとうございます。


素敵な言葉を頂きました。
まだまだ、私はギリシャ神話のヘラ(だっけ?)
のような 
マインド全開の女神ですが・・。

今朝も、強烈な雷を落としたので
へこんでいましたが、
sophyさんのコメントで
暖かく、穏やかになれました。


ありがとうございます。
Posted by ネロリ at 2010年10月01日 07:13



おはようございます。ひまわりひまわりです。

ネロリさん、お久しぶりです。

「マインド全開の女神」と、あなたがフォーラムに書き込むたびに気になったので、コメントします。

「マインド全開」と書くたびに、本当に、マインドが喜び、騒ぐと思うのですよ。言葉の力の凄さは、他の人たちのコメントを読んでいても伝わってきます。

その時、そうじゃなくても、「愛全開」と書けると、なにか、突破口が開いてくれるのではないかな~。
Posted by ひまわりひまわり at 2010年10月01日 07:40

ごめんなさい、コメント頂いていたのを今きづきました。

ありがとうございます~!!!
本当そのとおりです。

「愛全開、マリア様の様な女神でいる」宣言をします。

やつが帰ってきたら、「お母ちゃんが感情的になりすぎた。ごめんなさい」と、
謝ります。

ひまわりひまわりさん、ありがとうございます。
Posted by ネロリ at 2010年10月01日 13:45

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ひろこさん。
こんにちは、リトリートでご一緒させていただきました知です。

nana&joeさん達のパートナーシップは皆さん憧れますよね~。
でも、ベストなパートナーシップの形は、
人それぞれ違うんじゃないだろうか?とも思います。

音声セミナーの「スピリチュアルな愛を生きる」は聴かれましたか?

その中でニール氏は、「自分が何処へ向かおうとしているのか?
そしてそこへ誰と向かうのか?」という事を言っていました。
他にも沢山のメッセージがあって、今のひろこさんの疑問に対する
答えのヒントがあるような気がします。

僕にはパートナーはいないので、参考になるようなことをシェア出来ませんが、
もし、まだ音声セミナーを聴かれていなければ、是非聴いてみてください。

Posted by at 2010年10月01日 13:49

ごめんなさい、コメント頂いていたのを今きづきました。

ありがとうございます~!!!
本当そのとおりです。

「愛全開、マリア様の様な女神でいる」宣言をします。

やつが帰ってきたら、「お母ちゃんが感情的になりすぎた。ごめんなさい」と、
謝ります。

ひまわりひまわりさん、ありがとうございます。

こういうことなんですね、
せっかく、sophyさんから頂いた
大きな愛と、本当の私を照らし示してくれる言葉を
自分のネガティブな言葉で、消してしまう所だったのですね。

sophyさん、ごめんなさい。
お二人にもう一度、ありがとうございました。
Posted by ネロリ at 2010年10月01日 13:54

*********************
知さん

ありがとうございます。聞いてみます


Posted by ひろこ at 2010年10月02日 11:03
*



ひろこさん

コメントを拝見したら、ひろこさんが今、愛の海に飛び込んだのだなぁ、
素敵だなぁ…と感じてるんですが、一応ご質問ということなので
お応えしてみますね。

「誰でもいい」の本当の意味は、
マインドが必要と考えているような「条件は無い」ということです。


>愛は自分の中にあって、誰とでも循環出来ますよね?

そのとおり。
先日の"I SEE YOU"では、みんな心底愛し合ってましたね。
性別も、年齢や、職業や、背の高さや、顔形なんて一切関係なく
見つめ合った相手と「ひとつ」になっていました。

でも、だからといって、ひろこさんが、隣家のおじさんとではなくて
今のご主人とパートナーでいるのは、偶然ではありませんよね?

何一つ、誰ひとり、偶然出会うものなど無いのですから。

その中(人生)には、お互いが「合わせ鏡」のように
真正面から向き合い、「本当の自分」を思い出すために、お互いを
深く深く見つめ合い、映し出すための相手が必ずいます。

それは、私たちが生まれてくる前に
(『時間』は無いので、正確には「前」ではありませんが、便宜上)
約束してきた魂同士なのですね。


でも、ひろこさんだけでなく、みなさんに勘違いしてほしくないのは、

○それは、一生にたったひとりとは決まっていないこと
○恋人とか夫婦などのロマンティックな関係とは限らないこと
○長い期間を掛けて築く関係かもしれないし、
○一緒にいるのは、たった一日、一瞬かもしれないこと、など。

私たちは、生まれ変わる度に、親子になったり、兄弟になったり
恋人同士になったり、敵になって殺し合ったりしながら、
くり返し、くり返し、共に旅をしているのですね。

ひろこさんが、今ご主人とそんなにも真っ直ぐに向き合っている
と言うことは、まぎれも無くお互いの魂が選んできたパートナー
なのだと思いますよ。


>彼をハグしたくなる時もあります
>でもまだ愛されているとは感じられません
>というか、私は彼を愛しているのかわかりません

はじめて裸になって、愛の海に飛び込んだのなら、はじめは、
上も下もわからなくなって当たり前なのかもしれませんね。

相手の中に完全に融け入って「ひとつ」になるとき
「愛している」と「愛されている」の区別は無くなります。

だって、「ひとつ」なのだから。

自分で自分をハグしたら、
ハグしているのか、ハグされているのか、分からないでしょ?


愛をマインドの言葉で説明することは、できません。

だから、詩が、歌が、音楽が、絵が、踊りが、数々の美しいものが、
そして涙が、あるのですね。

昔から、人はそうして愛を表現してきたのです。
ひろこさんのガラスも、そうなって、もっともっと透明に
輝いていくのでしょうね。



>その思いがどこからくるのかわかりません

それは、ひろこさんの真中、源(ソース)ですよ。 :)

Posted by nana&Joe at 2010年10月02日 13:06


中学のころ、自分の書いた詩の一部で、

「言葉にはさだめ(運命)似た重みがある」

と書いていたことを思い出しました。

書いておきながら、ぱっと浮かんだものだったので自分自身が意味不明という……(笑)

言葉として、発動することによって、起きる現実への影響力の強さを、改めて理解しました。

出した言葉で、自分を作ってしまうのか~。

謙遜で、過剰に『すみません』を連発する癖が、自分自身気になっていたので、これを他の言葉に置き換えるようにします。
Posted by sophy at 2010年10月02日 13:11
*


sophyさん、

「すみません」は、ほとんどの場面で「ありがとう」に置き換えしてね!

これまで「すみません」をたくさん言ってるなら、3日で世界が変わります。:)



Posted by nana&Joe at 2010年10月02日 14:12

「すみません」連呼している自分も、早速じっせんです!

ところですみま・・・
失礼!質問です。

リトリートのメモを読み返していて、ぐるぐるワニと顔なしのスパイラルのところなんですが
そこに
re-act(自分の字が難解なので、たぶん)
とメモが残っていたのですが
反応を変えるといった意味でしょうか?
beingの設定によって、スパイラルの上昇が早まっていく、といったような記憶は残っているのですが。。。

あとですね
においは記憶と密接に関わっていて
深い感覚を嗅ぎ分けるって話をされていましたよね?
それを思い出して、リトリートでnanaさんが会場に使われていた香りを探し出そうとしたのですが、見つけ出せなかったのです。
すみ・・・・なんの香りだったか教えていただけますか?
(無印でアロマを嗅ぎまわってたらクラクラしてきたorz)

いつもありがとう

naoko
Posted by naoko at 2010年10月02日 22:02
*

はい、こんばんは naokoちゃん!

re-act は、リアクションのこと。
無意識の反射的反応を繰り返しているときは、スパイラルの下のほうで、
なかなかワニさんや顔なしのレベルから離れないけれど
beingを決め絵て意識的に対応するようになると、
上昇率が上がるってことでしたね。

「鼻(嗅覚)は、善悪をかぎ分ける」
なにか匂うぞ、鼻のきく刑事、くさいな...
芳しい人、香り立つ…など、言葉にもなっていますね。(英語でも、「あやしい」fishy 魚くさいといいます)

また、無意識の奥にあるような深い記憶とつながっています。

リトリートで使ったのは、ペッパーミントです。
すっきり目が覚めるようにね。 :)

Posted by nana&Joe at 2010年10月02日 22:19

すけさん、かくさん!
(きんさんぎんさんでしたっけ?画像をみたら、その愛らしさに笑いが止まりません;)
さっそくのお返事ありがとうございます!!

なるほど~
リアクションのことでしたか!
>beingを決めて意識的に対応するようになると、
これって人生が変わる、すごいことですよね。
只今挑戦中ですが。。。

ペパーミントですね!ありがとう。
リトリートの記憶もよみがえるかしら!?
目をさまして、人生を歩こうっと♪

そういえば、小さいころは、好きな人(たとえばお父さんの)においは、汗のにおいでも、たばこのにおいでも、愛している人のにおいだから好きって言われてましたね。
わたしも父のたばこのにおいが好きだったことを思い出しました。

そんなことを思い出してから、ひとの汗臭さがあまり気にならなくなっています。
Posted by naoko at 2010年10月02日 23:13
「すみません」って、私も一日に何度言ってることやら…。

仕事柄、というのもありますが、私ほど「すみません」を言わずに、同じ職場の人が上手く会話をしたり、仕事を進めたりしていることに最近気付いて、自分の「すみません」が耳に付くようになっていたところです。

そんな時にここで「すみません」ネタ。

必要な情報って、ちゃんとあるんですね。

早速、実践するのが楽しみです。

そして、お礼が遅くなりました。
ソフィーさん、私もお会い出来て嬉しかったです。
そして私のこと、平安か、鎌倉時代の人のよう…と表現してくれて、ありがとうございます。
何故かそう言われると嬉しいです。
平安顔ですしね。

nana&Joeさん、ハグの時の香りのことを覚えててくださって、ありがとうございます。

シャンプーの香りかな?とも思いましたが、ソフィーさんの表現同様、お香と言う言葉が何故か嬉しかったです。

おばあちゃんがついて来てくれてたのかな?

ひとつお聞きしたいのですが、ふとした時の臭いで、昔の事を思い出す事は私もよくありますが、時間帯で記憶が蘇ることって、ありますか?

昼下がりから夕方までの時間帯なんですが、外が見える場所にいると、いろんな記憶が次々と浮かんできては、消え…を繰り返し、気分が追い付かないというか…。

決して嫌な記憶ではなくて、楽しい記憶だったりするんですが、何故か移り行く屋外の様子を見ているのがアンニュイな気分になって苦手なんです。

で、日が落ちてカーテンを閉めて電気をつけると大丈夫になるんですけどね。

ちなみに、顔なしの顔って大きすぎますよね。
Posted by かずみ at 2010年10月03日 01:46
*


かずみさん、おはようございます。

夕方は、誰にとっても、さびしい、もの悲しい、アンニュイ…と感じられるものです。
マインドは、その気分に似通った記憶、つまり「過去のデータ」をひっぱって来るんですね。

現代は電気があって、夜も起きて活動しているため、あまり感じなくなっているだけで、
もともと一日の終わり、太陽のひかりと離れる悲しさという
先日のメルマガにも書いた基本的な感情のひとつなんですね。

かずみさんは、夕方外を眺めてそんな風に感じてるって、やっぱ風流なんだなぁ。(笑)
Posted by nana&Joe at 2010年10月03日 06:49
nana&Joeさん、早速ありがとうございました。

目を閉じたくなるくらい、苦しくなる時があるので、気になっていました。

今度苦しくなったら、深呼吸して味わってみます。

Posted by かずみ at 2010年10月04日 10:54
 
 数日、「すみません」を連発とのコメントがありましたので、ひと言コメントさせてください。
 人から何かをしてもらった(物をもらった)ときに、「ありがとう」と言えればいいのに、つい「すみません」と言ってしまいがちです。
 「すみません」と言うのは謙虚な態度を示していると考えられていますが、しかし、心理学的には、人から何かをしてもらう価値が自分にはないという心理が働いていて、また、人からしてもらったことを心理的は受け取っていないということのようです。
 人から何かをしてもらう価値を自分に認め、相手の好意を心理的にも受け取ることを表明するのが、「ありがとう」のようです。
 皆さまの幸せをお祈りして。
Posted by 小泉 孝裕 at 2010年10月06日 20:32

なるほど、無意識に使っていた「すみません」ですが、
確かに小泉さんが解説してくださったように、「すみません」という時には
相手の好意を受けて取っていませんよね。 納得です。

フォーラムで「すみません」があまり出ずに
「ありがとう」が多いのは素晴らしいことですね。
皆さんが心を開いて参加しているということですよね。

小泉さん心理学の勉強をされているのですね。
カウンセラーになりたいとおっしゃっていましたものね。

またいろいろシェアしたください
ありがとうございます


Posted by まさゆき at 2010年10月06日 21:36
小泉さ~ん♪いやあ、出て来てくれはったわ、いやなんか嬉しいわあ。あ、私はもうひとりの「コイズミ」です(笑)。いいなあ、その正々堂々と名を名乗って、淡々と自分の意見を述べられるその姿・・・私も見習いたい所です(本当に)。では、また近い内に(皆さんも)御会いしましょう!ちょっと変なテンションでごめんなさい。御縁に感謝します。
Posted by ドンマイ at 2010年10月07日 00:00
*


ニケさま

先ほどメルマガ(シェアについて)を出しましたが、
もしかするとニケさんが気にされる可能性もあるかな、と思って書いています。

ニケさんのクレヨンワークの紹介、完璧でした。
何より、ご自分の経験から、
ネロリさんへシェアしようというお気持ちと愛に溢れていて、
まさにニケさんの明晰さというBeingから出たDoingそのものだったので、
とても嬉しく拝見しました。

ツールやワークの開示については、
本日メルマガに書いた旨を御了解いただけると幸いです。
(ニケさんに向けて書いたわけではありませんので、
どうかご負担に思わないでくださいね)

感謝しています。ありがとう。 :)

Posted by nana&Joe at 2010年10月07日 00:28

こんにちは、
二ケさん クレヨンワークをシェアして頂いた時は、
本当にありがとうございました。

あの日以来、私は、二ケさんから頂いたものを
大切に感じ取りながら生活しています。

おかげで今まで、摩擦を感じてしんどかったことが
楽に出来るようにもなりました。
心から感謝しています。

貴重な時間とお金を使って、リトリートに参加していらっしゃる、皆さんが学んでこられたものを、
軽々しく教えてほしがったことを、
恥ずかしく感じております。

未熟な部分を気付かせて頂いて、感謝しております。

nanaさんjoeさん、お帰りになってからの
お話し楽しみにまっています。

ありがとうございました。
Posted by ネロリ at 2010年10月07日 16:15




幸せになろうという明るい意識があればいい。

今を大切に、変わろうという意識があればいい。

その意識があれば、ここのみんなのエネルギーは

あなたのフィーリングを刺激して、あなたのエネ

ルギーは大きく大きく渦巻いて進化して行くに違

いない。

セミナーに出ていなくても、ツールを知らなくて

も、ここのエネルギーを心地よく受け取れるあな

たは、素晴らしい。



          ネロリさんへ
Posted by 悠々 at 2010年10月07日 17:24

ネロリさん


>貴重な時間とお金を使って、リトリートに参加していらっしゃる、皆さんが学んでこられたものを、軽々しく教えてほしがったことを、恥ずかしく感じております。


聴いてくださってありがとう。
聴いてくださることで復習にもなるし、リトリートに参加した皆さんは
ご自分の持っているものは惜しみなくシェアされる方ばかりだと思いますよ。
全然恥ずかしいことじゃないですよ。


Posted by tink at 2010年10月07日 23:23
.
*nana&Joeさん、ネロリさん。
ご心配いただき有難うございました。ニケです。
10月6日のメルマガ(シェアについて)を拝見し、反省していたところです。

ツールやワークの公開では以後気をつけます。
・クレヨンワークの件はnanaさんから「完璧」のお言葉を頂戴しましたが、
もしかしたらネロリさん・sophyさんや偶然このHPを訪れた
不特定多数の人が、本来の効果が得られなかったり、
危険な状況に陥る危険があったかと思うと、ぞっとしました。
・知的財産権の件も、うっかりしていました。
このHP・リトリート・本で得たツールやワーク、他の本やセミナーで得た
アイデア・ツール・ワークを引用するときも気をつけようと思います。

*nana&Joeさん
色々ご配慮いただき有難うございます。心に染みます(;_;)。
「ライフワークの創造」で教えていただいたBeingの件も有難うございます。
欲張って色々なBeingを試していこうと思います。
「真実のBeingは一つ」ではない、ということですね。
何かありましたらまたシェアさせていただきます。有難うございました。

*ネロリさん
優しさをわけていただいて有難うございます。
>軽々しく教えてほしがったこと・・ については
悠々さんとtinkさんがおっしゃっているとおりだと私も思います。

おかげで、このフォーラムへ私が書き込む機会をいただけ
自分についての理解が進みましたし、
nana&Joeさんから「シェア」の方法を教えていただくことができました。
(自分の「シェア」の文章はちょっと異質な感じがして悩んでいたところでした)
本当に有難うございました。
.
Posted by また長文で反省の ニケ at 2010年10月08日 01:07

おはようございます

悠々さん、thinkさん、二ケさん
ありがとうございます。
言葉に表せない気持ちでいっぱいです。

本当に本当に、感謝いたします。
これからもよろしくお願いします。

追伸、悠々さん、お名前 素敵です!!
Posted by ネロリ at 2010年10月08日 08:04

クレパスでぐるぐる感情を描きだすワークで
気持ちが軽くなっていくのは感じていたけれど
こころの暖かさに触れられたのは
今日がはじめてかもしれない。
Posted by naoko at 2010年10月20日 08:39
===========================
naokoちゃん、サリーです。
おはよう♪
こころの暖かさを感じられたの?
よかったね~ うれしいね♪
nanaさんが言ってくれてたように、どんな感情にも最後には「愛」が現れてくるんだね。
それを感じられたnaokoちゃんはすばらしいなぁ~☆

===========================
Posted by サリー at 2010年10月21日 10:17

サリーさん
ありがとう!!

自分の中の暖かさにコネクトしようとすると
今まで押さえつけていた怒りに触れることが多かったのですが
少しずつクレヨンのワークで外に出していたせいか
貯めていた怒りが薄まってきている感じがします。
Posted by naoko at 2010年10月24日 21:56
初年度 『 ワンネスの日 』
私達HT(ヒューマニティー・チーム)は
ギリギリまで内容や作業は、ぶっつけ本番!!の慌ただしさで、よくこの短期間で組上げられたなぁ!って感動があって。

ひしひしと込み上げています。
http://humanitysteamjapan.com/japan/

お時間があるようでしたら、
動画をご覧下さいね。

nana&joeさんからも、ワンネスの日をどう過ごしていたのたか?は、メールで受け取っています。

暖かい気持ちを記憶することは、脳みその本能的な身体への危機管理という機能が働くので
暖かい記憶を持ち続ける容量が少ないようです。

私達の頭脳は、まだ未知の。
使っていない部分である感性があります。

nana&joeさん。
どうぞ、ご自愛くださいながらも、またお逢いできる日を楽しみにしています。

大きな愛情と、感謝を込めて。
HT 大阪中央 高村 啓子

Posted by 高村 啓子 at 2010年10月24日 22:21
啓子さん 

HTではたいへん御世話になりました。

もう一人の「私」にも思いがけず再会する事ができ(^o^)丿
魂の完璧な導きに、あらためて感謝申し上げますm(__)m
 

nana&joeさん

毎日お疲れ様です。

一般的な質問なのですが、

所謂、「認知症」と「統合失調症」という症状について、

魂とマインドとの関係性(この世での在り方)で表わすとすれば、どのように理解したらよいでしょうか?

(説明の)可能な範囲で構いませんので、御時間のある時にまた教えて下さい。

宜しくお願いしますm(__)m
Posted by ドンマイ at 2010年11月03日 01:11
*


ドンマイさん、こんにちは!

お鍋の美味しい気候になってきました。
この季節、ドンマイさんの畑には、どんなお野菜が育っているのでしょう?

***

病気でも障害でも(私はどれもギフトだと思っていますが)それを通して何を経験するかは、ひとりひとり目的、あるいは理由が違います。

だから同じ症状を選んだとしても、それがどのように役立つのかは、本人にしか分からないのですが・・・

ご質問への答えになっているでしょうか?


>魂とマインドとの関係性(この世での在り方)で表わすとすれば・・・

というのは、この理由、つまりなんでこんな症状が現れたのか?
あるいは、マインドが創りだしたことか、魂か?というようなことでしょうか?

先日メルマガで少し書いたので、また続きを、特に、「認知症」と「統合失調症」という症状について、書いてみますね。

Posted by nana&Joe at 2010年11月03日 14:05
*

nana&Joe さん、早速ありがとうございます。

「自然との共生」などとあまり大上段に構えずに、まあやってみっか、と軽い気持ちで始めた農業ですが、これが思った以上に面白く、また奥が深いなあと実感しています。

中山間部の畑を耕しながら、「ニールさんが『神へ帰る』なら、さしずめ俺が書くなら『土へ帰る』だわな。ヘッヘッヘ(^・^)」と訳のわからない事をつぶやいて、作物の生育を見守っています。

今度、もしオフ会があったら、nanaさんの御父様直伝の薩摩焼土鍋を使わせてもらって、収穫された無農薬野菜で鍋パーティーをやりたいですね。もう至福のひと時間違いなし!

っと、ちょっと暴走モードに入りかけましたが気を取り直して、質問の「症状」についての回答ありがとうございます。

先月から、自治体とNPOが運営する、傾聴ボランティアを始めたのですが、今後実践に移行する際に、高齢者宅を訪問する場合、まず必ず認知症高齢者(高齢者全体の約1割が該当するようです)の方を対象とすることが想定されます。

現在の医学上では「原因」が特定されていないこの症状を、「魂とマインド」の観点から捉えて対応することが出来れば、より相手にとっても自分にとっても役に立つのではないかと思い、質問をさせていただきました。

やはり、個々の状況によってケースバイケースなようですね。実践で見る目を養うことが大事だと感じました。

「統合失調症」については、また自分のこれからの、大きな計画のために参考にしたいと思いお尋ねしました。

また、メルマガの方でも学ばせてもらいたいと思います。ありがとうございました。
Posted by ドンマイ改めナベヤサイ(?) at 2010年11月03日 20:27


ドンマイ改めナベヤサイ(?)さん

>中山間部の畑を耕しながら、「ニールさんが『神へ帰る』なら、さしずめ俺が書くなら『土へ帰る』だわな。ヘッヘッヘ(^・^)」

情景が思い浮かんでパソコンの前で爆笑です。

鍋パーティー、是非やりたいですね!!
わたしが食べたいだけだったりして(笑)

***

数ヶ月前、はじめて「認知症」の方にお会いする機会があり、この話題はわたしも気になりました。メルマガお待ちしています。

あと、名前の表記をひらがなにしようと思います。
その方が、なんだか自分らしい気がするので。

なおこ
Posted by naoko改め、なおこ at 2010年11月03日 20:57
*

これから「なおこちゃん」ね。
了解しましたぁ!

これからはナベヤサイさんですか?(冬季限定かな?・笑)

ご質問の意図、よく分かりました。ありがとうございます。

「認知症」については、経験からも、多くの方にある程度まで共通した意図が感じられるので、そこに焦点を当てて書いてみます。

「統合失調症」については、他の病気やけがなどと同じように、ほんとうに一人ひとり違う目的・理由があると思うので、今回は、一応分けて考えてみますね。

傾聴。素晴らしい活動ですね。ありがとうございます。

Posted by nana&Joe at 2010年11月04日 23:22

メルマガ拝見しました。

そこで出逢った、お婆さんとその娘さんの姿を通してnanaさんは、魂(=愛)同士のプロセスの完璧性を見られたのですね。

ありがとうございます。


Posted by ドンマイ at 2010年11月09日 10:33
 nana & Joe さま

 私も病気についてのメルマガ、しみじみと読ませていただきました。

 私の祖母も認知症になり、自分の娘(私の母)がわからなくなりました。母が看病の中心でしたし、母の、自分のことをわかってもらえない悲しみは大きかったと思います。

 それで、メルマガのおばあちゃんと娘さんのことは、とても近く感じました。

 先日祖母の13回忌を済ませたところです。その当時、13~14年前、祖母が認知症になった頃は、私はまだ自分の人生を変えた本の数々に出逢う前で、大いなる存在を信じてはいましたが、まだ理解の入り口に立っていました。

 その後、認知症は、光の世界に旅立つ準備の一つと思われると書かれた文章に出逢い、そういうことだったのか、と納得しました。

 私も今ならメルマガの娘さんのように祖母に接してあげることができるように思います。

 メルマガ、ありがとうございました。

 私、今年50歳の誕生日を迎えて、半世紀も生きたんだとしみじみ思い、『今ここ』に生きることの大切さを感じ、地球にいる間にできること、したいことを一つずつしていこうと思っています。

 nana & Joe さんの存在、みなさんの存在は、その私に大きな助けになっています。

 ありがとうございます。

 Green
Posted by Green at 2010年11月09日 12:44

 

 

nana&Joe様

ご無沙汰しております。ニケです。
12月のリトリートに参加しても宜しいでしょうか?
「学んだワークやツールを有料で他の人に施そう」という意識は全く持っていません。
ツールとワークの開示については、消化し自分で経験したことをシェアするように努めます。

nana&Joeさんは
>>ツールやワークの開示については、
>>本日メルマガに書いた旨を御了解いただけると幸いです。
とおっしゃっているのであって、
「リトリートにあなたは参加しないで」とおっしゃっているのではない、
とわかっているのですが・・・。

私のマインドは「他の人に有料で施術する」という部分にショックを受けています。
子供の頃、絵やピアノを習うと画家やピアノの先生になることを漠然と夢見ていたことを
マインドが思い出させてくれました(どちらも初級レベルで挫折しましたが)。
そして「指導する立場に憧れながら簡単に諦める、ということを繰り返しているよね。
身の程知らずだよね」とマインドが分析してくれます。
・・・ということは、私はワークやツールを使ってお金儲けをしようと思っていた
でしょうか?それを指摘されてショックを受けているのでしょうか・・・。
どちらも、ちょっとしっくりこないので、他に目的があるような感じがします。
私のBeingが何を私に経験させるために、このショックを用意したのか
今は思い浮かびませんが、そんな自分を今はとりあえず許すことにします。
でも何を経験するために魂がこのショックを用意してくれたのか、
それと向き合っていく方法を学びたいので
12月のリトリートに参加させていただきたいのです。

愚問だと思いながら、やはり黙って参加申し込みをするのもどうかと思い、
このような書き込みをさせていただきました。お許しいただけないでしょうか・・・。

※ドルフィン・スイムでnana&Joeさんが
>>神が自らを、私たちというカケラに細分化して、<経験>しているってこと。
>>どなたか、「ああ~、わかる!」って細胞レベルの理解に至った方いらしたら、
>>シェアしてね!
と書かれていますが・・・、2週間前そういう世界を一瞬垣間見た気がしました。
シェアさせていただきたいのですが、もの凄い長文である上、「変えれば、変わる」から
の引用が多く、9月のリトリートで伺ったnanaさんの体験も引用させていただくことになる
のでここに書き込んで良いのかどうか判断できません。12月のリトリートの時にnanaさん
に聞いていただけると嬉しいのですが・・・。当日はお忙しいですよね・・・。

Posted by ニケ at 2010年11月19日 00:24
*


ニケさん、ありがとう!

誤解がないようにきちんとお答えするのは、(書くのに)時間がかかりそうですが、
今朝はバーバラさんとの電話でのお話があるので、ちょっと遅くなります。

でもご心配するようなことは、なにも無いから安心してね。
(とりあえずそのことをお伝えしようと思って・・・)

経験のシェアは、どんなに長くっても、ぜひお聞きしたいです!
(聞きたい人、いっぱいいると思います)
ニケさんさえよかったら、書いてくれますか?

Posted by nana&Joe at 2010年11月19日 07:58
*


ニケさん、

前にも書いたと思いますが、ニケさんの「明晰さ」は、
ニケさんの持っているギフト(Beingとも言える)だと思います。

クレヨンワークのシェアも、「完璧」だったと言うのは、
「おべっか」とか「オブラート」じゃないんですよ。

ニケさんの「明晰さ」は、「指導者・先生になりたい」「教えたい」という
Doingを、可能にしてくれるものでしょう。

***

絵や音楽でもそうですが、アーティストであることと、教えることとでは
全く違う知識や技術が必要ですよね。

今「教える」「リーダーになる」ために必要な人間学や技術を身につけて
いただくための、いわば「ティーチャー養成コース」を検討しています。

これは、ニケさんの夢を実現させる助けになるのではないでしょうか?


*ニールさんは、今年初めて本格的な「教師養成コース」を創設されました。
だから私たちは、これまでずっとプライベートでトレーニングを受けていた
わけですが、コースの方がずっと効率的に、たくさんの人が学べますよね。

***

>私のマインドは「他の人に有料で施術する」という部分にショックを受けてい

ます。

人は、価値があると思ったところにお金というエネルギーを注ぐのですから、
人の役に立ってお金をいただくのは、とっても素晴らしいことです。


マインドは「ショック」と受け取っているようですが、
案外、魂が「これだ!」と興奮しているのかもしれませんね。

***

実は、もうかれこれ4時間くらい、いろいろ書いてたんですが、
ニケさんにほんとうに必要なことは何かな~?と考えたら
あまり関係ないような気がしてきて、文章としてまとまらないし、
今日はこの辺にしときますね(へぇ~~~~つかれたぁ・笑)


「教師養成コース」についてもう少し詳しく知りたい方は、
リトリート会場で、別枠の時間をつくってお話ししようと思います。
フォーラムの方で結構ですので、お気軽に、お声掛けてください。


Posted by nana&Joe at 2010年11月19日 15:21


 nana & Joe さま

 おはようございます。

 『教師養成コース』についてお話を伺いたいです。
 よろしくお願いいたします。

 再来週はいよいよリトリート、お会いできるのを心待ちにしています。

 Green
Posted by Green at 2010年11月20日 08:18
藍色です

最近一日の内で なにかやろうとすると

二つか三つくらいのことぐらいしかできない日々

マインドにしてみたら

オーマイゴッドってくらいのスローペース
(マインドよ お前がオーマイゴッドって言うか(笑))

ということで・・・・・・

藍色もティーチャーズコースとても興味があります!

話聞きたい。

よろしくお願いします。

Posted by 藍色 at 2010年11月21日 11:20
.

nana&Joe様

19日と20日は私のPCが不調でインターネットに接続できなかったため、
19日のnanaさんのメッセージを今拝見しました。お忙しい中、4時間も!書い
て下さり有難うございます。私の肩と右手首が疼きます・・・(^_^;)。

最初に私のBeingを『明晰さ』と書いて下さった時、これもBeingになるの
か、と意外でした。明晰というと「頭脳明晰」を連想するためか、私は明晰と
いう言葉に冷たい印象を受けました。私は学業ができたわけではないので
「どういう意味だろう」と不思議に思っていました。その後『変えれば、変
わる』を読み直した時、しばしば「明晰」という言葉が使われていることに気
づきました。「明晰さ」とは客観的という意味でしょうか?私は「パニック好き」
の「お調子者」なので「???」(^_^;)。いつか理解できるときが来るのを待ち
ます、楽しみです。

「ティーチャー養成コース」、「効率的に、たくさんの人が学べる」ってすごいですね。
ただ、私は今はまだ「友達のニケさん」の世話で手一杯、というところです。
実は2週間前の経験は「自分がまだまだ螺旋階段の下の方にいること」を認
めるという経験でした。「対極と知りながらBeingを表現/経験するDoingを
思いつけない自分を許す」という経験です。
20日のNeal’s インスピレーション!『あなたがすること』で「『本当の自分』『在
りたい自分』を現すための思考、言葉、行動を、意識的に選びなさい。』」に
反することですが・・・(^_^;)。

2週間前の経験は、視座が低いながらも私個人にとっては貴重な経験だった
のでシェアさせていただけると嬉しいです。今、先週書いた下書きを見直してい
るのですが
>>神が自らを、私たちというカケラに細分化して、<経験>している・・・
の部分は『神よりしあわせ』から文章を引用しており、消化して私ものにし
た言葉で書かれていませんでした。
・ニールさんの本からの転用部分をどう処理するか、という点と、
・9月のリトリートで伺ったnanaさんの「Love Is in the Air」のエピソードを引用し
てもよいかどうか迷っています。
nana&Joe様。「Love Is in the Air」のエピソードの「こんなに沢山の人が・・・」と
いう部分を書いても宜しいでしょうか・・・?
Posted by ニケ at 2010年11月21日 11:35
*


ニケさん、ありがとう。

「明晰さ」は、明らかで、はっきりしていることです。

「明晰」といっても様々な分野がありますが、私の観察では、ニケさんの場合、

「物事を詳細に正確に見聞きし、学んで、それを文章化する」
ところが特出していると感じます。
またそうすることは、ニケさんにとって、ちっとも苦にならないでしょう?
だからBeingを実現するためのギフト(言いようによっては、Beingといってもいい)だと思うのです。

クレヨンワークのレポートだって「ずっとやり方の記録を取ってたのかしら?自分のためのワークはできたのかな?・・」と心配になるくらい(笑)正確に詳細に書かれていましたもの。

「自分は特別、優れている」というのは、マインドとしては非常に受け入れがたいことなのですが、(エゴが暴走すると逆に走る場合もあり)

私たちは、みんな、ひとりひとり、それぞれに一人残らず、「特別」(extraordinary= extra + ordinary)なんですね。

特別でない人なんて、世界に一人もいないのです。

だから、素直に受け入れてみるといいですよ。
「そっかー、私の特別(extra)は、これかぁ!」と思って、どんどん使ってみる。

そうすると、それを使うチャンスがまたどんどんやってくるって言うようになるんですね。

という訳で、ニケさんのシェアの中で、ニールさんの本からの転用も、nanaのエピソードも駆使して、存分に書いてみてください!

これぞ「本当の自分を表現する」行為ですよ!

ニケさんの熱中して書いてる姿が目に浮かぶようです(笑)楽しみにしてますね。

Posted by nana&Joe at 2010年11月21日 14:05


nana&Joe様

早速返信いただき有難うございます。
これから5日間ほどPCから離れるので、27日の書き込みを目指して
下書きを見直します。

「明晰さ」についてご説明いただき有難うございます。
(・マインドとエゴの違いを私は理解できていないので、
  12月のリトリートの後、『ニュー・アース』を読もうと思います)
(・クレヨンワークの詳細を覚えていたのは、実は予備知識というか
  先入観=フィルターがあったせいだと思います。それゆえメルマガの
  「シェアについて」を読んだあと書き込んだことを後悔/反省しました)

・・・今、素直になれないマインドが騒いでいるので(^_^)
今日は(今週は)これにて失礼いたします。

有難うございました。
Posted by ニケ at 2010年11月21日 15:22
*


ニケさん、ここ(やリトリート)で話している
マインドと魂については、「ニュー・アース」より、
「変えれば、変わる」を読んでいただいた方が理解しやすいと思います。

内容的にはほぼ同じことを言っていても、
著者、時代背景、翻訳者などによってズレが出てきますので、
かえってこんがらかってしまうかもしれませんよ。


Posted by nana&Joe at 2010年11月21日 16:54


nana&Joeさま☆

最近、自分のやりたい事、在りたい姿が見えてきました。

スクールカウンセラーになりたいと☆

そのためには、何がしかの資格や勉強が必要と考えていました。

すると・・・・・

>「教師養成コース」

のお話♪ちゃ~んと必要なものがわたしの所に届いた♪
わたしも是非お話を伺いたいと思います。

よろしくおねがいします。

Posted by tink at 2010年11月21日 22:57
 

nana&Joe様

ティーチャーズ養成コース、是非お話伺いたいと思っています。

メンタルカウンセラーとして「心の相談」ができるように成りたいです。

背水の陣で臨みます。

宜しくお願い致しますm(__)m

Posted by ドンマイ at 2010年11月22日 00:53
.
nana&Joeさま

!『変えれば、変わる』にも「エゴ」という言葉が使われていますね。
先月読んだ際に、「頭:理性」と「エゴ」と「マインド」の違いがわからず、
「頭:理性」と「エゴ」をまとめて「マインド」として解釈していました。
個別化したり、暴走したりするのはマインドの作用だと解釈していたので
「個別化」や「暴走」がエゴの作用だとすると、マインドは何をするのかが
わからなかったのです。

このような未熟な理解に基づいた経験だったので「シェアしない方がいいよ」
という魂の思し召しなのでしょうか、昨夜から3回ほど自称「細胞レベルの
理解に至った経験」のシェアを書き込んだのですが、失敗しました。
私のPCだけ見れていないのだとしたら、同じような文章が重複して
掲載されていると思いますが、お許し下さい。
Posted by ニケ at 2010年11月26日 07:18



あらら、ニケさん。

エゴはマインドの機能の一部です。

*「変えれば、変わる」では、Mind(マインド)は、「頭:理性」と訳されています。

エゴ、マインド、また魂とスピリットなど、著者や著者のバックグラウンド(心理学ベースか、スピリチュアル系かなど)、訳者によって使い方が異なっていて混乱しやすいので、少し前にメルマガで少し解説してありますので、参考になさってください。
(HP右上にある登録フォームの「バックナンバー」のところからさかのぼって見られます)

ニケさん、経験は経験です。
マインドの理解(意味づけ)は後に来るものです。
過去のデータからの解釈を加えずに、感じたままのことに間違いはないのですよ。

書きこまれないのは、たぶん文字量のせいだと思います。
2つ、3つに分けてもう一回試してみていただけませんか?

私、読みた~い! :)
Posted by nana&Joe at 2010年11月26日 10:28

nana&Joe様

私の経験のシェアの投稿が終わり次第、メルマガのバックナンバーと
「人生の再創造」のフォーラムをチェックいたします!
「答えは目の前に示されているのに、自分が見たいものしか見ない」とは
まさに私のことですね☆\(`ヘ´)コラ!

私の拙い経験のシェアの件ですが、3分割しても受け付けてもらえなかったので、
4回に分けて試します(^_^;)。

Posted by ニケ at 2010年11月27日 04:22


2つの大きな対極に出会い自己嫌悪に陥っては「友達のニケさん」を励ますという
日々を過ごしていたのですが、なんとか「生命/人生のプロセス」を感じられた気がし
たので その経験をシェアさせて下さい。
私が考えた過程を細かく書いたので読みづらいと思いますが、マインドで考え抜い
た結果 経験できたことなのでこのような表現にしました。
 *『変えれば、変わる』に出てくる『頭:理性』と『エゴ』を 区別せずに
   まとめて「マインド」と解釈した 未熟な理解に基づいた経験です。
 * 文字量が多くて書き込めなかったため、4回に分けて投稿致します。

<1>
 メルマガの『「シェア」について』の後、私は9月のリトリートを咀嚼し消化し吸収
しようと思い、本を読み始めました。『19歳から始める最高のライフレッスン①②③』
『神よりしあわせ』を読み終えた頃、職場で1つめの対極が現れました。

同僚から批判された瞬間「これは対極だ」と認識しました。すかさず「この状
況で私のBeingにかなう行動とは何だろう」と考えたのですが何も思いつけず、
結局、恫喝に近い行動を選んでしまいました。「私のBeingを私に発揮させ そ
の素晴らしさを経験させるために現れてくれた対極」を前にして「Beingに反
する行動しか思いつけず それを選択してしまった自分」が情けなくて仕方あ
りませんでした。
翌日以降も「あの状況で私のBeingにかなった行動とは何だったのか」と考えま
したが思いつきません。逆に、自分を正当化したり、あの同僚の粗捜しをしたり、
他の同僚も私を批判しているような気がして 怯えている自分に気がつき、
「これはマインドの仕業だ」とストップをかけました。少しするとまた弁解や 同僚の
粗捜しをしているので、またストップをかけ「魂は私のBeingの何を経験させよう
としているのか?それに適った行動とは何か?」と自分に問いかける・・・とい
う状態が2週間続きました。このフォーラムで私が詳細を書き込んでしまった
クレヨンワークを2回試したのですが「愛」には辿りつけませんでした。

 併行して『変えれば、変わる』を読み直していました。9月のリトリートに参加
したおかげで昨年末に読んだ時よりも理解できる気がしました。「これを読め
ば現状を打開する何かが得られるかもしれない」と期待した頃、フォーラムで2つ
めの対極に出会いました。
  「私がワークを細かく書き込んだことで他の方にこのような影響を与えてし
  まうとは。良かれと思ってしたことが仇となってしまった。調子に乗って
  度を越してしまった。」「私のような非常識な奴が現れるとはnana&Joeさ
  んも想定されていらっしゃらなかっただろうな。信用を裏切ってしまっ
  た・・・。未熟な私が書き込んだことでご迷惑をおかけしてしまった。9月の
  リトリートを復習し咀嚼して自分なりに消化するまでフォーラムへの書き込みや
  リトリートへの参加を自粛しよう。」
そんな風に自分の殻に閉じこもろうとした時、『変えれば、変わる』の冤罪事件
の部分を読みました。前回読んだ時は「無実の罪で11年間も投獄されたのに
相手を赦せるなんてすごいな」と思っただけでした。今回は「無実の罪をきせら
れた人」と「真犯人では無い人を犯人と名指しした人」が「一緒に講演活動をして
いる」という部分に「視座の高い方々はこういう行動ができるのか」と軽いショッ
クを受けました。そして「私は同僚を許すことができるのか、許したあと何をする
のか」と考えたのですが、この状況にしっくりくる行動が思いつけませんでした。
私のBeingは「許し、穏やかさ、満たされている、愛である」。このBeingを表現
するDoingがみつからない。情けない・・・。とりあえず、そんな自分を「許す」こと
にしました。
Posted by ニケ at 2010年11月27日 04:43


<2>
次に「フォーラムの件ではどういう行動を選択できるのか?」と考えました。
  ・「また、良かれと思ってしたことが仇となった」
  ・「また、調子に乗って度を越してしまった」
  ・「また、未熟な私が動いたせいで他の人に迷惑をかけてしまった」
  ・「また、分岐点で迷っておきながら間違った道を選んでしまった」
と、マインドが「同じことの繰り返しだね」と分析してくれ、いかに繰り返してい
るかを証明するために過去のデータを沢山見せてくれました。
  ・10年前職場の先輩に言われたこと(=俺の質問に対するお前の返事は
   テキストを切り貼りしただけの解答だ、お前自身の答えじゃない)、
  ・予備校の小論文の先生のコメント(=筆者の趣旨をよくつかめているのに
   何故この結論なのですか)、
  ・小学4年生の通信簿に書かれた担任の先生の私の評価(=お調子者)
子供の頃のエピソードまで引っ張り出してきたり、「えー、それとあれを紐付ける
のはちょっと無理があるのでは?」という例があったり・・・。その必死さに思わ
ずクスッと笑ってしまいました。私の身体を守ろうとして一生懸命なマインド君
の様子に「魂・マインド・体の三位一体で協力しているんだなぁ」と感謝の気持ちが
沸いてきました。
 -そう、マインドが分析したように、私は同じことを繰り返している。
このフォーラムから距離を置こうとしている。これも過去に何度も繰り返したこと。
自分がいては周りに迷惑をかけるという理由で所属していたグループから離れ
たことが何度かあったなぁ。これも繰り返し。生命の/人生のプロセスを勉強し
た後なのに同じことを繰り返している。繰り返し・・・。繰り返すのか?
今回も?本気でnanaさんが私のことを非常識な迷惑な奴と考えていら
っしゃると思っているのか?こういう状態になる私を気遣ってnanaさ
んは何度もコメントを残して下さっているのに?
・・・繰り返さない!今回は逃げたくない。まだここで学んでいたい・・・。

 まずはフォーラムの対極について取り組みました。
「変えれば、変わる」でニールさんがワークショップの女性参加者に「こらあぁ
ぁぁぁ!!!」と(わざと)叫んだ時のやりとりを真似してみました。
nanaさんが残して下さったメッセージのおかげで、比較的簡単に「想像され
た現実」と「事実」を識別でき、気持ちが落ち着きました。

 次は職場の対極。まず自分のBeingを確認(壁に貼っておいてよかった!)。
  「私は許しである。穏やかさである。満たされている。愛である」。
  あの日、対極と知りつつBeingを表現する行動が思い浮かばず、
  Beingに反する行動を選択してしまった。まだそういうレベルである
  自分を 私は許そう。
  対極と出会った翌日以降も自分を正当化する理由や相手の間違っ
  ている点を探してしまったが、それはマインドが身体を守るためにし
  たこと。そういう状態に気づけばそれ以上考えないようストップをか
  けていたし、今回はこれで良いことにしよう。
でも・・・、魂が私にBeingのすばらしさを経験させようとせっかく用
意してくれた対極なのに無駄にしてしまった。情けない・・・。
冤罪事件のロナルドさんとジェニファーさんのような状況におかれたら
私はどう行動するか想像してみました。
  私の人生を11年間も無駄にした!これからの人生も人々の偏見に
  より就職できないだろうし未来も傷つけられた!・・・と怒り恨むだろうな。
  それが対極であると理解しても、そういう状況におかれたら、
  相手を許せないだろうな・・・。そしてBeingを表現する行動をとれ
  ない、動けない自分を嘆くのだろうな・・・。 ・・・「動けない」? 
ふと、9月のリトリートでnanaさんが話してくださったnanaさんご自身のエピ
ソードを思い出しました。

眼の治療中、身動きがとれないnanaさんが、ものすごい痛みの中「あぁ、
こんなに沢山の人たちが私を助けようと動いてくれているんだぁ・・・」
と愛に包まれていると(幸せを?)感じていらした部分を思い出しました。
このエピソードのおかげで「具体的な行動はとれなくても、感謝を感じるだ
けでも 今は良いのかもしれないな」と思いました。
 
   私の魂が私に 私のBeingのすばらしさを経験させるため、人と場所
  などの条件を準備していた時、あの同僚の魂が協力者として名乗り
  出てくれたのだ。そして、恐らくあと1-2年は同じ職場で一緒に
  働き続ける。つまり、また、あの人と私は対極の関係になる可能性が
  ある、ということ。あの同僚の魂がまた私の魂に協力してくれるか
  もしれないし、私の魂があの同僚の魂に協力するかもしれない。
  もしかするとあの同僚に協力してもらってばかりで終わるかも
  しれない。あの同僚はそのことに気づいていないと思うが(意識的
  に行動していないと思うが)、あの人の魂は知っている。私はあの同
  僚が苦手(嫌い)だが、私の魂とあの同僚の魂は協力しあっている。
  それぞれが自分のBeingのすばらしさを経験するために他の魂を
  手伝ったり手伝ってもらったりしている・・・。

Posted by ニケ at 2010年11月27日 04:47
.

<3>
***以下、本からの切り貼り ←私というフィルターを通したものの羅列です***
 マインドは一度に沢山のことを理解できないし過去と現在しか(経験したこと
 しか)理解できない。自分のBeingのすばらしさをいきなり丸ごとうけとって
 もマインドには理解できないから、(未来も今も過去も理解できている)魂が、
 マインドが理解できるようレベルにまで細切れにしてくれ、そしてそれを経験で
 きるように、魂は人・場所などの条件を用意して対極として届けてくれる。
 1つ経験して理解が深まる=変化する。魂は「一旦 理解したこと」が機能し
 なくなることを事前に察知し、次の変化の準備を始める。全ての変化は魂の
 すばらしさを経験するための良い変化。今のバージョンの『神』は自分のすば
 らしさを経験するために自分を細分化し、細分化された各個別の神(魂)は、
 それぞれが「個別の神(魂)のすばらしさ」を経験しようとしている。全ての個
 別の魂がそのすばらしさを経験し尽くしたら、総体である神は次のバージョン
 へと進化し、新しいバージョンの自分を細分化して自らのすばらしさを経験し
 ていく・・・。
***以上、切り貼りおわり***

というように色々な本からの切り貼りが頭の中にパパパっと浮かびました。

その時ちょうど目の前を例の同僚が横切りました。批判されて以来、姿を見か
けるのも嫌だったその同僚の後ろ姿に笑顔を送ることができました。
 「あなたは私にとって苦手なタイプだけど、私が自分のBeingのすばらしさ
 を経験できるように私の魂が対極を準備している時に、あなたの魂が協力し
 てくれたんだね、有難う。生命/人生のプロセスを進む仲間なんだね。
 マインドレベルではお互い好ましく思っていないけど、お互いの魂は協力しあっ
 ているから同じタイミングで同じ職場で働いているんだね」
と心の中で感謝できました。
すると急に、今、職場のフロアで動いている同僚たちが皆、「神のすばらしさ
の一部分として、その自分が担当する(?)個別の神(魂)のすばらしさを経験しよ
うとしている存在なんだ!」と感じられ、空間が透明なレモンイエローの空気で包まれ
ました。レモンイエローの空気の中を行き交う同僚の動きを感じながら
「やぁ!知ってる?君も自分の魂のすばらしさを経験しようとしているんだよ。」
と、心の中で「やぁ!どうもどうも!」と心の中で声をかけていました。
ワクワクしてハッピーな気分でした。
 
今回の対極はただこれを感じさせるために訪れてくれたのかもしれない。対極と
知りながら自分の魂のBeingを表現する具体的なDoingを思いつけず、逆に
Beingに反する行動しか思い浮かばず、そのBeingに反する行動を選択した
自分に失望し、苦しんでいましたが、ようやくその状況を脱した、と感じました。

Posted by ニケ at 2010年11月27日 04:52

<4>

***
 対極と向き合っている最中の苦しさといったら!「周りの景色や道端の花を楽
しむなんて出来ません!nanaさ~~ん、無理ですー!」と叫んでいました。でも
自分なりに状況を脱したあとは、「Beingを経験するためのDoingを選択できる
ようなレベル」が沼にいる私の(今の)目標だとすると、今は「人生/生命のプロセスを感
じることを経験できるテストを受けている最中」なのだろう、自分のBeingを表
現する具体的な行動を思いつき選択する前に必要だったのだ、と解釈しました。

残念ながらレモンイエローの空気はすぐに消えてしまいました。こうして、1ヶ月間
の経緯を細かく書いても、あのレモンイエローの空気を追体験することはできません。
私の周囲の人々を見ても、「魂レベルで協力している関係なんだ!」という感動は
沸いてこなくなりました。例の同僚を見るとムッとするようになってしまいまし
た(1ヶ月前の件とは関係なく、元々、苦手(嫌い)なタイプと認識していたの
でそれが復活した感じです)。
これは、再びレモンイエローの空気を感じることができる対極が現れる前触れか?それ
とも「レモンイエローの空気」への理解を捨て、次の理解を得るための変化を魂が用意し
ているのか・・・?

全ての変化は、良い変化。と理解していても、どんな対極がくるのか、やはり
恐いですね・・・。次の対極の課題をクリアした後に何を経験できるのやら。
またあのレモンイエローの空気のようなものを経験できると嬉しいのですが(^_^)
  *このフォーラムで藍色さんが9/21に書かれた『神の宮遊園地』を思い出しまし
  た。 私は「お化け屋敷」タイプです。通路の最後に「レモンイエローの空気」やそれよ
  りすばらしい何かが待っている。それを経験したくて「お化け屋敷」に入った
  ものの、こちらを驚かす仕掛けが待っているかと思うと、あの角を曲がるの
  が恐い(^_^;)。絶対安全な仕掛けだと判っているのに・・・。 

***
 9月のリトリートやフォーラムで私は「対極に出会った時の対処はThat's me!と言うだけ
で良いのでしょうか?」と質問させていただきました。その質問をした頃は
「That's me!」の意味を、「私も同じようなことをしているかもしれない」
「あの人は私の鏡。私にそういう要素があることを提示してくれている」と解釈し
ていました。他の人のちょっとした癖でもムッとすることが多い私は、ひっきり
なしに「That's me! あの人は私の鏡、私もどこかで同じようなことをしている
のだ」と唱えることとなり、「私ってこんなに駄目な奴なんだ」「魂の視座が低い、
沼の底でグルグル回ってちっとも視座があがらない」「前よりもっと苦しくなっ
た気がする。ただThat's me!と唱えるだけでなく、意味を心底理解しながら唱え
ないと駄目なのではないか?」・・・と落ち込んだり焦ったりしていました。
(↑この時の焦りは、このフォーラムでのやりとりで落ち着いたのですが、疑問は残っていました)

今回、レモンイエローの世界を経験したことで、今は「あの人は私の鏡」という意味の他に
「生命/人生のプロセスの中で神のすばらしさの一部分である魂(自分)のすばらしさ
を経験し、総体である神を進化させようとしている仲間だ」という意味が加わり
ました。

意味もわからず「That’s me!」と言うよりも、生命/人生のプロセスの意味を理解し
ていればもっと効果が得られる。でも今まで無意識でいた私が「その意味を理
解する」には「理解するための経験」が必要だった。その経験をするためには
対極が必要。その対極を魂に効果的に用意してもらうには「意識的であるほう
がよい」。意識的になるのに手っ取り早い方法は自分のBeingを宣言すること
(←自分のBeingを設定するのも何を選んだらよいのか、どういうものがBeing
になるのか、本を読んだだけではわかりませんでしたが、9月のリトリートに参加
したおかげで自分のBeingを設定することができました。私は自分の嫌いな部
分の反対のことを選びました)。・・・つまり、最初は「That’s me!」の意味を
心底からの理解を伴わずに唱えていても、プロセスを意識するきっかけになるし、
プロセスに関することだと理解し意識的に「That’s me!」といっていれば、心底(細
胞レベルで)理解できる時がくる(のかもしれない)・・・。

以上がこのフォーラムで私が質問したことへの自分なりの答えです。
少し気持ちがモヤモヤしているので、今後この答えは修正されると思いますが。

以上、私の経験のシェアを終わります。
(・・・また調子にのって書き過ぎたね、「書き込む」ボタンをクリックするの
をやめたら?これって分岐点なんじゃない?短く書き直さないと後悔するよ。と
マインド君が囁いてくれています。^_^; マインド君よ、守ろうとしてくれて、有難う。)

Posted by ニケ at 2010年11月27日 06:27

ニケさん
素晴らしいシェアありがとう☆

Posted by tink at 2010年11月27日 07:02


 

 

ニケさんのシェアの中に、過去の私がいました。

懐かしく思い出してしまいました。

ニケさんがシェアして下さったことで、今にいたる私のプロセスが完璧に流れていることを確認出来ました。感謝です。

そして、ニケさんのプロセスも完璧に動き流れていますよ。一緒に前へ進みましょう。

Posted by 悠々 at 2010年11月27日 07:50

 ニケさま

 おはようございます。Green です。

 今では「過去の11年間」を「無駄」と思っていらっしゃいませんよね? そこがちょっと気になりました。

 Green
 
Posted by Green at 2010年11月27日 10:13
ニケさん

シェアありがとう

すごく同じような経験を藍色もしています

ある朝起きているか起きていないか
そんな状態のときに
丸い不透明なガラスのはまった窓がありました
窓からは綺麗な光が送られてきていて
そして、その窓の先には愛があることがわかってました
すごくわくわくする、そしてうれしくて幸せが
その光の源、窓の奥にあることを何故か確信できていた
あ~あそこに行きたいんだよなあ
そう思いながら、すごくその光の源にいくことに
すごく恐れがあったんです

恐れてるんだ

幸せになることを恐れてる 愛に溢れたところにいることを
恐れている

この恐れが今の藍色のマインドの気持ちなんだなって、そう思えました。

神の宮の遊園地で遊ぶのに、わざわざお化け屋敷に入っていて、そしてそこから出ないでいるって感じに近いかもしれないなって。

愛であるところにいること、愛であること、そのBeingを恐いとおもうマインド。

でもこれも愛おしいなとも思えます。

それ以降、その窓のイメージも、そして愛であることの悦びもイメージとしてはでてこなくなりました、でも、おそれがあることだけはまだ鮮明に覚えています。

ニケさんのシェアを読んで思い出したこと、そして思ったことです。

ありがとう


Posted by 藍色シアン at 2010年11月27日 11:03
*****

おはこんにちは。
rieです。

ニケさん
はじめまして。

長い長い文章。
書くのに若干お疲れだったとは思いますが、ドキドキの後ろに見え隠れする、ニケさんの「ワクワク」が伝わってきました♪
ありがとうございます。

それからニケさんのコメントを読んでて、改めて
(私は幸せの中にいるな~)って、思えました。

「対極」って言葉をたくさん書かれていますね。
私は以前、自分が、とっても感動した!とってもうれしい!楽しい!あるいはとっても悲しい・・・などと感じることがなくて、(物事に感じ入ることができないという不自由さ)を覚えていました。
でもこれは思い込み。
ちゃんと感じていたんです。
ただ、「とっても」とか「すごく!」ではなく、「じわ~~ん」と。「しみじみ」と。
少しずつ少しずつの変化で気づけていなかっただけでした。
私の中のシーソーの揺れが小さくなってて、「対極」を行き来しなくても「私は幸せである」ことを、私のマインドもようやく理解し始めてくれたようです。

私は今、専業主婦ですが、最近専業主婦であることに誇りを感じるようになりました。
これまでは、(私がこの世で果たしたい役割ってなんだろう?)ってずっと思っていましたが、
衣食住を整え、家族が疲れを癒し、また外で頑張れるエネルギーを充電できる場を作るということは、私の喜びであることに気づきました。

12月のリトリートには、正直とても心が魅かれます。
参加すれば、劇的に、もっとスピーディーに、自分の中の霊性が高まるのではとワクワクします。
でもこの日は、長い単身赴任生活を終えたばかりなのに、すぐさま長期出張に出かけた主人が帰国してきます。
私は主人のために、あたたかいご飯とお味噌汁を用意してあげたいし、そうできることが嬉しいのです。

ニケさんはリトリートに参加されるのですよね。
nanaさんがおっしゃっていたように、ニケさんはとても明晰だし、正直で素直な方だと感じています。
是非またこの場で、ニケさんから溢れてくるものをシェアしてくださいね。
楽しみにしています。

Posted by rie at 2010年11月27日 11:25
*


ニケさん、本当に素晴らしいシェアをありがとう。感謝です!

ニケさん、これ(このシェアを書いてくださったこと)間違いなく
ニケさんのBeingから出たDoingですね。

ニケさんの経験は、ニケさんの成長だけでなく、
ここにいらっしゃる何百もの方々を、どれほど励まし、助けることか!
それがどんなに大きな仕事だったか、分かる?ほんとうに分かってる?(笑)

ニケさんがこの1カ月、勇気を持ってマインドと向き合ったこと、
成長のプロセス、それをここに本当に誰もがはっきりとわかるように、
詳細に、正確に、一つのごまかしもなく書いてくださったことで、
ニケさんの一歩(20歩くらい行ったと思うけど)が、
何百もの(HPを日常的に見ていてくださる方の数は、いま約2千人です)
仲間たちの一歩を進めることになっているんですよ!

2000人×1歩 なら、十分集合意識(人類)の進化と言えるでしょう?スゴイや!

感謝でいっぱいです。
ありがとうニケさん。

Posted by nana&Joe at 2010年11月27日 12:03


nana&Joeさん

>何百もの(HPを日常的に見ていてくださる方の数は、いま約2千人です)


沢山の方がここにきてくだっているとは思いましたが・・・・

ある意味それだけ沢山の方に自分の言葉が届いているんですね。

なんだか身の引き締まるおもいです☆


すごいなぁ~



Posted by tink at 2010年11月27日 13:37
.

nana&Joe様、tink様 、悠々様、Green様、藍色シアン様、rie様、皆様

あの長い文章を、もう読んで下さったのですか!
受けとめて下さり有難うございます。

私のシェアのせいで、私の感情に引きずられて苦しんでいる方がいらしたらどうしようかと
心配していました(私自身が他の方の感情の影響を受けやすいもので・・・)。
皆様の確信や幸せや愛がこもったメッセージを拝見し、ホッとしました。
有難うございます(^_^)。

>>今では「過去の11年間」を「無駄」と思っていらっしゃいませんよね?
というGreenさんの問いに、「はい。過去の11年間は無駄ではありません」と
答えられます。でも・・・細胞レベルで「感謝」できる自信はまだありません(T_T)。
今回の経験で螺旋階段の1段目に足をかけた自分を『意識的に』認めることができたので、
12月のリトリートに参加して、もっと長く私のBeingにつながっていられる方法を
学びたいと思います。

一緒にいて下さり有難うございました。
また何か経験できましたらシェアさせて下さい。
本当に有難うございました。

Posted by ニケ at 2010年11月27日 18:04


 ニケさま

 こんばんは。Green です。
 お応えくださってありがとうございました。

 リトリートでお会いできるのですね。
 楽しみにしております。

 Green
Posted by Green at 2010年11月27日 22:08